3月, 2017年

引越し後のご挨拶、ベストな時間帯は?

2017-03-29

お引越し後に近所へご挨拶しに行こう。
こう思ってふと「どの時間帯に行くべきか?」と考えてしまいませんか。

今は、日中ずっと留守にしているおうちも少なくありませんから、お引越しの終わった夕方に行ってもお留守の家も多いんです。
いったい、いつがベストの時間でしょうか?

引越し当日の午後に行くのがいいのですが…

引越しのご挨拶は当日の午後に、タイミングを見ていくのが一番ですが、最近はマンションでも一軒家でも、ご家庭ごとに生活スタイルがちがいます。
小さな子供さんがいるおうちは昼間でも在宅していることが多いでしょうし、夫婦共働きなら週末くらいしか会えないかもしれません。

夕方でも在宅していない場合が多いので、当日にご挨拶できなければ、当日以降でも帰宅された様子があればサッと行ってご挨拶を済ませましょう。
昔のように「夕方に行けば家族の誰かがいるだろう」と思っていると、なかなか捕まえられないことになります。

こまめに近所を観察して、在宅している時にすばやく訪問するしかありません。

女性の一人暮らしなら、インターホン越しのご挨拶でもいい

特に独身者が多いマンションの場合は、ご挨拶の時間も気を付けなくてはいけません。
相手が女性の一人暮らしだとしたら、朝の早い時間も夜遅い時間も好ましくありません。

週末の午前11時ごろを狙って訪問し、インターホン越しにご挨拶するだけでも十分でしょう。
一軒家の場合はきちんと顔を見せてご挨拶することが礼儀ですが、都心部の独身世帯の多いマンションなら、引越しのご挨拶はそれほど重要ではありません。

顔を見る機会があれば「引っ越してきました。よろしくお願いします。」と軽く言えばいいですし、ご挨拶の品は渡せなくても大丈夫です。
どうしても訪問しなくては!と思いこむほどのことではないんです。

会えなければそれでもいい、と割り切る

引越しのご挨拶はご近所付き合いの潤滑油。タイミングよく挨拶できればいいですし、なかなか顔をあわさないお隣さんなら、ご挨拶なしでもいいでしょう。
都心部のご近所づきあいはそれほど濃厚ではありませんから、あまり気負う必要はありません
。一度あいさつに行って、捕まえられなければそれまでだと割り切って考えると楽です。

学生さんがお引越しするとわかる実家の有難み

2017-03-29

自宅から遠く離れた大学に入学するため、初めて実家を出るという学生さんも多いでしょう。それまでは自宅で家族とともにのんびり暮らしていたのに、一人になったら何もかも自分でこなすしかありません。料理や洗濯といった家事に慣れていないと戸惑うことばかりです。実家のありがたみが、身にしみますね。

ワンルームに引っ越したら、その日から家事は自分負担

学生さんの多くが3月末から4月の始めにはお引越しを終了します。昔は学校付属の学生寮などに入る学生さんもいましたが、最近ではワンルームのマンションやアパートで暮らすケースがほとんどです。こうなると、新居へ引っ越した当日から、家事をしなくてはなりません。

実家を出て初めて気が付く家族のありがたみ。最近の家電は便利になりましたが、洗濯も掃除も完全自動では動きません。最後は自分で洗濯物をたたんだり掃除機をかけたりしなくてはなりませんね。
実家暮らしのありがたみを感じつつ、家事の時間を短縮できる最新家電を使って、上手に時短しましょう。

家電のタイマー機能を利用して家事の時間を短縮

時短の家電というと高価なものをイメージしますが、最近は安いものも出ていますから、上手に選ぶといいですね。
学生さんにおすすめしたい家電のひとつが、タイマー付き洗濯機です。全自動の洗濯機でタイマー機能がついていると、洗濯中ずっとついている必要がなくてとても便利です。

夜寝る前やお出かけ前に洗濯機タイマーをセットするだけで、帰宅後すぐに洗濯物を干すことができます。朝は出かける前に洗濯物を干し終えられるので、帰ってきてからゆっくりとたためばOKです。

洗濯機に限らず、家電のタイマー機能は家事の時短に役立ちます。
炊飯器もタイマーで朝ごはんに間に合うようご飯が炊き上がります。タイマー機能は存分に使いつくしましょう。

家族と最新家電の話でコミュニケーション

自宅から離れると「お母さんってありがたいなあ」とあらためて思うことでしょう。
家族のなかでも、とりわけ重要性が感じられるのが家事を担当しているお母さんです。

長期休暇に帰省した時などさりげなく「ありがとう」といい、自分が使ってみてよかった時短の家電について話し合ってみるのもいいですね。
新しい親子のコミュニケーションになりますよ。

4月に横浜から北海道に単身引越しをされたお客様の声

2017-03-29

今回は、横浜から北海道へ単身引越しをされたお客様からのお声をご紹介します!
貴重なお声をお送りくださり誠に有難うございます。

お客様の声

息子が北海道の大学に合格して、一人で引越すことになりました。北海道なんて知り合いはひとりもいませんし、親にも子供にも不安がありましたが、せっかく合格した大学ですから、入学しないなんてできません。まずは引越しだと思い、現地にいって住むところを確保してきました。

大学からのあっせんもあり、わりと近いところにワンルームがあって手ごろな値段で借りられたのでよかったと思いました。
つぎに荷物を送らなくてはいけませんが、入居先の大家さんと話していたら、横浜からいろいろなものを送ると引越し代金が高くなるから、北海道で購入したほうがいいと勧められました。

たしかに、本州から北海道へは輸送費が高いので、引越し代金も高くなるんですね。たとえ単身引越しであっても北海道だと料金が高いのかもと思い、ほとんどのものを現地で購入しました。
それでも身の回りの品は横浜の実家から送ってやらなくてはなりません。
単身引越しなら格安料金で送れると聞いたので、LIVE引越しに聞いてみました。こちらの引越し屋さんは、以前、知人が利用したことがあり、とても評判が良かったので、真っ先に聞いてみたんです。

そうしたら、4月の始めはまだ繁忙期だが、そうとうな格安価格で北海道まで引越せるというので、もうこちらに決めました。見積もりを数社からとって比べたりするのが面倒でしたし、即決してもいいと思える見積もり料金でした。

ほとんどのものは購入済みでしたので、4月に入ってから頼まれたものを単身引越しで出しました。本人は先に北海道で入学式に出席していましたから、私が横浜の実家から荷物を送りだしました。荷物の引き取りも丁寧でしたし、積み込みもしっかりやってくれました。北海道でも問題なく荷物を受け取れたそうなので、とても安心しました。

引越し前後の不用品も格安で処分します

2017-03-29

一軒のおうちがお引越しをすると、想像以上にたくさんのごみや不用品が出てきます。
引越しにそなえて少しずつ処分していても、捨てきれないものが出てきますね。

通常の可燃ごみで処分できない不用品を、どう処分するか。
LIVE引越しサービスなら、お引越し前後の不用品を格安でお引き取りいたします。

引越し前に余裕があれば、可燃ごみ・不燃ごみとして処分しましょう

引越しとは、どんどん出てくる不用品との闘いです。
大きくない不用品や紙くず、雑貨などは、自治体が回収するゴミとして処分ができます。

お引越し前に可燃ごみと不燃ごみ用のごみ袋をたくさん用意して、荷造りと同時にどんどんごみとして処分していきましょう。
引越し前に時間の余裕があれば、ほとんどの不用品を自治体のごみとして出すことができるでしょう。

粗大ごみについては、自治体によって回収費用がことなります。
基本的には30センチ四方以上の大型ごみで、ごみ1個当たりで¥500~¥1000ほどがかかります。
自治体によっては、サイズではなく重量で回収費用が決まっているところもありますから、市役所などへ電話して確認しておきましょう。

当社なら格安でお引越し前後の不用品を引き取ります

引越しのタイミングで家電や家具を買い替えようと思っているなら、たくさんの粗大ごみが出ることになります。
これをいちいち自治体に連絡してお金を払って回収してもらうのは面倒くさい。

こうお考えでしたら、引越し会社に依頼するとまとめて引き取ってもらえることがあります。
当社では、お引越しの見積り時に「○○と○○を回収してほしい」と伝えていただければ、別途、不用品の回収費用もお見積りいたします。

ほかの引越し会社と比較しても、かなりお安くお引き取りできると思いますので、この機会に思い切って処分されるといいでしょう。
また、お引越し当日にも大量のごみが出ると思いますが、これについてもお引取りできる場合が多いです。

マンションだと特定の回収業者にごみの引き取りを依頼していることがあり、時には引越し時の大量ごみが処分できないケースもあります。
引っ越し前に、お住いのマンションの大家さんや不動産屋に確認しておくと安心です。

不用品引取りも格安なLIVE引越サービスへご相談を

不用品も昔のように気軽に処分できる時代ではなくなりました。
自治体であれ、ごみ回収業者であれ、不用品の処分にはお金がかかります。

引越し費用を節約しようと思うなら、不用品の処分代も含めて格安のお見積金額を出せる引越し会社に依頼されるといいでしょう。

LIVE引越サービスのお客様アンケートにご協力ください!

2017-03-29

2017年も引っ越しシーズンに突入です。新社会人や新入生の皆様、引っ越しの準備や片づけは順調でしょうか。LIVE引越はみなさまの新生活をサポートするために誠心誠意がんばっております。そしてお引っ越し後の皆様のご意見をお聞きできれば、もっとサービスの向上に努められると思います!

公式サイトにあるお客様アンケートで、率直なご意見をいただく

良いお引越しをサポートするには、サービスの質を向上させ続けることが大事。そのためにLIVE引っ越しサービスでは、お引越し後のお客様アンケートを実施しております。
公式サイトの左端にある「ちょっとみ得」から「お客様アンケート」に行っていただく(そう、ちょうどこのスタッフブログへ飛ぶボタンのすぐ下です!)と、当社でお引越しをされたお客様に率直な感想を入力していただくアンケートページがございます。

>>お客様アンケートページはこちら

アンケートの回答方法はとっても簡単。並んでいる質問に対して、お客様のご意見を率直にチェックしていくだけです。それほど時間もかかりませんので、当社でお引越しを済ませた後、ご記入いただければ幸いです。

質の高いお引越しが、次の機会につながる

アンケートでは、当社をご利用いただいた回数や当社スタッフの対応、サービスの質についてお客様がお感じになったことをお答えいただき、さらなるサービス向上に役立てたいと考えております。
こんなふうにお客様アンケートを重視するにはわけがあります。

LIVE引越は大阪に本社がある格安引越し会社です。引越しは安さも大事ですが、それ以上にスタッフの技術や接客レベルが高くなくては、お客様にご満足いただけません。

引越しは1回やって終わりということはなく、進学先から戻ってきたり、転勤が終わって自宅へ帰られたりすることがあります。そして最初のお引越しにご満足いただければ、きっと次回につながる。お客様との長いお付き合いが始まると当社では考えております。

現状のサービスで満足しないで、より向上する

たくさんある引越し会社の中で切磋琢磨し、現在のサービスで満足することなく、もっともっと皆様の新生活のサポートをしたい。こう考えて、社員一同がんばって参ります。
2017年も、どうぞLIVE引越をよろしくお願いいたします!

大阪市内から市内へのお引越し…レンタカーでやるべきか

2017-03-29

同一市内での近距離引越し、これは引越し会社に頼むべきかどうか、ちょっと迷うところでしょう。引越し費用を節約したいから、自分たちでレンタカーを借りて運ぼうという人は少なくありません。たしかにレンタカー料金だけなら安く感じるのですが、ほんとうに安上がりでしょうか。

近距離引越しだから楽だ、というわけではない

同一市内の引越しだから、それほど大変じゃない。こう思うかもしれませんが、お引越しの大変さと距離は正比例するものではありません。お引越しでほんとうに大変なのは、お荷物を積み込むときと降ろすときだからです。

搬入・搬出にはプロでも人手がいります。お荷物の量が多ければ多いほどスタッフも大勢必要ですし、時間もかかります。トラックに荷物を積み込んでしまえば、10キロや20キロの距離の差はそれほど大きな問題にならないとものなんです。

同一市内への近距離引越しは一見簡単なように見えますが、長距離引越しと比べて、単純に労力が半分になるといわうわけではないことを覚えておきましょう。

梱包と荷ほどきを自分でするなら、近距離引越しは格安でできる

LIVE引越しサービスでは、距離50キロ以内のお引越しや同一市内でのお引越しを、近距離引越しとしてお受けしています。
お引越し方法は3種類あり、一番お値打ちにお引越しできるのは、梱包などをお客様ご自身でする「引越しのみプラン」です。

「引越しのみプラン」なら、当社スタッフがお客様によって梱包済みのお荷物を搬出し、新居へ運んで搬入、家具の配置、段ボールのお荷物をお部屋まで運び込むことまでをいたします。
お客様はぜんぶの荷造りと荷ほどきをする必要がありますが、かなり格安でお引越しができます。

お荷物の量がそれほど多くない場合は、この「引越しのみプラン」がおすすめです。

仕事で時間が取れない場合は、全梱包・全解梱プランもある

もし、引越しに関する手間はすべて省きたい、人に任せたいと思うなら、全梱包付きプランもしくは全梱包・全解梱付プランをおすすめします。
お客様は貴重品や見られたくないお荷物の梱包だけすればいいので、仕事が忙しくて荷造りの時間が取れないときにぴったりです。

近距離引越しも格安でお受けしますので、大阪市内や近隣市へのお引越しの場合はお見積りをご依頼ください。

お引越ししたら近隣へのご挨拶

2017-03-28

4月はお引っ越しシーズンです。新居へお荷物を入れてやれやれと思ってはいけません。
これからこの場所で新生活を始めるのですから、お引越し後の近隣へのご挨拶はかかせないもの。

「今どき、挨拶なんてしなくても…」と思うかもしれませんが、礼儀としても大事です。
今回は、マンションと一軒家にわけてご挨拶のやり方をご紹介しましょう。

マンションやアパートなら両隣へ、子供がいる場合は上下の部屋にも挨拶に

4月から新生活を始める社会人や学生さんはたくさんいます。学生や独身の場合はマンションやアパートで暮らすことが多いでしょうが、この場合の引越し挨拶で悩むのが「どの範囲まで行くべきか」ということです。

目安として、学生・子供のいないご夫婦・独身の方なら、せめて両隣の2軒にはご挨拶に行きましょう。もし子供(とくに未就学児などの小さな子供)がいるご家庭なら、両隣に加えて、上下にあたるおうちにもご挨拶したほうがいいでしょう。

生活音は意外と隣近所に伝わるものです。子供が一緒にいる場合は、走ったり飛んだりする音が上下に響きますから「ご迷惑をかけたらごめんなさい」とあらかじめ言っておくとトラブルになりにくいでしょう。

一軒家なら両隣+向い3軒+裏3軒に挨拶する

一軒家の場合は、マンションよりも広い範囲にご挨拶しましょう。
両隣+自宅の向かいにある3軒+自宅の裏にある3軒です。ちょうど自宅を中心にして、円を描くように考えるといいですね。合計で8軒になります。

ここまでしなくても…というのは、一軒家の場合はNGです。というのも、借家であっても長く住むことになるかもしれず、町内会や区会で近隣のおうちにお世話になる可能性が高いからです。まして自宅を新築したり購入したりした場合は、おつきあいはとても長くなります。

近所の方と親しくなっておけば今後の生活にプラスになることがとても多いので、やはり最初のご挨拶は大事です。

ご挨拶だけで近隣とのトラブルを回避できるかも

4月からの新生活。期待と不安でいっぱいかもしれませんが、近所への挨拶をしなかっただけで思わぬトラブルを招くこともあります。
引越しは新生活が順調にスタートするまで終わらないと考えて、ちょっとした心配りを忘れないようにしましょう。

関西圏から関東圏の最安値引越しを実現!

2017-03-28

お引越し費用を少しでも節約したいのなら、最安値を出している引越し会社に頼むのが一番です!
安い引越し会社と聞くと「ちゃんと運んでくれるかな?」
「見積もりは安くても、話を聞いているうちに高くなってしまうんじゃないの?」などと不安に思うこともあるでしょう。

しかし、LIVE引越サービスなら心配はいりません。関西から関東へのお引越しは業界でも最安値です!

大阪―東京間の引越し最安値を実現

LIVE引越サービスといえば、大阪の格安引越し会社です。だからといって、関西エリアだけのお引越しをしているわけではなく、実は関西―関東、大阪―東京間のお引越しも毎年たくさんお受けしています。

なぜそんなにたくさんのお引越しの依頼があるのか?
安いからです!もともと格安引越し会社として持っていたノウハウに磨きをかけて、あらゆる部分でコストカットを実現し、ついに関西ー関東間の最安値を実現しました。
「うちは安いですよ!」と安値をうたう引越し会社はありますが、実際に「最安値クラスでの引越し実績が多数あります!」といえる引っ越し会社はそう多くありません。

繁忙期以外なら、単身引越しで約2万円が目安

関西から関東へ、最安値というと一体どれくらいなのだろうか。最安値といっても、本当に安いかどうかは別だろう。こう考えるお客様もおみえでしょう。
具体的に言うと、大阪―東京間の単身引越しなら、繁忙期以外の見積もりは約2万円です。この金額で、単身引越し用のコンテナいっぱいにお荷物を入れて送れます。おそらくこれは、引越し業界でも最安値というお得なお引越しです。

これほどお安い理由は、単身引越しの場合、複数のお客様のお荷物を一緒に運ぶからです。お荷物の発送はお客様の都合のいい日でよく、着日は当社の指定になります。

実績のある格安引っ越し会社です

LIVE引越サービスは、すでにたくさんのお客様のお荷物を関西圏から関東圏へ最安値でお運びして、大勢のお客様にご満足いただいております。ぜひ一度、その安さとサービスを体験してみてください。

他社の引越し見積りで高ければLIVEにご相談。

2017-03-28

お引越しの予定ができてあちこちから見積りを取ってみたけれど、どうにも高い…。
どこに頼んでも同じように高い見積りしか出てこないのか、とあきらめる前に、ぜひともLIVE引越しサービスにご連絡ください。

当社は大阪―東京間、関西―関東間のお引越しが、最安値クラスでできる引越し会社です!

最低3社から見積りをとって比較しよう

引越しの見積りはいったいどれくらいの数を取ったらいいのか。
これも迷うところでしょうが、最低でも3社くらいに見積りを依頼されるといいでしょう。

今はインターネットですぐに見積り依頼ができます。
金額が出そろったら、総額を比較して、詳細部分を確認しましょう。

見積り総額が格安でも、見積書をよく読むと、オプションで追加費用が発生したり、いろいろな条件をクリアしないと格安引越しができなかったりするケースもあります。
じっくりと時間をかけて確認していきましょう。

当社は日本じゅうどこへでも格安でお引越しができる

他社の見積もりで納得ができなければ、ぜひともLIVE引越サービスにご連絡ください。
当社は格安引越し会社として全国へのお引越し実績があります。

ほんとうに最安値のお値段で多くのお引越しをしてきたからこそ、自信をもって格安のお見積もりができるんです。
実際、関西―関東間のお引越しは、業界でも最安値クラスです。

なお、当社の本社は大阪にありますが、支店は神戸にもあり、関東エリアなら東京・千葉・横浜にも支店があります。
全国どこへでもお引越しができますから、長距離でも安心してお尋ねください。
引越し費用が高額になりがちな沖縄へのお引越しも、本当に格安の料金でお見積りいたします。

ネットで見積り依頼+自宅へ訪問見積りもいたします

もちろんお見積りは無料ですし、サイトから依頼することも出来ます。
サイトからの見積り依頼は、住所や氏名などを入力した後に運びたいお荷物の種類と数をチェックしていくだけです。

とても簡単ですぐにできます。
お荷物の量が多くて、ちゃんと見積りができるか心配…という方には、お電話ください。
ご自宅にうかがって見積りをいたします。訪問見積りも無料ですからご安心くださいね。

引越しの段ボールはサイズをそろえておこう

2017-03-28

引越しをスムーズにすませるためには、ちょっとしたコツがあります。
たとえば、段ボールのサイズをそろえておくことです。

段ボールのサイズなんて、どれでもいいでしょう?
と思うかもしれませんが、サイズを統一することでトラックに積み込める荷物の量が大きく変わってくるんです。

同じサイズの段ボールなら、トラック内の空間いっぱいを有効活用できる

段ボールのサイズがそろっていると、積み上げたときにきれいな四角になります。
つまり、無駄なスペースを作らずにきっちりトラックの中に荷物を積み込めるということです。

お引越しの荷物は家具や家電などがあり、大きさがバラバラなものがとても多いです。
そんななか、段ボールだけが、唯一サイズや形を統一できる荷物です。

同じサイズの箱ならトラックの中に遊びスペースができず、それだけ荷物がぐらつくことも少なくなります。
輸送中も安心して荷物を運べるのも大きなメリットですね。
少しでもたくさんの荷物を安全に運びたいと思うなら、段ボールのサイズを統一しておくことが、以外大事な引越しのコツなんです。

大きすぎる段ボールは強度が足りず、そこが抜けることもある

さらにもうひとつ、段ボールはあまり大きなサイズにしないようにしましょう。
大きい段ボールはたくさんのものを一度に詰め込めていい気がするのですが、段ボールは大きくなればなるほど強度が弱まります。

弱い段ボールにたくさんの荷物を詰めれば、それだけ破損しやすくなりますね。
荷物を詰め込みすぎて、そこが抜けることがあるんです。

LIVE引越しサービスでは、お荷物の積み込みや積み下ろしには細心の注意を払っておりますが、段ボールに穴が開いたり、つぶれて中のものが出てきてしまったりすることも考えられます。

しっかりした厚みのある段ボールを選んで、それほど大きくない箱の中に同じジャンルの荷物を詰めておきましょう。
ちなみに、箱の底はガムテープで十字にはり、できれば横は二本のガムテープを張って「キ」の字にすると、より強度が増します。

段ボールが足りないなどは、見積り時にご相談ください

荷物が多すぎて段ボールの手配ができないという場合は、当社へのお見積り時にご相談ください。
当社でご用意できるものがありますし、どのサイズがいいのかなどのアドバイスも致します。

引越し会社として、これまでにつちかってきた引越しのノウハウもお教えいたしますので、お気軽におたずねください。

新築一軒家のご近所対策は、建築工事前からスタート

2017-03-28

最近ニュースなどで耳にするご近所トラブル。ちょっとしたトラブルが大きな騒動になりかねませんから、お引越しの時には注意が必要です。とくに一軒家を新築する場合は、おうちを建て始める前からご近所への配慮が必要になってきます。

新築工事の前に、向こう三軒両隣には必ずご挨拶を

中古物件とちがって一軒家の新築には工事が必要です。敷地の基礎を作ることから始まり、おうちを建てている間じゅう、ずっと工事の騒音が続きます。
建築中の騒音は生活騒音とレベルが違いますし、作業によっては振動が発生することもあります。

工務店などの人の出入りも増えますから、ご近所さんへはどれだけ配慮をしても、やりすぎることはないでしょう。
とくに、「向こう三軒両隣」といわれる、自宅の向かいの3軒、両隣、自宅の裏の3軒のお宅には、新築工事の前に必ずご挨拶に行きましょう。

意外と忘れてしまうのが自宅の裏ですが、工事が始まるとうるさいのは裏のおうちも同じです。
どちらにも丁寧なご挨拶をしておきましょう。もちろん引越しの前日、引越し後のご挨拶も欠かせません。

引越し前日か、当日の搬入作業前にも一言いっておく

引越し前日に挨拶している暇なんてないよ!と思うでしょうが、前日こそ忘れずに挨拶したいものです。
引越し当日はトラックが道をふさぐ時間帯がありますし、搬入作業時に大きな音が出たりします

。何も言わずにいきなり引越しをするより、前日に訪問して「明日荷物を入れます。
ご迷惑をおかけします」と一言だけでも伝えておきましょう。

前日に訪問できなかった場合は、引越し当日の朝でもかまいません。
トラックが来て荷物を下ろす作業が始まる前に、一言いっておくことが大事なのです。

良好なご近所づきあいは、暮らしの基盤になる

一軒家を新築する以上、その地域で長い間くらすことになります。
ご近所づきあいは欠かせないものになりますので、スタート時からつまずかないように、あいさつ回りをきちんとしましょう。

地域によっては、引越したあとに自治会長があいさつに来ることもあります。
自治会に加入するつもりがなくても、近所の加入状況によっては入らざるを得ないこともありますね。
こういった情報を集めるためにも、ご近所とのおつきあいは良好に始めましょう。

入学式を越えてからの学生のお引越し、GWがおすすめです!

2017-03-28

入学式を越えてGWに引越しをされる方
「入学式を越えてからの学生のお引越し、GWがおすすめです!」
学生さんのお引越しは、ほとんどが3月末までに終わります。

4月からの新学期に間に合わせるためですが、いろいろな事情があって3月や4月にお引越しをされなかった方もみえるでしょう。
そんな学生さんには、ゴールデンウィークの単身引っ越しがおすすめですよ!

入学式以降のお引越しなら、GWにやりましょう

3月末までに引っ越しができなかった、あるいは自宅から通学していたが、予想以上に時間がかかって大変だったから学校の近くに引っ越したい、という学生さんは意外と多いんです。学生といっても、新学期が始まってしまえば引っ越しのためのまとまった時間がとりにくいのが現実です。そこでおすすめなのが、ゴールデンウィークに単身引越しをすることです。

2017年のゴールデンウィークは、後半にお休みがまとまっています。前半は土日と重なっていますが、5月3~7日は水曜日から日曜日なので、5日の連休になっている大学が多いでしょう。ここがねらい目です。

学生さんのお引越しは荷物が少ないとはいえ、それでも新居の掃除はお荷物の搬入後の片づけやゴミ出しなどをしていたら1~2日はあっという間に過ぎてしまいます。
連休前半にお荷物が届くように単身引っ越しの手配をされると、有意義にゴールデンウィークを使えます。

大きな荷物だけ単身引越しを使う

学生の引越しなら、自分で荷物を運べばいいんじゃないの?と思われる学生さんもいます、しかしテーブルやたんすなど、大きなものはやはり単身引っ越しパックを利用したほうが楽に運べます。さらにゴールデンウィーク中は道路の渋滞が予想されますから、自分たちで荷物を運んだら思ったよりも時間がかかり、大変だったという話も多いです。

一番いいのは、細かい荷物やパソコン、身の回りのものなどは自分で運び、大きな荷物は単身引越しを利用する方法でしょう。

引越し業界最安値クラスの単身引越しを上手に使おう

当社は大阪が拠点の格安引っ越し会社で、とくに大阪―東京間の単身引越しは業界でも最安値クラスです。
ゴールデンウィークに格安のお引越しをしたいなら、なるべく早く見積もりを依頼されるようおすすめします。見積もりもご予約も早いほうが、お得なことがありますよ。

« Older Entries

Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.