6月, 2017年

大事なピアノ、引っ越す際はピアノ輸送オプションを依頼ください

2017-06-29

お引っ越し時に困るのは、大きな家具とピアノです。
最初に言います! LIVEにお任せください。

ピアノはサイズも大きいですし、とてもデリケートな楽器なので、移動が大変。
さらにピアノの種類によっては、移動が大変なこともあります。

不安になられる方も多いかと思います。
ピアノがあるお引越しの場合は早めに引越し会社を探されるといいでしょう。

ピアノ輸送費はピアノの種類によって変わってくる

ピアノの輸送の費用については別途お見積りすることになりますが、大事なポイントはピアノの種類によって輸送費が変わってくることです。
ピアノにはアップライトとグランドピアノがあり、最近では大型のエレクトーンや高性能な電子ピアノの輸送ご依頼も多くなりました。

この3種類の中では、グランドピアノの輸送費が一番高くなります。次にアップライトピアノで、3番目がエレクトーンや電子ピアノです。
費用が変わるのは楽器としての繊細さに加えて、重量とサイズの問題が大きいんです。

輸送にかかる人件費でも輸送費が変わってくる

アップライトピアノや電子ピアノは、たいてい2名の作業員で運べますが、グランドピアノはやはり3人が必要です。また特殊なピアノだと搬入搬出だけで4人のスタッフがいることもあります。
スタッフの数が増えれば増えるほど、ピアノの輸送費は上がっていきます。

また、お住まいにある段差なども、費用の差を生みます。
なにしろグランドピアノとなれば重量も200キロ超、ちょっとした段差が大きな問題になるのです。

出入り口のサイズによってはピアノを搬出・搬入するためにクレーン車が必要になるケースもあり、
その場合は特殊車両の費用が必要になるケースも珍しくないんです。

ピアノ輸送は技術が必要なので、受けていない引越会社もあります

ピアノは引越しの運送中は据え付け時の振動など、ごくわずかなことにも大きな影響を受けてしまいます。
ちょっとしたことで傷がつくリスクも非常に高いですし、搬出にも搬入にも細心の注意が必要です。

そのためどの引越し会社でもピアノの輸送をお受けしているわけでなく、ご依頼があっても対応できる会社とできない会社があります。
LIVE引越しサービスは長年の運送会社としての経験を生かして、信頼していただけるようなピアノの輸送をおこなっております。

お気軽にご相談ください。

単身引越しでは、大きな家具を運べるか?

2017-06-29

急な転勤や単身赴任、学生さんのお引越しとなると、単身引越しを利用されるのが一番お値打ちでしょう。
新居に引越してからも何かとお金が必要になりますから、せめて引越し費用は格安で済ませたい。

でしたら、LIVE引越しサービスの単身引越しがおすすめです!
コスパの良さは引越し業界でもトップクラス、自信をもっておススメできます!

では、どれくらいのお荷物が運べるんでしょうか?

■2ドア冷蔵庫や薄型テレビ、電子レンジなどは範囲内

単身引越しの場合は、あまり大きな家具や家電を運ぶことはできませんが、冷蔵庫や電子レンジといった必需品は運ぶことができます。
目安ですが、2ドア冷蔵庫や薄型テレビ(20インチ程度)、テレビ台、電子レンジ、掃除機に布団袋、衣装ケースなどは運べるとお考え下さい。

逆に言えば、1人で暮らすには最低限必要なものは、これくらいでしょう。
あとは新居で新生活が始まってから、必要に応じて、順次買い足していくという形にするのが良いでしょう。

■荷物が多すぎるときは、家電を買いなおす方法もアリ

どうしてもいろいろな荷物が多すぎて、自分の引越しは単身プランでは無理じゃないか?と思うなら、家電類は新居の近くで購入しなおすという考えでもいいかもしれません。
最近の一人暮らし用家電はお値段が安くなっていますし、機能も充実しています。冷蔵庫や電子レンジ、掃除機などは新しく買いなおすことにして、ほかに新居へ送りたいものを優先させるのもコツです。

あるいは細かい荷物は後から家族に送ってもらうことにして、自分がどうしても送りたいものを最優先で単身引越しのトラックに載せてしまうことも出来ます。
とにかく新居ですぐに使いたいものをまず送ってしまうことで、あとは新居に引越してからでもなんとかなるのです。

■大阪―東京間の単身引越しは、繁忙期以外¥20,000くらいでOK!

LIVE引越しサービスの単身引越しは、安さで有名です。
引越し業界の中でも最安値クラスを実現していて、これまでにも多くのお客さんがご利用になっています。

繁忙期でなければ、大阪―東京間の単身引越しは¥20,000ほどでできます。
お引越しの予定がある方は、お気軽にご相談ください。

お引越しのよくあるご質問-その2-

2017-06-29

引越は初めてだからよくわからないことが多いな…そんな不安をお持ちの方も多いでしょう。
引越しのベテランと言われる方でも、わからないことがあります。

そこで今回は、引越に関するよくある質問2点をご紹介しましょう。
多くのお引越しをお受けしてきたLIVE引越サービスだからこそ、自信をもってお答えします!

■引っ越し荷物を、一部べつの場所で降ろしたいができる?

たとえばファミリー引越しで、お荷物の一部をコンテナルームやレンタルスペースに一時あずけるので新居に到着する前に別の場所でおろしたい、というようなケースですね。
あるいはご実家にある荷物も一緒に引き取って新居に運びたい、というお客様もみえます。

お荷物が多い場合には時々おうかがいすることですが、LIVE引越サービスなら2か所積み(または2か所降ろし)も可能です!
ただ、積み下ろし場所が複数になるため、別途料金を頂戴することになります。

それでも別の日に別のトラックをあらためて手配しなおすことを考えると、料金的にもお客様の手間の点からも、1日で2か所積み下ろしする方がお得になるでしょう。
積み下ろす場所やお荷物の量によって料金が違ってまいりますので、お見積もり時にご相談ください。

■見積りの依頼に料金はかかりますか?

実はこれも、よくお受けする質問です。
一般的にはお引越しのお見積りは電話の場合でも、ネットの場合でも料金はかかりません。

会社によってはご自宅にお伺いして見積りをする(訪問見積り)場合、スタッフの移動交通費を実費請求するところもあるかもしれません。
LIVE引越サービスなら見積もりの方法にかかわらず、費用は一切かかりません。

またお見積りをお出しした後、ほかの引越し会社との相見積もりでLIVE引越サービスの料金が高かった場合は、頼まないというのも問題ありません。

■お引越しのアドバイスもしています!

お引越しというのは、何度やっても大変なもの。
そんなときほど、これまでたくさんのお引越しをお受けしてきたLIVE引越サービスのノウハウをご利用ください!

2017年夏のお引越しお得日カレンダー(関東版)はこちら

2017-06-29

いよいよ夏休みが近づいてまいりました。この長いお休みを利用して引越しをしようというお客様は多いです。子供さんがいるご家庭では、1学期が終わって転校にもベストなタイミングですね。そこで今回は、夏の引越しをお得にするお得日カレンダーのご紹介です!

⇒2017年夏のお引越しお得日カレンダー(関東版)はこちら

■関東版お得日カレンダーで安い日を選んで

LIVE引越サービスといえば格安引越し。おかげさまで本社のある大阪などの関西エリアだけでなく、関東地区にも知られるようになりました。最安値挑戦を続けるLIVE引越サービスを利用して、お安くお得に引っ越そうという人が増えてきているんです。
そんな関東エリアのお客様におすすめなのが、お引越しお得日カレンダー(関東版)です。

お引越しはおなじ距離であっても引越し日によって費用が大きく変わってきます。そのためほとんどのお客様が、複数の引越し会社から見積もりを取る相見積をされます。
そんなときはぜひとも、お得日カレンダーで安い日をチェックしてから見積もりをご依頼ください。
もとから格安引っ越しのLIVE引越サービスが、安い日です!と言っている日ですから、相見積でも他社にはまず負けません!

■引っ越し代が格安でもサービスは高レベル!

そしてもう一つ、LIVE引越サービスの引越し技術に関しても自信をもってお勧めできます。
格安の引越し会社であっても、技術やサービスは格安ではない。これがLIVE引越サービスですから、お得日であっても決して技術力のおとるスタッフがうかがうことはありません。

カレンダー上のお得日は、あくまでも日付の都合でお客様が少ない日というだけです。
どんなお日にちにお引越しであっても、LIVE引越サービスの技術訓練を受けたスタッフがお伺いいたしますので、スピーディかつ安全。安心してお荷物を任せていただけます。

■夏休み繁忙期でもお安い日あります

夏休みは引越しが多い時期。それでもお客様にお安く引越ししてもらいたいので、お得日カレンダーをもうけました。
関東エリアで引越しの御予定がある皆さん、ぜひとも参考になさってください!

お引越しのよくあるご質問-その1-

2017-06-29

お引越しは初めて、という場合は、よくわからないことだらけです。まず見積りを取らなくてはならないと思っても、どうやって取っていいのかわからない。最初から心配や疑問点が続出です。そこで、お引越しの見積りに関してよくあるご質問2点についてまとめました。参考になさってください。

■荷物の少ない単身引越しなら、お電話でも見積りいたします

見積りに関するお客様のご質問で多いのは、電話でだけで見積り額を出せるか?ということです。これはネットでの見積りに不安がある場合や、時間がないので電話だけですませたいというケースですね。
LIVE引越しサービスの回答としては、電話でもお見積りはできます。
ただしお荷物量の少ない単身引越しならOKです、という感じです。LIVE引越しサービスでは単身引越しを数多くお受けしておりますし、おひとりさまのお荷物はそれほど種類が多くないので、お電話でのお問い合わせでもお荷物量の把握ができます。
そこでサイト上でお荷物の詳細を入力していただかなくても、ざっくりした見積金額をお出しできるんです。

■ファミリー引越しや単身引越しは、ネットか訪問見積りを

ではファミリー引越しの場合はどうなるのか?
こちらはやはりネットでお引越しするお荷物をチェックしていただくほうが、正確なお見積りが出せます。
ファミリー引越しの場合はご家庭ごとにお荷物量がちがいます。おなじ3人家族でも趣味やお仕事関係で大量のお荷物をお運びするケースもございますので、お電話だけでの正確なお見積りは難しいのです。
また単身引越しでも、荷物が普通より多くて…というお客様には、訪問見積りでの対応も致しております。
訪問見積りはご自宅にLIVE引越しサービスの社員がご自宅にうかがって、お荷物を拝見してから見積もりをお出しするものです。

■見積りは完全無料、どうぞお気軽に

また、訪問見積りにお金はかかりますか?という質問がありますりますが、もちろん完全に無料です。またお見積りをお出ししたからと言って、LIVE引越しサービス以外の引越し会社に発注することは違法でも何でもありません。最近では、相見積りをとるお客様も多いですしね。

ただ相見積を取ってみたら、結局LIVE引越サービスが一番安かったというお声も多くいただきます。ぜひお見積りだけでもお取りください。

夏休みのお引越しはお盆や月末を避けるとお得

2017-06-28

お引越しの多い時期は、2月の終わりごろから3月いっぱい、4月の頭まで。しかしそれ以降も、お引越しの多い時期は続きます。
ゴールデンウィークを経て、梅雨時が終わるともう夏休み。

そう、夏休みもお引越しが多いプチ繁忙期なんです。
今回は、夏休み中にお得価格でお引越しするコツをご紹介します。

夏休みでも月末や週末、お盆をはずせばお値打ちになる

夏休みはまとまったお休みがとりやすい時期です。さらに子供さんがいるファミリーにとっては、転校にちょうどいい時期ですから、やはりお引越しの相談は多くなります。
それでは、夏休み中はいつもプチ繁忙期で引越し費用も高くなるのか?

いえいえ、そんなことはありません。引っ越しが集中する月末や週末、お盆の時期をはずしていただければ、比較的お値打ちで格安な費用でお引越しができるんです。
LIVE引越しサービスでいえば、関東エリアのお客様はサイトのトップページにある「お引越しお得日」のカレンダーを参考にしてください。

カレンダー上でクリックすれば直近3か月の予定表がでて、中には「お得日です」と記載されている日があります。
ここがねらい目、本当にお安い日です!

引越し日逆指定プランを利用して、夏休みでも格安にお引越しを

実はそれ以外にも夏休みでもお得なプランがあります。引越し日逆指定プランです。
これは引越し費用をお得にしたいというお客様向けにあるもので、お引越しをする月内で、月初・月中・下旬の枠からLIVE引越しサービスがお安い日にちを指定させていただくプランです。

お客様のご希望の日にちピッタリにはならないこともありますが、それに近いお日にちを選んでいただくと、夏休みでもかなり格安にお引越しができます。
お引越しのスケジュールに余裕があるお客様はぜひご検討ください。ほんとうに、かなりお安くなりますよ!

夏休みでも格安プランを多数ご用意しています

夏休みだから引越し費用が高くなっても仕方がない。そんなふうに考える必要はありません。LIVE引越しサービスはいつでもお客様がご満足できる引越しを考えておりますので、ぜひいろいろな割引を使って、格安にお引越しをしてください!

単身引越しを東京から大阪にされたお客様の声(2016年夏)

2017-06-28

今回は、2016年夏に東京から大阪へ単身引越しされたお客様のお声をご紹介いたします。
この度は長文を送ってくださり誠に有難うございます。
非常に有難いお言葉、こちらにてご紹介させて頂きました。

単身引越しを東京から大阪にされたお客様の声

先日、東京から大阪の箕面へ引越ししました。もとは箕面出身で、実家はいまでも箕面にあります。今回は母親が年を取ったので介護のための引越しです。
東京には20年住みましたが、私ども夫婦はどちらも大阪の出身のため、夫の定年退職を待って大阪に帰ろうと話していました。そして2年前に無事に定年となり、そろそろ引越しをと思っていたら、母の具合が悪くなり、実家に帰ることになりました。

大阪に帰るといっても、東京で20年も住みましたので、後始末が大変です。とりいそぎ夫の荷物だけを単身引越し便で送ってしまい、私は東京の家が売れしだい引っ越すことに決めました。

なにしろ大阪の母が弱っていまして、すぐにでも引っ越したいところでした。そこでいくつかの会社に見積もりを頼んで、一番早く見積もりを出してくれた会社に決めようと思い、5社ほどにメールで依頼しました。
最近はなんでもインターネットで出来て便利ですね。

LIVE引越サービスも早く見積もりをくれたのですが、ほかにもう一社、連絡が早い会社がありました。ところがそちらは費用が高い。LIVE引越サービスと比べると、2倍とはいいませんが、ほぼそれくらいの差がありました。
一番早い会社がいいとは思いましたが、あれほどの料金差があると、やはりお値打ちなLIVE引越サービスのほうがよかったんです。あたりまえですね。

とりいそぎ夫を箕面に送り出し、必要なものをまとめて、荷物を運んでもらいました。箕面に到着するまではだいぶ時間がかかりましたが、うちは実家に住むのですから日数がかかっても構いませんでした。
夫が箕面で荷物をうけとり、無事に引越し完了です。あとはこちらの家と家財を処分して、私の引越しも考えないといけませんね。

お引越しスタッフを募集しております。

2017-06-27

引越には人手がいります。
そこで、LIVE引越しサービスでも随時お引越しを担当するスタッフを募集しております。

引越し業界は常に人手が足りていませんが、そのなかでもお客様にご満足いただけるよう、
スタッフの待遇をできるだけよくして、仕事を覚えて長く働いてもらえるようにしております。

■いいスタッフを育成することが、お客様の満足につながる

LIVE引越しサービスのサイトを見ていただくと、左側に「求人募集」というボタンがあります。
ここをクリックすると、現在の求人情報が出てまいります。

お給料や待遇などが明記されておりますが、なかでもご注目いただきたいのが、教育制度です。
求人に応募してくるのは経験のあるベテランだけとは限りません。

他業種からの転職もたくさんありますので、LIVE引越しサービスでは入職後の新人社員研修や職種別の研修を多数用意しております。
研修は社内だけでなく、必要に応じて社外での研修も受講してもらい、スキルアップに役立てています。
こうやって時間をかけ、人手をかけた教育で、お客様にきちんとした対応ができるスタッフを育成することが、会社の役割だと信じております。

■福利厚生や給与面でも配慮あり!安心して働ける

また、福利厚生やお給料面も充実しております。
お給料の改定は年に2回、4月と10月にあり、賞与も年に2回(7月・12月)です。財形貯蓄制度もあって、しっかりと貯蓄をしたい人にはぴったりです。

保険についても総合福祉団体定期保険に加入できます。
これは掛け金が安くて加入手続きが簡単な保険ですから、基本的には仕事をしている健康な成人なら加入ができるものです。

■関東エリアは独身寮・社宅もあります

もうひとつ大きな福利厚生としてに申し上げると、関東エリアの社員には、独身寮や社宅の用意もあります。
社員が安心して働ける会社は、いいサービスをお客様にご提供できる。

そのためにLIVE引越しサービスでは社員の福利厚生に力を入れております。

recruit_img

ご興味ある方はこちらにて詳しくご確認ください。

ファミリー・ご家族の引越しもLIVE引越サービス

2017-06-27

LIVE引越しサービスは単身引越しが格安でお得、こういう認識が関西エリア以外にもじわじわと広がっているようですが、実は家族のお引越しだってとてもお安くできるんです。

そこで今回は、ファミリー引越しのプランについて、距離別にご紹介します。近距離も中距離も本当にお得ですよ!

■近距離はコスパで選ぶかラクラクで選ぶか

LIVE引越しサービスの近距離プランは同一市内や距離50キロメートル以内のお引越しの場合におススメのプランです。
こちらは料金別に分かれていますので、コスパ重視で行くか、ラクラク重視で行くかで選ぶといいでしょう。

コスパ重視派のお客様は、引越しのみプランがおすすめです。
LIVE引越しサービスが搬出と輸送、搬入、新居での家具の配置や段ボール荷物の運び込みまでを担当し、お荷物の梱包と荷ほどきはお客様でしていただきます。

もしラクラクなお引越しを希望されるなら、全梱包・全解包つきプランがいいですよ!
お引越し当日の梱包から積み込み、搬入から荷ほどきまで、全部をLIVE引越しサービスのスタッフがいたします。

ラクラク引越しの場合は、2日型と3日型(お荷物の梱包~荷ほどきまでかかる時間がちがいます)がありますので、お引越しスケジュールに合わせてお選びいただけます。

■中距離プランなら午後搬出→翌日午前の搬入ができる

中距離プランの場合は、県外へのお引越しや距離300キロメートル以内のお引越しの時にご利用いただけます。
お荷物の搬出は午後におこない、トラックは翌日の早朝から新居へ向かいます。

たいていの場合は、搬出の翌日の午前中には新居へ到着いたしますので、そのまま搬入ができます。
ファミリーの場合はお荷物量が多いですから、できれば午前中に運び込みを終えて、午後からは荷解きにかかりたいもの。

LIVE引越しサービスではお客様のご都合を最優先したお引越しスケジュールを組んでおりますので、中距離プランなら翌日もゆとりをもって荷ほどきができます。

■コスパもラクラクも、お客様のご要望次第で!

コスパ最高の近距離スタンダードコースやラクラクお引越しなど、LIVE引越しサービスではお客様のご要望にこたえられるファミリー用お引越しプランをご用意しております。
詳細は、お気軽にご質問ください。

シェアハウスへのお引越しもお任せください

2017-06-26

時代が変わると、住宅事情も変わります。
シェアハウスというのは、最近になって注目され始めた居住スタイル。

1軒のおうちや広いマンションの部屋に複数の人が一緒に住むことです。
メディアの影響もあって、若い人を中心に広まりつつある新しいスタイルですね。
もちろん、LIVE引越しサービスでは、シェアハウスへのお引越しもお受けしています!

■高い家賃でも複数の人間で分割して払えば安くなる

シェアハウスという考え方は、欧米では珍しいものではありません。
一軒家や広いマンションを複数の人で借りるので家賃負担が少なくて済み、自分の部屋以外のキッチンやお風呂などは広い部分を共同で使用できるという考え方です。

東京都心部などの家賃が高い場所では、ワンルームの狭いお部屋に10万円の家賃を払うより、シェアハウスでお金を節約しながら暮らしたいという若者が増えています。
とくに家賃の中に光熱費やインターネット代が含まれているのが、お得感をアップさせているようです。

学生や社会人になりたての世代にとっては、他人との共同生活のわずらわしさよりも、一緒に暮らすメリットのほうが大きいわけなんです。

■生活に必要な家電はすでにそろっている

では、シェアハウスへ引っ越すときに注意することはあるのか?
普通のお引越しとそれほど違うわけではありませんが、お荷物量が少なくて済むことを考えて、単身引越しプランを選ぶといいでしょう。

シェアハウスというのは、すでに人が住んでいるおうちへ引っ越すことが多く、ほとんどの場合キッチンには冷蔵庫や電子レンジがすでにあり、新しく購入する必要はありません。キッチンだけでなく、洗濯機や掃除機もそうですね。

日常生活に必要な物品はだいたいそろっているわけですから、自分の身の回りの物だけを運ぶお引越しだと思えばいいでしょう。

■引越し費用を節約したければ、LIVE引越しサービスの単身引越しを!

だとしたら、ぜひともLIVE引越しサービスの単身引越しをご検討ください!
関東エリアだけでなく、大阪から東京への単身引越しは引越し業界でも最安値クラスです。

繁忙期でなければ、¥20,000程度を目安にしてお引越しができます。

社会人になったばかりで経済的に不安があるという場合や学生なのでシェアハウスで出費を抑えたいという人は、格安の単身引越しサービスを使って、賢くお安くシェアハウスへのお引越しをしましょう!

LIVE引越サービスにはお得な沖縄便があります。

2017-06-25

遠距離引越しだから、見積もりも高いだろうなあ…。
こんなふうに考えるとユウウツになりませんか?

しかし、費用がいくらだろうが引っ越さねばならない時もあります。
LIVE引越サービスは日本中のお引越しをお受けしておりますから、沖縄便もございます。
もちろん格安引越しを実現いたします!

■関西エリアか関東エリアからの引越しなら格安です

LIVE引越サービスの沖縄便は、価格の安さで評判です。
もともと大阪に本社のある格安引っ越し会社ですから、スタート地点が大阪などの関西エリアもしくは関東エリアなら、ゴールは全国のどんな場所でもOKです。

当然、海を渡る沖縄便もございます。沖縄便の場合、ネックになるのが料金の高さ。
本州と沖縄の間には海がありますから、どうしてもトラック+船という2種類の乗り物を使わねばなりません。

こうなると日数もかかりますし、引越し費用も高くなってしまいます。
ちなみにLIVE引越サービスの沖縄便は、最速4~5日で沖縄にお荷物が届きます。

■引越し業界でも最安値でのお引越しを

沖縄へのお引越しで費用を節約したいという方は、ぜひともLIVE引越サービスにご連絡ください。
当社の沖縄便は引越し業界でも最安値の設定です。

もちろんお荷物の量などによって費用はかわってまいりますが、それでも同じ条件なら他の引越し会社と比べて安い設定になっています。
どこの引越し会社に頼んでも高いことに変わりはない、と思っていらっしゃるのなら、ぜひ一度LIVE引越サービスにご相談ください!

複数の会社に見積りを依頼して、一番お客様が希望する条件にあった会社がLIVE引越サービスでなければ、他の会社にご依頼いただいてもかまいません。

■沖縄便も相見積で安い引越し会社を探そう

遠距離引越しにはお金がかかる。これは事実ですが、どの引越し会社に頼んでも料金は一緒、と思うのは間違いです。
まずは相見積を取っていただき、どれほどLIVE引越サービスがお得なのかをご確認いただければ幸いです。

どこよりもお安くLIVEの沖縄便!

引っ越し時の荷物一時預かりサービスって何?

2017-06-24

お引越しをするとき、旧居を出てから新居があくまでに、日数が空いていることがあります。
そんなときに役立つのが、荷物の一時預かりサービスです。

お引越しの日付は決まったが、いろいろな事情で新居に入るまでに期間があるという時は、ご相談ください。

旧居を出た後、新居に入るまでの期間のお荷物預かりサービス

荷物の一時預かりサービスとは、旧居を出た後のお荷物を倉庫やトランクルームなどの場所に、一時的に保管するサービスです。
これは、新築でおうちを作って引っ越す予定だったが、新居の完成が数日遅れるなどという場合にとても便利です。
新居に入れるようになるまで、搬出したお荷物をお預かりいたします。

また、遠距離引越しで荷物は先につくがお客様ご自身の到着までに日数がかかるときも、いったんお荷物をお預かりすることができます。
新居への到着日もしくはそれ以降のお客さまが指定される日にお荷物をお届けし、搬入をいたします。

急な単身赴任で社宅が間に合わないという場合も

それ以外にも、単身赴任の場合もよくお荷物の一時預かりサービスをご利用いただいています。
急な単身赴任では、とりいそぎご本人だけが転勤先へ行き、社宅になるマンションなどの用意ができるまではウィークリーマンションやビジネスホテルで暮らすこともあります。

こういった場合もビジネスホテルにお荷物を運びこんでしまうわけにいきませんから、一時預かりサービスをご利用いただき、お住まいが決まってから、お荷物を搬入いたします。

トランクルームを手配するより、引越し会社に預ける方がラク!

こういったお荷物の一時預かりサービスはとても便利ですが、すべての引越し会社がおこなっているとは限りません。
LIVE引越しサービスでは対応しておりますが、ご利用になる引越し会社が一時預かりサービスをしていなければ、お客様ご自身でトランクルームや倉庫を手配される必要があります。

引越しとは別に荷物の一時預かりもやらなくてはならないとは、引越し前後の忙しい時には大変なことです。
できればLIVE引越しサービスのように、オプションで一時預かりサービスをおこなっている引越し会社にされると、いろいろと安心ですよ。

« Older Entries

Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.