8月, 2017年

9月に単身引越しを千葉から大阪にされたお客様の声

2017-08-31

今回は、9月に千葉から大阪へ単身引越しをされたお客様からの声をご紹介します!
お引越しが終わりバタバタしている中、嬉しいお手紙本当にありがとうございます。

千葉の大阪にお引越しされたお客様の声

千葉の行徳に住んでいたのですが、急にうちの都合で大阪へ行かなくてはならなくなりました。
大阪にはこれまで住んだことがなく、もともと関東で生まれて育ったものですから、イメージもわきません。

とりあえず、大阪方面への引越しに強い引越し業者に頼もうとおもい、ネットで探していて見つけたのがLIVEでした。
決め手は、関東から大阪への単身引越しプランが安かったこと(あとで聞いたら、引越し業界でも一番安いレベルの値段だそうです)、千葉に支店があって大阪に本社がある引っ越し業者だったことです。

引越しする先に引越し業者の本社があれば、土地勘もあるし、引越しがスムーズに行きそうじゃないですか。
それに、千葉に支店があれば、引越し前もいろいろ相談できるし、見積りも早く出てきそうだと思って…。

見積りは自宅に来てもらいました。単身ですけど、趣味の物やいろいろあって、たぶん他の人よりは荷物が多いんじゃないかと心配になったので。
サイトには、荷物をチェックするだけで見積りを出してもらえる機能もあったんですけどね。

それだけじゃ、正確な引越し代金が出ないんじゃないかと思ったんです。
自宅での見積りで、クーラーと室外機が邪魔になることがわかりました。

これ、初めから部屋についていたものじゃなくて、自分で買ったものなんです。
もう新しくないし、大阪には持って行きたくないと思ってもいたので、大家さんと交渉してそのまま置いていくことにしました。

そのぶん、退去時のクリーニング費用をへらしてもらって。
なかなか得になったのでよかったですよ。

引越しはすごい簡単にすんで、問題もなし。そして見積りどおりの安い料金だけで済みました。
ホントに安かったので。次に千葉に戻ってくるときも、また頼もうと思っています。

秋のお引越しお得日カレンダーを更新しました。

2017-08-31

お引越しって、本当にお金がかかる…。こんなお嘆きを聞くことがありますが、LIVE引越サービスは格安引越しの老舗です!
たとえどんなシーズンでも、できる限りの格安料金でお引越しを提供しております。

2017年の秋シーズンも、ギリッギリの料金で皆様に快適なお引越しをご提供してまいります!
お得日カレンダーも更新しましたよ。

■お安く引越ししたければ、お得日カレンダーをチェック!

格安引越しで有名なLIVE引越サービスでは、お客様のためにもっともっと安くできないか?と常に考えております。
お引越し料金というのは、お荷物の量と移送距離、お引越し日によって決まりますから、お荷物の量と移送距離は、もう変えようがありません。

そこでお引越し日でお安い日にちを選んでいただきたいのです。
たとえば3月の超繁忙期のお引越し料金とそれ以外の時期の料金はまるで違ってきますし、おなじ月でも月末や週末はやはり多少高くなります。

こういった諸条件を考え合わせて、LIVE引越サービスでは「この日なら安く引っ越していただける!」という日を厳選いたしました。
それが、お得日カレンダー上の、お得日・激安日・超激安日です。

■本当に本当に安いのが、激安日・超激安日

サイトのトップページにはお引越しお得日カレンダー(関東首都圏版)があり、こちらをクリックしていただくと、最新のお引越し状況が反映されてまいります。
たとえば9月で言えばシルバーウィークのあたりは混雑日になりやすいのですが、月初めや平日ならお安い日がございます。

またお得日カレンダーに、激安日・超激安日と書かれている日は、本当にお安い日です。格安引越しで有名なLIVE引越サービスが自信をもっておすすめする、コスパ抜群のお引越し日なんです。

もちろん、激安日にお引越しができるかどうかはお客さまのご都合によりますが、できればお引越し日をずらしてでも、激安日にお引越ししていただくと大変お値打ちになると思います。

■直近3か月の混雑状況とお得日がわかるカレンダー

こちらのお得日カレンダーは、定期的に更新をしております。
直近3か月間のなかのお得日を記載しておりますので、この期間にお引越しの予定があるなら、お申し込みの前にいちどチェックなさるといいですよ!

単身赴任、最安値に挑戦中!LIVE引越サービス

2017-08-30

お引越しは1人でやる単身プランもありますし、ファミリーで引っ越すプランもある。
LIVE引越サービスは、どちらのお引越しも限界ギリギリの最安値料金をお出ししています。

しかしとくにお値打ちなのが、単身プラン。引越し業界でも最安値クラスの格安料金です。

■中距離・長距離の単身プランはリブにおまかせ

LIVE引越サービスの単身プランは、移動距離に応じて3種類があります。近距離・中距離・長距離です。
単身赴任でおおいのは、中距離以上のお引越しです。

中距離の単身プランは約300キロメートル以内のお引越しです。旧居の都道府県から外へ移るお引越しになり、荷物を運ぶ方法が2種類に分かれます。ひとつは直送便プラン、もうひとつが混載便プランです。

直送便プランは、1軒のお荷物だけを積んで運ぶお引越しのこと。
いわゆるチャーター便ですから、搬入と搬出を同日もしくは翌日におこないます(距離によっては、もう1日、お日にちをいただくこともございます)。

仕事の都合で引越しに時間をかけられない場合や、引っ越した後にすぐ仕事に行かなくてはならないという忙しい単身赴任さんに向いています。

■コスパ最強の混載便プラン

もうひとつの単身プランは、混載便です。
混載便は、ひとつのトラックに複数のお引っ越し荷物をお預かりして運ぶ方法。

お荷物の引取り日(旧居からの搬出日)はお客さまが指定し、新居へのお荷物到着時はLIVE引越サービスからご連絡いたします。
だいたい10~2週間くらいのお日数を見ておかれるといいでしょう。

混載便ですからお荷物を新居に運ぶトラックの費用などは、複数のお客さまがまとめて負担するという考え方をするとわかりやすいでしょう。

たくさんのお荷物をまとめて運ぶため料金を安く設定でき、コスパを重視される方にはおすすめのプランです。

■低料金と充実サービスの2本柱でがんばります!

中距離でも長距離でも、LIVE引越サービスは業界の最安値を目指しております。
お引越しは安ければいいというものではありませんから、低料金とサービスの充実の2本柱を打ち立ててがんばります。

お引越しのお客様アンケート募集

2017-08-30

引越し会社の真の評価は、売上高でも店舗数でもない。
実際に引越し会社を利用されたお客様からの、リアルな評価だとLIVE引越サービスでは考えています。

顧客満足度ナンバーワンをめざして、お客さまからのご意見を真摯に受け止めるためにも、お引越しが終わった後にお客さまの感想をお聞きしたい。
そのためにサイト内にお客様アンケートページを作ってあります。

■お客さまからのご意見は各部署にフィードバックします

お客様アンケートページは、サイトのトップページ左端にある「ちょっとみ得」欄にあります。
ちょうどこのスタッフブログの下ですね。

お客様アンケート

ここをクリックしていただくと、お客さまにチェックしてほしいと思う項目が並んでおります。
クリックでチェックを入れていく形式ですので、それほどお時間もかかりません。

お引越しが終わってから、お時間がたっていても構いませんので、記憶にある限りの評価をしていただければ幸いです。
こうしてお客さまから直接頂いた感想は、当社内で各部署にフィードバックをして、より高い満足度を感じていただけるように、次のお引越しの参考にいたします。

■お引越しのお付き合いは、1回で終わるものではありません

こうやってお引越し後の感想を参考にしていくのは、お引越しが1回だけですまないことだからです。
LIVE引越サービスをご利用になるお客さまのなかには、単身赴任や大学進学のためにお引越しをされる方も多い。

こういったお客様は、数年後には実家や就職先へまたお引越しされるわけです。
そんなとき、前回のLIVE引越サービスのお引越しで不満に思われることがあったとしたら、2回目のお引越しには当社を選んではいただけません。

いちどご縁ができたお客さまとは、長いおつきあいをさせていただきたい。そのためにはLIVE引越サービスの良くない点も知らせていただきたいのです。

シルバーウィークのお引越しも事前予約がお得!

2017-08-30

ゴールデンウィークと並んで、すっかり日本の大型連休として定着したシルバーウィーク。9月の下旬というタイミングなので、夏休みにお引越しをしそこねたというお客さまが意外とたくさん予約をされています。連休だからいつ引越してもいいや、なんてのんびり考えているとご予約が埋まってしまうかもしれません!

■9月も激安・格安でのお引越しをお約束

シルバーウィークもお引越しが重なる時期。
となると、申し訳ないのですが、お引越し料金もいつものように激安・格安というわけにはいきません。

それでも、連休中はいつもより高いという引越し会社と比較すれば、LIVE引越サービスはお値打ち料金です!
お客さまの期待を裏切らない激安料金ですよ。

とはいえ、どんなにお値打ちなお引越し料金でも、満車になってしまうと、もうそのお日にちでのお引越しは難しくなります。
大変申し訳ないのですが、LIVE引越サービスとしてもご用意できるスタッフと車両の数に限りがあるのです。

■引越しの事前予約でお値打ち料金&特典

そこでおすすめしたいのが、お引越しの事前予約です。
とくに、どうしてもシルバーウィーク中にお引越しをしたい!というお客さまには、とにかく1日で早くお見積りを取っていただき、ご予約をするようおすすめしています。

お見積りは他社さんとの相見積りもOKです!比べていただければ、LIVE引越サービスの安さに納得していただけるでしょう。
どんなことでもそうですが、早くご予約いただければ、それだけお値打ちな価格でサービスを提供できます。

LIVE引越サービスでも、早期予約・事前予約のお客さまには特別にお得なお引越し料金をお出ししていますので、お気軽にご相談ください。

■引越しの予定ができたら、すぐに見積りを

早く予約をといっても、どれくらい早めがいいの?というご質問をいただくことがありますが、お引越しのご予定ができたら、その場でご相談いただくのが一番いいですね。

とくにシルバーウィークのような大型連休のお引越しとなると、相見積りを取るにも時間がかかります。
何事も、早めのスタートがおすすめです♪

お引越し直前、最後まで使うものの荷造り方法

2017-08-29

お引越しの箱詰め順序は、あまり普段使わないものから始める。
では、最後に箱詰めするものは何でしょう。

たいていの場合は、キッチンと洗面所のものです。
そして、最後に箱詰めするものは新居で最初に使いたいものでもあります。

これだけをまとめておくにはどうしたらいいでしょうか。

■すぐ使うものはまとめて箱詰め、箱に「すぐ使う!」と書く

お引越しの直前まで使ったキッチンの基本的な調理用具は、前日の夜に使ったらすべて箱詰め。
そして箱に「台所、すぐ使う!」とマジックで大書しておきましょう。

洗面所関係のものは家族の人数分のタオル、石けん、歯ブラシくらいを用意しましょう。
お風呂は新居でも必ず入りますから、人数分のお風呂グッズも箱詰めして「洗面所、すぐ使う!」と書きます。

ちなみに前夜のお風呂は銭湯や健康ランドを使い、数日先に箱詰めしてしまうという手もあります。
シャンプーや化粧品などの消耗品は、お引越し前に使い切ること。

なくなったら、あとは旅行用のミニサイズや試供品を駆使して乗り切りましょう。

■大型スーツケースを利用するとデッドスペースもなくなる

では、引越し直前まで使うのだが、荷作りもしたいものはどうしたらいいのか。
これには旅行用の大きなスーツケースを使うと便利です。

大きめのスーツケースにどんどん放り込んでいき、使うたびにそこから出す。
使い終わったら、また洗ったり洗濯をしたりして、スーツケースに収納する。

お引越しの1週間前くらいからスーツケース収納を始めて、当日までそのままで行きます。
そして当日は、スーツケースをぱちんと閉じて、それでおしまい。そのまま引越しスタッフに渡してしまえばいいのです。

これでスーツケース内のデッドスペースを有効活用できますし、荷物も運べる。一石二鳥の方法です。

■迷うものは処分しながら荷造りをすませる

お引越しの荷造りは、1週間前くらいに大部分が終わっていると気持ちもずいぶん楽です。
ほかの手続きや作業にもゆとりが生まれますから、物を捨てながらどんどん箱詰めしてしまいましょう。

ちょっと処分に迷うものも捨ててしまうのが荷作りのコツですよ!

小さな子供さんがいるご家庭のお引越しのポイント

2017-08-29

お引越しはやることが盛りだくさん。
荷造り・掃除・荷ほどきにガスや電気などのライフラインのお手続き…。

しかしご自宅に小さな子供さんがいるなら、どうしても子供さんのお世話が最優先です。
ふだんの生活にお引越しの準備が加わると、パニックになりそうです。
そんなとき、つぎの2点を押さえておくと、ちょっと安心です!

■大きな家具は思い切って処分、消耗品も早めに使い切る

子連れのお引越し最大のコツは、荷物の量を最小限に減らすこと。
お引越し荷物はコンパクトにしましょうというのは上手なお引越しの鉄則ですが、小さな子供さんがいる場合は荷造りの時間を短縮することにもなります。

といっても、子供の荷物は減らしにくいので、大人の荷物を減らすことに専念しましょう。
家具などの大きなものは、お引越し当日に引越し業者に引き取ってもらえるか確認。

古い物はなるべく処分するのがおすすめです。
次に消耗品。買い置きの食べ物などはお引越し前に食べきります。

そんなのカンタンと思うでしょうが、自宅にストックしてある食料品の量をチェックすると驚くほど大量です。
缶詰、レトルト、調味料、乾麺など、これだけでお引越し前の1か月が過ごせるくらいの食料品が出てきます。

■子供さんの荷物は、最終段階で梱包する

ふたつめは、子供の荷造りは最後にすることです。とくにDVDやお気に入りのおもちゃは、お引越し当日に箱詰めしてもいいくらいです。
好きなおもちゃがあれば、荷造り中に多少は集中してくれますし、DVDはお引越し当日にも使えますから、最後の最後までおいておきましょう。

ついでにいうと、お引越し当日は新しいDVDや絵本を準備して、子供の注意をひきつけるのもコツです。
子供さんの普段づかいのお洋服も最後までおいておきましょう。

小さな子供さんはしょっちゅうお洋服を汚すものです。
あるいは、もうこれで処分するというお洋服を集めて、着替えては捨てると荷物がへります。

■ママ1人では大変、ご夫婦で助け合って荷造りを

小さな子供さんがいるご家庭では、どうしても子供が寝てから荷造りすることになります。

ママ1人ではとても間に合う作業量ではありませんから、夫婦で協力することも大事です。
パパにも事前に手助けをお願いしておきましょう。

9月の引越し料金カレンダーをアップしました。

2017-08-29

なんだかおかしな天気が続いた今年の夏。いつまでも終わらないと思っていたら、ちゃんと9月になりましたね!
夏休みも終わり、9月になったらそろそろお引越しをしようと考えているのなら、LIVE引越サービスの引越し料金カレンダーで激安日を探しましょう!

■お得日料金カレンダーに、予約状況と格安引越し日をアップ

お引越しにはお金がかかりすぎて困る…というお客さまにおすすめなのが、サイトのトップページにあるお引越し料金カレンダーです。
こちらのカレンダーには激安日やお得日が記載されていて、一目で安いお引越し日を見つけられるようになっています。

お得日料金カレンダ―(関東首都圏版)をクリックするだけで、3か月分のご予約状況やお得日が一目でわかるんです。
これさえあれば、激安で引越しができる!とお客さまから大変に好評な料金カレンダーです。

とくにカレンダー上でお得日や超激安日と書いてある一は、もともと他社よりもお値打ちな料金を出しているLIVE引越サービスが、自信をもってお出しする激安日です!

■超激安日はコスパ最強の引越し日

”超激安日”は、格安引越し会社のLIVE引越サービスが、これ以上安い料金設定はないでしょう!というギリギリの線まで引越し料金を下げることができる日です。いってみれば、コスパ最強のお引越し日。

LIVE引越サービスとしても限界にちかいお値打ち料金ですから、”超激安日”の設定は1カ月のうちでも数日しかありません。
しかも埋まってしまえば、もう同じような激安料金をお出しすることは難しくなります。

つまり、早い者勝ちでわずかが枠が埋まってしまうお得な引越し日なんです。
お引越しの予定日がお得日料金カレンダー上の激安日付近にあるという場合は、お引越し日を調整をするのがおすすめです。

お引越し日の変更は大変でしょうが、それ以上にお安くお引越しができるお得日です!

■シルバーウィークのお引越し予定は、早めに料金カレンダーをチェック!

夏休みが終わり、シルバーウィークまでは引越しの多いシーズンです。
このタイミングでお引越しを計画されているお客さまは早めに料金カレンダーをチェックして、最強・最安値の激安日をゲットしてくださいね。

学生さんは新学期前にお引越しを。

2017-08-29

大学生や専門学校に入って4月から1人暮らしを始めたという方は多いのですが、実は夏休み以降に一人暮らしを始める学生さんも多いんです。
1学期は実家から通ったが通学時間がかかりすぎるので一人暮らしを始めたい…こんな学生さんは、夏休み中にお引越しをすませましょう。

■夏休み中にお引越しをして、新学期に備えるのが賢いやり方

夏休みは長いから、そのうちに引越せばいいや。などと考えているとあっという間に9月になってしまいます。しかし学生さんのお引越しは、新学期が始まる前に済ませるのが賢い方法です。

9月になってからお引越しするのも悪くありませんが、できれば休み中に引越して、新しい自宅の周囲をしっかりとチェックしておくゆとりが欲しいですね。

スーパーはどこにあるのか、コンビニは、ドラッグストアは、銀行は…?と調べておきたい場所はたくさんあるはず。
そして新学期の前に1週間でも10日間でも一人でくらし、家事と勉強のリズムに慣れていると学校が始まっても安心です。

荷物が少ない学生さんも、新居に慣れるには時間が必要

お荷物の整理だって時間がかかります。学生の一人暮らしだから荷物も少ないし、すぐ片付くと思うでしょうが、そうでもないんです。
いったん荷物を収めてから「あれが足りない!」と気が付くこともありますし、実家にあったものを急きょ送ってもらうこともあります。

そういった片づけを全部済ませて生活が落ち着くには、やはり1週間ほどかかります。これは荷物の量とかかわりなく、新居に慣れるまでにある程度の時間が必要だということですね。

住む場所が変わるということは、それだけで大きな刺激になるんです。

■2学期からの学業に集中するためにも、早めに予定を

学生だから時間に余裕があるなんて考えていると、あっという間に2学期が始まってしまいます。2学期の授業に集中するためにも、早めにお引越しの予定をたてましょう。

お引越しの予定ができたら、LIVE引越サービスにご相談ください!

引っ越し作業は、荷造りよりも荷ほどきが大変!

2017-08-28

お引越しに慣れない人は、旧居での荷造りが終わると作業の大半が終わったような気がします。
しかし引越しで本当に大変なのは荷ほどきです。

LIVE引越サービスでも梱包・開梱も担当させていただくサービスがありますが、お荷物を新居に収めるのは、本当に大変に感じているお客様が多くいらっしゃいます。

■すぐに使いたい荷物は最後に搬出→最初に搬入

まず覚えておいていただきたいのは、お荷物はトラックに詰め込んだ順番と反対の順に降ろすことになるということ。
ですから新居についてすぐに使いたい箱は、最後に乗せたほうがいいんです。

それを考えて、荷物の搬出順を決めましょう。
たとえば、お引越し当日まで使っていたような身の回りのものは、最後までトラックに積みません。

荷作りの最初のころに箱詰めしたシーズンものの荷物(季節はずれの衣類やクリスマスツリーなど)を先に積んでもらいましょう。

■お風呂、キッチン、トイレを先に仕えるようにする

そんなこと、引越し当日にはバタバタしていて忘れてしまうという場合は、荷造りの時に部屋ごとに荷物を分けてしまっておきます。
そして部屋ごとに順番に搬出してもらい、身の回りのものの箱は最後まで残すようにしましょう。

最初に搬入してもらったら、身の回りのものから荷ほどきします。
すぐに使いたいものを収納してしまってから、ほかのものに取り掛かりましょう。

なぜなら、身の回りのものの荷ほどきがすめば、それで新居での生活が一応できるようになるから、気持ちにゆとりが生まれるからです。
お風呂、キッチン、トイレが使えれば、あとは時間がおそくなっても大丈夫。

何もかも使えないままではパニックになりますが、生活環境を整えてあれば、あとはどうにかなるのです。

■荷ほどき中も、不用品がでたらLIVE引越サービスにご相談を

そして荷ほどきをしながら、新居に持ってきたけれどサイズが違ったり、いらないと感じたりしたものは、その場で処分しましょう。荷ほどきは新居での生活に必要な物品をチェックできる、最後の機会です。

お荷物搬入時に不用品が出た場合は、ぜひLIVE引越サービスにご相談ください。そのままお引き取りできるものもありますよ。

断捨離と引越し準備を同時に!荷物を減らすコツ

2017-08-28

ふだんから断捨離をしていて、荷物なんてないから引越し準備もすぐ終わる。
こんな生活スタイルならいいのですが、それは少数派でしょう。

たいていは大量の荷物に囲まれて、引越し直前まで途方に暮れる人が多いんです。
引越し準備と断捨離を同時にやって、身軽になって引越しましょう。

■お引越し日までのゴミ回収日に合わせて、処分リストを作ろう

最初に、お引越し日までの処分リストを作りましょう。

お引越し日までに何回のゴミの日があるかを調べて、可燃と不燃に分けて表を作ります。
そして不燃ゴミの日に、何を捨てるかを順番に書き込んでいくのです。

これで新居の運ぶ家具と、引越し前に捨てる家具の仕訳が完了することになりますから、ここは慎重にやりましょう。
ただし、どうしようかなと迷うものは、ざっくり捨てる覚悟が大事です。

そしてリストに従って、大きなものを捨てていく。
同時進行で、可燃ごみリストに、どの家具の中身を処分するか書き出しましょう。

リストにしてビジュアル化すると、いつ何をするかが明確にわかります。

そして新居に運ぶもの・処分するもののリストを作ると意外と荷物が多く、「もっと処分したほうがいいんだな」ということにも気づくんです。

■捨てられない性格の人は、家族に処分を頼むのもいい

性格的に、物を捨てられないという人もいますね。
思い出が多すぎて、身の回りに物がいっぱいたまってしまうタイプの人です。

どうしても自分では捨てられないという人は、友人や家族に頼んで、いない間に処分してもらいましょう。
もちろん事前に、どうしても捨ててはイヤというものだけは箱詰めしておくのです。

とても捨てられないと思っていたものでも、なくなってみれば「いらなかったんだ」と気づくものも多いんです。

■どうしても捨てられないものだけを持って行こう

古くて、以前から捨てようと思っていたものはお引越しの機会に断捨離。
とくに好きでもなかったのに、何となく捨てられずに持っていたものも、このチャンスに処分しましょう。

物をたくさん持っていて良いことは、あまりありません。
どうしても捨てられないお気に入りの物だけを残して、新居に持って行くものを決めるといいですよ。

9月に東京本社の会社様が大阪支店を出された際のお手紙

2017-08-28

今回は、9月に東京に本社のある会社さまが、大阪へ支店を出されたときのお手紙をご紹介します!

いつも思うことですが、法人様の事務所移転って、本当に大変です…。
事業に直接関わって来ますので引越し業者として細心の注意を払う必要がございます。

大阪支店を出された会社様のお手紙

9月に大阪支店の新規オープン時の移転をお手伝いいただきました。

弊社はこれまで関東中心に支店を展開しており、その際に、御社(注:LIVE引越サービスのことです!)に数回の移転引越しをご依頼しました。
そのたびに丁寧な事前打ち合わせをしていただき、当日の荷物搬出・搬入も非常にスムーズでしたので、助かっておりました。

このたび弊社が初めての関西エリアへの出店をするにあたり、スタッフの負担を極力減らすためにも、事務所移転の実績が多くこれまでの移転作業の実績を加味して、御社にお願いいたしました。

結果として何のトラブルもなく大阪支店への移転ができ、東京本社ともども非常に喜んでおります。
今回の移転の場合、とくに多かったのが書類でした。什器などは移転先の大阪で新しく購入とリースをいたしましたので東京から送るものはなかったのですが、新支店を開くにあたり必要となる書類などが大量でした。

東京本社での書類の仕分けに始まり、不用品の処分や大阪支店へ運ぶものの荷作りなど、やはり関東間の移転とは違う点が多々ありました。
そのたびに有益かつ適切なアドバイスをいただき、また必要物品の提供も受けられましたので、社員は荷物の仕分けに集中することができ、それが結果として移転作業すべてに余裕ともたらして、成功したのだと考えております。

事務所移転は荷物とスタッフが一緒に動くことになりますのでどうしても混乱することが多いのですが、総務スタッフに時間的な余裕を持たせることができ、精神的に追い詰められることもなく、準備を完璧に整えたうえで荷物を送りだすことができました。

弊社はこれを機に関西エリアでの出店を続けていく予定です。
次回の新規支店オープンもふくめて、今後も末長いおつきあいをお願いできれば幸いです。

« Older Entries

Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.