学生さんは新学期前にお引越しを。

2017-08-29

大学生や専門学校に入って4月から1人暮らしを始めたという方は多いのですが、実は夏休み以降に一人暮らしを始める学生さんも多いんです。
1学期は実家から通ったが通学時間がかかりすぎるので一人暮らしを始めたい…こんな学生さんは、夏休み中にお引越しをすませましょう。

■夏休み中にお引越しをして、新学期に備えるのが賢いやり方

夏休みは長いから、そのうちに引越せばいいや。などと考えているとあっという間に9月になってしまいます。しかし学生さんのお引越しは、新学期が始まる前に済ませるのが賢い方法です。

9月になってからお引越しするのも悪くありませんが、できれば休み中に引越して、新しい自宅の周囲をしっかりとチェックしておくゆとりが欲しいですね。

スーパーはどこにあるのか、コンビニは、ドラッグストアは、銀行は…?と調べておきたい場所はたくさんあるはず。
そして新学期の前に1週間でも10日間でも一人でくらし、家事と勉強のリズムに慣れていると学校が始まっても安心です。

荷物が少ない学生さんも、新居に慣れるには時間が必要

お荷物の整理だって時間がかかります。学生の一人暮らしだから荷物も少ないし、すぐ片付くと思うでしょうが、そうでもないんです。
いったん荷物を収めてから「あれが足りない!」と気が付くこともありますし、実家にあったものを急きょ送ってもらうこともあります。

そういった片づけを全部済ませて生活が落ち着くには、やはり1週間ほどかかります。これは荷物の量とかかわりなく、新居に慣れるまでにある程度の時間が必要だということですね。

住む場所が変わるということは、それだけで大きな刺激になるんです。

■2学期からの学業に集中するためにも、早めに予定を

学生だから時間に余裕があるなんて考えていると、あっという間に2学期が始まってしまいます。2学期の授業に集中するためにも、早めにお引越しの予定をたてましょう。

お引越しの予定ができたら、LIVE引越サービスにご相談ください!


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.