お引越し直前、最後まで使うものの荷造り方法

2017-08-29

お引越しの箱詰め順序は、あまり普段使わないものから始める。
では、最後に箱詰めするものは何でしょう。

たいていの場合は、キッチンと洗面所のものです。
そして、最後に箱詰めするものは新居で最初に使いたいものでもあります。

これだけをまとめておくにはどうしたらいいでしょうか。

■すぐ使うものはまとめて箱詰め、箱に「すぐ使う!」と書く

お引越しの直前まで使ったキッチンの基本的な調理用具は、前日の夜に使ったらすべて箱詰め。
そして箱に「台所、すぐ使う!」とマジックで大書しておきましょう。

洗面所関係のものは家族の人数分のタオル、石けん、歯ブラシくらいを用意しましょう。
お風呂は新居でも必ず入りますから、人数分のお風呂グッズも箱詰めして「洗面所、すぐ使う!」と書きます。

ちなみに前夜のお風呂は銭湯や健康ランドを使い、数日先に箱詰めしてしまうという手もあります。
シャンプーや化粧品などの消耗品は、お引越し前に使い切ること。

なくなったら、あとは旅行用のミニサイズや試供品を駆使して乗り切りましょう。

■大型スーツケースを利用するとデッドスペースもなくなる

では、引越し直前まで使うのだが、荷作りもしたいものはどうしたらいいのか。
これには旅行用の大きなスーツケースを使うと便利です。

大きめのスーツケースにどんどん放り込んでいき、使うたびにそこから出す。
使い終わったら、また洗ったり洗濯をしたりして、スーツケースに収納する。

お引越しの1週間前くらいからスーツケース収納を始めて、当日までそのままで行きます。
そして当日は、スーツケースをぱちんと閉じて、それでおしまい。そのまま引越しスタッフに渡してしまえばいいのです。

これでスーツケース内のデッドスペースを有効活用できますし、荷物も運べる。一石二鳥の方法です。

■迷うものは処分しながら荷造りをすませる

お引越しの荷造りは、1週間前くらいに大部分が終わっていると気持ちもずいぶん楽です。
ほかの手続きや作業にもゆとりが生まれますから、物を捨てながらどんどん箱詰めしてしまいましょう。

ちょっと処分に迷うものも捨ててしまうのが荷作りのコツですよ!


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.