冬の北海道への引越しの注意点

2017-12-27

冬に北海道に引っ越す…こう聞くと、大変ね!とおっしゃる方が多いのですが、実はそれほどでもありません。
ただし、本州とは気候の違う場所ですから、多少は注意しておくべき点があります。

今回は、上手に冬の北海道へ引っ越すためのコツ2点をご紹介しましょう。

【札幌付近なら12月末ごろまでは雪の心配もそれほどいらない】

まず冬のお引越しと言っても、札幌付近へのお引越しなら、12月の初めごろまで雪の心配もほとんどいりません。
ですから、できれば12月中旬くらいまでに引っ越してしまうのが第一のコツです。

最近は札幌でも根雪(つもりっぱなしで溶けない雪)が遅くなったといい、年によっては12月の中旬を過ぎてから根雪が積もり始めるくらいです。
この時期までは、北海道へのお引越しと言っても、それほど心配はいりません。

注意すべきシーズンは、雪が一番多い1月中旬から2月ごろです。
札幌の雪は4月ごろまで残っているものですが、1月半ば以降は積雪量が増えてきます。

あまり雪が積もっているとお引越し作業が大変な場合もありますので、お引越し日の調整ができるなら、12月中にお引越しをされるのがおすすめです。
いったんお引越しをしてしまえば、北海道の住宅は断熱性が高いので自宅は暖かくて快適。さらに現地で防寒具を購入すれば安心です。

【冬の北海道の引越しに慣れている引越し会社を探そう】

ふたつめのコツは、冬の北海道へのお引越しに慣れている引越し会社を探されることです。
本州から冬の北海道へのお引越しは、引っ越し会社選びがもっとも重要だといってもいいでしょう。

雪道で大型トラックを運転し、お客さまのお荷物を運ぶにはそれなりの技術が必要ですし、雪道の経験がないドライバーでは困ります。
荷物の積み下ろし作業にもちょっとしたコツがありますから、雪の中の引越しが初めてという引越し会社ではトラブルが起きる可能性もありますね。

とくに北海道へのお引越しのような長距離引越しは、引越し会社の実績がものを言います。
引越し会社を探す段階で、雪の中の引越し、冬の北海道への引越し実績がおおいかどうかを確認しておきましょう。

冬の北海道へのお引越しが初めてでも安心してご相談ください

もちろん当社は雪にも慣れており、冬の北海道へのお引越しもたくさんお受けしております。
北海道へのお引越しが初めてというお客さまにもご安心していただけるようなノウハウを持っていますので、どうぞお気軽にご相談ください。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.