学生寮や社員寮へのお引越し

2018-01-29

新しく会社に入る、大学生になるということで、寮に入る人も少なくありません。
学生寮も社員寮も、大学や会社の近くにあると言うメリットが大きいですし、一般的に寮費は賃貸物件のお家賃よりもお値打ちです。

ただ、寮への引越しはふつうの賃貸物件とは違う点もあります。
学生寮や社員寮に入居するときのお引越しで、気をつけておくべき点を2つご紹介しましょう。

【お引越しができる時期がきまっていることがある】

学生寮や社員寮は、新しく入学・入社するために引っ越していくことになります。
当然3月の下旬ごろに引っ越しが集中しますので、寮によってはお引越しができる期間が決まっているところがあります。

たいていの寮には、すでに大勢の先輩が住んでいます。
先住者の生活リズムをできるだけみださないためにも、引越し会社がいつでも入って作業ができるとは限らないのです。

引越し期間が決まっている場合は、入寮前に管理人さんから説明がありますので、必ずその期間にお引越しをしましょう。
何か事情があって、引越し期間内にお引越しができない場合は、管理人さんと相談をして、早めに荷物を送らせてもらうか、後に引っ越しができるように手配をしておく必要があります。

【引越し期間に合わせて、引越し会社を確保する】

引越し可能な期間が決まっていなくても、入学式や入社式にあわせてお引越しをされたい場合は、引越しが集中しやすい3月に引っ越すことが多いです。
この時期は引越し会社の超繁忙期ですから、3月中に引っ越しができないことも考えられます。

といっても、大学も会社も4月から始まってしまう…。

こういった事態を避けるためには、まず入学・入社が決まったらすぐに引越し会社を決めて予約してしまうといいでしょう。
もし3月中に引っ越せない場合は、繰り上げて2月の初めに引っ越してしまうことも考えておくといいですね。

あるいは必要なものだけを先にご本人が運び、4月になってから引越しを済ませることもできます。
いずれにせよ、困ったことになったら、管理人さんに相談をして指示を仰ぐのが大事です。

【先輩や同僚になる人に失礼がないように引っ越そう】

学生寮や社員寮に住む人は、これからお世話になる先輩たち・同僚です。最初のお引越しの時に良い印象を持たれれば、その先の学生生活や社会人生活がやりやすくなります。

ちょっとしたことでも気を配り、良いお引越しをされるよう、LIVE引越サービスでもせいいっぱいサポートさせていただきます。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.