一軒家・マンション・アパートへの引越しの違い

2018-03-22

お引越しといっても、新居が一軒家なのかマンションやアパートといった集合住宅なのかで、注意すべきポイントが大きく違ってきます。

そこで、それぞれのお引越し時に注意しておきたい点をまとめました。
住居の形態が違うだけで、ずいぶん違うものなんですよ。

【一軒家へのお引越しは、間取りに合わせた荷造りが重要】

一軒家にお引越しする場合は、間取りをよく知ってから荷造りするのがポイントです。
一軒家はどんなにこじんまりしているようでも、収納がとても多いですしお部屋のサイズも集合住宅とは違うからです。

どの部屋を何に使い、旧居から持ち込む荷物はどの部屋に運んでもらうのか、ということを考えつつ荷造りをしていきましょう。

そして、新居のサイズに合わせて家電や大型家具を配置していくことです。
とくに大型家電は、できればお引越しのタイミングで買い替えるのがおすすめです。

冷蔵庫や洗濯機といった大型家電は、お引越しで運ぶのにもお金がかかります。
そろそろ買い替えたいと思っているなら、引越しの前に思い切って処分・買い替えを検討しましょう。

新しい家電は、新居の近くの家電販売店で購入すれば無料で配達・設置してくれるところが多いので、お引越し料金を節約することができます。

【マンション・アパートへのお引越しは共用部分への配慮が必要】

マンションやアパートなど集合住宅へのお引越しで注意すべきなのは、共用部分への配慮です。

集合住宅では廊下やエレベーター、ロビー、エントランスなどが共用部分となり、お荷物の搬入時にキズをつけてしまうと、修繕費用を負担しなくてはいけないこともあります。
集合住宅へのお引越しでは、共用部分の養生がとても大事になってくるのです。

LIVE引越サービスでは、お荷物の搬入前にエレベーターや廊下、エントランスなどの共用部分に養生シートやテープを使って保護資材を設置し、万が一お荷物をぶつけてしまうことがあっても、お荷物と共用部分の両方と守れるようにしてあります。

トラブルなし・スムーズな引越しは経験豊富なLIVE引越サービスに

一軒家であってもマンションであっても、スムーズなお引越しには、いろいろなテクニックが必要です。
LIVE引越サービスのようにお引越し実績の多い引越し会社を選べば、お荷物は経験豊富なスタッフに安心してまかせておけます。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.