引越し難民にならない為に

2018-04-30

このところ、「引越し難民」という言葉がよく使われるようになりました。
「引越し難民」とは、3月の繁忙期に引越しを頼む引越し会社が見つからず、予定どおりにお引越しができなかった方を言います。

以前から新聞やニュースで見かけた言葉ですが、2018年の春には、実際に難民状態になった方も多かったようです。

引越し会社が見つからず宅配便ですべての荷物を送ったケースも

引越し難民という言葉が脚光を浴びたのは、2018年の繁忙期前です。
引越し会社が見つけられなかった方が急増し、ツイッターなどで「引越し会社がみつからない!」などという悲痛な叫びがあがりました。

引越し会社に問い合わせの電話をしても、3月の引越しというだけで、見積も不可能だったというケースもあり、引越し難民となった方々の悩みは深刻。

しかし引越し会社がみつからなくても、4月には学校や会社は始まってしまうため、あきらめてほとんどの荷物を宅配便で送った方もいらっしゃったそうです。
大量のお荷物を、宅配便として梱包し運ぶのは、さぞかし大変だったでしょう。

【引越し難民は、引越し業界の深刻な人手不足が大きな原因】

なぜここまで、引越し会社が見つからないのか。その理由は、引越し業界の深刻な人手不足にあります。

もちろん引越し会社としても新しい人員をつねに募集していますが、なかなか応募がないことも事実です。
そのため、これまでのスタッフだけではご相談のあるお引越し全部に対応できないことになり、ついには大量の引越し難民がいるという事態を招いてしまいました。

以前から、2018年の春には引越し会社が対応しきれなくなることが言われていたため、全日本トラック協会では、お引越し日を分散してくださるよう、お客さまに呼びかけてきました。
また企業側も人事異動の時期をずらすことで、お引越し日をずらすという対策も取り始めています。

2019年の春には引越し難民となる方がいらっしゃらないよう、LIVE引越サービスとしても誠心誠意つとめてまいります。

【引越し難民対策には、早めの引越し予約がおすすめ】

引越し難民にならないためには、お引越しの予定ができた時点で、すみやかに引越し会社を押さえてしまうことが大事です。
お引越しには人員と車輛が必要ですから、早めのご予約で引越し日を決めてしまうのがおすすめ。お引越し日を確定してから、さまざまなお手続きを始めても遅くはありません。

そして、2社・3社とたくさんの引越し会社を探すより、LIVE引越サービスのお引越しお得日カレンダーをご確認ください。
空き状況やお得にお引越しができるお日にちなどを、カレンダーでご案内しています♪


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.