新生活のスタートは、ご近所へのご挨拶から始まります

2018-04-30

お引越し後の新生活については、何かと不安を感じている方も多いでしょう。
スムーズに新生活を始めたいなら、ご近所へのご挨拶をしておきましょう。

人間関係は、ちょっとした気配りでうまくいきますよ。

【お引越し前からご挨拶を】

お引越しのご挨拶というと、引越し当日にすればいいと思うかもしれません。
たしかにお引越し当日のご挨拶は大事ですが、実はお引越し前にもご挨拶しておくと引越しがスムーズにいくことが多いのです。

お引越し当日には新居の周辺に大きな車がとまりますし、エレベーターでお荷物を運びこむこともあります。
新居周辺のお宅にはご迷惑がかかる場合も考えて、お引越しの3日前くらいには、ご近所に知らせておきましょう。

その時に、何時ごろに荷物を運びこむのかも伝えるといいですね。
もちろん、お引越しが終わった後にはあらためてご挨拶を。この時は、タオルなどのちょっとしたものを手土産にしましょう。

【旧居の管理人さんにもご挨拶を】

さて、ご挨拶は新居のご近所さんにするだけではありません。
旧居の管理人さんやご近所にも、事前に挨拶をしておくのがおすすめです。

とくに大家さんや管理人さんには、移転先の新しい住所を知らせておくと安心です。
また、引越しのゴミが出る場合は、かならず最後にきれいに掃除をしておきましょう。

引越しにあたってお餞別などをいただいた場合は、お引越しが終わった後に、新居近くの名産品等を添えてお礼状を送るのがいいですね。
ものを贈るのが失礼にあたる気がしたら、お引越しの翌日に電話でお礼の気持ちを伝えましょう。

【ご挨拶から、良好なご近所づきあいがスタート】

新生活を始めるにあたり、ご近所にきちんとご挨拶しておくといざという時にとても頼りになります。
緊急時に頼りになるのは、ご近所のチームワークです。ふだんから挨拶をするなどして、良好な関係を作っておきましょう。

もちろんトラブルのないスムーズなお引越しは、良好なご近所づきあいの大前提です。
LIVE引越サービスのお引越しで、楽しく新生活を始めましょう。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.