お引越し日の前日が旧居の契約満了日。契約更新料は発生する?

2018-06-28

賃貸契約を結んでいる物件では、契約満了にともなう更新の時期が、お引越しの大きなタイミングになります。
ところで、もしお引越し予定日の前日が契約満了日だった場合、賃貸契約の更新料は発生するのでしょうか。

お金がかかわるだけに非常に気になるところです。

【更新日後、ごく短期間なら更新料は不要なケースもある】

賃貸物件の更新は、ほとんどの物件で2年に1回のペースで必要になります。
その物件に入居した時から数えて2年ごとの更新になりますから、契約更新の前に引っ越すか引っ越さないかで、契約更新料の支払いが決まってきます。

契約上では、たとえお引越し予定日が契約満了の翌日であっても、更新をしないといけない、ということになっていますが、実際にはそれほど厳しい大家さんはいないようです。約満了後1か月たってから引っ越す予定がある、などという場合はさすがに契約更新料が必要なケースになりますが、数日間のことであれば大目に見るというのが一般的なようですね。

【引越し時期によっては、更新料の減額もある】

いっぽう、更新料が必要となった場合は、契約で決まっている金額の更新料をそっくり払うことになります。
というのも、更新料は家賃のように、契約期間の途中で引っ越すから日割り計算をする、ということはありません。

契約上で決まった更新料をそっくり払うか、払わないかということになります。
契約で決まっている更新料はおおよそ家賃1か月分という物件が多いですね。

ただし、この支払い金額もケースバイケースです。
契約どおり、家賃1か月分が必要になることもありますし、大家さんや管理会社によっては更新料・更新事務手数料の減額や金額変更に応じてくれることもあります。

契約満了日直後にお引越し予定がある場合は、早めに大家さんや管理会社に連絡して、相談してみましょう。

【更新前に引越して、新居の初期費用に充てる】

更新料や事務手数料を支払わずに済めば、その分をお引越し料金や新居の敷金・礼金などの初期費用に回せます。
賃貸契約の満了日近くに、そろそろ引越しをしようと考えているのなら、ぜひLIVE引越サービスにご相談を。

格安のお引越し料金を、お見積りいたします。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.