夏のご自身での引越しは暑さ地獄??

2018-07-24

お引越しに良いシーズンは、春と秋。これが分かっていても、さまざまな事情から真夏に引越しをすることもあります。真夏のお引越しの場合、引越し会社に頼んでいればともかく、全部の荷物を自分と家族・友人だけで運ぼうというのは、ちょっと無謀かもしれません。

夏のお引越しは、暑さ地獄。まさに暑さとの戦いなのです。

【暑さによる体力の消耗は想像以上】

真夏の引越しは、体力の消耗がはげしい。お引越しは気候の良い時でも、体力が必要な作業です。大きな荷物を運んだり、家具など持ちにくいものを持って階段を上がり降りしたり、想像以上に体力が奪われていきます。

搬入・搬出の作業中はもちろん、いったん荷物を入れてしまってからも、配置や荷ほどきのために汗が止まらないほど暑くなります。ふだんでもたいへんな引っ越し作業を、真夏にやろうと思ったら、こまめに水分と塩分を補給し、適度に休憩を入れる必要があります。

プロの引越し業者は気温と作業ペースを見ながら、水分補給や休憩を入れていきますが、慣れていないと、いつ休めばいいのかがよくわかりません。まさに、暑さ地獄の中、延々と作業をし続けることになるのです。

【真夏の引越しは、精神的なストレスも大きい】

真夏のお引越しは身体面だけでなく、精神面でもつらいもの。引越し作業中に何かトラブルが起き、対処を待っている時でも、真夏は体力をどんどん奪われて精神的に参っていきます。

作業の遅れが普段よりも大きなストレスになり、ますますイライラしてきます。ご自身でお引越しをされている場合は、レンタカーの返却時間なども気になり、イライラ度合いは上がる一方。

身も心も、クタクタになるのが真夏のお引越しです。

【搬入・搬出作業中はクーラーが使えず汗だく】

ちなみに、搬入・搬出作業中はクーラーが使ってもそれほど楽にならない、ということも覚えておきましょう。なぜならお荷物の搬入・搬出のためには出入り口を開けておかねばならず、お部屋が冷えるまで締め切っておけないからです。

プロの引越し会社に依頼しても、やはり全員が汗だくになる夏のお引越し。ご自身でやろうと決める前に、LIVE引越しサービスで見積もりをお取りください。納得のお引越し料金をお出しします!


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.