引越した隣の部屋の大きな音に悩まされた時の対処法

2018-07-25

賃貸物件には、住んでみないと分からないことがあります。騒音もそのひとつで、生活するうえでどうしても発生する騒音がトラブルの原因となることも珍しくありません。

ではもし、引っ越した先で近隣の部屋から騒音がある場合は、どうしたらいいでしょうか。トラブルになりにくい対処法をご紹介します。

【上の階の足音には、吸音材で対処】

騒音と一口に言っても、原因がたくさんあります。まず取り上げたいのが足音です。マンションでの騒音トラブルの原因トップと言ってもいいのが、足音。

上の階から聞こえる、子供がバタバタと走り回る音やジャンプする音に困っている人は少なくありません。多少の足音は仕方がないとあきらめることもできますが、あまりにうるさい場合は、マンションの管理会社に相談しましょう。

あるいは自室の天井部分に吸音材を貼り付けることで、騒音が軽減することもあります。吸音材はグラスウールや発泡ウレタンなどの素材で、自分で貼り付けることが出来ますが高所作業になりますので、注意しながら進めましょう。

ホームセンターやネットショップから購入できます。

【話し声やテレビの音は、大型家具を壁に配置して対処】

次に気になるのが、大きな話し声やテレビの音です。お互いの生活パターンが同じような場合はそれほど気にならないことですが、こちらが静かにしている夜間にテレビの大きな音が聞こえたり、大声で笑ったりしゃべったりしている音が聞こえると、とても気になるものです。

この場合、簡単にできる防音対策としてはタンスなどの大型家具を音がする壁に置き、多少でも音が入ってくるのを防ぐことです。また遮音シートと呼ばれるものもあり、これを壁に貼り付けることでお隣からの音を減らすことができます。

【騒音の苦情は、管理会社へ相談】

足音や大声のほか、ペットの鳴き声も騒音トラブルの原因になりかねません。ただし、たとえ騒音の原因となるお宅が分かっていても、直接言いに行くのはおすすめできません。深刻な近隣トラブルにつながりますので、苦情は管理会社を経由して伝えるようにしましょう。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.