8月, 2018年

冬に向け沖縄へのお引越し

2018-08-31

日本は南北に長い国です。北にある北海道も、南にある沖縄も、本州と気候や風土が大きく違います。とくに冬に向けて沖縄へお引越しをされようという方は、本州との違いを知っておくといいでしょう。

【沖縄は亜熱帯性気候のため、暑い】

沖縄は南国。気候は本州と違い、亜熱帯性気候です。温暖な気候と言うよりも、かなり熱帯に近い気候をイメージしておくのがいいでしょう。

もちろん沖縄にも四季はありますが、あまりにも温かいので、春は一瞬ですぎてすぐに初夏・真夏に続き、秋はあっという間に終わってしまいます。では、冬の気温はどうなるかというと、最高気温15度くらいで、一番寒い時期でも最低気温が10度以下になることはほとんどありません。

12~2月ごろが沖縄の冬になりますが、風が強くて曇っている日が多いので、温度のわりに温かく感じないこともあります。体感温度は天気予報の最高気温よりもずっと低くなることもありますね。

【暖房器具がない・コートも要らない】

そんな沖縄ですが、冬を過ごすための暖房器具はエアコン以外、ほとんどありません。マンションや一軒家でもエアコンの暖房機能があれば十分と言う感じです。

ガスや灯油を使うような本格的な暖房器具を持っている家庭は少なく、もしあっても、年に数回しか使わないで済んでしまいます。本当に寒いときは、屋内でも重ね着をして過ごしてしまうという人も少なくありませんし、エアコン+重ね着でクリアできないほど寒い日はめずらしいのです。お引越しをするにはとてもありがたい気温ですね。

ちなみに、沖縄の人はほとんどコートを持っていないそうです。アウターの下に重ね着をすれば十分過ごせてしまえる気温だから、コートは防寒と言うより、オシャレ目的で購入するもののようです。

【沖縄へのお引越しも格安でできるLIVE引越しサービス】

冬のお引越しは雪や道路の凍結などが心配な点ですが、沖縄へのお引越しは寒さの心配が要りません。LIVE引越サービスでは、沖縄への格安引越しも対応しておりますので、お引越しのご予定がある方は、お気軽にご相談ください。

東京から神戸へ単身赴任された30代会社員のお客様の声

2018-08-31

今回は、東京から神戸へ単身赴任された30代会社員のお客様からのお声をご紹介いたします。初めての単身赴任でお引越しと言うことで、不安がおありだったようですが、最終的にはスムーズなお引越しが出来ました。

お客様の声

初めての単身赴任、初めての引越しということで、最初はどの引越し会社に頼んだらいいのか、まったくわからない状態で準備を始めました。結果として、リブさんに頼んでよかったなと思います。

最初に会社の総務から紹介された引越し会社の中にリブさんがあり、東京に支店があり神戸にも支店がある、ということから、リブさんを選びました。本社が大阪にあるというのも、リブさんがよかった点です。

自分は東京育ちでして、関西にはまったくなじみがなく、これから単身赴任で2年ほど過ごす予定の神戸で頼りにできる引越し会社があるといいなと思っていました。やっぱり、なじみのないところへ引っ越すとなったら、地元の引越し会社を使いたいものですから。

電話でのやりとりも気持ちよく行きましたし、サポートもいろいろしてもらいました。荷物を送り出すときも問題はまったくなし。初めての引越しでしたが、簡単に荷物を送れました。

神戸で荷物をもらう時も、とても上手に運んでくれましたし、荷物の中でなくなったり壊れたりしたものはなにもなく、後から考えると、びっくりするほどうまくいった引越しになりました。リブさんの引越しスタッフは、作業がサクサクと早く進むのがとてもいいと思います。

今回はオプションで神戸のマンションのエアコン取り付け作業をお願いしたんですけど、それもとってもスムーズにいきました。とにかく、全体的に見て自分でも驚くくらいに簡単に神戸へ引っ越してくることができました。

引っ越しがうまくいったので、これからの新生活もうまく行くような気がしています。ありがとうございました。

千葉から横浜へ単身赴任された30代会社員のお客様の声

2018-08-30

今回は、千葉から横浜へ単身赴任された30代会社員のお客様からのお声をご紹介いたします。週末のお引越しを希望されていて、事前のお打合せが出来たのが良かったようです。

お客様の声

このたびは、私ひとりの引越しをお願いしまして、とてもスムーズに済んだので、ご連絡しました。仕事の異動のために横浜で一人暮らしをすることになりました。

幸い、今回は横浜での新居が家具や家電がついているアパートでしたので、それほどたくさんの物を持って行く必要がありませんでした。ただ日程的に言って、どうしても週末に引っ越したかったので、そのあたりも、詳しく打ち合わせをしました。

週末の搬出は料金が多少、上がるみたいでしたが、それでも荷物をなるべく減らして、御社の単身引越しプランを利用していきましたので、費用的には格安といっていい料金でした。あと、エレベーターなしの3階の部屋でしたので、どうやって荷物を運びこむか、ちょっと相談しましたが、結果的にまかせてしまっていいということだったので、とても気が楽になりました。

会社都合の単身赴任ですから、自宅のある千葉から横浜までの引越し料金は会社負担になりますが、それでもあまり高額な引越し料金は補助される金額を超えてしまいます。こちらの会社の単身プランは他の引越し会社と比べて、かなりお安かったので、安心して頼めました。

荷物を積み込むときもとても速かったですし、ていねいでもありました。横浜の社宅で荷物を受け取るときに、ちょっと時間がかかりましたが、それでも想定の範囲内で作業が終わりましたから、とてもよかったと思います。

今回の単身赴任は期間が長くなりそうですが、無事にこちらでの仕事が終わり、千葉へ帰るときの引越しも、御社にてお願いできるといいです。

大阪から東京へ単身赴任された30代会社員のお客様の声

2018-08-29

今回は、大阪から東京へ単身赴任された30代会社員のお客様からのお声をご紹介いたします。新居がなかなか決まらず、日程が厳しかったのですが、最終的にご満足いただけるお引越しになったようです。

お客様の声

このたび、東京への単身引越しをお願いして、とてもよかったのでお礼を申し上げます。仕事で単身赴任をすることになったのですが、業務の都合上なかなか新居が決まらず、したがって引越し日もきめることができず、ぎりぎりまで大変なことになりました。

ほかにも3・4件の引越し会社に見積もりを出してもらっていたのですが、金額が比べ物にならないくらいに高額であったり、日程がどうしてもこちらと合わなかったりしたため、やはり、格安でお願いできるLIVE引越サービスにきめました。

とはいっても、新居への引越し日まで2週間を切った時点でぎりぎりお願いすることになり、もうだめかと思っていたのに、誠実な対応をしてもらえたので、LIVE引越サービスに頼むしかないというような気持で、お願いしました。電話での対応もとてもはきはきしていて明るい印象、さらに見積もり金額が安かったのが、決め手になりました。

荷物の運び出し当日は、とても雰囲気のいい人たちが来てくれて、最初に簡単な打ち合わせをしたあとは、ただ黙々と作業に入ってくれました。あらかじめ、荷物は自分で荷造りする方式の単身引越しでしたので(それが、結局いちばん安くすむプランでした)、当日は段ボール箱を出したりちょっと大きめの家電や衣装ケースを出したりするだけで終わりました。

てきぱきと作業を進めてくださったので、予想よりも早く運び出しが終わって、さすがにプロだなと感じました。東京での荷物の運び込みのときも、実にプロらしい素早さで、丁寧でもあったので、安心できました。

今回は単身赴任で、1年後に大阪へ戻るつもりでいますので、またよろしくお願いします。

人気の田舎暮らし、引越してからの新生活で気を付けたい事

2018-08-29

田舎暮らしにあこがれる人は、年齢に関係なく年々増加しているようです。しかし都会での生活とは違う点が、多々あるのが田舎暮らしです。

そこで、田舎へ引っ越してから新生活をするうえで気を付けたほうがいいことや、注意点をまとめました。入念な事前準備で、快適な田舎暮らしを始めませんか。

【物価・賃料は安いが収入を得にくいので、マネープランが重要】

田舎暮らしの特徴としては、物価や家賃が都心部と比べて安い点が挙げられます。生活費が安価で済むというのはひじょうに良いことですが、反対に言えば、都心部よりも収入を得る手段が限られます。

アルバイトやパート先が豊富にあるわけではないため、生活費が足りなくなった場合、働いて補充することがとても大変なのです。とくに定年後に田舎暮らしをしようと考えている場合は、事前に支出計画をきちんと立てておくことが大事です。

【自治体の補助を上手に利用】

田舎暮らしは全国の自治体も力を入れている事業のひとつです。とくに住居にかかわる支援制度は、全国あちこちの自治体が個別の制度をもうけています。

定住促進奨励金やリフォーム支援など、補助制度は多種多様。住みたい地区が決まっているのなら、その自治体でどんな補助を受けられるのかを、あらかじめ調べておきましょう。

たとえば、愛媛県内子町では内子町の分譲宅地を購入する場合に、補助金がでて、かなり格安で土地を購入できます。ただし、購入後10年以上住むという条件があります。

補助の内容や条件については、田舎暮らしを始める前から、しっかりとリサーチすることが重要です。

【近所コミュニティーは、田舎暮らしでは不可欠の要素】

田舎暮らしで重要なのが、ご近所コミュニティーです。都心部の人間関係が非常に希薄になっていて、マンションの隣の住人についてもよくしらないということがありますが、田舎暮らしではご近所コミュニティーに入らなくては生活していけません。

住人の少ない田舎では、密接な人間関係を持つことで、助け合いの精神が育まれます。あとから田舎暮らしをして入っていくひとほど、ご近所コミュニティーに早くなじむようにして、地域の一員となるように心がけましょう。

シェアハウスへのお引越し、生活のトラブル事例と避ける方法

2018-08-28

賃貸物件のスタイルも日々進化をしています。最近、若い人たちに注目されつつあるのが、シェアハウスです。

1軒の家を複数の人でシェアして、家賃を折半。コスト的にも格安で生活ができるため、興味を持つ人が多いようです。ただし1軒の家で共同生活を送るため、生活上のトラブルが起きることも珍しくないようです。

【他人との共同生活のため、共有部分の管理が大変】

シェアハウスでは一人暮らしでは経験できないようなことをたくさんできますし、家賃がとても安く抑えられるのが大きなメリットです。ただし、基本的に家族以外の人との共同生活というのが問題になりやすい点でもあります。

一軒の家や広いマンションの部屋を共有することになりますので、トイレやお風呂、キッチンなどの共有エリアの掃除や管理が問題になります。お掃除をする人がかたよったり、不公平な状態が長く続いたりすると、シェアハウスの運営が立ち行かなくなり、大きなトラブルを招きかねません。

家事分担や共同生活のルールは、最初からきちんとシェアハウス利用者同士で話し合い、共通認識をしておくのが大事です。

【同居人同士の感情的なトラブルも多数】

また、シェアハウスでは人間関係のトラブルも大きな問題になります。同居人どうしの感情的なトラブルは、シェアハウスにつきものの問題です。

一緒に暮らす同居人を選べるわけではないので、どうしても生理的に合わない人と共同生活をすることもあり、何かと、もめる原因になります。人間関係においてデリケートなタイプの人は、シェアハウスに向いていないかもしれません。

あるいは、友人・知人としては仲が良かった人でも、同じ家で暮らすとなれば話は別と言うケースもあります。うまく行きそうだと思っていても、思わぬトラブルに発展することも多いのです。

【適度な距離感をキープして、上手に共同生活を】

シェアハウスでうまく暮らしていくためには、お互いの適度な距離感を大事にしましょう。家族ではない人との共同生活は、きっと今後のために役立ちます。お互いに迷惑をかけないようにして、楽しくすごしせんか。

3カ月以内の超短期引越し、家具家電備え付けの物件がおすすめ

2018-08-28

引越しと言っても、ごく短期間の滞在で、すぐにまた次の引越しが待っているというケースもあります。とくに期間限定の単身赴任で3か月以内にまた新しい任地へ引っ越す場合や、もとの自宅に戻ることが決まっている場合は、家具・家電付きの賃貸物件がおすすめですよ。

【入居した日からすぐに暮らせる家具・家電付き賃貸物件】

家具・家電付きマンションというのは、日常生活に必要な家具や家電が、あらかじめ部屋にそなえつけられている賃貸物件です。

備品である家具・家電には物件によって違いがありますが、家具ならベッド・デスク・ダイニングテーブル&椅子・ソファなどが置いてあり、家電としてはテレビ&テレビ台・照明器具・エアコン・冷蔵庫などがそろっています。

1人暮らしに必要なものはだいたい網羅して完備されていると言ってもよく、入居したその日から、すぐに暮らせるのが大きな利点です。

【家具の購入費や処分費を節約できるのがメリット】

こういった家具・家電付き賃貸物件は、単身赴任の人やつぎの引越しがすでに決まっている人、大学生などにおすすめです。短期間住むだけなのにその部屋にあった家具を購入するのも大変ですし、余計なお金もかかります。

家具・家電付きにすれば、お引越しの初期費用を節約できると同時に、新居に持ち込むお荷物が少なくて済み、退去時に不要な家具・家電を運び出したり処分したりする手間もかかりません。とりあえず短期間だけ住みたいという人には、とてもおすすめの物件ですね。

【好きな家具や最新型家電は使えないのがデメリット】

家具・家電付きの賃貸物件のデメリットはといえば、自分の好きな家具や家電を使えないことです。とくに家具は好みがあって、部屋の雰囲気を家具で決めたいと思っているならば、あらかじめ備え付けの家具はないほうがいいでしょう。

備え付けの家電は、機能的にごくごく基本的なものしかないのが一般的ですから、最新型家電にこだわりたい人にも不向きと言えます。またお家賃から見ると家具・家電付きの場合は、ほかの同条件の物件よりも2~3割ていど高額であることが多い。

これもデメリットではありますが、入居したその日から使えて、生活できるのは、単身者にとって見逃せない利点です。生活スタイルによっては、上手に使い分けてみるといいでしょう。

引越しの比較サイトを利用するメリット・デメリット

2018-08-27

あれこれとお金のかかるお引越し。引越し会社にかかる費用を節約するためには、最初から格安料金を見積もってくれる引越し会社に相談するのが良いでしょう。

最近では、複数の引越し会社を簡単に比較できる「引越し会社比較サイト」があります。本当にお安くなるの?と不安な方向けに、比較サイトのメリット・デメリットをご紹介しましょう。

【引越し比較サイトを利用するメリット】

引越し会社を比較するサイトを使うメリットは、安い引越し会社をさがす手間が省ける、ということです。各サイトにアクセスして、共通する必要事項を一回入力すれば、複数の引越し会社から見積もりを取れます。

同じ条件で、希望する数の引越し会社から相見積もりを取れるので、とても比較しやすいのが特徴ですね。お引越し料金だけでなく、段ボールや消耗品のサービスや各種特典の内容についても、一目で比べられます。

ちなみに、比較サイトを利用して見積もりを取ったお客さんだけに特典をつけている引越し会社も多いです。総合的に見て、一番自分が希望する引越しに近いものが、見つけやすいのが、比較サイトの大きなメリットです。

【引越しの比較サイトを利用するデメリット】

では、比較サイトを利用するデメリットは何かというと、複数の引越し会社との対応を一気にやらなければいけないということ。比較サイトを経由して各引越し会社へ連絡が行きますから、ほぼ同じタイミングで見積もり依頼がされます。

見積りに必要な情報は比較サイトで入力済みですから、どの引越し会社も見積もりを出すのに時間がかかりません。その結果、見積もりを請求した引越し会社はどこも、だいたい同じようなタイミングで詳細説明のための電話やメールを送ってくるのです。

同じ対応を何度もしなくてはならず、忙しくて対応しきれないという人にとっては、ちょっとめんどうに感じるかもしれません。逆に、複数の引越しが良さに一気に対応をして、一気に見積もりを取って決めたい人にはデメリットどころか、便利な点です。

【比較サイト経由で、お引越し料金のコストカットを】

多少のデメリットはありますが、比較サイトを利用すれば、希望に沿った引越し会社を探しやすいのは確かです。比較サイトを利用して、お引越し料金のコストカットを実現しませんか。

平日に引越しをして引越し代を下げよう。週末は高くなる。

2018-08-27

お引越しの大変さは、作業量の多さにくわえて、コストが高い点にあります。新居へ支払う敷金や礼金と言った初期費用だけでなく、お引越し料金が別途かかってきます。あれこれと考えると、けっこうかさみそう…。

なにか、コストダウンできる方法はないかとお考えでしたら、平日のお引越しを検討してみませんか。

【格安引っ越しをねらうなら、ディスカウントされやすい平日】

お引越し料金は流動的で固定の料金はない、とよく言われます。なぜなら、お引越しと言うのはそれぞれのご家族・ご本人さんの事情がことなり、お運びするお荷物の量が違いますし、お引越し先も違うからです。

また、たとえ同じ量のお荷物を同じ場所に運ぶのでも、平日に引越し会社をご利用されるか、休日を希望されるかで、ずいぶんとお引っ越し料金が変わってきます。なるべくお値打ちに、格安にお引越しがしたいと思われるなら、ディスカウントされやすい平日のお引越しをねらうといいでしょう。

お引越しコストも、一般的な商品の値付けと同じで、需要と供給に従って高くなったり安くなったりします。相談の少ない平日が格安日なのです。

【月の上旬の平日が、底値の狙いめ】

お引越し日に平日を選んだうえで、もっと格安で引越しをとお考えなら「月の上旬の平日」をねらいましょう。お引越しはどうしても月半ば以降、とくに月末に混みあう傾向がありますから、平日であっても高くなりがちです。

特に高いのが月末の土日祝日なので、ここははずして、月上旬の平日をお引越し日にすると、かなりのコストダウンが可能になります。もっと言えば、お引越しの時間を指定しないでおくと、ほぼ底値に近い料金でお引越しが可能です。

「上旬・平日・時間指定なし」が、格安引っ越しのコツですね。

【お得日カレンダーを利用して、格安日にお引越しを】

少しでも格安でお引越しをしたいなら、LIVE引越しサービスのサイト、トップページにある「お得日カレンダー(関東版)」をご利用ください。直近3カ月のご予約状況が一目でわかり、「激安日」などおすすめのお日にちも記載してあります。

平日の格安日をねらって、上手にお引越しをしましょう

9月末~10月上旬は転勤が増えます。辞令が出ればすぐに相談

2018-08-27

サラリーマンの人事は、春と秋におこなわれることが多いですね。春の異動が終わったと思ったら、9月後半からもう秋の人事異動が始まります。

ということで、例年9月末から10月上旬にかけては、秋のお引越しラッシュ。早めに相談して希望日を予約するのがおすすめです。

【秋の異動は、内示が出たらお引越し予約を】

多くの企業では、秋の人事異動を9月後半から発表し始めます。10月1日から新しい部署で仕事がスタートできるように、早い企業では9月の中旬くらいに内示が出るようですね。

新しい勤務先が近いところならいいのですが、日本全国に支店がある企業では配属がどこになるのかわかりません。単身赴任も含めて、お引越しをともなう人事異動なら、まずは引越し会社を押さえてしまいましょう。

というのも、9月下旬から10月初めにかけては、引越し業界の秋の繁忙期に当たります。春の超繁忙期に比べれば、多少はゆとりがあるものの、やはりいつもよりは混みあいます。

仕事や新居の都合で引越し日が決まっている場合は、内示の時点、もしくは辞令が出た瞬間に引越し日を予約するのがおすすめです。

【秋の引越しの大敵は、台風と長雨】

秋のお引越しシーズンで注意すべきは、台風です。近い距離のお引越しだから家族と友人だけで引っ越そうとお考えなら、お天気のことも考えておきましょう。

家具や衣類、本など絶対に雨に当てたくないお荷物があります。実は、お引越しの大敵は暑さ以上に、雨なのです。

例年9月下旬はまだまだ台風シーズン。油断が出来ない時ですし、秋は長雨が続くこともあり、真夏の暑い時期のお引越しと同じくらい天候には注意が必要です。

家族でお引越しをしている場合、雨を気にして慌てて作業をしてケガをするなんていうリスクもあります。プロの引越し会社なら雨のお引越しのノウハウを持っていますから、安心して任せられますよ。

【LIVE引越しサービスなら、秋の繁忙期もOK!】

LIVE引越サービスでは、春の繁忙期も秋の繁忙期も、車両&スタッフをそろえてお客さまのご要望にお応えしております。繁忙期でも格安でお引越しができますので、ぜひともご相談ください。

これがあるとお引越し作業がスピーディなマストアイテム5つ!

2018-08-26

お引越し作業中に「あっ、あれが手元に欲しい」と思うものがいくつかあります。しかし、実際にはいろいろなものがすでに荷造りずみで、段ボール箱から取り出すこともできません。

そこで、お引越し作業をスピーディにするアイテム5つをご紹介します。これだけは、別のカバンに入れてすぐに取り出せるようにしておきましょう。

【1.カッター&ハサミ】

なにはなくとも、カッター&ハサミセットは絶対に必要です。カッターはできれば、刃が太いタイプのものを用意しましょう。刃が太いカッターのほうが意外と安全に、いろいろなものを切れます。

ただし、小さな子供さんがいるご家庭は、保管方法にご注意ください。ジッパー付きのバッグの中にしまい、ジッパーを閉じておくなど、子供さんが触れないようにしましょう。

【2.ドライバー】

お引越し当日まで棚やラックに物が入っていて、バラせなかったという時に役立つドライバー。できれば大小のプラス&マイナスドライバーがセットになっているものが手元にあると便利です。

もし自宅に電動ドライバーがあるのなら、必ず段ボールから出しましょう。作業スピードが飛躍的にアップします。

【3.ビニールひも】

ひもは、さまざまな物をたばねるときにとても便利です。麻ひもでもいいですが、ビニールひものが扱いやすく軽くておすすめ。

ビニールひもは若干、強度に不安がありますが、二重にして使えばいろいろなシーンで役に立ちます。新品のものを一巻き用意しておきましょう。

【4.軍手】

お引越し中はいろいろな危険なものもあります。あまり素手で触らないほうがいいので、軍手はマストアイテム。

段ボールの角で皮膚を切ってしまうことがあるので、梱包や解梱のときにも軍手を着用したままやるのが良いでしょう。

【5.タオル】

お引越しのマストアイテム、タオル!タオルは薄手のものを複数、準備します。

暑い時期は首に巻いたりハチマキにしたりして汗止めとしても使えますし、お掃除にもフル活躍です。お店などからもらう薄いタイプのタオルが最適で、お引越し後にごみとして処分できるので、何枚か手元に置いておきましょう。

引越し準備中の掃除は、通常清掃でOK

2018-08-25

お引っ越しとお掃除はセットになっている。こんなイメージをお持ちの方は多いと思います。たしかに新居と旧居のお掃除はしなくてはなりませんが、お引越し準備中のお掃除はごくごく簡単にやっておけば十分でしょう。

本格的なお掃除はお引越し日当日と決めて、ざっくりとポイントだけを押さえてきれいにしておきましょう。

【準備中の掃除は、部屋ごとにまとめて少しずつやる】

お引越し準備中のお掃除は、部屋ごとにまとめてやるのがコツです。そして細かい部分はやらずに、吐き掃除などをするだけで十分です。簡単にお掃除しながら、それぞれの部屋の汚れ具合を見て、本格的な掃除をするにはどれくらいの時間がかかるのか、見積もっておきましょう。

引越し準備中のお掃除は、お引越し予定日の2カ月くらい前から少しずつやるのが効率的です。ここでは、畳や床、壁、天井の掃除と風呂、トイレ、台所の掃除について、ポイントをご紹介します。

【畳、床、壁、天井のお掃除は掃除機&ハタキでOK】

畳や床、壁、天井のお掃除はごく簡単にとどめても大丈夫です。通常の掃除機とハタキを使ったお掃除で十分で、それほど入念にやる必要はありません。

というのは、畳や床材、壁紙などは退去後に貼り替えをすることが多いため、退去時の汚れはそれほど問題にならないからです。ホコリを落とす、目につく大きな汚れを落とすという程度でいいでしょう。

天井のお掃除の時に、照明器具の汚れを落としておくとお引越し日当日に掃除しなくて済みます。軽く雑巾がけをしておくのがおすすめです。

【お風呂、トイレ、台所も通常のお掃除で十分OK】

お風呂やトイレの水垢汚れなどは、なかなか市販の洗剤では落ちないもの。しかしここも退去後に専門のクリーニング業者が入ることが多いので、それほど神経質にならなくてもいい場所です。よほどひどく汚れている場合は別にして、通常の状態なら毎日のお掃除だけでも十分だと言われます。

水回りとしては、キッチンも気になるところ。どうしてもあれこれとお掃除したくなりますが、お引越し前には優先すべき準備が目白押しです。気になる部分だけお掃除をして、あとはクリーニング業者に任せましょう。

« Older Entries

Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.