3カ月以内の超短期引越し、家具家電備え付けの物件がおすすめ

2018-08-28

引越しと言っても、ごく短期間の滞在で、すぐにまた次の引越しが待っているというケースもあります。とくに期間限定の単身赴任で3か月以内にまた新しい任地へ引っ越す場合や、もとの自宅に戻ることが決まっている場合は、家具・家電付きの賃貸物件がおすすめですよ。

【入居した日からすぐに暮らせる家具・家電付き賃貸物件】

家具・家電付きマンションというのは、日常生活に必要な家具や家電が、あらかじめ部屋にそなえつけられている賃貸物件です。

備品である家具・家電には物件によって違いがありますが、家具ならベッド・デスク・ダイニングテーブル&椅子・ソファなどが置いてあり、家電としてはテレビ&テレビ台・照明器具・エアコン・冷蔵庫などがそろっています。

1人暮らしに必要なものはだいたい網羅して完備されていると言ってもよく、入居したその日から、すぐに暮らせるのが大きな利点です。

【家具の購入費や処分費を節約できるのがメリット】

こういった家具・家電付き賃貸物件は、単身赴任の人やつぎの引越しがすでに決まっている人、大学生などにおすすめです。短期間住むだけなのにその部屋にあった家具を購入するのも大変ですし、余計なお金もかかります。

家具・家電付きにすれば、お引越しの初期費用を節約できると同時に、新居に持ち込むお荷物が少なくて済み、退去時に不要な家具・家電を運び出したり処分したりする手間もかかりません。とりあえず短期間だけ住みたいという人には、とてもおすすめの物件ですね。

【好きな家具や最新型家電は使えないのがデメリット】

家具・家電付きの賃貸物件のデメリットはといえば、自分の好きな家具や家電を使えないことです。とくに家具は好みがあって、部屋の雰囲気を家具で決めたいと思っているならば、あらかじめ備え付けの家具はないほうがいいでしょう。

備え付けの家電は、機能的にごくごく基本的なものしかないのが一般的ですから、最新型家電にこだわりたい人にも不向きと言えます。またお家賃から見ると家具・家電付きの場合は、ほかの同条件の物件よりも2~3割ていど高額であることが多い。

これもデメリットではありますが、入居したその日から使えて、生活できるのは、単身者にとって見逃せない利点です。生活スタイルによっては、上手に使い分けてみるといいでしょう。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.