小学生の子供さんがいる場合、お引越しは冬休みがいい?

2018-09-26

お引越しは家族全員にかかわることです。小学校・中学校に通う年齢の子供さんがいると、転校についても視野にいれねばならず、お引越し時期も簡単には決まりません。

とくに11月以降のお引越しでは、冬休みに引越すべきか、春休みまで伸ばすべきか迷うところですね。どちらが良いのでしょうか。

【春休みまで待つご家庭が多数派】

子供さんのお引越しは冬休みか春休みかという問題は非常に悩ましく、ご意見は各ご家庭でそれどれ違うようです。あえていうなら、3学期が終わり、学年がかわる春休みに引越すのがいい、というご意見が多数を占めています

事情があって冬休みしか引っ越せないというケースでない限り、子供さんのタイミングを優先して、多くの人が春休みのお引越しをお考えです。

とはいえ、春休みのお引越しは3月中旬以降になり、引越し業界の大繁忙期に当たります。この時期は転勤される方や新社会人、学生さんなどのお引越しが一気に集中するため、ご希望のお日にちにご予約を取ることが難しいことさえあります。

当然、お引越し料金も上がってきますから、お値打ちにお引越しがしたいという場合は、冬休みを検討されるといいでしょう。

【それほど心配しなくても、子供さんが順応できたというご意見も】

冬休みのお引越しは、子供さんにとって学年途中の転校になり、精神的な負担が大きいとも言われます。心配は尽きませんが、事情により、どうしても冬休みに引越すしかないというお客さまもお見えです。

では、実際に冬休みにお引越しをされたお客さまは、どうお感じだったのでしょうか。お話をお聞きすると、子供さんが小学生なら転校後に新しい学校になじむのも早く、心配していたほどのトラブルはなかったというご意見が多数あります。

また、いずれにせよ引っ越して環境を変えなくてはならないのだから、冬休みでも春休みでも変わらないというご意見もあるようです。

【子供さんの性格を加味して、判断を】

近隣のお引っ越しなら、自宅の引越しだけを済ませて子供さんは、3学期末まで旧居の学校に通うことが認められている地域もあります。子供さんの性格なども考慮に入れて、お引越し時期を決めましょう。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.