ミニマリズムがうまくいかない理由って?

2018-10-29

引越しを機に、身の回りのものを減らしていこうとお考えの方は多いでしょう。部屋中にたくさんの荷物があると、お引越し時の作業にも時間がかかりますし、お引越し料金もあがることになります。

そこで、断捨離からもう一歩進んでミニマリズムに挑戦してみたら、なんだかうまく行かないことがあります。ミニマリズムがうまく行かない理由って、いったい、なんでしょうか。

【ミニマリズムがうまく行かない→断捨離がうまく行っていない】

「ミニマリズム」とは、最小限の物品で生活するスタイルのことです。そして、ミニマリズムを実践しているひとを、「ミニマリスト」といいます。

ミニマリストの中には、自分の生活をブログなどにつづって発表したり、本にして出版したりしている人も多く、すっきりした部屋の写真を見ては、ため息をついてしまうことがありますね。ところがいざミニマリズムを始めてみても、どうもうまくいかないことがあります。

いろいろなブログや本を読めば読むほど、何から始めたらいいのかがわからず、途方にくれている人もいるでしょう。実は、ミニマリズムがうまく行かない理由のひとつは、ミニマルな生活を始めるための前段階である「断捨離」が成功していないということがあります。

【断捨離が完了後、ミニマリズムが始まる】

ミニマリズムは必要最小限のもので暮らすこと。ですから、スタート地点ですでに断捨離が完了していないといけないわけです。

何もない状態から初めて、何もない状態のままで暮らす→ものに囲まれすぎて発生するストレスから逃れる、という図式があります。だから、最初にするべきことは思い切った「断捨離」。

断捨離で自分の持ち物を削りに削ったうえで、はじめて物品と対面し、モノに対する考え方を自分なりに突き詰めていくことになるのです。その結果が、ミニマリズムの考えになりますから、人それぞれでどこまで物品を増やすかが違ってきます。

たとえ方法が違っても、本人が納得して作り上げたスタイルにのっとっていれば、その人のミニマルな生活は成功していると言えますね。

【お引越しの機会に、断捨離から成功させよう】

ミニマリズムの生活は、断捨離が完了してから始まる。いわれていればその通りですが、意外と最初の断捨離でつまずいてしまうことが多いものです。お引越しを機会に、思い切ってお荷物を減らしてみてはいかがですか。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.