年末年始の特殊引越しは、早めに問い合わせを

2018-11-28

お引越しで運ぶのは一般的な家財道具だけとは限りません。バイクやピアノなど特殊なお荷物は新居にお運びすることもあります。

通常の時期でしたら問題なくお運びできる特殊荷物の運搬ですが、年末年始は事情がちがってきます。まずは引越し会社に早めに問い合わせましょう。

【車やバイク、ピアノの運搬は、要相談】

通常のお引越しお荷物は年末年始もいつも通りに運ぶことができますが、車やバイクなど特殊なものの運搬は別です。対応ができるもの、できる時期が限定されてきますので、引越し会社に確認しておく必要があるのです。

具体的に、どういうものが特殊なお荷物になるか、ちょっとピックアップしてみましょう。
1.車・バイク
2.コピー機・金庫など重量があるもの
3.ピアノ・楽器
4.仏壇
5.エアコンの取り付け・取りはずし・運搬

こういった特殊なお荷物の運搬・作業は特殊な業者に依頼する必要があり、通常のお引越し荷物を一緒にするのは難しくなります。

【引越し会社は営業していても、運搬業者が休み】

なぜ年末年始に特殊なお荷物を運べないかというと、作業を担当する業者がお休みに入ってしまうからです。お休みに入るタイミングは業者ごとにまちまちですが、12/28の仕事納め~1/3ごろまでは年末年始休暇というところが多いようです。

いっぽう、年末の引越し会社は、通常営業というところがほとんどです。新年までにお引越しをすませたいお客さまが多いために、引越し会社は年末のぎりぎりまでお休みに入りません。むしろ、普段よりも忙しいくらいです。

引越し会社は通常営業をしているのに特殊運搬業者はお休みになるため、先に挙げた特殊なお荷物だけが運べないことになります。また年明けに運んでもらおうとしても、年をまたいで「荷物の一時預かり」をしているところも少ないという事態にも直面します。

特殊なお荷物をはこぶ年末引越しの場合は、早め早めに引越し会社と相談をしておきましょう。

【新居での年始のために、早めの準備】

あわただしい年末のお引越し。しかし、ここで頑張ってお引越し作業を終えてしまえば、あとは新居でのんびりと荷物を片付けるだけです。大変ですが取りこぼしのないように、一気に片付けてしまいましょう。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.