ライフラインを止めずにお引越し!年末年始の注意点

2018-11-30

年末年始のお引越しはいつもと違う。それが分かって準備を進めていても、つい見落としてしまうものがあります。

とくに企業の年末年始休みは要注意事項!電気やガス・水道といったライフラインは早めにお手続きをしておかないと新居で使用できないこともあるんです!

【ガス会社への連絡は、早めにすること】

電気・ガス・水道と言ったライフラインのうち、とくにすべきなのはガスです。通常の賃貸物件なら、電気と水道に関しては、ブレーカーを上げる・蛇口をひねるだけで使えます。

ですから、年末年始のお引越しで、ぎりぎりの段階になって、あわてて各会社に連絡を取ってもまず大丈夫。電気も水道も止まったきりということはありません。

ただし、ガスについては話が別です。ガスは使用前にガス会社の人に立ち会ってもらい、「開栓作業」をしなければ、使えるようになりません。

そして、ガス会社は基本的に一般的な企業と同じペースで年末年始休みに入ります。年末は12/28が仕事納めになりますし、年始は1/4くらいからしか業務が開始になりません。年末年始も連絡はできますが、それはあくまでも緊急時に対応する窓口だけですから、開栓作業はしてくれないのです。

【引越しの三週間前にはガス会社に連絡を】

それでは、いったいどれくらい前にガス会社に連絡すべきなのか。目安は退去する3週間前です。もっと早くてもかまいませんが、遅くとも2週間前にはガス会社に連絡をして、旧居の停止手続きと新居の開栓手続きをしておきましょう。

できれば同じタイミングで水道と電気の停止手続きもやっておくと、やり忘れがありません。そして電気と水道に関しては、新居へのお引越し後に連絡をすることが大事です。かならず今後の支払いの手続きをしておきましょう。

【ガスの開栓作業を考えてスケジュールを】

ガスの開栓手続きには、必ず業者の立ち合いが必要です。そのための日程調整が要りますから、早めの連絡が重要です。特に年末年始は休みのことを考えて、手続きと準備を早め早めにしましょう。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.