Archive for the ‘シェアハウス’ Category

シェアハウスへのお引越し、生活のトラブル事例と避ける方法

2018-08-28

賃貸物件のスタイルも日々進化をしています。最近、若い人たちに注目されつつあるのが、シェアハウスです。

1軒の家を複数の人でシェアして、家賃を折半。コスト的にも格安で生活ができるため、興味を持つ人が多いようです。ただし1軒の家で共同生活を送るため、生活上のトラブルが起きることも珍しくないようです。

【他人との共同生活のため、共有部分の管理が大変】

シェアハウスでは一人暮らしでは経験できないようなことをたくさんできますし、家賃がとても安く抑えられるのが大きなメリットです。ただし、基本的に家族以外の人との共同生活というのが問題になりやすい点でもあります。

一軒の家や広いマンションの部屋を共有することになりますので、トイレやお風呂、キッチンなどの共有エリアの掃除や管理が問題になります。お掃除をする人がかたよったり、不公平な状態が長く続いたりすると、シェアハウスの運営が立ち行かなくなり、大きなトラブルを招きかねません。

家事分担や共同生活のルールは、最初からきちんとシェアハウス利用者同士で話し合い、共通認識をしておくのが大事です。

【同居人同士の感情的なトラブルも多数】

また、シェアハウスでは人間関係のトラブルも大きな問題になります。同居人どうしの感情的なトラブルは、シェアハウスにつきものの問題です。

一緒に暮らす同居人を選べるわけではないので、どうしても生理的に合わない人と共同生活をすることもあり、何かと、もめる原因になります。人間関係においてデリケートなタイプの人は、シェアハウスに向いていないかもしれません。

あるいは、友人・知人としては仲が良かった人でも、同じ家で暮らすとなれば話は別と言うケースもあります。うまく行きそうだと思っていても、思わぬトラブルに発展することも多いのです。

【適度な距離感をキープして、上手に共同生活を】

シェアハウスでうまく暮らしていくためには、お互いの適度な距離感を大事にしましょう。家族ではない人との共同生活は、きっと今後のために役立ちます。お互いに迷惑をかけないようにして、楽しくすごしせんか。

転貸禁止物件はルームシェアは出来ません。

2018-08-20

時代とともに、住居の形態も次第に新しくなっています。マンションなどの部屋を数人で共有するルームシェアという考え方も、最近のものでしょう。

家賃負担を減らせて、小さなコミュニティを作りつつ暮らせるルームシェアは、若年層を中心に次第に知られてくるようになってきました。しかし、賃貸物件の中には、ルームシェアを禁止しているものもあるんです。ご存知ですか?

【家賃負担は減らせるが、大家さん・不動産屋とのトラブルが多い】

ルームシェアは、海外ではごく一般的な住居スタイルです。一つの部屋を数人で共用するもので、住人それぞれが一部屋ずつを使い、キッチンやバス、トイレは共用設備になります。

一つの物件の家賃を数人で分けて支払うことになるので、一人ずつの家賃負担が少なくなり、住宅コストを上手にカットできるのがメリット。しかしいっぽうで、入居者と大家さん・不動産会社との間でのトラブルが起きるケースも多いようです。

トラブル回避のために、最初から「ルームシェア禁止・転貸禁止物件」となっている賃貸物件もあり、ルームシェアの目的で部屋を借りたい人にとっては、大きなハードルになっています。

【ルームメイトが出て行った場合、家賃が払えないケースも】

なぜルームシェア・転貸禁止物件の部屋があるのか。この理由は、入居契約後に貸し手と借り手の間でトラブルが起きやすいからです。そもそもルームシェアしようという部屋は、一人で家賃を払うには高額で広すぎる物件です。

二人なら支払える家賃でも、シェアをしている相手が出て行ったしまった場合、一人で払うには負担が大きすぎるのです。そこで、ルームシェアがうまくいかなくなると家賃が滞納されることが多く、入居者と大家さん・不動産会社との間でトラブルが起きてしまうのです。

トラブル回避のために、初めからルームシェアを考えている人は契約段階で断られてしまうこともあり、「転貸禁止物件です」と言われるわけです。

【初めから「転貸OK」物件を探そう】

もちろん、物件の中には転貸OKのものもあります。この場合は賃貸契約者を一人に絞らず、入居者全員を契約者として連盟契約にするケースがほとんどです。

入居者全員は個別に地帯契約をおこない、それぞれ別の連帯保証人を立てます。これで賃料の支払い義務を全員に発生することになり、「又貸し」ではなく初めから「ルームシェア用の物件」になります。

このようにきちんと段階を踏んだ物件なら、ルームシェアをすることは可能ですので、根気よく物件を探してみましょう。

シェアハウス運営者さまへ。大型家具の引越しについて。

2018-07-24

最近、よく耳にするシェアハウス。シェアハウスとは、自分の部屋以外にリビングなどの共有スペースがある賃貸物件のことです。比較的初期費用が安く済み、しかも毎月のお家賃も通常の賃貸物件より格安ということで、若者を中心に人気が出てきています。

そんなシェアハウスを運営する側にとって、大型家具のお引越しは、ちょっと大変な事なんです。

【大型家具のお引越しには、搬入路や人員の確保が必要】

シェアハウスは、住人それぞれが借りている個室部分にくわえて、共有スペースにある程度の家具や家電が備え付けられています。たとえば大型のダイニングテーブルやソファのほかに、冷蔵庫や大型テレビ、洗濯機などが必要です。

これらの大型家具・家電を運び込むお引越しには、それなりのテクニックが必要です。特に家具はサイズが大きくなればなるほど、搬入経路の確保や搬入のための人手が必要になります。

大きくて重たく、運びにくい大型家具を狭い通路や共用部分に傷をつけず運ぶには、やはり専門の引越し会社に依頼するのがおすすめです。

【個室への大型家具の搬入には養生やテクニックが必要】

共用部分だけでなく、個室にある程度の大きさの家具を持ち込みたいと入居者の方から頼まれることもあります。生活に必要な家具はほとんどが備え付けてあっても、希望があれば持ち込み可にしているシェアハウスが多いですね。

この場合も共用部および通路、出入り口に傷をつけないために、きちんと養生をしたり、お荷物を上手に運んだりする必要が出てきます。入居者の方からご相談があれば、できればシェアハウスへの引越し実績の多い引越し会社を紹介すると安心です。

【LIVE引越しサービスはシェアハウスの引越し実績が多数】

入居者の方にとっては、手軽に入れて使いやすいシェアハウス。とはいっても、運営側にとってはシェアハウスのための初期投資として200~300万円がかかる大型事業です。

せっかくの建物に瑕がつかないように、大型家具の搬入には十分に気を付けたいですね。もちろん、LIVE引越しサービスは多数のシェアハウスへのお引越しを実現しております。お気軽にご相談ください。

レンタルオフィスで起業の為のお引越し

2018-04-30

インターネットの普及で、働き方は大きく変わりました。
昔のように毎日会社に行くかわりに、在宅で仕事を選ぶ方が増えつつあります。

それにつれて、シェアオフィスやレンタルオフィスで起業をするためのお引越し相談も、グッと増えているんです。

【仕事環境が整っているレンタルオフィスへは少ないお荷物の引越しでOK】

一人もしくは少人数で事業を立ち上げるときには、従来のように大きなオフィスに入居するよりレンタルオフィスやシェアオフィスを利用すると、メリットが大きいと言われます。
新規事業立ち上げのためには、事務所関連のコストを軽減する必要がありますから、レンタルオフィスはとっても有用な選択肢ですね。

では、自宅兼事務所のSOHOからレンタルオフィスにお引越しをしようという場合、お荷物の量はどれくらいになるでしょうか。

レンタルオフィスの場合、仕事上で必要なデスクやいす、電話、コピー機、ネットワーク環境などはすでに用意されている物件がほとんどです。
なにもない事務所スペースに入居するのに比べると、たくさんのお荷物を持ち込む必要はありません。

書類やファイルなど仕事に必要なものと、パソコンと周辺機器がいる程度でしょうか。
必要に応じて小さな冷蔵庫なども入れることがありますが、基本的には少ない荷物で十分です。

目安としては、軽トラックに乗せるくらいのお荷物量をお考えになればいいでしょう。
引越しスタッフは1人で住むこともありますが、エレベーターなしで階段のみいう建物内のレンタルオフィスでは、引越しスタッフが2名必要な場合もあります。

【起業時のコストを減らせて、手軽に入居できるのがメリット】

レンタルオフィスの特徴は、今すぐ使えるオフィスを、手軽に借りられるということです。
入居にあたって、什器の購入や内装費など不要になりますから、事務所の開業費用としてはかなり低く抑えることができます。

また通信関係の設備環境を整える必要もありませんから、入居相談から契約・入居・企業までの流れがとてもスムーズでスピーディ。
物件に空きがあれば、申し込みから1か月くらいで事務所をオープンすることができます。

とはいえ、立地のいいレンタルオフィスは人気ですから、なかなか空きがないのも事実です。
移転予定があるなら早めに準備を始めて、移転予定火の3か月前には移転先のレンタルオフィスの目星をつけておきましょう。

【事務所移転の実績が多数あるLIVE引越サービスにご相談を!】

レンタルオフィスへのお引越し時には、他の入居者さんへ配慮する必要がありますが、ごく一般的な事務所移転と変わりはありません。
ですから事務所移転の実績が多い引越し会社に依頼されるのが、成功のコツです。

これまでにたくさんの事務所引越しをお受けしてきたLIVE引越サービスに、ぜひとも見積りをご依頼ください!

寮やシェアハウスへの引越しもLIVEへお任せ

2018-02-23

新入社員や転職で社員寮に入ることにした人やシェアハウスを利用する人は、お引越しをどうしているのでしょうか。
社員寮やシェアハウスは洗濯機やキッチン用具などが共用になっていることが多く、新居で必要な荷物は少ない気がします。

ひょっとして、引越し会社を使わないほうが安くあがるのでは?と考えたことはありませんか。
実際は、どうなのでしょう。

荷物量を考えるとLIVE引越サービスの単身引越しがおススメ

結論から言えば、社員寮やシェアハウスへのお引越しでも、LIVE引越サービスの単身引越しを利用したほうがお値打ちになる可能性が高いです!
ちょっと新居に運び込みたい荷物の量を考えてみましょう。

洗濯機や冷蔵庫といった大型の家電は共用のものがあるとしても、自分の食器類は運ぶことになりますし、衣類やタオル類も必要です。
寮やシェアハウスでも布団は共用ではありませんから(業者がレンタルしてくれることはあります)、布団袋のボリュームを忘れてはなりません。

身の回りの荷物に、かさばる布団袋を加えれば、あっというまに荷物がふくれ上がります。
少ないとはいえ、これだけの荷物の量となると、段ボールも最低10個は必要です。

そして段ボール10個分の荷物を宅配で送ったり、自分だけで運んだりする手間を考えるなら、LIVE引越サービスの単身引越しプランがおススメなんです。

【寮やシェアハウスは、引っ越せる時間帯が固定】

社員寮や学生寮、シェアハウスへの引越しで注意すべきことは、引っ越せる時間帯です。
寮でもシェアハウスでも、すでに人が住んでいる場所へ荷物を運びこむわけですから、早朝や夜間には引っ越せません。

あらかじめ管理人さんに引越してもいい日時を確認したうえで、引越し会社に予約をするといいでしょう。
引越しの時間が限定されるなんて面倒だな…と思うかも知れませんが、寮やシェアハウスへの引越しは大きな家具・家電がないだけ時間がかかりません。

あっというまに終わりますから、それほど引越しの時間帯を心配する必要はないでしょう。

【トラブルのないお引越しをお約束します】

寮にせよシェアハウスにせよ、共用の建物に荷物を運ぶわけですから、搬入時に傷をつけない配慮がいります。
LIVE引越サービスでは多数の引越し実績がありますから、丁寧なお引越しのノウハウでスムーズなお引越しが可能です。

入居先が寮・シェアハウスであっても一度お見積りをお取りください。納得のお値段でトラブルのないお引越しができます。

若者人気のシェアハウス、具体的にはどういいうもの?

2017-07-28

メディアの影響からか、最近シェアハウスという言葉をよく聞くようになりました。
しかし具体的にどういうものがシェアハウスなのか、共有スペースはどうなっているのかなど、細かい部分が気になります。

そこで、LIVE引越サービスでもお取り扱いが増えてきたシェアハウスについてご紹介しましょう。

■個室+共用スペースで一緒に暮らすシェアハウス

シェアハウスとは1軒のお家を複数の住人がシェアして住むことです。
見ず知らずの人と同じ家を共有して使うのはムリ!と思うかもしれませんが、そのあたりは物件によって差があるようです。

ほとんどのシェアハウスは、以前は会社の独身寮だったりマンションだったりした建物を流用しています。
そのため家を共有するといっても、入居者それぞれに個室があり、リビングやキッチンやお風呂、トイレなどが共有になっているというスタイルです。

水回りはほぼ共有スペースになっていますから、洗濯機や冷蔵庫も共有しているところが多いですね。
つまり、個人のお部屋以外の場所はスペースも設備も共有になっているのがシェアハウスというわけです。

■賃貸物件の新しいスタイル

では、ルームシェアとシェアハウスって何が違うの?ということになりますが、ルームシェアの場合は個人が持っている物件の一部を借りるという感じです。
一方、シェアハウスには第三者的な運営事業者がいて、おうちの維持や管理、入居者の管理をしています。またシェアハウスでは入居契約を結びますから、入居者と運営事業者の間で賃貸借契約が交わされます。

賃貸物件として入居するのがシェアハウスだと思えば間違いないでしょう。

■大型家電が不要なので荷物が少なくて簡単引越し

東京や神奈川を中心にシェアハウスの件数が増えるほど、LIVE引越サービスがお受けするシェアハウスへのお引越しも増えていきます。
シェアハウスへのお引越しは、大きな家電が不要なために身の回りの物だけを運べばいいことになります。

そのため荷物が少ないのが大きなメリット。
ほとんどのケースで単身引越しプランが利用できますので、お値打ちにお引越しができます。

シェアハウスから引越しする時の注意点。

2017-07-26

若者を中心に人気が高まっているシェアハウス。
現在のところ、東京や神奈川、千葉と言った関東エリアで物件が増え続けています。

一軒のお家を複数の住人でシェアするスタイルが人気を集め、コスパやコミュニケーションを求める若者層が利用しています。
そんなシェアハウスから退去・引越しするときの注意点ってなんでしょうか。

■お引越し日は運営事業者にすぐに連絡

まず忘れてならないのが、お引越し日が決まったらすみやかに連絡をすることです。
シェアハウスには運営事業者がいて、ハウスが問題なく運営されるようにあれこれを動いてくれています。

運営事業者は退去が決まったらすぐに募集をかけて、シェアハウスに空室がないようにしなくてはなりません。
そこで退去日が決まったら、すぐに運営業者に連絡を入れて、退去を知らせておく必要があります。

その際、デポジット(保証金)の返却についても確認しておきましょう。
ほとんどのシェアハウスでは、退去予定をお引越し日の1か月前までに連絡することなどの決まりがあります。

この条件どおりに退去を申告しておかないとデポジットが返却されないこともあります。
シェアハウスの住人と運営事業者の双方が損をしないよう、退去が決まったらすぐに連絡をいれましょう。

■荷作り、不用品処分、お掃除で引っ越し準備完了

お引越しまでの流れは、シェアハウスも一般の住宅も同じです。
荷造りをして不用品を処分し、自分のプライベートスペースをきれいに掃除しておきましょう。

もちろん退去後に運営事業者のほうでもハウスクリーニングをおこなうことが多いのですが、それまで自分が住んでいた部屋をキレイに掃除してから引っ越すのは最低限の礼儀です。
これまでありがとうというお礼の気持ちも込めて、丁寧にお掃除しましょう。

■冷蔵庫の中身も忘れずに処分

最後の確認しておきたいのが、冷蔵庫の中です。
シェアハウスは家電を共有していますから、冷蔵庫の中に食べ物が残っている場合もあります。

実家から出るなら「お母さん、あれ食べておいて」ですみますが、シェアハウスはあくまでも他人と住居を共有するスタイル。
冷蔵庫まできっちりとチェックしてから、他の入居者さんに挨拶をしてお引越ししましょう。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.