Archive for the ‘スタッフブログ’ Category

引越しといえばやはり断捨離の最適な機会

2017-09-30

断捨離という考えが一般に広まってから、ずいぶん時間がたちました。
一過性のブームで終わるかと思えば、今や日本人のライフスタイルにしっかり定着した感じですね。

とはいえ、普段の生活のなかでは大きなものの断捨離はむずかしいもの。
やはりお引越しが最適なタイミングなのです。

大型家具・家電のサイズ見直しで大きな断捨離からすすめる

お引越し後は、それまでと別の住居に住むことになりますから、持ち物の総点検をしなくてはなりません。
旧居で使っていたソファやダイニングセット、パソコンデスクやたんすに至るまで、新居で使えるサイズなのかをチェックする必要があります。

場合によっては大きな家具(タンスやデスクなど)は、新居の玄関を通らないなどということもあります。
お引越し準備の早い段階で、新居に持っていける家具・家電かどうかを考えましょう。

実は大きな家具や家電を見直すだけで、かなりの断捨離が終わります。
家具や家電を買いなおす場合は、中身をいったんすべて移し替えることになります。

その時に「これ、処分できるかな?」と考えるだけで、そうとうな量のお荷物が断捨離できるのです。

【新しい生活のために、すっきりして引っ越す】

精神的に見ても、お引越しは断捨離の機会です。
断捨離を考案したやましたひでこさんによれば、断捨離の最大の目的は多すぎる物への執着を捨てること。

これまでと同じ生活をしている中で、おなじみの物を断捨離するのは心が痛むこともありますが、お引越しとなれば話はべつです。

新しいお家で、新しい生活を始める。
こう考えたときに、身軽にすっきり暮らしていきたいと思う人は多いのではないでしょうか。

だとしたら、お引越しは生活スタイルを変える絶好のチャンスですから、断捨離もサクサクすすみますね。

【断捨離で荷物を減らして、お引越し料金も減らそう】

最後に現実的なメリットをもうひとつ。
断捨離をして荷物を減らせば、お引越し料金も格安になります。

運ぶ荷物の量が少なければ、それだけお得に引越しができるわけです。
いろいろな角度から考えて、お引越しは断捨離すべき時。

思い切って物への執着を手放し、スッキリして新生活を始めましょう。

冬休みのお引越しは余裕を持ってお得な早期予約

2017-09-30

お引越しは1年じゅういつでも起きるもの。
仕方がないとはいえ、年末年始にかかるお引越しは大変なものです。

冬休みに入ってからのお引越しを予定されているお客さまは、
なるべく早い時期にご予約をされるよう、おすすめします。

【年末に引越したいお客様はとにかく早めのご相談を】

冬休みはとても短いので、そのあいだにお引越しをしようと思ったら、準備を早めに進めておかなければなりません。
とくに年末までに引っ越したいと思っていらっしゃるお客さまは、どれだけ早く準備を始めてもいいくらいです。

年末のお引越しは混み合います。
多くのお客さまが、できれば新年を新居で迎えたいとお考えになるからです。

新しい年の幕開けをピカピカの新居で過ごしたいのはみなさま同じです。
だからこそ年末のお引越しは大変混雑いたします。

特に多くの小学校が冬休みに入る12/22以降のお引越しスケジュールは混雑をきわめます。
この日に引越したいというご相談があっても、お受けできないことさえあるのです。

【早期予約で引越し日を確保し、予約特典もうけよう】

そこでおすすめなのが、早期予約です。
できれば冬休みの年末までに引越したいとお考えのお客さまには、お引越しの予定がわかりしだい最初に引越し予約をなさるよう、おすすめしています。

早期に引越し日を予約すれば、ご希望のお日にちをおさえることも簡単ですし、あとからの調整もしやすい。
何はともあれ、引越し日を確定させることで、他の手続きも順次すすむことになります。

またLIVE引越サービスなら早期予約のお客さまに、さまざまな特典もございます。
コスト的にもお値打ちになることが多いので、ぜひとも早期予約をされるといいでしょう。

年始のお引越しもラッシュに重ならない様アドバイスできます!

年末に急いで引越さなくてもいい、というお客さまも、お日にちを決めたらすぐにご連絡ください。
年が明けると今度はラッシュが始まり、お荷物を運ぶ時間が長くなる傾向にあります。

ご都合がつく中で、いつがベストなお引越し日なのかのアドバイスもいたします。
年末も年始も、冬休みのお引越しはお早めにどうぞ!

引越し時の不用品処分、丸ごとお任せください。

2017-09-30

最近は身の回りの不用品を処分して、身も心も軽くなりたいという人が増えてきました。
昔のように古い家具や家電をすべて持ってお引越しをされるお客さまは少数派かもしれません。

身の回りをスッキリさせたい方にとっては、お引越しは絶好の断捨離タイミング。
しかし、いらないものを処分するにもお金がかかりますね…。

不燃ごみ回収だけではお引越し前に全部処分しきれないかも】

不用品の処分といえば、まず思いつくのが自治体の不燃ごみ回収です。
たしかに費用的にはこれが一番お安くすむ方法ですが、ネックになるのが回収日です。

自治体が運営するごみ回収だと、事前に決まっている回収日にしか処分できなかったり、処分できても一度に捨てられる不用品の重量が決まっていたりします。
つまり、費用的にお安いメリットがある代わりに、捨てたいものを一気に捨てることができないという大きなデメリットもあるのです。

よほど前から綿密な予定を立てて、不用品を一つずつ捨てていかなければ、自治体の不燃ごみ回収だけではお引越しの前に自宅の不用品をすべて処分することは大変でしょう。

LIVE引越サービスなら一般の回収業者よりも格安で処分】

自治体の不燃ごみ回収が面倒なら、一般の回収業者に頼もうかと思うでしょう。
これなら、回収業者に連絡を取り回収を依頼するだけで済みますから、簡単らくちん。

お引越し直前に依頼すれば、ギリギリまで家具や家電も使えます。
ただし、大きなネックは費用です。

一般の不用品回収業者はコストが高くなる傾向があります。
そこでおすすめしたいのが、LIVE引越サービスの不用品回収。

LIVE引越サービスならお引越しの前、ご相談次第ではお引越し当日にも不用品の回収ができます。
しかも費用は一般の回収業者に依頼するよりも格安です。

お引越し料金だけでなく、不要遺品回収の費用も格安というのがLIVE引越サービスの強みなんです。

【お引越しも不用品回収も窓口を一つにして準備時間も節約】

もうひとついえば、引越し会社と不用品回収業者をひとつにまとめることで、電話連絡や支払いの窓口も1か所で済みます。
回収日の調整や細かい打ち合わせもお引越しの相談時にできるので、手間も時間も大幅に節約できます。

契約満了でお引越し! 二重家賃を回避する方法は?

2017-09-30

賃貸物件は契約期間が決まっていて、何年か住むと契約を更新するかどうか尋ねられます。
そのお部屋が気に入っていれば契約を継続すればいいのですが、新しいお部屋を探してみようということもあります。

そんな時、今の部屋と次の部屋の家賃を二重で支払う時期がないようにしたい。
どうしたらいいでしょうか。

【賃貸申し込み後の10日~1か月後には家賃が発生】

二重家賃を避けるには、新しい部屋の賃貸契約をするタイミングを計算しておかねばなりません。
たいていの賃貸物件は、申し込み後の2週間~1か月経過すると、家賃が発生します(物件によっては申し込み後10日から家賃発生になるものがあります。不動産屋に確認しましょう)。

3月の半ばごろに引越したいと思うなら、逆算して2月中旬から下旬にお部屋を探すことになる。
これが順当な方法ですが、3月下旬から新居に住みたい人が大勢いるので、このタイミングで物件を探していては、条件のいいお部屋はもう埋まっているかもしれません。

そこで家賃発生を3月からにする、ちょっと裏技的な方法もご紹介しましょう。

【3月から家賃スタートの物件、と条件を絞って探せばOK】

といっても、けっして難しいことではありません。
物件探しの第一歩として、不動産屋さんに連絡をして「3月から家賃が発生することになるお部屋を紹介してほしい」と言えばいいのです。

他の時期はともかく、2~3月は賃貸物件がどっと市場に出るタイミングです。
そのため家賃の発生日を3月からにして、それまではもし空き部屋になっても部屋を確保してもらえるキャンペーンをしている不動産屋が多いんです。

もちろんキャンペーンは物件によりますので、すべてのお部屋が対象にはなりませんが、この時期は空室予定の物件数が多く最初から3月家賃スタートの物件だけに絞っても、気に入るところが見つかるでしょう。

【二重家賃を回避して、LIVE引越サービスで格安引っ越しを!】

2月下旬から3月末までは、賃料とともにお引越し料金も高めになる時期です。
仕方がない…とあきらめる前に、一度LIVE引越サービスにお見積りをご依頼ください。

他の引越し会社よりは断然お安いお見積りをお出しできますので、引っ越し繁忙期でも格安でお引越しできますよ!

お部屋賃貸の開始日と引越し料金|曜日や月末

2017-09-30

お引越し料金は同じ月内でも時期によって差があります。
月の初めごろはお安く、中旬以降は次第にお引越し料金が増えて、月末頃はご予約が混み合って高くなります。

じつはこれ、賃貸物件にお引越しされる方のお家賃発生タイミングと連動しているんです。

【家賃が発生する月初めにあわせて、月末にお引越ししたい】

アパートやマンションといった賃貸物件は、基本的に契約後2週間~1か月たつと家賃が発生してきます。
ということは、あまり早くに物件を決めてしまい、賃貸契約を結んでしまうと、今住んでいる物件の家賃+これから住む物件の家賃をダブルで支払う事態になってしまいます。

このような二重家賃をさけるために、みなさんあまり早い時期には賃貸契約やお引越しをしないんです。
だいたい月初に住み始めたいので、お引越しは下旬から月末ぎりぎりにしたいわけですね。

当然、月末近くはお引越しのご予約がとても多くなり、混みあうのでお引越し料金はあまりお安くできません(それでも、LIVE引越サービスのお引越し料金は、他社と比べると格安ですよ!)。
月によっては、月末に週末が重なって、ご予約も要相談になるお日にちもございます。

月末のお引越しをご希望になるなら、早めにご相談・お見積り依頼をされるよう、おすすめします。

【土曜日と連休の初日は混みあうので高くなる】

また、週末のお引越し料金も比較的高めになります。
これもお引越し希望が多いためで、サラリーマンのご家庭や学校に通う子供さんがいるご家庭では、どうしても週末のお引越しをご希望になります。
ご予約もすぐに埋まってしまいますね。

週末でもとりわけ多いのが、土曜日と連休の初日です。
どちらもお引越し後の荷ほどきやお荷物の整理を考えると「この日がいいなあ」ということになるわけです。

とはいえ、できればお引越しは格安にしたいもの。どうすればいいでしょうか。

【格安料金なら、月初の平日をおすすめします!】

なるべくお引越し料金を節約したい方は、月初めの平日、それも月~水曜日にお引越しをされるのがベストです。
連休の最終日も、比較的お安い料金になります。

引越し繁忙期と不動産の賃料の関係

2017-09-30

どうせ引越すなら安い時期に引越したい。
こう考えたら、いったいいつがお引越しのベストシーズンなんでしょうか。

単純にお引越し代金が安い時期をおすすめするのは簡単ですが、ここはもう少し踏み込んで、賃貸不動産の家賃設定が安くなる時期もあわせて探してみましょう!

年明けから4月の初めごろまでは引越しも賃料も高め

引越しが混みあう時期といえば、2月の中旬~3月いっぱい、4月の第1周目くらいまででしょう。
このあたりは、通常なら引越し代金がお安くなるはずの月初も平日もあまりお安くなりません。

お引越しをしたいお客さまが多すぎて、どの引越し会社も予約がいっぱいになる時期なのです。
お引越しのお客様が多いということは、不動産物件の賃貸料も高くなるということ。
お引越しも不動産も一般の商品と同じですから、需要が多い時期には料金が高くなるんです。

というわけで、年が明けて4月の初めではお引越し料金も賃貸料金も高いため、実はあまりおススメの時期ではないのです。

【10月~12月初旬ごろが、お値打ちな時期】

ではお引越し料金と賃貸料は、1年のうち、いつが一番安いのか。
おすすめは10月から年末前の12月初旬ごろまでです。

賃貸物件の家賃で言えば、夏休みから9月のシルバーウィークが終わるまでは比較的高めです。
お引越し料金も高めです。

そしてシルバーウィークが終わって12月の初旬ごろまでは、あまり引越しの多くない時です。
この時期は新しくお部屋を借りようという人もすくないので、アパートやマンションの大家さん・不動産仲介会社は家賃を下げていきます。

というわけで、非常にお値打ちなお引越し&賃貸契約ができるのは10月から12月初めです。

暑さもなく、晴れる日が多い10月、お引越しにおすすめ

天候から見ても、10月以降は引越しにおススメのシーズンです。
暑さも峠を越えて過ごしやすくなり、秋雨前線もひととおり過ぎた後ですから、雨になることも少ない。

家具は引越しで買い替える?持っていく?

2017-09-30

お引越し時は大型家具・家電の買い替え時だと言われます。しかし予算の都合もありますし、すべての家具を買い替えるわけにもいかない。

どの家具を新居へ持って行って、どれを処分すべきでしょうか?

大型家具は買い替えて、引越し料金を節約しよう

予算に余裕がある場合は、なるべく古い大型家具を処分し手買い替えるのがおすすめです。
大きな家具がなくなればそれだけ運ぶお荷物の量が減りますから、トータルのお引越し代が安くなるケースが多いのです。

しかし、いくら予算が潤沢であっても全部の家具を買い替えるのはもったいない。
優先的に買い替えるべき家具は、家族全員がよく使うものですね。

たとえばダイニングセット。
新居のリビングやダイニングが広くなるなら、ダイニングテーブルとイスは大きめのものに買い替えるといいでしょう。

その際、新居の内装にマッチした素材やカラーの家具を選ぶと、搬入後にお部屋全体がきれいにまとまります。
毎日使うダイニングテーブルが変わると気分も一新しますから、買い替え効果の高い家具です。

大型の壁面収納家具は、引越し時に買い替えて

ダイニングテーブルのほかに買い替えたほうがいいのは、壁面収納家具です。
壁面収納は大型ですから、他の家具を設置してしまったら、あとから取り付けるのが大変です。

お引越し時が買い替えのベストタイミングです。
最近の壁面収納は、奥行が30センチくらいしかない薄型タイプがありますから、壁いっぱいの収納でも圧迫感が少ないんです。

扉付きの壁面収納は目隠しにもなり、とても使いやすい大型家具。
購入を検討しているのならお引越し時に入れてしまいましょう。

お引越し後にじっくりと新しい家具を選ぶのもいい

大型家具はお引越し時に買い替えるのがおすすめですが、あえてお引越しの後から購入するという人もいます。
実際に住んでみてから、新居にあった家具を探すと失敗しにくいというのが理由です。

転勤族のなかには、大型家具を極力購入せずに持ち運びやすいカーテンにこだわるという意見もありますよ。

10月以降の引越しのお得な日にち

2017-09-30

引越しをお考えのお客様からよくご相談されるのが「いったいいつなら安く引っ越せるの?」ということです。
お引越しにはあれこれお金がかかりますから、せめてお引越し代は節約したいとお考えになるのは当然ですね。

格安のお引越しなら、LIVE引越サービスにおまかせください!

お得日が一目でわかるカレンダーで10月以降をチェック!

もともと他の引越し会社よりも格安でお引越しをお受けしているLIVE引越サービス。
そんななかでも特にお安く引っ越せるお日にちがあります。

公式サイトのトップページにある「お引越しお得日カレンダー(関東首都圏版)」はもうご覧になりましたか?
こちらは、カレンダー上でクリックすれば直近3か月分のご予約状況が一目でわかるカレンダーです。

お得日カレンダー

予約の混み具合と同時に”お得です”や”激安日””超激安日”と、格安にお引越しできる日がすぐにわかります。
10月以降でも上旬の平日などにお得な日がありますから、お値打ちにお引越しをしたいとお考えのかたは、ぜひお得日カレンダーを参考になさってください。

10月以降は連休周辺が混雑日

10月と11月は連休があり、どうしても連休周辺にご予約が集中します。
カレンダー上に”混雑日”とあるのは、そろそろご予約がいっぱいになりそうな日という意味です。

”満車日”というのはご予約いっぱいになっているお日にちですが、”満車日”でも対応できる日があるかもしれませんので、まずはいちどご連絡ください。
とはいえ、ご希望のお日にちが決まっているのなら、なるべく早くお見積りのご依頼をされるのがベストです。

LIVE引越サービスでは、お見積りも公式サイトから依頼できるようになっております。
必要事項を入力の上、新居に運びたい荷物にチェックを入れていくだけで、見積依頼になるシステムです。

早めのご予約で、お得日を押さえてコスパのいいお引越し♪

10月、11月以降の引越しだから、まだいいだろうとのんびりしているとお安い日にちが埋まってしまうかもしれません。
お得日カレンダーでご希望のお日にちの状況を確認して、お得にお引越ししましょう!

家電は引越しで買い替える?持っていく?

2017-09-30

お引越しは、家電を買い替えるベストタイミングでもあります。
とはいえ、お引越しにもお金がかかりますから、ここで新しく家電を買う予算がない場合もありますね。

果たして家電はどのタイミングで買い替えるべきなのか、お引越し時に買い替えるメリットなどを探してみました。

購入後7~8年経過している大型家電は、買い替えるとお得かも

お引越し時というのは、普段なら絶対に動かさないような大型家電を動かせる時です。
冷蔵庫や洗濯機など、いちど設置したら移動させるのが面倒な家電は、できればお引越し時に買い替えましょう。

買い替えるべき家電は、購入して7年以上たっているかどうかが目安です。
最近の家電は節電能力が高いので、思い切って買い替えると購入後の維持費が安くなるケースが多いので、長い目で見ればお得な買い替えですね。

また、お引越し時に古い家電を処分すれば新居に運ぶ必要がなくなります。
そのぶんお引越しの荷物が減ることになり、お引越し代が節約できるかもしれません。

お部屋の印象を変える照明器具は、買い替えがおすすめ

洗濯機や冷蔵庫のような大型家電以外にも、ほとんどのご家庭がお引越し時に買い替えている家電があります。それが照明器具です。

ふだん何気なくつかっている照明器具ですが、インテイリアとしてはお部屋の印象を左右するほどの力があります。
色やデザイン、光の当たり方などによってお部屋の雰囲気は大きく変わってきます。

新居にこれまでの照明器具を持っていったら、なんだかスッキリしない…ということが多いのは、内装がまったく違うからです。
旧居ではなじんでいた照明が、新居ではインテリアの差から、照明器具だけがすっかり浮いてしまうことがあるのです。

これではお部屋全体がちぐはぐになります。
まだ使える照明器具であっても、ここは思い切って新居用に買い替えるといいでしょう。

古い家電も格安で処分いたします!

家電を替えたいけど引越し代がかかるから…とお考えの方も見えますが、LIVE引越サービスならお引越し代も格安!
古い家電も格安で処分いたしますので、ぜひご相談ください。

新生活を始めるにあたり、無駄なく古い家電を買い替えられるといいですね。

地方から東京へのお引越し、物件探しを1日で終えるコツ

2017-09-29

進学や就職のために東京へ引越すというお客さまは多いです。
その場合、物件探しや不動産手続きのために何度も東京へ行くのは面倒ですし、大変。

できれば1日で物件探しを終えて、いろいろな手続きもまとめてすませたいものです。
可能でしょうか?

【住みたい場所の家賃相場を調べて不動産屋に連絡を】

結論としては、できますよ!
最近は、なんでもネットで探せますから、物件探しもまずネット経由で始めてみましょう。

住みたいエリアを決め、その地域にある賃貸物件をネットでチェックしていくと、だいたいの家賃相場がわかります。
そういう前準備をしておいてから、不動産会社と連絡を取って物件探しの日程を調整しましょう。

たくさんの物件を1日で見ることは難しいでしょうが、あらかじめ不動産会社とやり取りしておけば、最短で見たい物件を回れるルートを考えておいてくれます。
ちなみに、実際の物件をみないで賃貸契約をするのはお勧めできません。

ネット上の条件どおりの物件であっても、現地に行って見てみるとイメージと違うこともあります。

【入居中の物件は、同タイプの部屋を見て判断する】

実際にお部屋を見ると言っても、なかにはまだ入居中の物件もあります。
そういう場合は、同じタイプの部屋があるか確認をして、空き部屋があれば実物を見せてもらいましょう。

住みたい部屋そのものでなくても、実際に見ればイメージはかなり具体的に固まりますし、これでいい/嫌だという判断がつけやすいでしょう。
気に入った物件が見つかれば、そのまま不動産手続きまで済ませてしまうと、後の作業が楽になります。

具体的な入居日がわかりますし、手続きが終わっていれば、もうお引越しまで現地に行かなくても済むわけです。

【1日で決めて、早めに引越しのご予約を】

そして早めにお引越し日がわかれば、お引越しの早期予約も可能です。
早く予約をすればご希望のお日にちにお引越しできますし、LIVE引越サービスでは早期特典もあります。

10月に大阪本社の会社様が東京支店を出された際のお手紙

2017-09-28

今回は、10月に東京支店を新しく出された会社様の、事務所移転に際してのお手紙をご紹介します。
大阪に本社のある会社様で、関東の支店は初めてということで、これまでの事務所移転も担当させて頂いた、LIVE引越サービスがお手伝いしました。

法人のお客様の声

このたび、事業の拡大にともなって東京に支店を出すことになった時に、こちらにお世話になりました。
御社とはこれまでにも関西地区のあちこちの支店をだしたり、支店ごと移転になったりした関係で、お世話になりました。

毎回、それほど潤沢に予算があるとは言えない事務所移転で、御社の見積り金額が他社に比べてとても安いため、自然と何度もお願いするようになり、大変たすかっております。
見積りをとるたびに思うのですが、非常に少ないコストであるにもかかわらず、必要なサービスはすべて含まれている内容です。

かゆいところに手が届くような感じで、移転を担当するスタッフ一同、安心してすべてお任せできます。事務所移転のたびに複数の引越し業者に相見積をとる必要もなく、ムダな時間をかけずにすむのも、大きな時間削減になっていると思います。

今回は、なれない東京での初めての支店ということで、御社の東京支店さんに大変お世話になりました。現地での新オフィスでのLAN工事や電話工事の業者とのやりとりなども、パックでまとめてお願いしましたので、簡便になり、移転準備の時間が大幅に節約できました。

当社としては、今後は東京支店だけでなく広く関東で支店網を広げていきたいと考えております。
大阪本社であるため関東は不案内ですので、そのたびにLIVE引越サービスの東京支店や千葉・横浜の支店には今後も幅広くお世話になりながら、さらに事業拡大していく予定です。

次の関東での支店オープンがいつになるのかは未定ですが、また機会がございましたら、事務所の移転をお願いすることになると思います。
よろしくお願いいたします。

引越しは家族でやれば安く済む、とはかぎりません!

2017-09-28

お引越しのご相談をお受けする中で「結局、自分たちでやれば安く上がるんじゃないの?」というおたずねを受けることがあります。
なるほど、家族でやれば安く済みそうな感じがしますが、実際のところはどうでしょうか?

本当にに安くあがるでしょうか。

同じ町内で、ほとんど荷物がなければ、家族での引越しもあり

引越会社の立場から申し上げれば、家族や友人だけでやるお引越しは安く上がるケースと、逆に高くつくこともあるんです。
家族だけのお引越しがお安くすむケースにはいくつかクリアすべき条件があって、たとえば近距離(同じ町内など)・荷物がほとんどない・車も人手もたくさんあるという場合です。

これなら引越し会社を使わなくても、家族だけで十分安く引越せるでしょう。
反対に、これだけの条件をクリアできないのなら、最終的には引越し会社に頼むより高くつくお引越しもあるのです。

トラックのレンタル代など必要経費が意外と掛かる】

費用から言うと、家族や友人だけで引越しをする場合、どんなに近距離でも車のレンタル代がいります。
単身のお引越しであっても2トン以上の車が必要ですから、レンタカーで借りなければいけません。

単身のお引越しでも最低2トン以上なければお荷物が乗り切らない恐れがあります。
もし大型家電(冷蔵庫や洗濯機など)や家具(ソファ・ベッドなど)を運ぼうと思ったら、大型バンで運ぶのはちょっと厳しいでしょう。

2トン車でも、荷物が多ければ数回往復をしなければならないかもしれません。
こうなると時間がかかりますし、労力も必要です。

また家族以外の友人にお手伝いを頼んだら、それなりのお礼も必要でしょう。
いろいろな細かな費用を計算していくと、結局、引越し会社に頼むのと、同じくらいの金額がかかったという話はよく聞くのです。

引越し会社なら最初から費用がはっきりわかるから無駄がない

では、引越し会社に頼むメリットはなんでしょうか。
これは、支払う金額があらかじめわかっていることでしょう!

そして、引越しをスムーズにするためのノウハウがあることです。
見積もりをとれば予算を組みやすいですし、専門の引越し会社ならお荷物や新居に傷をつけずにお引越しが終わります。

技術力という目に見えないサービスを含めると、引越し会社がおすすめです。
なかでも、格安でお引越しができるLIVE引越サービスに、お見積りだけでもご依頼ください!

« Older Entries

Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.