Archive for the ‘ファミリー引越し’ Category

2、3月の引越し繁忙期よりも前に引越しをしよう

2018-01-20

繁忙期というのは、どの業界でも非常にありがたく、お客さまの多いシーズン。
引越し業界の繁忙期は、2月下旬から3月末、4月の初めにかけてです。

この時期は、たとえお引越しのご相談をいただいたとしても、こちらで車両やスタッフの手配が追い付かず、ご希望のお日にちにお引越ししていただけないケースもございます。

そんなことを防ぐためには、できれば繁忙期前にお引越しをされるといいでしょう。

【繁忙期には、ご希望のお引越し日が取れないこともある】

日本の会社や学校が3月で年度終了、4月より新年度というシステムをとっている限り、引越し会社の繁忙期は2月下旬~3月末という現実は変わりません。
最近では9月スタートを採用している大学もあるようですが、まだまだ少数派ですね。

となると、大勢の人が引っ越す繁忙期は、車輛が足りなくなります。LIVE引越サービスでも繁忙期のお客さまように車輛およびスタッフの準備をしておりますが、予想以上に多くのお客さまからお引越しの相談をいただくこともあります。

こうなると、やはりお受けできるお引越しの数に限界があり、まことに申し訳ないことですが、お客さまにお引越し日の変更をお願いすることになります。

【大きな荷物だけでも、繁忙期前に運んでしまうと楽になる】

2月以降が引越しの繁忙期とわかっていても、事情があって引っ越せないんだというお客さまもおみえになります。
その場合、大きなお荷物だけでも、先に新居に運んでしまわれるといいでしょう。

引っ越し外車のトラックを利用しなくては運べないような大型家電やソファ、ふだんは使わないが新居へ持って行くお荷物などがあれば、それだけを先に運んでしまうのです。あとはご家族だけで運べる量・サイズのお荷物を残してお引越し日を待ち、お引越し当日はご家族だけでマイカーでお荷物を運び出しましょう。

こうすることで、お引越し代金も繁忙期よりお値打ちになり、ご家族の負担も軽くなります。

【荷物の一時預かりや2か所への積み下ろし作業を利用しよう】

当社ではお客さまにご満足いただけるお引越しをおすすめしたいので、できるだけお引越し日を2月中旬より前に繰り上げていただくよう、ご提案しております。
もちろん、繁忙期真っただ中のお引越しも受け付けております。
お荷物の一時預かりもしておりますし、ご実家とトランクスペースの2か所にお荷物を降ろす形のお引越しもございます。

ご家庭のご事情に合わせて、お気軽にご相談ください。

小さな子供さんとのお引越し、真冬は前後のホテル泊がおすすめ

2017-12-19

単身引越しと違って、ファミリー引越しはお荷物の量が多い。
それだけお荷物の積み下ろしに時間がかかりますし、旧居・新居のクリーニングにも時間がかかります。

大人だけでも準備が大変なのに、小さな子供さんがいると、なかなか作業がはかどりません。
いっそ、前日はホテル泊にすると楽ですよ。

【電気・ガス・水道がお引越し日よりも前に止められることも】

お引越しのための作業というと、みなさま荷造りの大変さをイメージされるでしょうが、それだけではありません。
荷造りを済ませると同時に、電気やガス、水道をとめる手続きもあり、新居では同じライフラインの開栓作業の立ち合いが必要です。

こういったさまざまな作業のあいだ、小さな子供さんがいると大変です。
もしおじいちゃんやおばあちゃんの手を借りられるのなら、前日から自宅近くのホテルをとって、子供さんはそちらで預けておくといいでしょう。

賃貸物件によっては、電気や水道などの検針の都合上、お引越しの前日には使用をしないでくれと言われるケースもあります。
食事は外で済ませることができても、暖房もないお部屋の中で一晩過ごすのは、親子ともども辛いものです。

【コインランドリーがついているビジネスホテルが便利】

前日に宿泊するホテルは、コインランドリーがついているようなビジネス系のホテルがおすすめです。
水道も電気も止めている状態では、旧居で洗濯することもできません。

どのみちコインランドリーを利用するのであれば、ホテル内にあればとても便利です。
最近のビジネスホテルは設備が充実していて、ホテルによっては大浴場がついていることもありますから、作業で汚れても安心ですね。

ファミリー向けの広いお部屋があるホテルも増えてきましたので、自宅近くをあちこち探してみるといいでしょう。

【費用はかかるが、子供さんがいる場合はホテル泊が楽かも】

時期やお引越し先によっては、新居での1日目もホテルで過ごした方が楽な場合もあります。
お引越し前後のホテル利用は多少費用が掛かりますが、小さな子供さん連れの場合は、結果的には泊まってよかったと思えますよ。

年末年始の引越しお得日が出ました!

2017-11-27

年末年始のお引越しをお考えのお客さま、
LIVE引越サービスの年末年始用お引越しお得日カレンダーが出ました!
年末年始はなにかと忙しい時期ですが、お引越しの需要が意外と高いときでもあります。

ご希望のお日にちが決まっていらっしゃるお客さまは、すぐにカレンダーをチェックなさってください。

【学校の冬休みが始まったら、需要が高まる!】

年末年始になぜこれほどお引越しのご相談が多いのか。
理由のひとつは学校が冬休みに入るから、というものがあります。

学齢期の子供さんがいらっしゃるご家庭では、なるべく子供さんに負担が
かからない時期にお引越しがしたいとお考えですから、
どうしても冬休みに入ったらお引越し需要が高まります。

それでも会社の仕事納めの前までは、
なんとかご希望のお日にちにお引越しができるでしょう。

年末の中でも、12/27の仕事納め以降はより一層お引越しの数が増えることになります。

年末のお引越しをお考えのかたは、早めにお見積り依頼をされるようおすすめします。

【12/26・27の平日は少し余裕がある】

2017年12月のお引越し状況でいうと12/22がほとんどの学校の終業式日ですから、
翌日の12/23の祝日(天皇誕生日)と24日の週末はとてもご相談が多いです。

このあとは会社が通常営業している26・27日に少し余裕があり、
28日~30日までは非常に混みあう日になります。

お休みの都合がつくお客さまは、なるべく12/26・27の平日を選ばれるといいでしょう。

ちなみに、市役所なども12/28日までは通常どおり動いていますが、
29日からはお休みに入ってしまいます。役所関係の手続きをお引越しと
同時に済ませたいと思っていらっしゃるなら、
やはり12/28までにお引越し日を決めたいですね。

【LIVE引越サービスは年末年始もお得料金でがんばります】

年末年始はお引越しの数が多い。こうなると、
お引越し料金も普段どおりとはいかない引越し会社が多いです。

そんななか、LIVE引越サービスは年末年始も他社さんと比べても
グッと格安・お値打ち料金でお受けしております。

ぜひお引越しお得日カレンダー(関東首都圏版)をチェックして、
お安い日にお引越しをなさってください。

12月に大阪本社の会社様が東京支店を出された際のお手紙

2017-11-26

今回は、12月に東京へ新支店を出された法人様からのお手紙をご紹介いたします。

大阪本社の会社様が東京支店を出された際のお手紙

このたびは、東京の新支店への引越しをお手伝いいただき、ありがとうございました。
弊社は大阪に本社を持っておりますが、東京へ新しく支店をもうけることとなり、
その移転をおねがいしました。

これまでにも全国に支店を出してきておりますが、
このたびの移転は新しい引越し会社に依頼したいという社内の意向もあり、
4社の引越し業者に合い見積もりを取りましたところ、御社の対応が一番スピーディでした。

見積もりの提出だけでなく電話連絡なども対応がはやく、
こちらが尋ねたいことをすぐに回答していただけましたところが、
いかにも実績の多い引越し業者だという印象を持ちました。

合い見積もりを比較させていただいた結果、御社に引っ越しをおまかせすることに決まり、
そのあとも打合せのたびに詳細なデータやアイディアを出していただきました。

移転スケジュールについてのアドバイスも役に立ちましたし、
新支店に移転した後にでる不用品についても相談に乗っていただきました。

今回の新支店移転にともなって、本社機能の一部を東京へ移すことになりましたので、
不要になる什器などが多数出ており、これもまとめて回収をお願いできましたので、
総務スタッフにとっては時間節約となりました。

移転当日も的確に作業をしていただき、新しいオフィスの配置についてご相談できました。
突然の配置変換にも柔軟に対応できるのは、やはり事務所移転の実績が多いためだと思います。

営業担当者のみならず、移転当日の現場作業員にいたるまで、あいさつも欠かさず好感が持てる対応でした。

弊社としましては、今後の業績をみつつ新たに関東での販売拠点を増加していく予定でございます。
その際には、また御社に移転作業のご依頼をしたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

2人暮らしのお引越しもやはりLIVE引越サービスがお得

2017-11-23

新婚さんや子供のいないご夫婦、同棲中のカップルなど、
ふたりで暮らしている場合のお引越しは、単身引越しよりお荷物量が多くなります。

料金も上がりますが、LIVE引越サービスなら、2人暮らしでもお値打ちにお引越しできます!

【2人暮らしの場合は、一般的に2トントラックを使う】

2人暮らしの場合は、2トントラックを使ってお引越しされることが多いです。
大型トラックよりは小さいですが(2トンは小型トラックになります)、
2トントラックになら2人分の荷物程度はのせることは十分可能です。

とはいえ、ご家庭によってはお荷物がおおきくてたくさんあるという場合も考えられます。
2トントラックで乗り切るか心配な場合は、公式サイトからネット見積もりを依頼する時に、
お荷物をすべてチェックするようにしましょう。

外に置いてある自転車やお部屋の棚類は、意外とチェックし忘れるものです。
どうしても心配だという場合は、お電話で訪問見積もりを依頼されるようおすすめします。

【2人暮らしでも想像以上に荷物が多いことがある】

1LDKの2人くらしだから、そんなに大きなトラックでなくても大丈夫と思うでしょうが、
家具や家電が大型のものだと荷物がかさばります。

セミダブルのベッドや大きなソファ、大画面のテレビなどが一式そろっていると、
たとえ2人暮らしでも2トントラックでは運びきれないかもしれません。

お家にあるお荷物というのは、収納してある状態ではなかなか全体量がつかめないものです。
見積もりを依頼されるときに、不要と思うものは積極的に処分していきましょう。

お引越し料金を少しでもお値打ちにするには、やはりお荷物の量を減らすのが一番の近道です。

【LIVE引越サービスでは不用品引取りもいたします】

とはいえ、不用品の処分代も大変だ…という時は、ぜひともLIVE引越サービスにご相談ください。
当社ではお引っ越しでご不要となったものを、格安でお引き取りしております。

大型の家電が古くなってきたから、引越しのタイミングで買いなおそうと思っていらっしゃるなら、
お見積もり時に引き取りのご依頼も一緒になさるといいでしょう。

意外と多い2人暮らしのお荷物も、LIVE引越サービスなら格安でお運び&お引取りいたします。

自転車は、引越しトラックに積み込むのが難しい重要物件

2017-10-27

日常の足として重宝する自転車。どのご家庭でも1台や2台はお持ちでしょう。
この自転車が、お引越しのトラックに非常に積み込みにくい重要物件なのです。

【自転車は立てて積み込むが、上には何も載せられない】

自転車は、形から言って引越しトラックに積み込んだ後に、上に荷物を載せることができないものです。
すると自転車を積んだスペースはそれ以外に利用できなくなり、結果としてトラックに積めるお荷物量が減ってしまいます。

それなら自転車は、段ボールを積んだ上にのせればいいのでは?と思うかもしれません。
これはこれで正解なのですが、問題が一つあり、自転車は無事に運べても自転車の下にある段ボールのお荷物に傷がつく可能性があるのです。

自転車はいろいろなものが突き出している形ですから、輸送中に自転車が段ボールを突き破って、下のお荷物が破損することがあります。
お荷物全体の配置にもよりますが、自転車は立ててのせるのがベストな方法なのです。

【自転車を収納する輪行箱にいれて運ぶ】

最近は、自転車が趣味でとても高価な自転車に乗っておられるお客さまが増えました。
大事なものだから自分で運ぶというお客さまもみえますし、引越トラックにのせたいお客さまもいらっしゃいます。

トラックにのせるために、自転車専用の箱=輪行箱をお持ちのかたがいます。
輪行箱というのは自転車をそっくり収納できる箱です。
自転車レースやトライアスロンが趣味の方は輸送用に持っておられますね。

材質はいろいろあり、段ボールのものは\3000くらいで購入できます。
中には強化段ボールを使ったり樹脂を使ったりした本格的な輪行箱もあり、この箱に自転車を収納してトラックに積み込みます。

長距離引越しのお客さまは、輪行箱を用意してトラックに載せるのが安心だとお考えの方が多いようです。

【お見積り時には、自転車の台数をチェックしましょう】

積み込み難度が高い自転車ですが、ネットのお見積もり時には忘れてしまうことが多い物品です。
移動手段ということで、頭から抜けてしまわれるのでしょう。

LIVE引越サービスの場合、ネットからの見積り依頼のなかに自転車をチェックする項目がもうけてあります。
複数の自転車をお持ちのお客様は、ぜひ正確な台数をチェックしてください。

今が引越しのお得な時期。年始は避けて格安引越し。

2017-10-24

お引越しは1年の間に繁忙期とそれほど混みあわない時期があります。
繁忙期は2月中旬~4月初めごろまでですが、実は夏休みや年末年始も混む時期です。

となると、年末年始の前にあたる11月ごろは、お引越しがとてもしやすいシーズンでもあるんです。

【お得に引っ越しをしたいなら、11月はねらい目】

お引越しを格安にしたいというお客さまにおすすめなのが、11月のお引越しです。
というのも、夏休みの引っ越しシーズンが一段落し、次に忙しくなる年末年始までに間がある、ちょうど穴場にあたるからです。

夏のお引越しは企業の辞令後引越しが続く9月後半まででいったん終わり、10月の気候のいい時期のあとはご相談も落ち着いてきます。
こうなると、お引越し料金のご相談にも乗りやすく、お客さまにとってもご満足できる費用でお引越しができることになります。

LIVE引越サービスは通常でも他社と比べていただければ格安でのお引越し料金をお出ししておりますが、年末年始のまえの11月はよりお値打ちなお引越しができる時期なのです。

【11月は物件も多く出回る時期】

ついでに言えば、11月ごろは物件をさがすにもいい時期です。
これも需要と供給の問題で、9月の企業引越しが終わってしまうと、次は年始からの入居相談を待つしかないという大家さんが非常に増えます。

大家さんとしては、何か月も部屋を空けておくより1日でも早く借りてくれる人に貸したいのが当然です。
そこで11月ごろなら家賃のディスカウント交渉に応じてくれる大家さんが多いのです。

この時期に空いている物件は、主にファミリー用。
9月辞令を受けて引っ越した後の3LDK以上の物件が多く出回っています。

駅の近くなど条件のいいお部屋もありますから、新居を探している方は11月のお引越しがおすすめです。

【インフラ関係の工事もスムーズにできる時期】

11月のお引越しは、メリットが多い。格安料金はもちろん、物件も多いですしインフラ系(ネット開通の工事なども含む)の開通手続きもスムーズです。
これも需要が少ない時期だから、希望の日にちにあっさり工事を頼めるわけです。

年末年始をゆったりと新居で過ごしたい方は、11月のお引越しを検討されてはいかがですか?

家具は引越しで買い替える?持っていく?

2017-09-30

お引越し時は大型家具・家電の買い替え時だと言われます。しかし予算の都合もありますし、すべての家具を買い替えるわけにもいかない。

どの家具を新居へ持って行って、どれを処分すべきでしょうか?

大型家具は買い替えて、引越し料金を節約しよう

予算に余裕がある場合は、なるべく古い大型家具を処分し手買い替えるのがおすすめです。
大きな家具がなくなればそれだけ運ぶお荷物の量が減りますから、トータルのお引越し代が安くなるケースが多いのです。

しかし、いくら予算が潤沢であっても全部の家具を買い替えるのはもったいない。
優先的に買い替えるべき家具は、家族全員がよく使うものですね。

たとえばダイニングセット。
新居のリビングやダイニングが広くなるなら、ダイニングテーブルとイスは大きめのものに買い替えるといいでしょう。

その際、新居の内装にマッチした素材やカラーの家具を選ぶと、搬入後にお部屋全体がきれいにまとまります。
毎日使うダイニングテーブルが変わると気分も一新しますから、買い替え効果の高い家具です。

大型の壁面収納家具は、引越し時に買い替えて

ダイニングテーブルのほかに買い替えたほうがいいのは、壁面収納家具です。
壁面収納は大型ですから、他の家具を設置してしまったら、あとから取り付けるのが大変です。

お引越し時が買い替えのベストタイミングです。
最近の壁面収納は、奥行が30センチくらいしかない薄型タイプがありますから、壁いっぱいの収納でも圧迫感が少ないんです。

扉付きの壁面収納は目隠しにもなり、とても使いやすい大型家具。
購入を検討しているのならお引越し時に入れてしまいましょう。

お引越し後にじっくりと新しい家具を選ぶのもいい

大型家具はお引越し時に買い替えるのがおすすめですが、あえてお引越しの後から購入するという人もいます。
実際に住んでみてから、新居にあった家具を探すと失敗しにくいというのが理由です。

転勤族のなかには、大型家具を極力購入せずに持ち運びやすいカーテンにこだわるという意見もありますよ。

10月以降の引越しのお得な日にち

2017-09-30

引越しをお考えのお客様からよくご相談されるのが「いったいいつなら安く引っ越せるの?」ということです。
お引越しにはあれこれお金がかかりますから、せめてお引越し代は節約したいとお考えになるのは当然ですね。

格安のお引越しなら、LIVE引越サービスにおまかせください!

お得日が一目でわかるカレンダーで10月以降をチェック!

もともと他の引越し会社よりも格安でお引越しをお受けしているLIVE引越サービス。
そんななかでも特にお安く引っ越せるお日にちがあります。

公式サイトのトップページにある「お引越しお得日カレンダー(関東首都圏版)」はもうご覧になりましたか?
こちらは、カレンダー上でクリックすれば直近3か月分のご予約状況が一目でわかるカレンダーです。

お得日カレンダー

予約の混み具合と同時に”お得です”や”激安日””超激安日”と、格安にお引越しできる日がすぐにわかります。
10月以降でも上旬の平日などにお得な日がありますから、お値打ちにお引越しをしたいとお考えのかたは、ぜひお得日カレンダーを参考になさってください。

10月以降は連休周辺が混雑日

10月と11月は連休があり、どうしても連休周辺にご予約が集中します。
カレンダー上に”混雑日”とあるのは、そろそろご予約がいっぱいになりそうな日という意味です。

”満車日”というのはご予約いっぱいになっているお日にちですが、”満車日”でも対応できる日があるかもしれませんので、まずはいちどご連絡ください。
とはいえ、ご希望のお日にちが決まっているのなら、なるべく早くお見積りのご依頼をされるのがベストです。

LIVE引越サービスでは、お見積りも公式サイトから依頼できるようになっております。
必要事項を入力の上、新居に運びたい荷物にチェックを入れていくだけで、見積依頼になるシステムです。

早めのご予約で、お得日を押さえてコスパのいいお引越し♪

10月、11月以降の引越しだから、まだいいだろうとのんびりしているとお安い日にちが埋まってしまうかもしれません。
お得日カレンダーでご希望のお日にちの状況を確認して、お得にお引越ししましょう!

引越しは家族でやれば安く済む、とはかぎりません!

2017-09-28

お引越しのご相談をお受けする中で「結局、自分たちでやれば安く上がるんじゃないの?」というおたずねを受けることがあります。
なるほど、家族でやれば安く済みそうな感じがしますが、実際のところはどうでしょうか?

本当にに安くあがるでしょうか。

同じ町内で、ほとんど荷物がなければ、家族での引越しもあり

引越会社の立場から申し上げれば、家族や友人だけでやるお引越しは安く上がるケースと、逆に高くつくこともあるんです。
家族だけのお引越しがお安くすむケースにはいくつかクリアすべき条件があって、たとえば近距離(同じ町内など)・荷物がほとんどない・車も人手もたくさんあるという場合です。

これなら引越し会社を使わなくても、家族だけで十分安く引越せるでしょう。
反対に、これだけの条件をクリアできないのなら、最終的には引越し会社に頼むより高くつくお引越しもあるのです。

トラックのレンタル代など必要経費が意外と掛かる】

費用から言うと、家族や友人だけで引越しをする場合、どんなに近距離でも車のレンタル代がいります。
単身のお引越しであっても2トン以上の車が必要ですから、レンタカーで借りなければいけません。

単身のお引越しでも最低2トン以上なければお荷物が乗り切らない恐れがあります。
もし大型家電(冷蔵庫や洗濯機など)や家具(ソファ・ベッドなど)を運ぼうと思ったら、大型バンで運ぶのはちょっと厳しいでしょう。

2トン車でも、荷物が多ければ数回往復をしなければならないかもしれません。
こうなると時間がかかりますし、労力も必要です。

また家族以外の友人にお手伝いを頼んだら、それなりのお礼も必要でしょう。
いろいろな細かな費用を計算していくと、結局、引越し会社に頼むのと、同じくらいの金額がかかったという話はよく聞くのです。

引越し会社なら最初から費用がはっきりわかるから無駄がない

では、引越し会社に頼むメリットはなんでしょうか。
これは、支払う金額があらかじめわかっていることでしょう!

そして、引越しをスムーズにするためのノウハウがあることです。
見積もりをとれば予算を組みやすいですし、専門の引越し会社ならお荷物や新居に傷をつけずにお引越しが終わります。

技術力という目に見えないサービスを含めると、引越し会社がおすすめです。
なかでも、格安でお引越しができるLIVE引越サービスに、お見積りだけでもご依頼ください!

秋のお引越しお得日カレンダーを更新しました。

2017-08-31

お引越しって、本当にお金がかかる…。こんなお嘆きを聞くことがありますが、LIVE引越サービスは格安引越しの老舗です!
たとえどんなシーズンでも、できる限りの格安料金でお引越しを提供しております。

2017年の秋シーズンも、ギリッギリの料金で皆様に快適なお引越しをご提供してまいります!
お得日カレンダーも更新しましたよ。

■お安く引越ししたければ、お得日カレンダーをチェック!

格安引越しで有名なLIVE引越サービスでは、お客様のためにもっともっと安くできないか?と常に考えております。
お引越し料金というのは、お荷物の量と移送距離、お引越し日によって決まりますから、お荷物の量と移送距離は、もう変えようがありません。

そこでお引越し日でお安い日にちを選んでいただきたいのです。
たとえば3月の超繁忙期のお引越し料金とそれ以外の時期の料金はまるで違ってきますし、おなじ月でも月末や週末はやはり多少高くなります。

こういった諸条件を考え合わせて、LIVE引越サービスでは「この日なら安く引っ越していただける!」という日を厳選いたしました。
それが、お得日カレンダー上の、お得日・激安日・超激安日です。

■本当に本当に安いのが、激安日・超激安日

サイトのトップページにはお引越しお得日カレンダー(関東首都圏版)があり、こちらをクリックしていただくと、最新のお引越し状況が反映されてまいります。
たとえば9月で言えばシルバーウィークのあたりは混雑日になりやすいのですが、月初めや平日ならお安い日がございます。

またお得日カレンダーに、激安日・超激安日と書かれている日は、本当にお安い日です。格安引越しで有名なLIVE引越サービスが自信をもっておすすめする、コスパ抜群のお引越し日なんです。

もちろん、激安日にお引越しができるかどうかはお客さまのご都合によりますが、できればお引越し日をずらしてでも、激安日にお引越ししていただくと大変お値打ちになると思います。

■直近3か月の混雑状況とお得日がわかるカレンダー

こちらのお得日カレンダーは、定期的に更新をしております。
直近3か月間のなかのお得日を記載しておりますので、この期間にお引越しの予定があるなら、お申し込みの前にいちどチェックなさるといいですよ!

小さな子供さんがいるご家庭のお引越しのポイント

2017-08-29

お引越しはやることが盛りだくさん。
荷造り・掃除・荷ほどきにガスや電気などのライフラインのお手続き…。

しかしご自宅に小さな子供さんがいるなら、どうしても子供さんのお世話が最優先です。
ふだんの生活にお引越しの準備が加わると、パニックになりそうです。
そんなとき、つぎの2点を押さえておくと、ちょっと安心です!

■大きな家具は思い切って処分、消耗品も早めに使い切る

子連れのお引越し最大のコツは、荷物の量を最小限に減らすこと。
お引越し荷物はコンパクトにしましょうというのは上手なお引越しの鉄則ですが、小さな子供さんがいる場合は荷造りの時間を短縮することにもなります。

といっても、子供の荷物は減らしにくいので、大人の荷物を減らすことに専念しましょう。
家具などの大きなものは、お引越し当日に引越し業者に引き取ってもらえるか確認。

古い物はなるべく処分するのがおすすめです。
次に消耗品。買い置きの食べ物などはお引越し前に食べきります。

そんなのカンタンと思うでしょうが、自宅にストックしてある食料品の量をチェックすると驚くほど大量です。
缶詰、レトルト、調味料、乾麺など、これだけでお引越し前の1か月が過ごせるくらいの食料品が出てきます。

■子供さんの荷物は、最終段階で梱包する

ふたつめは、子供の荷造りは最後にすることです。とくにDVDやお気に入りのおもちゃは、お引越し当日に箱詰めしてもいいくらいです。
好きなおもちゃがあれば、荷造り中に多少は集中してくれますし、DVDはお引越し当日にも使えますから、最後の最後までおいておきましょう。

ついでにいうと、お引越し当日は新しいDVDや絵本を準備して、子供の注意をひきつけるのもコツです。
子供さんの普段づかいのお洋服も最後までおいておきましょう。

小さな子供さんはしょっちゅうお洋服を汚すものです。
あるいは、もうこれで処分するというお洋服を集めて、着替えては捨てると荷物がへります。

■ママ1人では大変、ご夫婦で助け合って荷造りを

小さな子供さんがいるご家庭では、どうしても子供が寝てから荷造りすることになります。

ママ1人ではとても間に合う作業量ではありませんから、夫婦で協力することも大事です。
パパにも事前に手助けをお願いしておきましょう。

« Older Entries

Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.