Archive for the ‘単身引越し’ Category

夏ももちろん関西から関東の最安値引越しに挑戦!

2017-07-30

夏に引越さねばならない単身赴任や学生さんなどにおススメなのが、単身引越しプランです。
お荷物量が多くなければ、LIVE引越サービスの単身プランは引越し業界でも最安値クラス。

すでに多くのお客様がご利用になって、ご満足していただいております。

プチ繁忙期の夏休みでも、関西―関東間の引越しが安い!

休みの時期はお引越しのご相談が多いので、お引越し料金は通常ほど格安にできないのが実情です。
しかしLIVE引越サービスは格安引越しができる会社ですから、夏休みでもとってもお値打ちな料金をご提示しております。

とくに関西ー関東間の単身引越しプランは、他の引越し業者さんから相談されるほどお安い。業界で最安値クラスなのです。
たとえば、繁忙期以外の大阪ー東京間の単身引越しプランの目安はなんと約2万円。

関東の方は必ずお引越しのお得期間カレンダーを確認くださいね!
これなら多くのお客様に、安心してご利用していただける料金です。

■大阪に本社、東京にも支店があるので安い

なぜそれほど関西ー関東間の単身引越しプランがお安いのか。
その理由は関東エリアにもLIVE引越サービスの拠点があるからです!

LIVE引越サービスの本社は大阪にあり、神戸に支店があります。
主な営業エリアは関西地区になりますので、もともと関西エリアのお引越しを数多くお引き受けしております。

いっぽうで関東エリアでは東京と横浜(横浜市青葉区)、千葉(船橋市)にも支店がございます。こちらも業績は好調です。
ですから関西エリアでお荷物をお引き受けするお引越しでも格安料金が提示でき、関東エリアでもお値打ちな料金を出すことができるんです。

■繁忙期以外の単身引越しなら、約2万円!

関西ー関東間の単身引越しプランが約2万円。
これはもう、破格のお値打ち価格です。

格安引越しを数多くてがけてきたLIVE引越サービスのノウハウが集結しているからこそできるお値段設定ではないかと思います。
夏のお引越しの選択肢のひとつに是非LIVE引越サービスをお入れください!

ウォーターサーバーのある暮らしっていい!お引越しと一緒に

2017-07-30

おいしい天然水を自宅でほしいだけ飲めて、指一本でお湯も冷水もスッと出てくる。
ウォーターサーバーのメリットはおいしさと手軽さにあります。自宅で使いたいなと思いながら、これまでなんとなく手が出なかった人は、お引越しの機会に新しく導入されてみてはいかがでしょうか。

今ならLIVE引越サービスのお引越しと同時のお申し込みで、クオ・カード最大10000円がもらえるお得なキャンペーン中です!

■お引越しはウォーターサーバー導入の絶好のチャンス

ウォーターサーバーのメリットは、自宅で好きなだけ好きなタイプのミネラルウォーターを飲めること。
たかが水だろうと思うかもしれませんが、水は人間の体を構成する重要な要素。ミネラル分豊富なおいしい水を毎日しっかり飲むことは、ふだん怠りがちな健康管理を見直す大事なきっかけになります。

しかしウォーターサーバーを導入するといっても、なにかきっかけがないと始めにくいもの。
そんなときにぜひご検討いただきたいのが、LIVE引越サービスのお引越し+コスモウォーターのウォーターサーバーのキャンペーンです。

■コスモウォーターとのコラボキャンペーンを実施中♪

夏休みのプチ繁忙期に向けて、LIVE引越サービスがお客様の快適な毎日のためにご提案しているのが、コスモウォーターのウォーターサーバーを新居に設置されてはいかが、ということです。

現在、住んでいる部屋やご自宅にウォーターサーバーを入れることになんとなく抵抗があっても、これから家具を配置する新居なら置き場所も自由に選べます。そしてお引越し後はおいしい天然水をぐいぐい飲んでお引越しの疲れをいやすことも出来るんです。

ウォーターサーバーはいつでも適温の水が出てきますから、暑い夏はもちろん寒い冬のホットドリンクのお供にもぴったりです。

■真夏のお引越し後は新居でウォーターサーバーを使おう

こちらのキャンペーンは、LIVE引越サービスでお引越しをされるお客様で、なおかつお引越し日までにウォーターサーバーのお申し込みが完了していること、当社のプレゼントフォームから必要事項を送信していただいたことが条件です。

2017年9月30日のお引越しまでの限定キャンペーンですから、夏のお引越しを検討中のお客様はウォーターサーバーも考えてみませんか♪
お申し込みはこちらから
campaign

8月に単身引越しを千葉から神戸にされたお客様の声

2017-07-30

今回は、8月に千葉から神戸へ単身引越しをされたお客さまからのお声をご紹介しましょう。
この度は、貴重なお手紙をお送りくださり誠に有難うございます。

夏にお引越しされたお客様のお手紙

8月に引越すのはあついから大変だなと思ったのですが、仕事の都合でどうしても8月にしか日程が調整できませんでした。
引越すと言っても私一人のことですから、単身引越しだから、真夏でもなんとかなるだろうと思いました。

実際にやってみたら、本当にあつかったです。
千葉のマンションから荷物を出すときはこっちも箱詰めが終わっていましたから、すぐに運び出してもらって1時間もかからずに済んでしまいました。

これはとても楽だったんですが、新しい部屋に荷物を運びこむときが大変でした。
何が困ったと言っても、新しい部屋のクーラーが間に合わなかったこと。

引越しの前の日に新しいクーラーを取り付けることになっていたのですが、ギリギリになってクーラーの手配ができないと電気屋から連絡があって。
結局そのままあつい中で、荷物を運び入れてもらいました。

リブ引越しの作業員さんはとっても仕事が早かったです。荷物はササッと運んでくれましたし、大きなものもすぐに設置してくれた。
あつい中だったので、スピードがあるのはとてもよかったです。

全員汗だくになって作業終了。作業が夕方からだったのがせめてもの救いでした。
引越しした日に家電も設置してもらい、冷蔵庫も洗濯機も動くようになりましたが、肝心のクーラーが動かないので、もうその日は神戸のホテルに1泊しました。

夏の引越しは大変だと言いますが、引越し会社に任せておけばわりとスムーズにいくんだなという感じです。引越は初めてだったので他の引越し会社との比較はできませんけど、リブ引越しは作業員の感じもとてもよかったし、お値段も安かった。

ここに頼んでよかったと思いました。また、機会があれば依頼します。

若者人気のシェアハウス、具体的にはどういいうもの?

2017-07-28

メディアの影響からか、最近シェアハウスという言葉をよく聞くようになりました。
しかし具体的にどういうものがシェアハウスなのか、共有スペースはどうなっているのかなど、細かい部分が気になります。

そこで、LIVE引越サービスでもお取り扱いが増えてきたシェアハウスについてご紹介しましょう。

■個室+共用スペースで一緒に暮らすシェアハウス

シェアハウスとは1軒のお家を複数の住人がシェアして住むことです。
見ず知らずの人と同じ家を共有して使うのはムリ!と思うかもしれませんが、そのあたりは物件によって差があるようです。

ほとんどのシェアハウスは、以前は会社の独身寮だったりマンションだったりした建物を流用しています。
そのため家を共有するといっても、入居者それぞれに個室があり、リビングやキッチンやお風呂、トイレなどが共有になっているというスタイルです。

水回りはほぼ共有スペースになっていますから、洗濯機や冷蔵庫も共有しているところが多いですね。
つまり、個人のお部屋以外の場所はスペースも設備も共有になっているのがシェアハウスというわけです。

■賃貸物件の新しいスタイル

では、ルームシェアとシェアハウスって何が違うの?ということになりますが、ルームシェアの場合は個人が持っている物件の一部を借りるという感じです。
一方、シェアハウスには第三者的な運営事業者がいて、おうちの維持や管理、入居者の管理をしています。またシェアハウスでは入居契約を結びますから、入居者と運営事業者の間で賃貸借契約が交わされます。

賃貸物件として入居するのがシェアハウスだと思えば間違いないでしょう。

■大型家電が不要なので荷物が少なくて簡単引越し

東京や神奈川を中心にシェアハウスの件数が増えるほど、LIVE引越サービスがお受けするシェアハウスへのお引越しも増えていきます。
シェアハウスへのお引越しは、大きな家電が不要なために身の回りの物だけを運べばいいことになります。

そのため荷物が少ないのが大きなメリット。
ほとんどのケースで単身引越しプランが利用できますので、お値打ちにお引越しができます。

8月のお引越しやはり月末週末を避けてお得にお引越し!

2017-07-28

夏のお引越しは意外と混みあっているものです。

とくに小学校や中学校に通う子供さんがいるファミリーにとっては、学期の変わり目である夏休みは絶好のお引越しチャンス。というわけで、8月は引越し業界全体にとってプチ繁忙期ですが、月末や週末を避ければ、お値打ちな日にちもあります!

■夏休みでも、月初・中旬の平日はお得日

夏に限らず、週末や月末はお引越しが集中する日です。
LIVE引越サービスは格安引越しの会社ではありますが、そのなかでもとりわけお値打ちなのが、月初めや中旬の平日です。

平日の引越しはスケジュールが合わなくて…とお考えのお客様も多いのですが、8月に限っては平日でも日程の都合がつけやすいというお客様もいらっしゃいます。
というのも、8月は学校の夏休みと重なりますから、ファミリー引越しの場合は子供さんのスケジュールをあまり考えなくてもいいのです。

なかには、子供さんをご実家に1週間ほど預けておき、大人だけで一気にお引越しを済ませてしまうというお客様もおみえです。
この場合、大人のスケジュールさえあわせられれば平日でもお引越しができるので調整がしやすいですね。

■日曜日でも激安日の設定があり!

といっても、仕事が忙しくて大人の休みの都合がつかないということもあります。
週末でなければ時間が取れなくて…という場合は、日曜日をおすすめしております。

たとえばトップページの”お引越しお得日カレンダー”をクリックしていただくと、日曜日だと土曜日よりは混み合わなくて、日にちによっては土曜日=満車日(もうこれ以上はお引越しをお受けするのがかなり難しい日)だけれど、日曜日は”激安日”で残っているという日があります。

日曜日のお引越しは翌日のご心配があるかと思いますが、その場合はLIVE引越サービスのハウスクリーニングサービスや荷造り荷解きサービスがお役に立ちますよ!

■月末と週末を避ければ、お値打ち日の引越しも可能

さすがに月末になると混みあう日が多くなりますが、月初めや中旬なら、まだまだお値打ちにお引越しができる日が残っております。
ぜひともお引越しお得日カレンダーを参考にして、お安くお引越しをなさってください。

シェアハウスから引越しする時の注意点。

2017-07-26

若者を中心に人気が高まっているシェアハウス。
現在のところ、東京や神奈川、千葉と言った関東エリアで物件が増え続けています。

一軒のお家を複数の住人でシェアするスタイルが人気を集め、コスパやコミュニケーションを求める若者層が利用しています。
そんなシェアハウスから退去・引越しするときの注意点ってなんでしょうか。

■お引越し日は運営事業者にすぐに連絡

まず忘れてならないのが、お引越し日が決まったらすみやかに連絡をすることです。
シェアハウスには運営事業者がいて、ハウスが問題なく運営されるようにあれこれを動いてくれています。

運営事業者は退去が決まったらすぐに募集をかけて、シェアハウスに空室がないようにしなくてはなりません。
そこで退去日が決まったら、すぐに運営業者に連絡を入れて、退去を知らせておく必要があります。

その際、デポジット(保証金)の返却についても確認しておきましょう。
ほとんどのシェアハウスでは、退去予定をお引越し日の1か月前までに連絡することなどの決まりがあります。

この条件どおりに退去を申告しておかないとデポジットが返却されないこともあります。
シェアハウスの住人と運営事業者の双方が損をしないよう、退去が決まったらすぐに連絡をいれましょう。

■荷作り、不用品処分、お掃除で引っ越し準備完了

お引越しまでの流れは、シェアハウスも一般の住宅も同じです。
荷造りをして不用品を処分し、自分のプライベートスペースをきれいに掃除しておきましょう。

もちろん退去後に運営事業者のほうでもハウスクリーニングをおこなうことが多いのですが、それまで自分が住んでいた部屋をキレイに掃除してから引っ越すのは最低限の礼儀です。
これまでありがとうというお礼の気持ちも込めて、丁寧にお掃除しましょう。

■冷蔵庫の中身も忘れずに処分

最後の確認しておきたいのが、冷蔵庫の中です。
シェアハウスは家電を共有していますから、冷蔵庫の中に食べ物が残っている場合もあります。

実家から出るなら「お母さん、あれ食べておいて」ですみますが、シェアハウスはあくまでも他人と住居を共有するスタイル。
冷蔵庫まできっちりとチェックしてから、他の入居者さんに挨拶をしてお引越ししましょう。

8月に東京から大阪に単身赴任をされたお客様の声

2017-07-21

今回は、8月に東京から大阪へ単身引越しをされたお客様のお声をご紹介いたします。
この度は、数ある引越し社からLIVE引越サービスをお選びくださり誠に有難うございます。
また、貴重なお手紙をくださり誠に有難うございます。

東京から大阪へ単身引越しをされたお客様のお声

急なことですが、8月に単身赴任で大阪へ行くことになりました。
これまで大阪にはまったく縁がなく、たまに大阪支店へ出張で行くだけ。

いっても支店のスタッフにひきまわしてもらっておしまいですから、土地については全く知識がありませんでした。
それなのに単身赴任です。期間は1年だと決まっていますから、あまり荷物も持たずに行くことに決めました。

引越し先は家具と家電がついているワンルームです。会社の借り上げですから、場所は指定できませんでしたが、家具と家電がついていれば、それほど荷物もいらないかと思い、LIVE引越しの、単身パックを利用しました。

引越し費用についても会社が払ってくれますが、さすがに費用に上限があります。少しでも安いところでと探して、リブに決めました。見積もりは3つくらいからとりました。リブがダントツに安かったですね。

大阪へ荷物が到着するまでに2週間ほどかかると聞いたので、余裕を持って早めに送り出しました。東京では実家暮らしですから、べつに早く荷物をだしても問題はなかったんです。混載便でないプランもあったようですが、まずは費用を第一優先させたかったので。

荷物の運び出しにも時間がかかりませんでした。衣装ケースなどしかありませんでしたし、荷造りはもうできていましたから、あっという間でした。
おなじく、大阪の新居に運び込むときもあっという間です。荷物の量もありますが、やはり手早く作業をしてくれる点が好感を持てましたね。

予定では1年後にまた東京に戻りますから、その時もまたリブにお願いしようと思います。次回もあのお値段で頼めれば安いですね。

六曜カレンダーをチェックする方も多くいらっしゃいます

2017-07-21

お引越しで気になると言えば、六曜です。
そんなものは論理的な根拠がないから、とくに気にする必要はないという意見もありますが、お引越しは人生の大きなイベントです。

ましてご自分で建てた新居へ入るお引越しなら、お日柄が気になるのは当然。
お引越しにふさわしい六曜はいつになるのか、ちょっと気になりますね。

■大安や友引は引越しにいいお日柄

お引越し日で言うと、一番いいのは大安です。
大安は”大いに安し”ということから、六曜のなかでも一番縁起がいいと言われるお日柄。
結婚式に大安をえらばれるように、お引越しもやはり大安でなければ!というお客様も少なくありません。

■六曜カレンダーはこちら

お引越しは人生における重要な節目だと考えるなら、当たり前ですね。
では大安以外にいい日はないのかといえば、友引もおすすめです。

友引は、朝が吉で昼は凶、夕方は大吉ですから、お引越し時は昼前後を休憩にあてて作業をしなければいいと言われます。
午後から作業を再開する分にはとくに問題はなさそうですから、友引もいい日です。

■トップページの六曜カレンダーでお日柄をチェック!

さて、六曜をチェックしたいと言っても、最近のカレンダーには六曜がついていないタイプもあります。
あるいは大安と仏滅しか乗っておらず、友引を調べたくてもわからない!なんていうこともあります。

そんな時は、LIVE引越サービスのトップページから”六曜カレンダー”をチェックしてください。
平成29年分はもちろん、ちょっと先ですが平成30年分の六曜カレンダーも1年分のっています。

たとえば、平成29年度の8月で言えば26日が土曜日の大安です。
こちらはかなりの人気日になることが予想されますから、8月末の週末お引越しの予定なら、早めに予約をとるほうにおすすめします。

すぐに満車日になってしまうからです。

■大安もいいけど、安い仏滅もねらい目

たかが六曜といいますが、縁起のいい日に引越したいというのは、自然なことです。
反対に、六曜は全く気にならないから、安い日=仏滅がいい!と逆指定されるお客様もいらっしゃいます。

それぞれご家庭内で相談されて、ベストなお日にちを見つけられるといいでしょう。

夏のお引越しお得日カレンダーを更新しました。

2017-07-20

格安引っ越しなら、LIVE引越サービス。
こういうフレーズが広く知られるようになったため、お引越しの相談も増加する一方ですが、実はもっともっとお安くお引越しができる方法があります。

他社と比べてウンとお安いLIVE引越サービスの価格を、さらに引き下げる方法。
それは夏のお引越しお得日カレンダーをチェックするだけなんです!

■お得日カレンダーでもっともっとお安く

お引越しお得日カレンダーとは、当社公式サイトのトップページにあるカレンダーのこと。
カレンダー上で右クリックすれば、関東首都圏エリアの引越しお得日が出てきます。

カレンダーのひづけには、”お得日”や”満車間近”という、最新のご予約状況が記載されています。
そして”激安日”というのが、本当に格安・激安でお引越しができる日付です。

”満車間近”という日のお引越しは、残念ながらあまり今以上にお安くするのは難しいケースがありますが、”お得日”と”激安日”を選んでいただければきっとご満足いただけるお値段になりますよ!

■引越し日に余裕があるなら、激安日にお引越しを

そもそも、お引越しの料金というのはお荷物量とご新居までの距離、そしてお引越し日で決まります。
このうち、お荷物量と新居の住所はもう固定されていますが、お引越し日については動かせる場合も多いんです。

もしお引越し予定に多少の余裕があり、たった2~3日でも前後に移動させることができるなら、”お得日”もしくは”激安日”にお引越ししましょう。
もちろんカレンダー上に何も書いていない日も、ご相談によって格安のお引越し料金をお見積りいたします。

他の引越し会社との相見積りもお受けしていますので、一度お見積りだけでもお取りください。
他社よりはお安い金額で、単身もファミリーもお引越しできます!

■夏休みのお引越しは早めにご予約

夏休みは大人も子供も長期休暇が取りやすい時期です。引越し件数も意外と多いので、早めにご予約をされるのがおすすめ。
ご予約の際には、ぜひお得日カレンダーを参考にして、上手に節約お引越ししてください!

夏のお引越し、クーラーは必ず事前手配がおすすめ

2017-07-15

夏のお引越しは暑さの中でいかにスピーディにお引越し作業を済ませてしまうかがポイントです。
素早く梱包して、すぐに搬出、そして新居へも素早く搬入して大きな家具や家電を設置する。

こうやって大まかな荷物の配置が終われば、気分的にもほっとするもの。
しかし、夏はお引越し前にクーラーの手配が終わっていないと大変なことになるのです。

■クーラーは引越し日前もしくは当日に取り付けを

今や真夏をクーラーなしで過ごすのは危険なくらい暑い日が続きます。
引越し前からの梱包作業や不用品の処分、旧居のお掃除などをすませてきた体は、新居に荷物を運び入れた時点で体力の限界に近いでしょう。

夏は他のシーズンよりも体力的につらいお引越しになりますから、ざっくりと荷物を運び入れてしまったら体を休めるのが一番です。
そんな時に「クーラーの手配がまだだった!」などという事態になれば、家族全員が消耗しきってしまいそうですね。

旧居のクーラーを持って行く場合は、新居でのクーラー取り付けの手配が必要ですし、新しく購入する場合はお引越し前に取り付けて動作確認をするか、最悪でもお引越し当日に取り付けてもらえるよう家電販売店にお願いしておきましょう。

山のような引っ越し荷物のなかで、クーラーもなしで一晩過ごすのは肉体的にも精神的にも辛いものです。

■手配が大変なら、クーラー取り付けをLIVEに依頼

とはいえ、お引越し前はバタバタと忙しく、ついクーラーの手配などを忘れてしまうことがあります。
できればお引越しの相談時に、LIVE引越サービスにクーラーの取り外し+取り付け、もしくは取り付けだけでもご依頼ください。

LIVE引越サービスではオプションとしてクーラーの取り外しが\5250、取り付けが\7350でお受けしております。
追加工事や付属品の代金は別途実費のみをご請求させていただきますが、電機関係の手配までまとめて頼めるので助かる!とお客様に大変好評をいただいるオプションです。

クーラーだけでなく、BSアンテナ工事やパソコン配線もOK

電機工事はほかにもCS・BSアンテナ工事やTV・VTR配線、パソコンの配線、照明(直付・シャンデリア)もLIVE引越サービスのオプションサービスをご利用いただけます。
お引越しの手続きを少しでも減らすために、どうぞご利用ください♪

8月に横浜から東北に単身引越しをされたお客様の声

2017-07-11

今回は、横浜から東北(山形)へ単身引越しをされたお客様のお声をご紹介します。
山形県もたくさんの名物料理がありますね。

山形での新生活が素晴らしいものになります様、願っております。
貴重なお引越しのお手紙を届けてくださり誠に有難うございます。

お客様の声

山形に実家があり両親が住んでいるのですが、父の体調が悪くなったため、介護のため一時的に実家へ帰ることになりました。
横浜の家はそのまま置いておき、妻と娘は仕事の都合でしばらくは横浜暮らしです。私だけが単身で引っ越すことにしました。

単身ですから荷物は自分で運ぼうかとも思いました。大きなものは実家にありますし、家電も新しく買いなおすわけでもない。
結局、自分の身の周りの物だけを運ぶわけですから宅急便やゆうパックで荷物を送ればいいかと。

しかし家族から、ちゃんとした引越し会社に頼んだ方が楽になると言われ、急きょリブ引越しサービスにお願いしました。
家族が横浜の支店を見つけてきたので、もうここで即決でした。

お金をかけたくなかったので、リブの単身プランの安さは魅力的でした。
ちょっと心配だったのは、あまり聞いたことのない引越し会社だったことです。

知名度という点では、リブはまだまだという気がしますね。おまけに本社は大阪にあるというし、大丈夫かなとも思いました。
家族任せで選んだ引越し会社だったので、不安もありましたね。

荷物の運び出しはノートラブル。こちらですべての荷造りをして、きれいに準備してあったので、スムーズにいくのも当たり前かなという気もしました。
それから10日後くらいに山形で荷物を受け取りました。

荷物の運び入れがとても早かったので、この引越し会社はいいなと思いましたね。
早いだけでなく、とても丁寧。段ボールを運ぶ時も素早いですし、わからなければすぐに質問してくる。

その言葉遣いも的確で、印象が良い。こういう細かいこともとても大事だと思うのです。
丁寧かつスピーディ、そして接遇がよい。リブさんはとてもいい引越し会社だと思いました。

単身引越しでは、大きな家具を運べるか?

2017-06-29

急な転勤や単身赴任、学生さんのお引越しとなると、単身引越しを利用されるのが一番お値打ちでしょう。
新居に引越してからも何かとお金が必要になりますから、せめて引越し費用は格安で済ませたい。

でしたら、LIVE引越しサービスの単身引越しがおすすめです!
コスパの良さは引越し業界でもトップクラス、自信をもっておススメできます!

では、どれくらいのお荷物が運べるんでしょうか?

■2ドア冷蔵庫や薄型テレビ、電子レンジなどは範囲内

単身引越しの場合は、あまり大きな家具や家電を運ぶことはできませんが、冷蔵庫や電子レンジといった必需品は運ぶことができます。
目安ですが、2ドア冷蔵庫や薄型テレビ(20インチ程度)、テレビ台、電子レンジ、掃除機に布団袋、衣装ケースなどは運べるとお考え下さい。

逆に言えば、1人で暮らすには最低限必要なものは、これくらいでしょう。
あとは新居で新生活が始まってから、必要に応じて、順次買い足していくという形にするのが良いでしょう。

■荷物が多すぎるときは、家電を買いなおす方法もアリ

どうしてもいろいろな荷物が多すぎて、自分の引越しは単身プランでは無理じゃないか?と思うなら、家電類は新居の近くで購入しなおすという考えでもいいかもしれません。
最近の一人暮らし用家電はお値段が安くなっていますし、機能も充実しています。冷蔵庫や電子レンジ、掃除機などは新しく買いなおすことにして、ほかに新居へ送りたいものを優先させるのもコツです。

あるいは細かい荷物は後から家族に送ってもらうことにして、自分がどうしても送りたいものを最優先で単身引越しのトラックに載せてしまうことも出来ます。
とにかく新居ですぐに使いたいものをまず送ってしまうことで、あとは新居に引越してからでもなんとかなるのです。

■大阪―東京間の単身引越しは、繁忙期以外¥20,000くらいでOK!

LIVE引越しサービスの単身引越しは、安さで有名です。
引越し業界の中でも最安値クラスを実現していて、これまでにも多くのお客さんがご利用になっています。

繁忙期でなければ、大阪―東京間の単身引越しは¥20,000ほどでできます。
お引越しの予定がある方は、お気軽にご相談ください。

« Older Entries

Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.