Archive for the ‘単身引越し’ Category

2017年のGWに東京から鹿児島に単身引越しされたお客様の声

2017-05-31

皆様、こんにちは!
関西も暑くなってきました。
屋外働かれている方はたくさん汗をかく季節だと思います。

LIVE引越サービスでは毎月多くのメール、お手紙、アンケートを頂きます。
今回は、2017年GWに東京から鹿児島に単身引越しされたお客様のお声をご紹介いたします!
貴重なご感想をお送りくださり誠に有難うございます。

お客様の声

これまで東京の大学にいましたが、卒業後は実家のある鹿児島の大学の院に進むことになりました。
そこで引越しをと思ったのですが、タイミングを逃してしまい、3月末までに引っ越すことができませんでした。

つぎにまとまった休みがあるときに引越そうと思い、荷物だけはまとめてマンションを引き払い、荷物はトランクサービスに預けておきました。
自分はそのまま実家に戻り、大学が始まりました。

荷物はすっかりまとまっているので、あとは運んでもらうだけ。
そこでできるだけ安く引っ越せる会社がいいと思って探して、LIVE引越サービスを見つけました。

ネットで見つけたのですが、よくよく見ると大阪に本社がある。
支店は関東と関西にしかないようで、これではとても鹿児島まで荷物を運んでもらえないかもと心配になりました。

ダメ元で見積もりを依頼したら、出発地が東京や関東地区なら、そこから鹿児島まで運びますということだったので安心しました。
ほかに2社ほどから見積もりを取りましたが、行先が鹿児島となると遠距離になるし、費用が高くなるようでした。

LIVE引越サービスは格段に見積り額が安かったので、金額だけで選んだ感じです。学生なんで、お金がなかったんで。
でも、荷物の引き受けの時もとても手早く運び出してくれました。

トランクルームからトラックへの移動ですから、それほど大変でもなかったんですが、考えていたより早く終わりました。
引越しでもスピードって大事ですね! 驚きました。

実家での荷物の引き受けは母に頼みました。
こちらも感じよく運んでくれたようで、東京でも鹿児島でも順調にすすみました。
もうこれで引っ越すことはない予定ないのですが、もし周りに引越したい人がいたらすすめたいですね。
ありがとうございました。

LIVE引越サービスは常に高い品質と低価格を追求

2017-05-31

お引越しはお金がかかる、一度でもお引越しを経験されたお客様はそう言われます。
たしかに費用の掛かる部分もありますが、LIVE引越サービスではお引越し料金が格安にできるよう、つねに最安値に挑戦しています。

最安値に挑戦し、実現していくことが重要

品質と価格は正比例する、と思っているお客様はとても多いです。
そういう側面もありますが、LIVE引越サービスではなによりもお客様満足度を大事にしてきました。

お客様がいいと思われるお引越しができなければ、次のお引越しのご用命もない。
ですから、低価格で高い品質のお引越しサービスを提供できるようにしております。

最安値挑戦!というのは簡単ですが、実際に実現するのは難しい。
それでもLIVE引越サービスの単身引越しは、関西―関東間では業界最安値クラスの格安料金です。

繁忙期でなければ、大阪から東京まで約2万円でお運びします。
他の引越し会社との相見積もりをとられて、当社の安さにびっくりされるお客様もお見えです。

料金は格安、サービスは丁寧、技術力は高度が目標

格安の引越し会社であっても、サービスが格安であってはならないとLIVE引越サービスは考えます。
そこでスタッフの引越し技術を高める研修や訓練を定期的に行っています。

お荷物の搬出や搬入、積み込みには技術力の高さがものを言うからです。
また、お電話やメールでお問い合わせにもスピーディかつ丁寧に対応いたします。

現場の引越し作業スタッフと営業スタッフのどちらの技術が劣っても、お客様のご満足にはつながりません。

技術の向上と最安値への挑戦がお客様へのサービス

引越し技術を高め、他社との相見積もりに負けない最安値に挑戦する。
この2点をクリアするべく、LIVE引越サービスのスタッフは日々、訓練を怠りません。

みなさまがご満足できるお引越しを提供できるよう、これからも努力を続けます!

単身引越しを大阪から東京にされたお客様の声

2017-05-30

今回は、2017年のゴールデンウィークに大阪→東京へ単身引越しをされたお客様からのお声をご紹介いたします!

お客様の声

急な転勤で、大阪から東京に行くことになりました。
まだ独身ですからいいようなものの、4月の始めに突然の辞令が出てからの引越しです。

自分は引越しが初めてではないのですけど、就職を始めてからの引越しはこれが初めてです。
しかもゴールデンウィークまであと3週間くらいしかないのに、引越し会社を探さないといけないので、大変でした。

3社くらいから見積もりを取りましたが、リブ引越しサービスの単身引越しが一番安かった。
値段が大事ですから、即決でした。

なによりも、ゴールデンウィークなのに空いている日にちがあったことがよかったです!
ゴールデンウィークも引越しが集中すると聞いていたので、連休中に引越しできなかったらどうしようかと心配でした。

リブ引越しサービスは、料金は最初から値段も安かったですし、引越し日も何とかなった。
他の引越し会社はもっと高かったし、日にちもギリギリでした。
頼めてよかったです。

引越し当日は荷物だけをあずける形でした。
ゴールデンウィークなので予定通りの時間には来られないかなと思っていたら、だいたい予想の時間くらいに来てくれました。
荷物を運び出すのもあっという間だったので、こんなもんかとびっくりしたほどです。
新居での荷物の受け取りもとてもスムーズ。荷物を運び出すときにとても丁寧に作業をしていたので、これは安心だと思っていたら、受け取り時も問題なしでした。

運び入れるときもあっという間に終わり、1人の引越しは簡単だと思いましたね。
今回の転勤はいつまでなのか未定ですが、いずれは大阪に戻ります。その時には他に頼まず、リブ引越しサービスだけに見積もりを取るつもりです。時間の節約になります。

神戸から横浜に単身引越しされたお客様の声

2017-05-29

今回は、2017年のゴールデンウィークに神戸から横浜へ単身引越しをされたお客様のお声をご紹介いたします。

お客様の声

今年のゴールデンウィークに、横浜へ引っ越しました。
横浜に妹がいまして、事情があって一時的にそちらの家に引越すことにしたのです。

ゴールデンウィークに引っ越さなくてもいいだろうと思ったのですが、妹夫婦は共働きで連休中でなければ時間が取れなかったのです。
引越しってお金もかかりますけど時間もかかりますね。あちらの都合にあわせる必要があったので、あえてゴールデンウィークにお引越しをしました。

さいわい、一時的な転居ですから荷物は多くありません。
そこでLIVE引越さんの単身引越しサービスを使うことにしました。

こちらの引越し会社はお友達が利用したことがあり、評判がよかったんです。
私も電話などで連絡をとってみて感じたのですが、とても説明がわかりやすかったですし、一度だした見積もりの金額を変えなかったところがよかったです。

値引き交渉とかで時間を使いたくなかったですから、最初から決まった値段で出してくれたほうがとても楽だったんです。
それに、地元密着型らしいところも好感が持てました。

本社は大阪らしいですが、神戸にも支店があり、運のいいことに横浜にも支店がありました。
もし引越し後にトラブルがあっても、横浜の支店に連絡をすればいいと思ったのも、こちらに決めた理由です。

ただ、結論から言えば別に何のトラブルもなく、予定の時間に荷物を回収してくれ、予定の日に横浜に荷物が届きました。
当たり前だといわれればそうかもしれませんが、これまで数回の引越しを経験していて、引越しにはトラブルがあるものだと思い込んでいましたから、これほどあっさりと引越しがすんだのは驚きでした。

とても感じよく引っ越せたのでよかったです。

夏休みの引越しも早期予約が絶対お得。

2017-05-05

夏休みはお引越しが意外と多い時期です。
子供も大人も長期休暇に入るので、ここで引っ越しておこうというお客様がとても多いからですね。
お客様が多いと引越し料金もなかなかお値打ちになりませんが、早期予約を利用すればかなり格安にお引越しできるんです。

早期見積り・早期予約で格安引越しを

夏休みはまとまった期間のお休みが確保できるので、引越しには絶好のタイミングです。
この時期に格安でお引越ししたいとお考えなら、早く見積もりを取り、早期予約で安い料金の日をおさえてしまうのがコツです。

引越し日によって格安な日、混みあっている日がありますが、LIVE引越サービスでは早く予約をしていただけばお値打ち日を確保することができます。
また早めに予約をすることで、お引越し当日までの心配事もどんどんスタッフに聞けますから、初めてのお引越しでも不安がなくなります。

お引越し日が決まったら、ちょっと早いかなと思うタイミングでも一度ご相談ください。

ファミリー引越しの不用品処分もご相談を!

夏休みは、ファミリーのお引越しが多い。お荷物の量も多いですし、子供さんがいて荷造りや荷ほどきも大変です。
このあたりの心配も早めにおたずねいただければ、不用品処分のご相談にも乗りますし(かなり格安で処分できます!)、
夏休みでも梱包付きプランがありますから荷造りも荷ほどきもまるごと当社のスタッフに任せてしまえます。

こういった各種引越しプランも、早期予約システムを使えば希望どおりのお日にちに予約ができます。
お値段も、格安なんですよ。

早く準備すれば、引越しもうまくいく

なにごとも早めに準備することが成功のコツです。お引越しの格安プランも便利なプランも、先にご予約いただいたお客様が優先です。
引っ越しの予定があるどうしようかと考えておられるのでしたら、お電話やメールにてお気軽にご相談ください。

4月に単身引越しを神戸から横浜にされた新大学生さんの手紙

2017-04-12

今回は、4月に神戸から横浜に単身引越しをされた、学生さんのお手紙を紹介します!

お客様の手紙

一浪して横浜の大学に無事決まって、さあ、引越しはどうしようかと考えたときに、最初は家族で引っ越せばいいということになりました。
引越しと言っても学生ひとりの荷物ですし、大きな家具と電気製品(テーブルとか洗濯機、冷蔵庫ですね~)は横浜で買うことにしていたので、神戸の自宅から持って行くものは、衣類と本ばかりだったからです。

トラックを借りて家族で引っ越せばお金が安くなるんじゃないかと思って、引越し会社は頼まずにすませるつもりだったのですが、母が、引っ越し作業が大変になるから、お金がかかっても引越し屋さんに頼みたいと言い出したので、急に変更になりました。

引越し屋さんに頼むと変更したのが、もう3月の半ばです。
もう少し早く決まっていれば3月末までに横浜へ引っ越せたはずなんですが、急に変更したので、どこに相談してももうできませんと言われてしまいました。

LIVE引越しに電話をした時、とても丁寧に4月に入ってからなら引越せると教えてもらい、とても助かりました。3月末と4月の始めではたった1週間くらいしか違わないのに、引越し料金もかわります。そういうことも、先に教えてもらえてとてもよかったです。

大学の授業が始まるギリギリに横浜に行って、荷物を受け取ることにしました。
LIVE引越しに頼むと決めたとき、初めて横浜にもお店があることを知りました。

大阪と神戸に会社があることは知っていましたが、東京や横浜にもあるとは知りませんでした。関西の引越ししかやっていないと思っていたんです。
大阪や兵庫だけでなく、東京への引越しをたくさんやっている引越し屋さんだということを、もっと宣伝したらいいと思います。
とても格安で引越しできたし、また引っ越すときにはお願いしたいです。

4月に大阪から東京に単身引越しをした学生さんの手紙

2017-04-06

今回は、4月に大阪から東京へお引越しされた学生さんからのお声を紹介いたします!
この度は貴重な上京の機会にLIVE引越サービスを選んでくださり誠に有難うございます。

貴重なお客様のお手紙

自宅は大阪にあるのですが、東京の大学に入るための引越しを今回お願いしました。
とてもいい引越しだったので、お礼もうします。

東京の大学に入ることは早くから決まっていたのですが、決めてあったマンションが空室になるのが遅れました。それで3月中に引っ越すことはできなくなりました。
困ったなと思っていたところ、LIVE引越しサービスさんに相談したら、とりあえず荷物だけを4月の始めに預けておいて10日~2週間後くらいに届けてくれるということでした。

初めて相談した時に、大阪から東京までの引越し料金がいくらになるのかを聞いたら、単身引越しの見積りを出してくれて。それが他の会社よりも安かったのでお願いしました。格安引越し会社だと聞いてはいましたが、4月は引越しが忙しい時だから、きっと高いだろうと思っていたのでびっくりしました。

それでも、いつもの料金よりは高いんですと言われましたが、他の会社より安かったし、東京に支店もあるということなので、もし何かあっても支店に相談すればいいということも、LIVE引越しサービスに決めた理由です。
実際には荷物はちゃんと届きましたし、いろいろと丁寧にやってもらったので、東京支店に相談することはなかったのですが、支店があるということでずいぶんよかったです。

大学の授業が始まるので自分だけが先に行き、2週間だけウィークリーマンションで暮らしました。荷物は細かいものだけ持参して、あとは引越し屋さんに預けてしまいました。
運んでもらったのは段ボールで15個くらい。
一人だけだしそれほど荷物はないと思っていましたが、荷造りしていたらけっこうたくさんになりました。後から聞いたら、単身引越しなら皆それくらいの量になるみたいです。

ずっと大阪にいたので、東京のことはよくわからず、マンション前の道に幅がなくて荷物が届く当日になって母と心配していたら、ちゃんと届いたので安心しました。
荷物を運びこむときも、マンションの入り口や階段のあたりをシートなどで囲って、ゆっくりと運んでくれたのでよかったです。

新勧コンパではお酒は厳禁。良いサークルを見つけよう。

2017-04-02

大学入学が決まり、引越しが片付くと期待と不安のつまった大学生活のスタートです。最初は不安でも、しばらくたつと学生さんも気持ちに余裕がでてきます。次は、学生生活を楽しみましょう。大学入学と同時にサークルのチェックをしている学生さんも多いでしょうが、新歓コンパではまだ飲酒は厳禁ですよ~。

■お酒もたばこも、20歳から

大学生活の楽しみといったらサークル活動です。学生の本分は勉学ですが、友人をたくさん作って付き合いを広がることも大事です。どのサークルも入学式から勧誘に余念がありませんから、どこに入ろうかとあれこれ考えたはずです。
こうやって入ったサークルで、最初にあるのが新歓コンパ。これがイメージしていた大学生活だ、たくさん飲んじゃおう♪と楽しくなりますが、いえいえ、もしあなたが未成年なら、新歓コンパであっても飲酒は厳禁ですよ。

日本において飲酒・喫煙がゆるされるのは20歳からです。最近では選挙年齢が18歳に引き下げられたことにともなって、飲酒・喫煙も18歳以上にしていいのでは?という意見も出ていますが、まだ正式に法律が改正になったわけではありません。
現実とはあまりそぐわないと感じるかもしれませんが、法律上は未成年の飲酒はまだダメなんです。

■他学部や先輩との交流もサークルの楽しみ

良いサークル活動の楽しみは、自分が所属する以外の学部の学生とも交流ができることです。一緒にいると、物事をみる視点が違っていることもあり、自分の考え方に幅が出てきます。お互いの授業のことも聞けますね。
また、同じ学部の先輩がいれば先生についての情報も手に入ります。

学生に人気の先生というのはだいたい決まっていますから、今からあれこれと情報を集めておけば、将来、学年が進んでゼミ登録をするときにとても役に立ちます。
先輩が卒業するときに、条件のいいアパートを譲ってもらうこともあります。学生に人気の不動産物件は、こうやって先輩から譲り受けた同じサークルの学生が、代々住んでいるということも多いんです。こんなところでもサークル活動が役に立ちますね。

■学生時代の友情は社会に出ても有効

学生時代の友人は、社会に出てからも交流が続くことが多いものです。
とくにサークルが一緒だった友人とは、いつまでも仲良く遊ぶことができます。

引越しの手伝いをしあうこともありますから、友人はたくさん作っておくといいですね。
といっても、20歳前の飲酒は厳禁ですよ。

学生さんがお引越しするとわかる実家の有難み

2017-03-29

自宅から遠く離れた大学に入学するため、初めて実家を出るという学生さんも多いでしょう。それまでは自宅で家族とともにのんびり暮らしていたのに、一人になったら何もかも自分でこなすしかありません。料理や洗濯といった家事に慣れていないと戸惑うことばかりです。実家のありがたみが、身にしみますね。

ワンルームに引っ越したら、その日から家事は自分負担

学生さんの多くが3月末から4月の始めにはお引越しを終了します。昔は学校付属の学生寮などに入る学生さんもいましたが、最近ではワンルームのマンションやアパートで暮らすケースがほとんどです。こうなると、新居へ引っ越した当日から、家事をしなくてはなりません。

実家を出て初めて気が付く家族のありがたみ。最近の家電は便利になりましたが、洗濯も掃除も完全自動では動きません。最後は自分で洗濯物をたたんだり掃除機をかけたりしなくてはなりませんね。
実家暮らしのありがたみを感じつつ、家事の時間を短縮できる最新家電を使って、上手に時短しましょう。

家電のタイマー機能を利用して家事の時間を短縮

時短の家電というと高価なものをイメージしますが、最近は安いものも出ていますから、上手に選ぶといいですね。
学生さんにおすすめしたい家電のひとつが、タイマー付き洗濯機です。全自動の洗濯機でタイマー機能がついていると、洗濯中ずっとついている必要がなくてとても便利です。

夜寝る前やお出かけ前に洗濯機タイマーをセットするだけで、帰宅後すぐに洗濯物を干すことができます。朝は出かける前に洗濯物を干し終えられるので、帰ってきてからゆっくりとたためばOKです。

洗濯機に限らず、家電のタイマー機能は家事の時短に役立ちます。
炊飯器もタイマーで朝ごはんに間に合うようご飯が炊き上がります。タイマー機能は存分に使いつくしましょう。

家族と最新家電の話でコミュニケーション

自宅から離れると「お母さんってありがたいなあ」とあらためて思うことでしょう。
家族のなかでも、とりわけ重要性が感じられるのが家事を担当しているお母さんです。

長期休暇に帰省した時などさりげなく「ありがとう」といい、自分が使ってみてよかった時短の家電について話し合ってみるのもいいですね。
新しい親子のコミュニケーションになりますよ。

4月に横浜から北海道に単身引越しをされたお客様の声

2017-03-29

今回は、横浜から北海道へ単身引越しをされたお客様からのお声をご紹介します!
貴重なお声をお送りくださり誠に有難うございます。

お客様の声

息子が北海道の大学に合格して、一人で引越すことになりました。北海道なんて知り合いはひとりもいませんし、親にも子供にも不安がありましたが、せっかく合格した大学ですから、入学しないなんてできません。まずは引越しだと思い、現地にいって住むところを確保してきました。

大学からのあっせんもあり、わりと近いところにワンルームがあって手ごろな値段で借りられたのでよかったと思いました。
つぎに荷物を送らなくてはいけませんが、入居先の大家さんと話していたら、横浜からいろいろなものを送ると引越し代金が高くなるから、北海道で購入したほうがいいと勧められました。

たしかに、本州から北海道へは輸送費が高いので、引越し代金も高くなるんですね。たとえ単身引越しであっても北海道だと料金が高いのかもと思い、ほとんどのものを現地で購入しました。
それでも身の回りの品は横浜の実家から送ってやらなくてはなりません。
単身引越しなら格安料金で送れると聞いたので、LIVE引越しに聞いてみました。こちらの引越し屋さんは、以前、知人が利用したことがあり、とても評判が良かったので、真っ先に聞いてみたんです。

そうしたら、4月の始めはまだ繁忙期だが、そうとうな格安価格で北海道まで引越せるというので、もうこちらに決めました。見積もりを数社からとって比べたりするのが面倒でしたし、即決してもいいと思える見積もり料金でした。

ほとんどのものは購入済みでしたので、4月に入ってから頼まれたものを単身引越しで出しました。本人は先に北海道で入学式に出席していましたから、私が横浜の実家から荷物を送りだしました。荷物の引き取りも丁寧でしたし、積み込みもしっかりやってくれました。北海道でも問題なく荷物を受け取れたそうなので、とても安心しました。

入学式を越えてからの学生のお引越し、GWがおすすめです!

2017-03-28

入学式を越えてGWに引越しをされる方
「入学式を越えてからの学生のお引越し、GWがおすすめです!」
学生さんのお引越しは、ほとんどが3月末までに終わります。

4月からの新学期に間に合わせるためですが、いろいろな事情があって3月や4月にお引越しをされなかった方もみえるでしょう。
そんな学生さんには、ゴールデンウィークの単身引っ越しがおすすめですよ!

入学式以降のお引越しなら、GWにやりましょう

3月末までに引っ越しができなかった、あるいは自宅から通学していたが、予想以上に時間がかかって大変だったから学校の近くに引っ越したい、という学生さんは意外と多いんです。学生といっても、新学期が始まってしまえば引っ越しのためのまとまった時間がとりにくいのが現実です。そこでおすすめなのが、ゴールデンウィークに単身引越しをすることです。

2017年のゴールデンウィークは、後半にお休みがまとまっています。前半は土日と重なっていますが、5月3~7日は水曜日から日曜日なので、5日の連休になっている大学が多いでしょう。ここがねらい目です。

学生さんのお引越しは荷物が少ないとはいえ、それでも新居の掃除はお荷物の搬入後の片づけやゴミ出しなどをしていたら1~2日はあっという間に過ぎてしまいます。
連休前半にお荷物が届くように単身引っ越しの手配をされると、有意義にゴールデンウィークを使えます。

大きな荷物だけ単身引越しを使う

学生の引越しなら、自分で荷物を運べばいいんじゃないの?と思われる学生さんもいます、しかしテーブルやたんすなど、大きなものはやはり単身引っ越しパックを利用したほうが楽に運べます。さらにゴールデンウィーク中は道路の渋滞が予想されますから、自分たちで荷物を運んだら思ったよりも時間がかかり、大変だったという話も多いです。

一番いいのは、細かい荷物やパソコン、身の回りのものなどは自分で運び、大きな荷物は単身引越しを利用する方法でしょう。

引越し業界最安値クラスの単身引越しを上手に使おう

当社は大阪が拠点の格安引っ越し会社で、とくに大阪―東京間の単身引越しは業界でも最安値クラスです。
ゴールデンウィークに格安のお引越しをしたいなら、なるべく早く見積もりを依頼されるようおすすめします。見積もりもご予約も早いほうが、お得なことがありますよ。

お引越しした荷物は開封しましょう。断捨離のチャンス

2017-03-27

お引越しは断捨離の絶好の機会です。これまでの生活を見直して、たまってしまったものを一気に片付けて処分しましょう。

しかし、そう思って荷物を処分したはずなのに、新居についたあと開封していないお荷物はありませんか?お引越し後は、とりあえずすべてのお荷物を開封しましょう。

お引越しは、全部の荷物を開封するまでが大変

お引越しは荷造りをして荷物を出してしまうまでが大変、と思っている方が多いのですが、実はほんとうに大変な作業は新居についてから始まります。荷物を開封してからすべて収納まで終えて、やっとお引越しが終わることになります。お引越しの終了とは、新居での生活が問題なく始められた時点を指すのです。

最近は断捨離の考えにのって、引越し時に不要なものを処分してなるべく身軽に、少ない荷物で引越そうというお客様が増えてきました。引越しはそれまでの生活パターンを見直す最高のタイミングですから、どんどん不用品を処分されるといいのですが、それでも新居についてから「この箱、なんだっけ…?」という荷物が出てくるのです。

旧居で荷造りをしているときには必要に思えてものが、新居では不要になり、開封しないで置きっぱなしになる方も多いんです。

新居で、やっぱりいらないものが出てきたときは…

引越し時に開封しないで置きっぱなしにした荷物は、あとから片付けようと思ってもなかなか時間が作れません。できればお引越し時にすべての箱をいったん開封し、中身の状態を確認したうえで、やはり不用品だと判断された場合は当社スタッフにご相談ください。

LIVE引越では、引越し前に不用品を格安で引き取り・処分いたします。大阪でも東京でも、今やごみの処分にはお金がかかるものですが、当社ではかなり格安でお引き取り致します。ぜひご利用ください。

引越し中に新しく出てきた不用品も、量やサイズによっては処分をお引き受けできることがありますので、困ったらとりあえずご相談ください。

荷物はできるだけ少なく減らすのが引越しのコツ

それにしても、1軒のおうちにはおどろくほどの荷物が詰まっているものです。
普段から持ち物を減らしていても、いざ引越しとなると大量の荷造りが必要です。断捨離には絶好の機会ですね。

« Older Entries

Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.