Archive for the ‘単身引越し’ Category

10月以降の引越しのお得な日にち

2017-09-30

引越しをお考えのお客様からよくご相談されるのが「いったいいつなら安く引っ越せるの?」ということです。
お引越しにはあれこれお金がかかりますから、せめてお引越し代は節約したいとお考えになるのは当然ですね。

格安のお引越しなら、LIVE引越サービスにおまかせください!

お得日が一目でわかるカレンダーで10月以降をチェック!

もともと他の引越し会社よりも格安でお引越しをお受けしているLIVE引越サービス。
そんななかでも特にお安く引っ越せるお日にちがあります。

公式サイトのトップページにある「お引越しお得日カレンダー(関東首都圏版)」はもうご覧になりましたか?
こちらは、カレンダー上でクリックすれば直近3か月分のご予約状況が一目でわかるカレンダーです。

お得日カレンダー

予約の混み具合と同時に”お得です”や”激安日””超激安日”と、格安にお引越しできる日がすぐにわかります。
10月以降でも上旬の平日などにお得な日がありますから、お値打ちにお引越しをしたいとお考えのかたは、ぜひお得日カレンダーを参考になさってください。

10月以降は連休周辺が混雑日

10月と11月は連休があり、どうしても連休周辺にご予約が集中します。
カレンダー上に”混雑日”とあるのは、そろそろご予約がいっぱいになりそうな日という意味です。

”満車日”というのはご予約いっぱいになっているお日にちですが、”満車日”でも対応できる日があるかもしれませんので、まずはいちどご連絡ください。
とはいえ、ご希望のお日にちが決まっているのなら、なるべく早くお見積りのご依頼をされるのがベストです。

LIVE引越サービスでは、お見積りも公式サイトから依頼できるようになっております。
必要事項を入力の上、新居に運びたい荷物にチェックを入れていくだけで、見積依頼になるシステムです。

早めのご予約で、お得日を押さえてコスパのいいお引越し♪

10月、11月以降の引越しだから、まだいいだろうとのんびりしているとお安い日にちが埋まってしまうかもしれません。
お得日カレンダーでご希望のお日にちの状況を確認して、お得にお引越ししましょう!

急な単身赴任、何から進めれば良い?

2017-09-22

長い人生の間には、家族と離れて単身赴任を余儀なくされる時もあるでしょう。
会社からの辞令は突然来ることもありますから、転勤が決まったら手早く必要な手続きから始めていきましょう。

とりあえず必要な手続きは、つぎの3つです!

【引越し会社の予約が第一】

まずは引越し会社を決めること。
単身赴任の場合は会社指定のお引越し会社が決まっているところもありますが、なかには引越し費用は会社負担だが、引越し会社は自分で探さなければならない場合もあります。

とにかく転勤先での業務開始日が決まっているでしょうから、それにあわせてお引越しができる引越し会社を決め、お引越し日を確定しておきましょう。
お引越し日がきまれば、いろいろなことも一気に決まってきます。

【ライフラインの手続きと、ネットの開通手続き】

新居の場所については、単身赴任の場合マンションの一室を借り上げる形の社員寮にしている会社が多いでしょう。
新居が決まっていれば一安心ですが、転居時に電気やガス・水道といったライフラインの手続きが終わっているかどうかを、社内の総務などに確認するのもお忘れなく。

もっともこういったライフラインは開通していないと生活ができませんから、社宅扱いの場合は手続きに漏れがないはず。
大事なのはインターネット環境を整えることです。

最近は仕事に使うためにパソコンやタブレットを転勤先に持って行くお客さまが多いのですが、インターネットはプロバイダーの手続きが完了していなければ使えません。
プロバイダー各社はホームページで転居の手続きができますので、必ず事前に申し込みをしておきましょう。

【短期間の転居でも、住民票は移転手続きを】

最後に住民票の転居届を出します。
単身赴任だし、いずれは元の住所に戻るのだから転居届は不要だと考える人もいますが、赴任先で病気になることもありますし、最近は自然災害もあります。

緊急時に、住民票が移しておかなかったために行政サービスを十分に受けられないと困ります。
転居届はお引越しの14日前から受け付けていますし、家族が代わりに手続きをすることも出来ます。

万が一のためにやっておきましょう。

10月に神戸から千葉に単身引越しをされたお客様の声

2017-09-16

今回は、10月に神戸から千葉に単身引越しをされたお客様からのお声をご紹介いたします。
当社の作業スタッフの仕事ぶりをしっかりご覧になっていたようで、評価をしていただき、感謝いたします!
お手紙を送付くださり誠に有難うございます。

お客様の声

引越し後の感想をそちらの会社に送ろうと思い、あれこれ思い出していましたら、真っ先にあんなに暑い日だったのに、迅速に荷物を運ぶのは大変だっただろうなと思いました。
今回は仕事の都合で10月に引越すしかなく、週末にしか時間を取れなくて、費用が上がるだろうなと思っていましたが、思ったよりも安くすみました。

転勤のおおい勤務先ですので、これまでにもたくさんの引越し会社に頼んできました。
そのなかでも、リブさんは見積もりをすばやく出して、費用の相談や引越し日の相談などもできたので、とても親切だなと感じました。

単身の引越しでしたが、新居は念願の新築マンションを購入したところでしたから、荷物を運ぶときに乱暴にしないでもらいたいなと思ってみていましたが、作業スタッフがとても丁寧に壁も床も養生していたので、これは大丈夫だと途中からは自分の作業に専念できました。

荷物の運び入れはとても短い時間で済み、新居に壁も全くつかなかったのでよかったです。
手際のいい引越し会社はこれまでにも見てきましたが、手際が良く・丁寧・愛想がいいという引越しスタッフはあまり多くないものです。

愛想がいいというのも、引越しを頼むほうとしては重要なところで、大変な作業中も愛想よくやってくれると、こちらも気持ちがいいものです。
暑い時期だったにもかかわらず、とても印象がいい作業スタッフのひとたちでした。

次回の引越しも、ぜひともリブさんでお願いできればと思います。

10月に単身引越しを千葉から横浜にされたお客様の声

2017-09-15

今回は、10月に単身引越しをされたお客様からのお声をご紹介します。
千葉から横浜へのお引越しで、会社のマンション寮から寮への移動ということで、お荷物が非常にコンパクトだったお客様です。
貴重なお手紙をお送りくださり誠に有難うございます。

お客様の声

今回は、友人の紹介で貴社を利用させてもらいました。
友人は、すでに一度、貴社で家族の引越しをしたことがあって、とても安かったのでよかったということでした。

10月の引越しが9月の半ばに決まり、急なことで引き受けてくれるかどうか心配でしたが、平日だったせいか、わりとスムーズに引き受けていただけて安心しました。
それから、急な引越しなので、費用が余計にかかると困ると思ったのですが、貴社の引越し見積りは他の引越し業者よりも安かったので、一安心でした。平日なので安くできるんですと言われましたが、他の引越し業者ではべつに平日でも安くなかったです。LIVEのほうが安かったです。

今回は、会社の寮から寮への引越しで、一人暮らしのうえに家具も家電も備え付けになっているため、荷物は衣類と本が主でした。
それも大部分を処分してからの引越しでしたし、もとから持っているものが多くなので、貴社の単身引越しのサイズでもスペースに余りが出るほどでした。

そのため、荷物の運び出しがものすごい早かったです。
貴社のスタッフの仕事が早かったのもありますけど…。

最初の電話での対応も言葉づかいがよかったですし、引越し当日の作業スタッフの対応もとてもよかったです、ということをお伝えしたくてお手紙を出しました。
もう少ししますと、自宅の母が、別のところに引っ越す予定があるので、また母が利用させてもらえたらいいなと思います。

母も単身での引っ越しになりますので、荷造りのやり方や、いらないものの処分についても相談に乗ってもらえるといいです。
いらないものをずいぶん貯めこんでいますので…。

1R・1Kの賃貸物件を探すのにベストな時期はいつ?

2017-09-15

そろそろ一人暮らしをしたいなあとお考えなら、まず1ルームや1Kのお部屋を探してみましょう。
1人暮らし用のお部屋ならお家賃も適度で、手の出ないお値段ではありません。

それでもできるだけ安い家賃の物件を探したいのなら、家賃設定が底値の時期に物件探しをするべきなんです。

【1Kや1Rの家賃が底値になるのは、4~5月ごろ】

ワンルームの賃貸物件は、1Rと書かれていることが多いですね。
同じような1人暮らし用の物件で1Kというのがあり、このふたつのちがいは、K=キッチンスペースがドアで仕切られているかどうか、がポイントです。

ワンルームの場合は仕切りのない一部屋にキッチンスペースがありますが、1Kの物件だとちゃんとドアで区切られているわけです。
いずれにせよ、1Rや1Kの物件は1人暮らし用ですから、単身者が引っ越した後の物件狙うのが正解。

4~5月ごろが、1Kや1Rの家賃が底値になる時です。
この時期になると、退去後にすぐ次の入居者が見つからなかった1Kや1Rの物件が値下がりします。

4月以降は大家さんが家賃の値下げに応じてくれるのです。

【4月後半で空いている1Rは、夏休み明け前まで空室かも】

4月はじまりの大学や職場に合わせてお引越しをしたい人は、3月までに新居を決めて入居します。
ですから4月後半以降に入居が決まらない1R・1Kのお部屋は、このままいけば空室の期間が長くなります。

5月以降にお引越しをされる方もみえますが、急な転勤などに対応するためのファミリーが多いため、3LDK以上の物件に人気があります。
大家さんの立場としては、たとえ底値の家賃であっても空室にしておくよりは入居してほしい。

そこで4月後半や5月ごろ1Rや1Kを探すと、駅近のいい物件で家賃がお安いことが多いんです。

【4月以降の一人暮らしスタートで、賃料も引越しもお値打ち】

お引越し料金の点から見ても、4月以降はお安くなる時期です。
どの引越し会社も2月中旬から4月の第1週くらいまでが、超ド級の繁忙期。

逆に言えば、この時期が過ぎてゴールデンウィークに入るころまでは、ちょっとしたお値打ちシーズンです。
家賃だけでなくお引越し料金も節約できる時期なのです。

10月に大阪から東京に単身引越しをされたお客様の声

2017-09-14

今回は、10月に大阪から東京へ単身引越しをされたお客様からのお声をご紹介いたします。
単身赴任のベテランのお客さまから評価をしていただけると、引越し会社としても非常にうれしく感じます!

お客様の声

このたびは、単身赴任の引越しをしてもらい、本当によかったです。
引越しは初めてではなく、これまでにも家族での引越しや遠距離での引越し、単身赴任などをしてきました。

転勤族ですから、自分でも荷物を小さくまとめるコツなどを知っていますが、こちらにお願いして見積もりに来てもらったときに、持って行くべきもの・おいていったほうがいいものの話をいろいろ聞けたので、今回はいつも以上に小さな荷物で単身赴任できました。

とにかく、スタッフのひとの対応が、考えていた以上によかったです。
こちらの評判は引越しを頼む前に、ネットでも十分調べておきましたし、実際にこちらで引越しをしたという知り合いからも話を聞いていましたので、わかっていました。

それでも考えていた以上に対応が丁寧でしたし、こちらの希望することにもスピーディに回答してくれたので、印象がとてもよかったです。

今回は、新居に引越し荷物を運びいれる当日になって、家族の到着が遅れたり、新居のカギを紛失してしまったりと細かいトラブルもたくさんあり、申し訳なかったです。
それでも当日の引越しスタッフの人たちが手早く対応してくれたので、とてもよかったです。

今回の単身赴任は人気が6カ月と短く、終了時期が今からわかっていますので、またすぐに自宅に帰るための引越しをしなければなりません。
今回、こちらにとても誠実に対応してもらいましたので、大阪へ帰る時の引越しも、ぜひお願いしたいと思います。

今回と同じく、とても安い引越し代になるといいなと思います。
ありがとうございました。

9月に単身引越しを千葉から大阪にされたお客様の声

2017-08-31

今回は、9月に千葉から大阪へ単身引越しをされたお客様からの声をご紹介します!
お引越しが終わりバタバタしている中、嬉しいお手紙本当にありがとうございます。

千葉の大阪にお引越しされたお客様の声

千葉の行徳に住んでいたのですが、急にうちの都合で大阪へ行かなくてはならなくなりました。
大阪にはこれまで住んだことがなく、もともと関東で生まれて育ったものですから、イメージもわきません。

とりあえず、大阪方面への引越しに強い引越し業者に頼もうとおもい、ネットで探していて見つけたのがLIVEでした。
決め手は、関東から大阪への単身引越しプランが安かったこと(あとで聞いたら、引越し業界でも一番安いレベルの値段だそうです)、千葉に支店があって大阪に本社がある引っ越し業者だったことです。

引越しする先に引越し業者の本社があれば、土地勘もあるし、引越しがスムーズに行きそうじゃないですか。
それに、千葉に支店があれば、引越し前もいろいろ相談できるし、見積りも早く出てきそうだと思って…。

見積りは自宅に来てもらいました。単身ですけど、趣味の物やいろいろあって、たぶん他の人よりは荷物が多いんじゃないかと心配になったので。
サイトには、荷物をチェックするだけで見積りを出してもらえる機能もあったんですけどね。

それだけじゃ、正確な引越し代金が出ないんじゃないかと思ったんです。
自宅での見積りで、クーラーと室外機が邪魔になることがわかりました。

これ、初めから部屋についていたものじゃなくて、自分で買ったものなんです。
もう新しくないし、大阪には持って行きたくないと思ってもいたので、大家さんと交渉してそのまま置いていくことにしました。

そのぶん、退去時のクリーニング費用をへらしてもらって。
なかなか得になったのでよかったですよ。

引越しはすごい簡単にすんで、問題もなし。そして見積りどおりの安い料金だけで済みました。
ホントに安かったので。次に千葉に戻ってくるときも、また頼もうと思っています。

秋のお引越しお得日カレンダーを更新しました。

2017-08-31

お引越しって、本当にお金がかかる…。こんなお嘆きを聞くことがありますが、LIVE引越サービスは格安引越しの老舗です!
たとえどんなシーズンでも、できる限りの格安料金でお引越しを提供しております。

2017年の秋シーズンも、ギリッギリの料金で皆様に快適なお引越しをご提供してまいります!
お得日カレンダーも更新しましたよ。

■お安く引越ししたければ、お得日カレンダーをチェック!

格安引越しで有名なLIVE引越サービスでは、お客様のためにもっともっと安くできないか?と常に考えております。
お引越し料金というのは、お荷物の量と移送距離、お引越し日によって決まりますから、お荷物の量と移送距離は、もう変えようがありません。

そこでお引越し日でお安い日にちを選んでいただきたいのです。
たとえば3月の超繁忙期のお引越し料金とそれ以外の時期の料金はまるで違ってきますし、おなじ月でも月末や週末はやはり多少高くなります。

こういった諸条件を考え合わせて、LIVE引越サービスでは「この日なら安く引っ越していただける!」という日を厳選いたしました。
それが、お得日カレンダー上の、お得日・激安日・超激安日です。

■本当に本当に安いのが、激安日・超激安日

サイトのトップページにはお引越しお得日カレンダー(関東首都圏版)があり、こちらをクリックしていただくと、最新のお引越し状況が反映されてまいります。
たとえば9月で言えばシルバーウィークのあたりは混雑日になりやすいのですが、月初めや平日ならお安い日がございます。

またお得日カレンダーに、激安日・超激安日と書かれている日は、本当にお安い日です。格安引越しで有名なLIVE引越サービスが自信をもっておすすめする、コスパ抜群のお引越し日なんです。

もちろん、激安日にお引越しができるかどうかはお客さまのご都合によりますが、できればお引越し日をずらしてでも、激安日にお引越ししていただくと大変お値打ちになると思います。

■直近3か月の混雑状況とお得日がわかるカレンダー

こちらのお得日カレンダーは、定期的に更新をしております。
直近3か月間のなかのお得日を記載しておりますので、この期間にお引越しの予定があるなら、お申し込みの前にいちどチェックなさるといいですよ!

単身赴任、最安値に挑戦中!LIVE引越サービス

2017-08-30

お引越しは1人でやる単身プランもありますし、ファミリーで引っ越すプランもある。
LIVE引越サービスは、どちらのお引越しも限界ギリギリの最安値料金をお出ししています。

しかしとくにお値打ちなのが、単身プラン。引越し業界でも最安値クラスの格安料金です。

■中距離・長距離の単身プランはリブにおまかせ

LIVE引越サービスの単身プランは、移動距離に応じて3種類があります。近距離・中距離・長距離です。
単身赴任でおおいのは、中距離以上のお引越しです。

中距離の単身プランは約300キロメートル以内のお引越しです。旧居の都道府県から外へ移るお引越しになり、荷物を運ぶ方法が2種類に分かれます。ひとつは直送便プラン、もうひとつが混載便プランです。

直送便プランは、1軒のお荷物だけを積んで運ぶお引越しのこと。
いわゆるチャーター便ですから、搬入と搬出を同日もしくは翌日におこないます(距離によっては、もう1日、お日にちをいただくこともございます)。

仕事の都合で引越しに時間をかけられない場合や、引っ越した後にすぐ仕事に行かなくてはならないという忙しい単身赴任さんに向いています。

■コスパ最強の混載便プラン

もうひとつの単身プランは、混載便です。
混載便は、ひとつのトラックに複数のお引っ越し荷物をお預かりして運ぶ方法。

お荷物の引取り日(旧居からの搬出日)はお客さまが指定し、新居へのお荷物到着時はLIVE引越サービスからご連絡いたします。
だいたい10~2週間くらいのお日数を見ておかれるといいでしょう。

混載便ですからお荷物を新居に運ぶトラックの費用などは、複数のお客さまがまとめて負担するという考え方をするとわかりやすいでしょう。

たくさんのお荷物をまとめて運ぶため料金を安く設定でき、コスパを重視される方にはおすすめのプランです。

■低料金と充実サービスの2本柱でがんばります!

中距離でも長距離でも、LIVE引越サービスは業界の最安値を目指しております。
お引越しは安ければいいというものではありませんから、低料金とサービスの充実の2本柱を打ち立ててがんばります。

大学生・高校生・社員の寮へのお引越しもリブ!

2017-08-27

リブ引越しサービスにご相談がある引越しは、ファミリーだけではありません。
むしろ数が多いのは、大学生や高校生、新入社員など単身のお引越しです。

単身引越しの場合、行先として民間の賃貸マンションのほか、学生寮や社員寮ということも多いですね。
そこで、寮へのお引越しをうまくやるコツをご紹介します!

■寮へのお引越しは、引越しルールの確認から始まる

民間の賃貸マンションと学生・社員寮の違いは何かというと、お引越しに関してのルールが決まってる点でしょう。
お引越し期間が指定されていることがありますし、お荷物の搬入時に寮の管理人さんが立ち会わなければいけないところもあります。

こういった諸条件は会社や学校によってまったく違いますので、入寮がきまったら、細かい部分まできちんと確認しておくと間違いがありません。

さらに寮はお部屋に基本的な家具(デスクと椅子やベッドなど)が備え付けになっていることが多いので、何を持って行くべきなのか、着替えや身の回り品だけでいいのかなども調べて荷造りをします。

■引越し時期が集中するので、早めに引越し会社を確保しよう

そして、引越し会社の確保です。
社員寮や学生寮は、入寮期間がほぼ決まっているため、お引越しが集中します。

おもに3月に入寮することが多いのですが、仕事の都合で9月に入ってくることも多いため、一般的な引越し会社の手配が大変なのです。
引越しが集中してしまうと予約がいっぱいになり、希望日に引越せないこともあります。

寮へのお引越しはお荷物の量がそれほど多くないので単身プランがおすすめですが、予約がいっぱいになってしまえば引越し会社に頼むことも出来ません。
社員寮・学生寮に入ることが決まれば、早めに引越し会社に見積りを取って、予約するのがコツです。

■寮へのお引越しも、経験豊富なLIVE引越サービスをどうぞ!

これから入社して働く会社の寮や学生生活を送ることになる学生寮。
お引越し時にトラブルが起きると、悪いイメージが長くつづきます。

寮へのお引越しには、経験豊富なLIVE引越サービスを使って、スムーズにすっきりと引っ越すようにしましょう!

9月に大阪から東京に単身赴任をされたお客様の声

2017-08-27

今回は、9月に大阪から東京へ単身引越しをされたお客様からの声をご紹介します!
貴重なお声を届けてくださり誠にありがとうございます。

お客様の声

自分、学生なんですけど、いろいろあって東京で半年ほど暮らすことになりました。
期間は半年だと決まっていて、それがすんだらまた大阪に戻ってくることがわかっているので、引越しもできるだけ簡単にしたかったんです。

それで、大阪から東京への単身プランが一番安い引越し屋を探して、見つけたのがリブでした。
ともかく料金重視。安いところで検索して、大阪から東京、というキーワードで引っかかってきたのがリブでした。

ほかにも大手の引越し屋のサイトを見ましたが、9月平日の引越しでも5~6万円かかるというところが多かったですね。
引越しだけで5~6万だなんて。
ちょっと学生には厳しい料金でした。

大阪から東京って、500キロ以上の長距離になるので、これくらいかかるのかもしれないですけど。
荷物を限界まで減らして、リブに見積もってもらったら、5万どころじゃない料金が出てきました。
半分くらいですよ、思わずやった!って叫んだほど、安かった。

あとから安い理由を聞いたら、混載便という他のお客さんの荷物を合わせて運ぶから安いのであって、そのかわり東京に荷物が届くまで10~2週間くらいかかりますと言われました。

東京のマンションはもう用意してあって、大阪の荷物が届くのが遅くなっても構わなかったので、リブに決めました。
安いので決めたんですが、あとから、安すぎるから何かあるんじゃないか…と心配になったこともあります。

でも引越しはうまくいったし、荷物もちゃんと届いたし。
時間がかかっただけがネックで、これだけ安ければいいんじゃないかなと思います。
お金のある人はチャーター便を使えばいいというのも勉強になった。

リブはそれほど有名な引越し屋じゃないかもしれないけど、ちゃんと安く引越ししてくれますよ。
コスパ最重視というひとには、すごいすすめたいです!

9月に横浜から千葉に単身引越しをされたお客様の声

2017-08-25

今回は、9月に横浜から千葉へ単身引越しをされたお客様からの声をご紹介します!

関東への単身お引越し|お客様の声

これまで都内で働いていたのですが、転勤で実家のある千葉へ引っ越すことになりました。
横浜のマンションから通勤していたので、荷物はそれほど多くありません。

ワンルーム分だけなので引越し会社は単身パックが安いところに決めようと思っていました。
リブ引越しに決めたのは、会社の同僚で以前にリブで引っ越した人がいて、安くてよかったと聞いたからです。

うちの会社の場合、転勤時の引越し代金は会社が払ってくれますが、あまり高い引越し代は請求しにくくて。
それに、知っている人がよかったという引越し会社なら安心かなと思いました。

段ボールに服や靴を詰め込んだもの、DVDやCDなどを入れたもの、布団ぶくろなどで引っ越し荷物はほとんど終わってしまいました。それまで住んでいた部屋には、会社の後輩がそのまま入ることに決まっていたので、家具などは全部置いて行きました。

とりあえず、はやめに引越し会社を決めておいたので、ぜんぶの準備が早めに終わったのがとてもよかったと思います。
荷物を預ける日はこちらで決められたので、仕事の空いている日を指定し、サクッともっていってももらいました。

ぜんぶ箱に入れてあるし、大きなものはなにもないから、めちゃめちゃ早く済みました。
千葉の実家に荷物を入れるときはうちにいた母が立ち会ったのですが、これもすごく早くて、あっという間に荷物がおさまってしまったと言っていました。

前のマンションから荷物を出すときに傷がついたという話を聞きませんし、実家でも母が丁寧にやってくれたと言いますから、安心できる引越し会社だなと思いました。

今は実家で暮らしていますし、うちの会社は千葉が本社なのでもう引っ越すことはないかもしれませんが、後輩や同僚で引越し会社を探している人がいれば、紹介しても良いなと思います。

« Older Entries

Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.