Archive for the ‘学生のお引越し’ Category

学生さんは新学期前にお引越しを。

2017-08-29

大学生や専門学校に入って4月から1人暮らしを始めたという方は多いのですが、実は夏休み以降に一人暮らしを始める学生さんも多いんです。
1学期は実家から通ったが通学時間がかかりすぎるので一人暮らしを始めたい…こんな学生さんは、夏休み中にお引越しをすませましょう。

■夏休み中にお引越しをして、新学期に備えるのが賢いやり方

夏休みは長いから、そのうちに引越せばいいや。などと考えているとあっという間に9月になってしまいます。しかし学生さんのお引越しは、新学期が始まる前に済ませるのが賢い方法です。

9月になってからお引越しするのも悪くありませんが、できれば休み中に引越して、新しい自宅の周囲をしっかりとチェックしておくゆとりが欲しいですね。

スーパーはどこにあるのか、コンビニは、ドラッグストアは、銀行は…?と調べておきたい場所はたくさんあるはず。
そして新学期の前に1週間でも10日間でも一人でくらし、家事と勉強のリズムに慣れていると学校が始まっても安心です。

荷物が少ない学生さんも、新居に慣れるには時間が必要

お荷物の整理だって時間がかかります。学生の一人暮らしだから荷物も少ないし、すぐ片付くと思うでしょうが、そうでもないんです。
いったん荷物を収めてから「あれが足りない!」と気が付くこともありますし、実家にあったものを急きょ送ってもらうこともあります。

そういった片づけを全部済ませて生活が落ち着くには、やはり1週間ほどかかります。これは荷物の量とかかわりなく、新居に慣れるまでにある程度の時間が必要だということですね。

住む場所が変わるということは、それだけで大きな刺激になるんです。

■2学期からの学業に集中するためにも、早めに予定を

学生だから時間に余裕があるなんて考えていると、あっという間に2学期が始まってしまいます。2学期の授業に集中するためにも、早めにお引越しの予定をたてましょう。

お引越しの予定ができたら、LIVE引越サービスにご相談ください!

大学生・高校生・社員の寮へのお引越しもリブ!

2017-08-27

リブ引越しサービスにご相談がある引越しは、ファミリーだけではありません。
むしろ数が多いのは、大学生や高校生、新入社員など単身のお引越しです。

単身引越しの場合、行先として民間の賃貸マンションのほか、学生寮や社員寮ということも多いですね。
そこで、寮へのお引越しをうまくやるコツをご紹介します!

■寮へのお引越しは、引越しルールの確認から始まる

民間の賃貸マンションと学生・社員寮の違いは何かというと、お引越しに関してのルールが決まってる点でしょう。
お引越し期間が指定されていることがありますし、お荷物の搬入時に寮の管理人さんが立ち会わなければいけないところもあります。

こういった諸条件は会社や学校によってまったく違いますので、入寮がきまったら、細かい部分まできちんと確認しておくと間違いがありません。

さらに寮はお部屋に基本的な家具(デスクと椅子やベッドなど)が備え付けになっていることが多いので、何を持って行くべきなのか、着替えや身の回り品だけでいいのかなども調べて荷造りをします。

■引越し時期が集中するので、早めに引越し会社を確保しよう

そして、引越し会社の確保です。
社員寮や学生寮は、入寮期間がほぼ決まっているため、お引越しが集中します。

おもに3月に入寮することが多いのですが、仕事の都合で9月に入ってくることも多いため、一般的な引越し会社の手配が大変なのです。
引越しが集中してしまうと予約がいっぱいになり、希望日に引越せないこともあります。

寮へのお引越しはお荷物の量がそれほど多くないので単身プランがおすすめですが、予約がいっぱいになってしまえば引越し会社に頼むことも出来ません。
社員寮・学生寮に入ることが決まれば、早めに引越し会社に見積りを取って、予約するのがコツです。

■寮へのお引越しも、経験豊富なLIVE引越サービスをどうぞ!

これから入社して働く会社の寮や学生生活を送ることになる学生寮。
お引越し時にトラブルが起きると、悪いイメージが長くつづきます。

寮へのお引越しには、経験豊富なLIVE引越サービスを使って、スムーズにすっきりと引っ越すようにしましょう!

9月に大阪から東京に単身赴任をされたお客様の声

2017-08-27

今回は、9月に大阪から東京へ単身引越しをされたお客様からの声をご紹介します!
貴重なお声を届けてくださり誠にありがとうございます。

お客様の声

自分、学生なんですけど、いろいろあって東京で半年ほど暮らすことになりました。
期間は半年だと決まっていて、それがすんだらまた大阪に戻ってくることがわかっているので、引越しもできるだけ簡単にしたかったんです。

それで、大阪から東京への単身プランが一番安い引越し屋を探して、見つけたのがリブでした。
ともかく料金重視。安いところで検索して、大阪から東京、というキーワードで引っかかってきたのがリブでした。

ほかにも大手の引越し屋のサイトを見ましたが、9月平日の引越しでも5~6万円かかるというところが多かったですね。
引越しだけで5~6万だなんて。
ちょっと学生には厳しい料金でした。

大阪から東京って、500キロ以上の長距離になるので、これくらいかかるのかもしれないですけど。
荷物を限界まで減らして、リブに見積もってもらったら、5万どころじゃない料金が出てきました。
半分くらいですよ、思わずやった!って叫んだほど、安かった。

あとから安い理由を聞いたら、混載便という他のお客さんの荷物を合わせて運ぶから安いのであって、そのかわり東京に荷物が届くまで10~2週間くらいかかりますと言われました。

東京のマンションはもう用意してあって、大阪の荷物が届くのが遅くなっても構わなかったので、リブに決めました。
安いので決めたんですが、あとから、安すぎるから何かあるんじゃないか…と心配になったこともあります。

でも引越しはうまくいったし、荷物もちゃんと届いたし。
時間がかかっただけがネックで、これだけ安ければいいんじゃないかなと思います。
お金のある人はチャーター便を使えばいいというのも勉強になった。

リブはそれほど有名な引越し屋じゃないかもしれないけど、ちゃんと安く引越ししてくれますよ。
コスパ最重視というひとには、すごいすすめたいです!


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.