引越しの荷造りをする際の段取り

2015-11-30

こんにちは!
大阪を拠点に、北は北海道、南は沖縄までのお引越しをサポートさせていただいているリブ引越しサービスです。
今回は引越しの荷造りをする際の段取りを、私の個人的主観ではありますが書いていきたいなと思います。

17316

<まずは引越しのギリギリまで使うものと使わないものをきっちり分ける>
引越しの荷造りをするときは、順序があります。
引越しの荷造りを終えたはいいものの、使いたいものまでもうしまってしまった!という経験はないでしょうか。
私はあります。

特に何も考えずに手当たり次第に荷造りをしていると、まだ使うのにもうまとめてしまってまた荷物をほどきなおすという経験をした方は多いかとおもいます。
ですので、さあ荷造りを始めるぞ!という時は、まず引越しのギリギリまで使うものと使わないものをきっちり分けるようにしましょう。

4458e2ffc229ddc55b00c6d5279595de_s

<引越しのギリギリまで使う物代表例>

服なんかはほとんどまとめてしまって大丈夫です。上下それぞれ3着程度あれば十分です。
服は生活用品のメインを占めるものですから、早めにまとめてしまっておくと楽です。

最後まで使うものは、水周りにあるものが多いですね。
歯ブラシや洗顔はもちろんのこと、引越しまでの数日はもう料理しないからと言って食器類だけでなく台所の食器を洗うスポンジや洗剤なんかも一緒にしまってしまうと、意外と使う場面があったりするので困ってしまいます。
なんだかんだちょこちょこ洗い物が出てくるんですよね。

あとはタオルなんかも何枚か残しておくべきです。洗面所でも台所でもお風呂でも使いますしね。引越しの荷造りをしていると結構いろんなところが汚れたりするので、捨てても良いやぐらいのタオルは残しておくと便利です。

<多少の不用品は弊社にて処分いたします>
荷造りをしていると不用品ってたくさん出てきますよね。
そんな不用品も多少のものであれば弊社にて無料で処分させていただきます。

不用品に結構な量がある場合でも、ぜひご相談ください。弊社は不用品回収の専門業務も行っておりますので、お役に立てるかと思います。
大阪から全国へ、全国から大阪へのお引越しの際にはぜひ一度弊社の無料見積もりをご利用くださいね。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.