引越し時のガスの開栓について注意しておきたいこと

2016-02-23

こんにちは、リブ引越サービスです。
今回はお引越しをされる際のガス開栓について注意していただきたいことについてのお話です。

206237
 
<都市ガスかプロパンガスか>
まずお引越し先を決めたら、その引越し先の物件が都市ガスを使用している物件なのか、プロパンガスを使用している物件なのかをチェックしましょう。

 
都市ガスだからプロパンガスだから使用している時にどちらかが不便なことがあるということはありません。
私たちに影響のある都市ガスとプロパンガスの差といえば、値段の違いぐらいでしょうか。

 
LPガスは都市ガスに比べて毎月の料金が2倍ぐらいになってしまいますので、物件を選ぶ際に都市ガスだからこの物件にするという方も少なくはないみたいです。
ですので毎月のランニングコストを抑えたいのであれば、都市ガスの物件を選ぶのがおすすめです。

 
<プロパンガスの物件を選んだら、ガス会社を確認する>
都市ガスの物件ということを条件とすると自分の住みたい物件に住めないということもあります。
ガスだけで選ぶのはナンセンスなので、プロパンガスを使用している物件に住むことを決めたなら、まずチェックしなくてはいけないのはガス会社です。

 
都市ガスは基本的にガス会社が決まっています。(地方によっては異なりますが、その地方それぞれ1つのガス会社です。関西地方だと大阪ガス、関東地方だと東京ガスといった感じです。)
一方プロパンガスはガス会社が多数ありますので、引越し先の物件がどの会社を使用しているのか、大家さんや管理会社に確認する必要があります。

 
既存の物件だとお部屋に入ればそのガス会社の資料が置いてあったりしますが、新築物件だと前に住んでいた人がいない分そういった資料が置いてなかったりするので、事前に確認しましょう。

073512
 
また、都市ガスもプロパンガスもガスの開栓時には立会いが必要となります。
その前に水道と電気も通しておかなくてはガスの開栓をすることができないので、そういった手続きは早めに済ませておきましょう。

 
東京都内、特に23区内は全国的に見ても家賃の高い地域です。
ですのでなるべく費用を抑えたいと思ったら、引越し時の費用を抑えることが先決です。
東京23区内へのお引越し、東京23区外へのお引越しも弊社リブ引越サービスにお任せを!見積もりはもちろん無料。お気軽にお問い合わせくださいね。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.