引越しした際の挨拶状

2016-02-29

こんにちは、リブ引越サービスです。
今回は引越しをした際に送る、挨拶状について書いていきたいと思います。
引越しは様々な手続きがありますし、荷造りや荷ほどきに時間がかかってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、それが全て済んだら次は引越したということをお知らせするハガキを出しましょう。

 
最近はメールなどで知り合いなどに引越した旨や新住所を伝えることができますし、ほとんどの方がそれで済ませてしまうかもしれませんが、まだまだ日本では年賀状の習慣は残っていますし、目上の方にメールで済ませてしまうということもなかなかできないですよね。

 
それに皆がメールで済ませる中、ハガキが送られてくるとやっぱり受け取った側はうれしいですし、印象に残ります。
長らく会っていない方へのあいさつもかねて、これを機に引越しましたというハガキを出してみてはいかがでしょうか。

8f9375693ae4c223c9c5be3cd3450a1d_s
 
<引越しの挨拶状を出す人、時期>
引越しの挨拶状を出す人は知り合いの方はもちろんのこと、新住所を知らせないと翌年の年賀状のやりとりができなくなってしまいますので、年賀状のやりとりをしている人にも出すと良いでしょう。新住所を知らせておきたい人には出しておくのをおすすめします。

 
出す時期としては、年賀状の時期が近づいてきているのであれば、年賀状にその旨を記載すれば大丈夫です。
それ以外の時期にはなるべく早めが良いですが、できれば引越して1、2か月の間に出してしまうのをおすすめします。その間にもしかしたら相手方から旧住所に何か送られてくる可能性もありますしね。
郵便局に転送届を出しておけば、届けを出した日から1年間は新住所に転送してもらえるので、安心です。

9c72f59e643d0eeb5d6a8507ebbf7c02_s
 
弊社リブ引越サービスは、大阪を中心とし、横浜にも支店がございます。
横浜から、横浜へお引越しをお考えの方はぜひ一度弊社の無料見積もりをご利用ください。もちろん全国対応です。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.