引っ越しは盗聴器チェックに最適なタイミング!?

2016-12-16

引越しをするときは、実は盗聴器のチェックがしやすいタイミングです。
まさか盗聴器なんて、と思うでしょうが、意外と仕掛けられているケースも多いのです。
まさか?と思う前に、引越しにあわせてチェックだけでもしてみませんか。

盗聴器調査の依頼もうけたまわります

当社ではお荷物の搬出、運搬、搬入のほか、さまざまなサービスも別途料金でうけたまわっております。たとえばエアコンやウォシュレット、BS・CSアンテナの取り外しや新居での取り付け作業などです。
お引越し時に必要な細かい作業もまとめてお引き受けしておりますので、お客様からは、電気屋を呼ぶ必要がなくて非常に便利だといわれます。

そんなオプションリストの中に「盗聴器調査 ¥25000(調査(撤去・処理別途))という項目があると、びっくりされるお客さまもおみえになります。「頼む人っているんですか?」と尋ねられることもよくありますね。

結論から申し上げますと、依頼されるお客様はけっこういます!
これは大阪本社でも他の支店でも同じ傾向ですよ。

■中古不動産には盗聴器が残されたままという可能性があります
なぜそれほど盗聴器調査の需要があるかと言いますと、最近の盗聴器はまるで盗聴器に見えない形で取り付けられているからです。そして管理会社や不動産会社は、前の住人が引き払った後に盗聴器チェックなどをしません。
ですから、これから賃貸マンションや中古の一軒家へ引っ越そうというお客様が、確認のために盗聴器チェックをお願いされます。
もちろんすべての物件に盗聴器があるというわけではないのですが、万が一取り付けられていた場合は、転居後の生活を盗聴されてしまう可能性があります。
前の住人が残していったコンセントタップをそのまま使っていたらそれが盗聴器だった、などということもあり得るのです。
ちょっと、怖い話ですね。

■入居前にチェックだけされませんか
当社では、大阪も他の支店でもご依頼があれば盗聴器の調査をオプションでお受けしております。こちらも格安の価格ですので、入居前に一度チェックされてみてはいかがでしょう。
なにも残っていないケースもたくさんありますが、確認しておけば安心して新生活を始められますね。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.