単身赴任で心掛けたい事。急なご転勤もお任せください。

2017-01-21

リブ引越サービスのブログをご覧くださり有難うございます。
ここではお客様のお声や引越しに関する耳より情報などを掲載しております。
このタイトルの記事を読んでくださる方はサラリーマンの方が多いのではないでしょうか?

仕事の都合で、急に転勤の辞令があった。こういう時って本当に困りますね。
ゆっくりと荷物をまとめている暇もなく、引越ししたらすぐに仕事に入らねばなりません。
単身赴任の場合は、とりあえず必要最低限のものを荷造りしましょう。

何はなくても、仕事用のスーツと靴は荷造りしましょう

急な転勤・単身赴任の場合、どうしても必要な荷物は何でしょうか。
これは意外かもしれませんが「スーツと靴」です。

スーツ以外のものは、必要に応じて後から送らせることもできますし、転居先のちかくで購入することもできます。
しかしスーツ、靴、ワイシャツ、靴下などの仕事用衣類だけは、引っ越しの翌日(場合によっては、引越し当日から)にどうしても必要なものです。

転居後の忙しさを考えたら、仕事用衣類を3~4セット分は持っていきましょう。
下着類といっしょに、洗顔用品やブラシ、シェーバーなど、みだしなみを整える個人的な物品もあると安心です。

家具付き物件でも寝具は別途必要です

寝具も忘れてはいけません。単身赴任だと家具付き物件を利用することが多いのですが、ベッドは備え付けでも寝具はないです。季節に合ったふとん、枕、シーツは引っ越し荷物にいれたいですね。

家具付きの部屋なら家具はいりませんし、家電も洗濯機や冷蔵気、電子レンジがあるところが多い。掃除機だけは引越し当日に間に合わせましょう。掃除機は転居先で購入しても、それほど高価なものではありませんから、引っ越し荷物全体のボリュームを見て、送るか購入するかを決めましょう。

急な転勤・単身赴任の引越しも得意です

急な転勤のとき、困るのは引越し会社をどこにするかです。

まずは当社にご相談ください!大阪―東京間の単身引越しでは最安値を実現していますし、大阪・東京を起点にして日本中にお荷物を運んでいます。
見積もりを取りに行く時間もない!というときは、ネットでもお見積りしますので、お気軽にご利用ください。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.