若者人気のシェアハウス、具体的にはどういいうもの?

2017-07-28

メディアの影響からか、最近シェアハウスという言葉をよく聞くようになりました。
しかし具体的にどういうものがシェアハウスなのか、共有スペースはどうなっているのかなど、細かい部分が気になります。

そこで、LIVE引越サービスでもお取り扱いが増えてきたシェアハウスについてご紹介しましょう。

■個室+共用スペースで一緒に暮らすシェアハウス

シェアハウスとは1軒のお家を複数の住人がシェアして住むことです。
見ず知らずの人と同じ家を共有して使うのはムリ!と思うかもしれませんが、そのあたりは物件によって差があるようです。

ほとんどのシェアハウスは、以前は会社の独身寮だったりマンションだったりした建物を流用しています。
そのため家を共有するといっても、入居者それぞれに個室があり、リビングやキッチンやお風呂、トイレなどが共有になっているというスタイルです。

水回りはほぼ共有スペースになっていますから、洗濯機や冷蔵庫も共有しているところが多いですね。
つまり、個人のお部屋以外の場所はスペースも設備も共有になっているのがシェアハウスというわけです。

■賃貸物件の新しいスタイル

では、ルームシェアとシェアハウスって何が違うの?ということになりますが、ルームシェアの場合は個人が持っている物件の一部を借りるという感じです。
一方、シェアハウスには第三者的な運営事業者がいて、おうちの維持や管理、入居者の管理をしています。またシェアハウスでは入居契約を結びますから、入居者と運営事業者の間で賃貸借契約が交わされます。

賃貸物件として入居するのがシェアハウスだと思えば間違いないでしょう。

■大型家電が不要なので荷物が少なくて簡単引越し

東京や神奈川を中心にシェアハウスの件数が増えるほど、LIVE引越サービスがお受けするシェアハウスへのお引越しも増えていきます。
シェアハウスへのお引越しは、大きな家電が不要なために身の回りの物だけを運べばいいことになります。

そのため荷物が少ないのが大きなメリット。
ほとんどのケースで単身引越しプランが利用できますので、お値打ちにお引越しができます。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.