8月, 2017年

夏の引越しに嬉しいウォータサーバーで最大10,000円バック

2017-08-28

暑い暑い日本の夏。クーラーの効いた部屋の中でもぐったりなのに、引っ越し作業をするなんてゾッとする…。
しかし、その時にお引越しをしなくてはならないお客さまもいらっしゃいます。

スーパーやコンビニに行かなくても、おうちでおいしい天然水が飲めるウォーターサーバーをこの機会に設置されてはいかがですか?

■ひんやりおいしい天然水が自宅ですぐに飲める!

LIVE引越サービスでは、ただいま天然水で人気のコスモウォーターとコラボキャンペーン中です。
お引越しとウォーターサーバーのお申し込みを同時にしていただくと、最大で10,000円分のクオ・カードをプレゼントいたします!

campaign

コスモウォーターといえば、富士・奥京都・日田の天然水をお水代だけでごくごく飲める便利なウォーターサーバーです。
こちらのキャンペーンは今年の夏の大目玉サービスで、すでに大勢のお客様にご利用いただいております。

なにしろ自宅に居ながらにして天然水が手に入り、しかも冷水温水のどちらもレバーひとつでチョイスできます。
とっても手軽ですから、スーパーにミネラルウォーターを買いに行く手間とは比べ物になりません。

■引越しとウォーターサーバーの申込みをまとめてやりましょう

お申し込み方法はとってもカンタン♪
まずお引越しのお申し込み&ご契約をLIVE引越サービスの公式サイトもしくは「引越し侍」からなさってください。

そしてウォーターサーバー設置のお申込書をご記入の上、LIVE引越サービスへご郵送いただく。
申込書はLIVE引越の営業スタッフがお見積もり時に持参いたします。

あとはお引越しとウォーターサーバーの設置をまつだけ。無事にお引越しが終了しましたら、LIVE引越サービスの公式サイトからクオ・カードのプレゼントフォームに必要事項を入力→送信すれば終わりです。

これだけのお手続きで、最大10,000円のクオ・カードがご自宅に郵送されてまいります。

■おいしい天然水でお引越し作業もはかどる♪

お引越し後のお荷物の片づけ中にも、おいしい天然水がすぐに飲める。
暑い時でも作業がはかどりそうですね!

なお、こちらのキャンペーンは2017年9月30日までにお引越しをされた方が対象となります。
またお申込書をご郵送いただかないと、キャンペーンの対象になりません。

どうぞお忘れなく。

ウォーターサーバーのある快適な生活を、この機会にスタートさせましょう♪

大学生・高校生・社員の寮へのお引越しもリブ!

2017-08-27

リブ引越しサービスにご相談がある引越しは、ファミリーだけではありません。
むしろ数が多いのは、大学生や高校生、新入社員など単身のお引越しです。

単身引越しの場合、行先として民間の賃貸マンションのほか、学生寮や社員寮ということも多いですね。
そこで、寮へのお引越しをうまくやるコツをご紹介します!

■寮へのお引越しは、引越しルールの確認から始まる

民間の賃貸マンションと学生・社員寮の違いは何かというと、お引越しに関してのルールが決まってる点でしょう。
お引越し期間が指定されていることがありますし、お荷物の搬入時に寮の管理人さんが立ち会わなければいけないところもあります。

こういった諸条件は会社や学校によってまったく違いますので、入寮がきまったら、細かい部分まできちんと確認しておくと間違いがありません。

さらに寮はお部屋に基本的な家具(デスクと椅子やベッドなど)が備え付けになっていることが多いので、何を持って行くべきなのか、着替えや身の回り品だけでいいのかなども調べて荷造りをします。

■引越し時期が集中するので、早めに引越し会社を確保しよう

そして、引越し会社の確保です。
社員寮や学生寮は、入寮期間がほぼ決まっているため、お引越しが集中します。

おもに3月に入寮することが多いのですが、仕事の都合で9月に入ってくることも多いため、一般的な引越し会社の手配が大変なのです。
引越しが集中してしまうと予約がいっぱいになり、希望日に引越せないこともあります。

寮へのお引越しはお荷物の量がそれほど多くないので単身プランがおすすめですが、予約がいっぱいになってしまえば引越し会社に頼むことも出来ません。
社員寮・学生寮に入ることが決まれば、早めに引越し会社に見積りを取って、予約するのがコツです。

■寮へのお引越しも、経験豊富なLIVE引越サービスをどうぞ!

これから入社して働く会社の寮や学生生活を送ることになる学生寮。
お引越し時にトラブルが起きると、悪いイメージが長くつづきます。

寮へのお引越しには、経験豊富なLIVE引越サービスを使って、スムーズにすっきりと引っ越すようにしましょう!

9月に大阪から東京に単身赴任をされたお客様の声

2017-08-27

今回は、9月に大阪から東京へ単身引越しをされたお客様からの声をご紹介します!
貴重なお声を届けてくださり誠にありがとうございます。

お客様の声

自分、学生なんですけど、いろいろあって東京で半年ほど暮らすことになりました。
期間は半年だと決まっていて、それがすんだらまた大阪に戻ってくることがわかっているので、引越しもできるだけ簡単にしたかったんです。

それで、大阪から東京への単身プランが一番安い引越し屋を探して、見つけたのがリブでした。
ともかく料金重視。安いところで検索して、大阪から東京、というキーワードで引っかかってきたのがリブでした。

ほかにも大手の引越し屋のサイトを見ましたが、9月平日の引越しでも5~6万円かかるというところが多かったですね。
引越しだけで5~6万だなんて。
ちょっと学生には厳しい料金でした。

大阪から東京って、500キロ以上の長距離になるので、これくらいかかるのかもしれないですけど。
荷物を限界まで減らして、リブに見積もってもらったら、5万どころじゃない料金が出てきました。
半分くらいですよ、思わずやった!って叫んだほど、安かった。

あとから安い理由を聞いたら、混載便という他のお客さんの荷物を合わせて運ぶから安いのであって、そのかわり東京に荷物が届くまで10~2週間くらいかかりますと言われました。

東京のマンションはもう用意してあって、大阪の荷物が届くのが遅くなっても構わなかったので、リブに決めました。
安いので決めたんですが、あとから、安すぎるから何かあるんじゃないか…と心配になったこともあります。

でも引越しはうまくいったし、荷物もちゃんと届いたし。
時間がかかっただけがネックで、これだけ安ければいいんじゃないかなと思います。
お金のある人はチャーター便を使えばいいというのも勉強になった。

リブはそれほど有名な引越し屋じゃないかもしれないけど、ちゃんと安く引越ししてくれますよ。
コスパ最重視というひとには、すごいすすめたいです!

法人様のお引越しはLIVEをご検討ください。

2017-08-26

会社の事務所移転というのは、多くの場合大変な作業量です。
引越し業者によってスムーズさや営業への影響など全く変わりますので、ぜひご注意ください。

新しいオフィスに運ぶ什器やデスク類の仕訳、お引越しの時に処分するものの廃棄処分、膨大な書類のチェックに通信関係の配線手配などなど。個人のお引越しでも大変なのに、法人のお引越しとなるとその数十倍の苦労があります。

オフィス移転で困ったことがあれば、LIVE引越サービスがお役に立ちます!

■オフィス移転の実績があるから、ノウハウもある

LIVE引越サービスといえば、大阪に本社がある格安引っ越し会社。
こう認識されるようになってから、ずいぶん経ちますが、LIVE引越サービスの母体が中尾運輸株式会社であることはあまり知られていないかもしれません。

中尾運輸株式会社は顧客第一をモットーにして、すぐれた輸送品質とサービスを提供しつづけてきた運送会社です。
これまでたくさんの法人様のお引越しのお手伝いをしてきましたので、オフィス移転については非常に多くの実績があり、現在も大手企業を含め年間非常に多くの事務所移転、法人引越しを施工しております。

当然、LIVE引越サービスには独自の事務所移転ノウハウが蓄積されているのです。

■オフィス移転成功のポイントは、事前の詳細な立案にある

事務所移転については、個人のお引越しとはちがう配慮が必要とされます。
たとえばお引越しまでの期日が迫っているというケースでは、迅速かつ丁寧にご説明をしたうえで、作業の取りこぼしがないように、確認を重ねながら移転準備を進めてまいります。

事務所移転の成功はスケジュールの立て方によると言ってもいいくらい重要なものです。
お客さまのご相談に乗りながら、必要なポイントをおさえて計画を立案するお手伝いもいたします。

■安全にスピーディにお引越し、もちろん低価格です!

安全・迅速・低価格。この3つのモットーは個人のお引越しにも、法人様のお引越しにも共通です。
LIVE引越サービスでは、事前に事務所のお荷物の安全な搬入・搬出ルートを確保し、旧オフィスと新オフィスのどちらにも傷がつかないように、スピーディかつ安全に作業をいたします。

大量のお荷物を新オフィスへ運ぶ事務所移転も、ぜひLIVE引越サービスにご用命ください。

新学期前の滑り込みの学生さんのお引越し

2017-08-25

大学生の夏休みは長いものですが、それでも9月になれば新学期が始まるところがほとんどです。
そろそろ新学期の準備を始めようかというタイミングになって、急きょ、滑り込みでお引越しを希望される学生さんもいます。

新学期直前のお引越しなんて、大丈夫でしょうか。

■とにかく引越し会社を確保する

結論としては、新学期ぎりぎりの時期でもちゃんとお引越しはできます!
ただ事前準備の時間が足りないだけに、ちょっとしたコツ3点をおさえてお引越し準備をするといいでしょう。

まずお引越しをしようと決めたら、何はともあれ引越し会社を決めて確保することです。
たとえ大学生の単身引越しであっても、家族だけでお引越しをするのは大変です。

実家からの距離が離れていれば、搬入搬出作業いがいにも移動時間が余計にかかりますし、夏休み中はレンタカー代も高くなります。いろいろ考えると、おそらく引越し会社の単身引越しプランを利用するほうが安く上がることが多いんです。

そう考えると、最初にすべきなのは引越し会社を見つけて予約してしまうことです。

■相見積りを取って安くて感じのいい引越し会社をみつける

つぎに、少しでも時間に余裕があれば、予約の前に相見積りを取りましょう。
相見積りとは、複数の会社から見積もりを取ること。

これは面倒だと感じるかもしれませんが、夏休み中ですから、頑張って見積り依頼をしましょう。
できれば3~4社の相見積りをとって、希望する引越し日の料金相場を知りましょう。

三つめは、信頼できる引越し会社を探すこと。
見積りを取りに来た営業スタッフや、電話での事務スタッフの対応などから、その引越し会社が信頼できるところかを見てお願いするのがベストです。新学期まで時間がないからと焦って予約をするとうまくいかないことがあります。

たとえ夏休みギリギリの引越しでも、丁寧に対応できる引越し会社に頼むべきです。

■新学期直前のお引越しなら、早めにご予約を

大学生のお引越しでもファミリーでも、お引越しの作業に変わりはありません。
早めに準備を始めておくのが上手なお引越しのコツですが、いろいろな事情で急に引っ越さなくてはいけない時もあります。

新学期目前の滑り込み引越しは、夏休みをギリギリまで使って、スピーディに動くのが大事です。
新学期を新居で迎えたいという大学生は、さっそく引越し会社を押さえましょう!

9月に横浜から千葉に単身引越しをされたお客様の声

2017-08-25

今回は、9月に横浜から千葉へ単身引越しをされたお客様からの声をご紹介します!

関東への単身お引越し|お客様の声

これまで都内で働いていたのですが、転勤で実家のある千葉へ引っ越すことになりました。
横浜のマンションから通勤していたので、荷物はそれほど多くありません。

ワンルーム分だけなので引越し会社は単身パックが安いところに決めようと思っていました。
リブ引越しに決めたのは、会社の同僚で以前にリブで引っ越した人がいて、安くてよかったと聞いたからです。

うちの会社の場合、転勤時の引越し代金は会社が払ってくれますが、あまり高い引越し代は請求しにくくて。
それに、知っている人がよかったという引越し会社なら安心かなと思いました。

段ボールに服や靴を詰め込んだもの、DVDやCDなどを入れたもの、布団ぶくろなどで引っ越し荷物はほとんど終わってしまいました。それまで住んでいた部屋には、会社の後輩がそのまま入ることに決まっていたので、家具などは全部置いて行きました。

とりあえず、はやめに引越し会社を決めておいたので、ぜんぶの準備が早めに終わったのがとてもよかったと思います。
荷物を預ける日はこちらで決められたので、仕事の空いている日を指定し、サクッともっていってももらいました。

ぜんぶ箱に入れてあるし、大きなものはなにもないから、めちゃめちゃ早く済みました。
千葉の実家に荷物を入れるときはうちにいた母が立ち会ったのですが、これもすごく早くて、あっという間に荷物がおさまってしまったと言っていました。

前のマンションから荷物を出すときに傷がついたという話を聞きませんし、実家でも母が丁寧にやってくれたと言いますから、安心できる引越し会社だなと思いました。

今は実家で暮らしていますし、うちの会社は千葉が本社なのでもう引っ越すことはないかもしれませんが、後輩や同僚で引越し会社を探している人がいれば、紹介しても良いなと思います。

お引越しの手続きには、チェックリストがあると便利です!

2017-08-23

お引越しの作業は、荷造りと荷ほどきだけ。
お掃除をしたらもう完了でしょ、なんて考えていると、新居についてからびっくりすることがあります。

というのも、荷造り以前にやっておくべきこととして、各種お手続きがあるからです。
これをしていないと、最悪の場合は水道やガスといったライフラインが止まってしまうこともあるんです。

ご参考:LIVE引越サービスの引越しタイムテーブル

■手続き先をまとめた書いたリストがあると、漏れがない

お引越し前に水道やガス、電気といったライフラインの移転手続きを済ませておく。
そしてネットや固定電話といった通信関係にもお引越しの連絡と手続きを済ませておくのが、コツです。

これらの必要手続きはリストにすると、漏れがありません。
やるべきことを書き出して、どの会社から連絡をするかを決めたら、リストに電話番号も書いておくといいですね。

そして連絡をしたら、担当者の名前もリストに記入します。
担当者の名前は、後日、相手と話すことがあるときに、とっても役に立ちます。

リストには、引越し後にやることもピックアップしましょう。
やるべきことは会社ごとに違ってきますから、電話連絡だけでいいのか、電話+書類返送がいるのかも記入します。

■ネット関係の通信と金融関係の手続きもお忘れなく

ライフラインと並行して進めたいのが、通信関係とお金関係。
通信とは固定電話だけでなくネットのプロバイダも含まれます。

新居でも同じプロバイダを使えるか、引越した後に現状のサービスやプランが使えるのかも確認しましょう。
遠距離の引越しだとプロバイダの管轄エリアが変わってしまい、同じプランが使えなくなることもあります。

そして金融関係です。意外と忘れがちなのが、保険会社への連絡。
住所変更の届には書類や捺印が必要な場合が多いですから、これも担当者に確認しましょう。

■後からやらずに先に手続きをしておくといい

こういった手続き関係は、漏れがあると新居での生活に一気に響きます。後からやっておこうと思うと忘れてしまうので、リストにして、いつまでに何をやると決めておくと安心です。

早めにやると、気持ちにゆとりができますね。

引越しお得日カレンダーで夏の激安日を確認

2017-08-15

夏休みが終わったらもう夏もおしまいなんて、そんな風にはいきません。
最近は残暑が長引くので、とうぶん暑い日が続きます。

引越しお得日カレンダーで夏の激安日を確認して、お得に夏のお引越しをしましょう!

■3か月分の予約状況とお得日が乗っているカレンダーをみよう

LIVE引越サービスの、お引越しお得日カレンダーはもうご覧になりましたか?
公式サイトのトップページにあるカレンダーには、最新のお引越し予約状況とお得日が3か月分記載されています。

引越しまで時間があまりないのだけれど、空いているかな?と思う時は、こちらのカレンダーですばやくチェック!

夏はプチ繁忙期といっていいほど、お引越しの相談が多い時期ですが、意外と直前まで空いているお日にちもありますから、いそいで引越しをしたいという時にはとても役に立つカレンダーです。

いろいろな事情で急に格安で引越したい!というときには、まっさきに見ていただきたいカレンダーです。

■お得日カレンダーで、少しでもお値打ちな引越しをしよう

お得日カレンダーに記載されている情報は、最新のご予約状況です。
満車日や混雑日と書いてある日は、かなりご予約件数が多いお日にち。

急なお引越しの場合はご相談に乗りますが、お引越し料金については、激安といかないかもしれません。
なによりもコスパを重視したお引越しをお考えなら、お得日カレンダーの”超激安日!!”をどうぞ。

LIVE引越サービスは、格安引越し会社として、通常でも他の引越し会社よりお値打ちなお見積りをお出ししています。そのなかでも、自信を持って「やすいです!」とおススメしているお日にちが超激安日なんです。

引越しにかかる費用を極力抑えたいというお客さまは、どうぞ激安日を基準にしてお引越し日をお選びください。

■夏の引越しもLIVE引越サービスが安い!

夏のお引越しは想像以上にご相談が多いものです。

この時期にお引越しをされる場合は、ある程度の費用を考えておかねばなりませんが、
そんなシーズンでもLIVE引越サービスでは激安日をご用意しています。

夏のお引越しを予定されている人も、まだまだという人も、どうぞカレンダーでお日にちをごらんください!

Newer Entries »

Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.