大型家電のお引越し、ドラム式洗濯機は要注意です

2017-11-24

最近の家電は省エネタイプの大型なものが増えています。
冷蔵庫もそうですし、洗濯機も大型化していますね。

なかでも少ない水で洗えるドラム式は人気ですが、重量もありサイズも大きい家電です。
運ぶだけでも大変なうえ、実はほかのタイプの洗濯機よりもお引っ越し時に注意が必要なのです。

【洗濯槽のドラム固定用金具が必要になる】

大型のドラム式洗濯機を移動させるときは、必ず洗濯槽のドラムを固定する必要があります。
それも単純に動かなくてもいいようにすればOKというわけでなく、専用の固定金具でがっしりと留めます。

もし専用金具以外の方法で固定した場合は、お引越しの後に故障が発生しても、保障されませんので注意が必要なのです。

この専用金具は購入時に付属品としてついてきているはずですが、
使用しているうちに金具なんて紛失してしまったというケースは少なくありません。
引越し当日に紛失がわかっても、専用金具はメーカーにしかありませんから、洗濯機を運搬することができなくなるのです。

【お引越し前に必ず専用の固定金具をメーカーから取り寄せる】

ドラム式洗濯機は、お引越しの当日までに専用金具をメーカーから取り寄せておかなくてはなりません。
お引越し当日に金具がないと、最悪の場合、洗濯機を新居へ運べないという事態になります。

いや、金具がなくても大丈夫だから運んでほしいというお話もよく聞きますが、
この専用金具で固定しなければ、新居に据え付けた後、ドラム部分が正常に動かなくなることが多いのです。

お引越し後にドラム式洗濯機が破損した場合、あとの修理代が非常に高額になる可能性が高い。
数万円単位での修理代になりますから、必ず固定用金具を取り寄せておきましょう。

【固定金具のはずし忘れにも注意する】

ちなみに固定金具は、新居に洗濯機を据え付けた後は、外してあるかどうかチェックするのも大事です。
お引越し時はみんながバタバタしていますから、金具のはずし忘れも考えられます。

専用金具は洗濯機の後ろにつけるタイプがほとんどですので、据え付け時にチェックをし忘れると後が大変です。

搬入時に専門業者に確認しておきましょう。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.