11月, 2017年

年末に単身引越しを横浜から千葉にされたお客様の声

2017-11-25

今回は、年末に横浜から千葉へ単身引越しをされたお客さまからのお声をご紹介いたします。
年末ぎりぎりのお引越しということで、ご相談からお引越しを決めるまでが大変だったようです。

貴重なお手紙をお送りくださり誠に有難うございます。

お客様のお手紙

年末に引越しなんてしたくなかったのですが、
家の事情でどうしても年内に引っ越すことになりました。
それがわかったのが11月の終わりごろで、あちこちの引越し会社に聞いてみたのですが、
どこももう一杯だといわれて断れられてしまいました。

引越し会社を探しているうちに、日にちはどんどん立ってしまうし…。
もう、どうしようかと困っていたところで、リブさんに電話をしました。

リブさんに電話したのが、もう12月に入ってからのことで、
そちらで引き受けてもらえると聞いてとても安心しました。
年末は引越しが多いと聞いてはいましたが、
本当に引っ越す立場になると、大変さがよくわかりました。

引っ越し代金も、リブさんはとても安かったです。
正直にいうと、ほかの引越し会社は値段の話にはぜんぜん乗ってくれませんでした。

値段どころか、引越し日が空いていないのですから仕方がないんですが、とても高かったんです。
リブさんのお値段を聞いて、ホッとしました。

営業の人は、いつもならもっといい値段を出せるんですが、と言っていましたが、
あれでも十分安いと思います!もっと早くに予約をすれば、引っ越し代も安くなるし、
いろいろとサービスもあったようですが…。それでも、今回は引き受けてもらえただけでよかったです。

引越しの日は、荷物を横浜の家から出してもらうとき、トラックがうちの前に横付けできなくて、
申し訳ありませんでした。道が狭すぎて、トラックが入れなかったんです。

それでも作業員のひとがササッと荷物を運び出してくれたので、無事に終わりました。
もちろん、千葉の家に運び入れてもらう時も早かったです。
おかげで、千葉の自宅で新年が迎えられました。
ありがとうございました。

荷物サイズが小さくても、重量があるものは要注意!

2017-11-25

上手なお引越しのコツは、お荷物の量をできるだけ減らすこと。
ここでいうお荷物の量とは、体積(カサ)についてだけではありません。

お荷物の重量が多すぎるときも、いろいろと大変なことになります。
小さくても重いお荷物が要注意です。

【トラックごとに決まった最大積載量以上は運べない】
トラックに積める荷物の重さというのは、車両ごとに決まっています。
そのトラックに積める荷物の最大の重量を「最大積載量」といいますが、
一般的な小型トラックの積載量は2トン以下と決まっているのです。

いわゆる2トントラックの最大積載量は2.0~2.9トン。
この最大積載量を超えた重量の荷物をつんで走行すると、
法律違反になりますので注意しましょう。

たとえお荷物のサイズ的にみて2トントラックにすべて乗り切る量だとしても、
重量が重すぎると2トントラックでは運べない可能性もあるのです。

【あまりに重量が多いと、荷物を運びきれないことがある】
たとえば、おなじ段ボール1箱でも箱の中身が服の場合と、
食器類がぎっしり詰め込んである場合では重さが違います。
本なども隙間なくぎっしりと箱に詰めてあると想像以上の重さになります。

ですから、お引越しのお荷物の中で本の割合がとびぬけて多い場合は、
すべてのお荷物をトラックに積み込んだ後に、スタッフがトラックのタイヤが
どれくらい沈んでいるのかをチェックする場合があります。

あまりにお荷物重量が多すぎると、走り出す前にトラックのタイヤが沈んでいます。
こうなると、もしトラック内に空きスペースがあっても、そのトラックは出発することができません。

なにかお荷物を降ろして、適正な積載量になるよう調整をしなくてはならないのです。

【心配なお客さまは、事前にご相談を】
お家にあるお荷物が重たいものばかりだと不安になったら、
まずはLIVE引越サービスに電話でご連絡ください。

事前に当社スタッフが訪問見積りにうかがい、どれくらいの重さになるものか拝見いたします。

お引越し当日になってお荷物が重すぎることがわかった場合、
別のトラックを手配しなくてはなりません。
すると追加料金が発生することになりますので、格安のお引越しがむずかしくなります。

ご心配な場合は、訪問見積りで
正確なお見積り金額を出させていただきますので、安心してご相談ください。

年末に大阪から千葉に単身引越しされたお客様の声

2017-11-25

今回は、大阪から千葉へ単身引越しをされたお客様からのお声を紹介いたします。

お客様から頂いたお手紙

ちょうど千葉に新居を購入したところで、引き渡しが12月の下旬になるので、
思い切って年末に大阪から引っ越してしまおうと思いました。
それで、そちらに引越しをお願いしました。

時期が年末ということで、どの引越し業者に尋ねても、料金がなかなか下がりませんでした。
合い見積もりをとっても、数千円くらいの違いしかでてこない。

これはもう、あきらめるしかないかと思ったところに、LIVE引越を知りました。
知ったのはネットの口コミ経由です。

大阪が地元の小さな引っ越し業者だが、とにかく格安で引越しできるというので、
とりあえず見積もりだけお願いしました。
見積もりは1か月くらい前に頼んで、すぐに金額が出てきました。

この引っ越し代がとにかく安かった。それまで見積もりを取った2社よりもはっきり安かったので、
もうここにしようと思いました。
うちの家族は「あまり聞いたことがない引越し業者だけど大丈夫なの?」と不安そうな感じでした。
大阪では、格安引越しができる業者として有名みたいと説明しても、最後まで本当に大丈夫かと心配をしていました。

そちらさまは、大きな引越し会社ではありませんが本社は大阪だというし、
料金もとても良心的。もうここにしようと決めて、お願いしました。

単身パックの混載便でしたから、引越し当日を言っても荷物を入れて預けるだけ。
仕事に使うものを箱に詰めて別に送りました。

荷物の引き取りの時に、ものすごい作業が早かったことが記憶に残っています。
無駄がないというか、てきぱきとやるべきことを進めてくれて、
気が付いたら荷物が全部トラックに乗っていたという感じです。

単身引越しのプロという感じで、必要なことをパパっと済ませていました。
営業マンの対応がいい、当日の引越しスタッフが頼りになる。
この2点は非常に高く評価されるべきかと考えます。

年末に千葉から神戸に単身引越しをされたお客様の声

2017-11-24

今回は、年末に千葉から神戸へお引越しされたお客さまからのお声をご紹介いたします。

お客様の声

仕事で、急に年明けから神戸で働くことになりました。
そのため、住んでいた千葉県から神戸へ引越しした時に、
会社の紹介でそちらにお願いしました。

自分の仕事もあるし、引っ越し準備の時間も足りませんでしたので、
そちらの会社のオプションサービスのハウスクリーニングと不用品処分をお願いしました。
お願いしてみて、どちらもとても便利だなと思いました。

私は一人暮らしで、荷物も少ないほうだとは思うのですが、
それでもマンションの退去時には掃除が必要です。といっても、
年末で仕事も忙しいときにクリーニングまでしている時間はないと思い依頼したのです。

頼んでよかったです!退去時の掃除をしなくて済んだので、
自分の荷物を片付けて預けてしまえば、あとのハウスクリーニングは丸投げ。
ストレスが全然なかったです。

もともと、断捨離がすきなので余計な荷物は持っていませんし、
荷づくりだけして引越し準備はおしまいにしたかったんです。

だから、年末の引越しでしたが、仕事納めの日までいっぱいいっぱい仕事ができました。

荷づくりは、引越しをそちらの会社にお願いしてから少しずつやっていましたので、
年末休みに入ってからすぐ終わりました。
荷づくり時に、処分したいものに印をつけておいたのも良かったみたいです。

そんなふうですから、荷物の引き渡し当日は全然時間がかからず、
あっという間に終わってしまい、現場作業員さんと
「もうおしまいですね」と話をする余裕があったほどです。

それくらい作業員さんの仕事が早かったのは、お伝えしておきたいと思います。
もちろん、全部の作業員さんがあれほど早く荷物を出せるとは限らないでしょうが、
うちに来てくれた2人は、作業の流れが完全にわかっていて、2人の息があった感じでした。

作業のやり方も乱暴ではありませんでしたし、年末で忙しいときだったでしょうに、
話し方もとても丁寧でした。ありがとうございました。

年末の引越しは込み合います。事前予約がおすすめ!

2017-11-24

年末のお引越しは、忙しさに取りまぎれてつい見積もりや予約が遅れてしまいがちです。
しかし年末はお正月までに新居に引っ越しをしたいというお客さまがとても多いので、
ちょっとした繁忙期でもあります。

もし年末にお引越しの予定がおありなら、早めの事前予約をおすすめします。

【年末のお引越しは、想像以上に人気が高い】

年末と年始で比べると、どちらが引越しの数が多いのか?
ちょっと気になるところかと思いますが、年末のお引越しのほうが、かなり数が多いです。

やはり多くのお客さまが、年始を新居でゆっくりと過ごしたいとお考えですし、
年末の忙しいうちに引っ越し作業も一気に済ませてしまおうというお客さまも多いんです。
そのため、年末のお引越し相談はみなさまがお考えになっている以上にあります。

いつもならそれほど混みあわない月初めでも、どんどんお引越しの予定が埋まってしまい、
早めに満車日になってしまうのです。年末までに引っ越したいとお思いのお客さまは、
早めにお見積もりを依頼されて、ご希望のお引越し日を確保することをお勧めします。

【12月はご予約がいっぱいになるペースが早い】

LIVE引越サービスでは、サイトのトップページに
お引越しお得日カレンダー(関東版)を掲載しております。
カレンダー上でクリックしていただくと、直近3か月のご予約状況がわかるものです。

ちょっと見ていただくと、12月はほかの月よりも速いペースで「満車に近い状態です」や
人気日マークがついています。
やはり週末に人気が集中していますね。

では、おすすめのお日にちはどこかというと、12/20以前の平日です。
平日なら12月であっても「お得日」が残っていることもありますし、
大安などお日柄のいい日がご予約いただけることもあります。

【12月下旬のお引越しは早めに準備を】

ただし12/20を過ぎると、平日も週末も関係なく混みあってまいります。
12月下旬のお引越しをご希望なら、ご予約はお早めにどうぞ。

引越し前はフリマアプリを使って、荷物量の削減を

2017-11-24

お引越しは絶好の断捨離タイミングです。
最近は断捨離が一般化してきて、お引越しがないときでも
身の回りの物を減らしているという人が増えています。

引越しを機会に、ものに囲まれた生活から断捨離後のすっきりした暮らしに、
うつってみませんか。

今回はフリマアプリでの断捨離を紹介します。

【捨てる前にフリマアプリで売れないかチェック】

では、不用品は捨てるだけでいいのか。いえ、捨てるだけではもったいないです。

よほど古くて、もう使えないようなものは不燃ごみや可燃ごみで処分するより仕方がありませんが、
状態がいいものは、一度フリマアプリなどで売ってみるといいでしょう。

バッグなどはブランド品ならかなりいいお値段で買い取られて行きますし、
ゲームは相場が決まっていますから、比較的売りやすいアイテムです。

【写真撮影は午前中にやり、出品は夜の9時ごろ】

さらに、ちょっとした気づかいで、不用品が売れやすくなります。
次の3点に注意してみましょう。

まずは時間帯。
平日の昼間に出品してもなかなか売れないということがありますが、
夜の9時ごろに出すと、驚くほどすぐに売れてしまいます。

その時間に合わせて、出品アイテムの写真は昼間に撮影しましょう。
撮影には明るさが大事ですので、午前中撮影がベストです。
明るいうちに撮影した写真は、加工後もきれいに見えます。

2点めは、なかなか売れないものは値下げすること。
人気のあるアイテムはだいたい出品後2日以内に売れます。

3日目になってもまだ残っているものは、価格設定が高すぎたのかもしれません。
思い切って値下げをして、いつまでも残しておくよりは確実に買い手を見つけましょう。

大事なのは高く売ることよりも、お引越し前に不用品を少しでも減らすことです。

【できれば複数のフリマアプリに出品】

最後に、出品するフリマアプリの数です。
最近ではフリマアプリの数が増えてきましたので、売りたいものが決まったら、
2か所のフリマアプリに同時に出品するのがおすすめです。

よほどの大人気アイテム以外は、両方のアプリで
同時に売れてしまったなんてことになりませんから、
売れ残りのリスクを減らすためにも、2か所に出品しましょう。

大型家電のお引越し、ドラム式洗濯機は要注意です

2017-11-24

最近の家電は省エネタイプの大型なものが増えています。
冷蔵庫もそうですし、洗濯機も大型化していますね。

なかでも少ない水で洗えるドラム式は人気ですが、重量もありサイズも大きい家電です。
運ぶだけでも大変なうえ、実はほかのタイプの洗濯機よりもお引っ越し時に注意が必要なのです。

【洗濯槽のドラム固定用金具が必要になる】

大型のドラム式洗濯機を移動させるときは、必ず洗濯槽のドラムを固定する必要があります。
それも単純に動かなくてもいいようにすればOKというわけでなく、専用の固定金具でがっしりと留めます。

もし専用金具以外の方法で固定した場合は、お引越しの後に故障が発生しても、保障されませんので注意が必要なのです。

この専用金具は購入時に付属品としてついてきているはずですが、
使用しているうちに金具なんて紛失してしまったというケースは少なくありません。
引越し当日に紛失がわかっても、専用金具はメーカーにしかありませんから、洗濯機を運搬することができなくなるのです。

【お引越し前に必ず専用の固定金具をメーカーから取り寄せる】

ドラム式洗濯機は、お引越しの当日までに専用金具をメーカーから取り寄せておかなくてはなりません。
お引越し当日に金具がないと、最悪の場合、洗濯機を新居へ運べないという事態になります。

いや、金具がなくても大丈夫だから運んでほしいというお話もよく聞きますが、
この専用金具で固定しなければ、新居に据え付けた後、ドラム部分が正常に動かなくなることが多いのです。

お引越し後にドラム式洗濯機が破損した場合、あとの修理代が非常に高額になる可能性が高い。
数万円単位での修理代になりますから、必ず固定用金具を取り寄せておきましょう。

【固定金具のはずし忘れにも注意する】

ちなみに固定金具は、新居に洗濯機を据え付けた後は、外してあるかどうかチェックするのも大事です。
お引越し時はみんながバタバタしていますから、金具のはずし忘れも考えられます。

専用金具は洗濯機の後ろにつけるタイプがほとんどですので、据え付け時にチェックをし忘れると後が大変です。

搬入時に専門業者に確認しておきましょう。

2人暮らしのお引越しもやはりLIVE引越サービスがお得

2017-11-23

新婚さんや子供のいないご夫婦、同棲中のカップルなど、
ふたりで暮らしている場合のお引越しは、単身引越しよりお荷物量が多くなります。

料金も上がりますが、LIVE引越サービスなら、2人暮らしでもお値打ちにお引越しできます!

【2人暮らしの場合は、一般的に2トントラックを使う】

2人暮らしの場合は、2トントラックを使ってお引越しされることが多いです。
大型トラックよりは小さいですが(2トンは小型トラックになります)、
2トントラックになら2人分の荷物程度はのせることは十分可能です。

とはいえ、ご家庭によってはお荷物がおおきくてたくさんあるという場合も考えられます。
2トントラックで乗り切るか心配な場合は、公式サイトからネット見積もりを依頼する時に、
お荷物をすべてチェックするようにしましょう。

外に置いてある自転車やお部屋の棚類は、意外とチェックし忘れるものです。
どうしても心配だという場合は、お電話で訪問見積もりを依頼されるようおすすめします。

【2人暮らしでも想像以上に荷物が多いことがある】

1LDKの2人くらしだから、そんなに大きなトラックでなくても大丈夫と思うでしょうが、
家具や家電が大型のものだと荷物がかさばります。

セミダブルのベッドや大きなソファ、大画面のテレビなどが一式そろっていると、
たとえ2人暮らしでも2トントラックでは運びきれないかもしれません。

お家にあるお荷物というのは、収納してある状態ではなかなか全体量がつかめないものです。
見積もりを依頼されるときに、不要と思うものは積極的に処分していきましょう。

お引越し料金を少しでもお値打ちにするには、やはりお荷物の量を減らすのが一番の近道です。

【LIVE引越サービスでは不用品引取りもいたします】

とはいえ、不用品の処分代も大変だ…という時は、ぜひともLIVE引越サービスにご相談ください。
当社ではお引っ越しでご不要となったものを、格安でお引き取りしております。

大型の家電が古くなってきたから、引越しのタイミングで買いなおそうと思っていらっしゃるなら、
お見積もり時に引き取りのご依頼も一緒になさるといいでしょう。

意外と多い2人暮らしのお荷物も、LIVE引越サービスなら格安でお運び&お引取りいたします。

Newer Entries »

Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.