移住支援制度がしっかりしている自治体|田舎へお引越し

2018-09-18

定年をきっかけにして、長年の夢である田舎暮らしを始めてみようとお考えの方もいらっしゃるでしょう。LIVE引越サービスにも、都心部から地方へのお引越しをされるお客さまのご相談を数多くお受けしております。

お客海女の行き先はさまざまですが、最近は移住について自治体が支援しているところが増えてきたようです。心強いですね。

【田舎暮らしの準備には、情報収集が大事!】

田舎暮らしを始めるといっても、それまで住んでいた場所からまったく新しい場所へお引越しをするには、いろいろと準備が必要です。最も大事な準備と言えば、現地での新生活に関する情報収集でしょう。

最近では、田舎暮らしを具体的に検討する人が増えている状況を考えて、全国の自治体で各種の支援制度が作られています。

たとえば移住希望者の多い北海道では、実際に移住後の生活がどうなるか、移住後の仕事や生活はどうかといった情報を提供するための窓口を設置。「北海道ふるさと移住定住推進センター」といい、札幌と東京都内の二か所にあります。

すでに移住を経験している人のインタビューが紹介されていたり、現地の空き家情報があったりしますので、移住後の生活がよりイメージしやすくなっています。移住希望者への情報提供がうまくできているケースですね。

【現地での体験ツアーに参加】

こういった情報を集めた後は、いよいよ現地を見学することになります。これも支援制度によって「移住体験ツアーや住宅をめぐる「物件めぐりツアー」、農業に興味のある人向けに「農家体験ツアー」などがあります。

気になる体験ツアーに参加すれば、実際の田舎暮らしを知ることができますし、こういった体験ツアーの多くは、他の地域から移住してきた先輩が案内してくれることになりますので、気になっている質問などを気軽に尋ねられます。

【支援制度が手厚い地域は、移住後のサポートも安心】

新しい場所で、新しい生活を送ってみたい。そんな移住希望者の夢をサポートするのが自治体の移住支援制度です。この制度がしっかりしている自治体は、移住後のサポートも手厚い傾向があります。

上手に利用して、田舎暮らしを成功させましょう。もちろん、お引越しには、LIVE引越サービスがお役に立ちます!


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.