シェアハウスへの引越し、トラブル事例の紹介

2018-10-25

最近、若い人の間で流行しているシェアハウスやシェアルーム。一軒家や広いマンションを複数の入居者でシェアしながら住むという新しい住居スタイルです。

家賃が安く済むのでコストカットしたい人にはお勧めですが、お引越し時にはトラブルが起きることもあります。今回は2つのトラブル事例を挙げますので、これからシェアハウスに住もうというお客さまは参考になさってください。

【トラブル事例1:事前に引越し日・時間を通知忘れ】

最初の事例は、お引越しのお日にち・時間を入居者に知らせておかなかったためにクレームがついたと言うものです。シェアハウスの場合、複数の入居者がすでにその物件に住んでいるという点を考慮しながらお引越しをしなくてはなりません。

たとえば、お引越し日やお荷物の搬入時間を事前に知らせておくのを忘れると、入居者の生活に深刻な支障をもたらします。お引越し作業ちゅうは洗濯機や台所が使えなかったり、仮眠中なのに大きな音がして眠れなかったりというトラブルです。

お荷物の搬入中はもちろん、養生中でも物音が気になるでしょうから、問題になりやすいですね。シェアハウスの場合は、お引越しができる時間帯が決まっている物件もありますので、あらかじめ管理会社に確認しておく必要があります。

【トラブル事例2:他の入居者さまの荷物を搬出】

2つめの事例は、ほかの入居者さまのお荷物をあやまって運び出してしまったというものです。これは特にシェアハウスからシェアハウスへのお引越し時に注意が必要で、お客さまご本人のものか、シェアハウスの共有物なのか、ほかの入居者さまのお荷物なのかが紛れやすいのです。

これを防ぐためには、あらかじめ運び出すものはすべて段ボールに詰めてもらい、搬出する家具や家電には色テープをつけるなどして、一目で搬出荷物がわかるようにしておくといいでしょう。トラックに荷物を積み込み終わったら、必ず最終確認をするのもお忘れなく。

引越し会社とお客さまの両方で搬出するべきお荷物を確認して、荷積みを完了させると安心です。

【ダブルチェックで、他の入居者さまとのトラブルを防止】

シェアハウスのお引越しでは、ご家族さまでない、他の入居者さまが住んでいらっしゃる点を常に頭に入れておくことが大事です。さまざまなトラブルは、確認・ダブルチェックで防げることが多いので、引越し会社との連絡を密に取りながら進めていきましょう。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.