10月, 2018年

シェアハウスへの引越し、トラブル事例の紹介

2018-10-25

最近、若い人の間で流行しているシェアハウスやシェアルーム。一軒家や広いマンションを複数の入居者でシェアしながら住むという新しい住居スタイルです。

家賃が安く済むのでコストカットしたい人にはお勧めですが、お引越し時にはトラブルが起きることもあります。今回は2つのトラブル事例を挙げますので、これからシェアハウスに住もうというお客さまは参考になさってください。

【トラブル事例1:事前に引越し日・時間を通知忘れ】

最初の事例は、お引越しのお日にち・時間を入居者に知らせておかなかったためにクレームがついたと言うものです。シェアハウスの場合、複数の入居者がすでにその物件に住んでいるという点を考慮しながらお引越しをしなくてはなりません。

たとえば、お引越し日やお荷物の搬入時間を事前に知らせておくのを忘れると、入居者の生活に深刻な支障をもたらします。お引越し作業ちゅうは洗濯機や台所が使えなかったり、仮眠中なのに大きな音がして眠れなかったりというトラブルです。

お荷物の搬入中はもちろん、養生中でも物音が気になるでしょうから、問題になりやすいですね。シェアハウスの場合は、お引越しができる時間帯が決まっている物件もありますので、あらかじめ管理会社に確認しておく必要があります。

【トラブル事例2:他の入居者さまの荷物を搬出】

2つめの事例は、ほかの入居者さまのお荷物をあやまって運び出してしまったというものです。これは特にシェアハウスからシェアハウスへのお引越し時に注意が必要で、お客さまご本人のものか、シェアハウスの共有物なのか、ほかの入居者さまのお荷物なのかが紛れやすいのです。

これを防ぐためには、あらかじめ運び出すものはすべて段ボールに詰めてもらい、搬出する家具や家電には色テープをつけるなどして、一目で搬出荷物がわかるようにしておくといいでしょう。トラックに荷物を積み込み終わったら、必ず最終確認をするのもお忘れなく。

引越し会社とお客さまの両方で搬出するべきお荷物を確認して、荷積みを完了させると安心です。

【ダブルチェックで、他の入居者さまとのトラブルを防止】

シェアハウスのお引越しでは、ご家族さまでない、他の入居者さまが住んでいらっしゃる点を常に頭に入れておくことが大事です。さまざまなトラブルは、確認・ダブルチェックで防げることが多いので、引越し会社との連絡を密に取りながら進めていきましょう。

10月に大阪から東京へ事務所移転されたお客様の声

2018-10-25

今回は、10月に大阪から東京へ事務所移転されたお客様のお声をご紹介いたします。初めての事務所移転と言うことで、お引越し前の打ち合わせを何度かさせていただいたことでスムーズなお引越しにつながりました。

お客様の声

このたびは、弊社の東京移転の作業をしていただき、誠にありがとうございました。とりいそぎお礼を申し上げます。

弊社は大阪で起業して運営しておりましたが、さいわいユーザーの数も増え、このたび東京で新オフィスを構えることとなりました。事務所の規模そのものはそれほど大きくないとはいえ、事務所の荷物および什器一式の移転と言うことになりますので、細々したものの確認や取り外し、設置、退去後のクリーニングなどなど、予想以上にたくさんのことを決めていく必要がありました。

弊社の総務担当とともに、御社の営業スタッフの方が連絡を細かくとって、事前に新事務所のレイアウトや配線などの手配まで済ませておけましたので、お引越し当日はなんのトラブルもなく早くに終えることができました。

また、東京へは運ばないで不要になるデスクやロッカー、椅子などの処分についても、御社で格安に引き取っていただけましたために、コストカットにもつながりました。事務所移転の費用についても、地元企業であるという移転で優遇いただき、数社の相見積もりを取った中では御社の費用が低く抑えられていたのも非常に大きな助けになりました。

引越し当日はかなり混乱いたしましたが、東京の新オフィスへの荷物の搬入はとくにトラブルもなく、新規オフィスでの業務開始は予想以上にスムーズに始められました。これまでに事務所移転の経験が多くある御社にお願いしたからこそうまくいったのだと思いますし、あとあとのトラブルもなかったのだと思います。

くわえて、東京オフィスへうつる社員の引越しも手配していただき、社員、事務所とも円満に移転できましたことを、ここであらためて感謝いたします。ありがとうございました。

10月に千葉から茨城へ単身引越しされたお客様の声

2018-10-24

今回は、10月に千葉から茨木へ単身引越しされたお客様のお声をご紹介いたします。学生さんの単身引越しと言うことで、重量のあるお引越しとなりましたが、トラブルなく当社サービスにご満足いただけたようです。

お客様の声

先日、茨城への引越しを頼みました。大学3年生になり、これから本格的に就活や取り残した単位をとるために、大学の近くに引越そうと思ったのがきっかけでした。

自宅の千葉で安い引越し会社を探していたところ、学生の友人からこちらの会社を教えてもらいました。友人もこちらで引越しをお願いして、昨年やはり都内の大学の近くに引越したそうです。そのときの引越し料金がとても安かったので、いいと紹介してもらいました。

単身引越しということで、見積りはネットと電話でだいたいすみましたから、べつに時間も手間もかかりませんでしたし、引越しの日の作業がとにかく早かった!スタッフ2人なのですが、見る見るうちに荷物が運び出されて行って、驚くくらいでした。

運んでもらった荷物のほとんどが大学で使用する本や資料などでしたから、見た感じの荷物の量はそれほど多くなかったと思うんですが、重量はかなりあったと思います。それもサクサクと運んで行ってしまったので、やはり引越し会社に頼んでよかったなあと思いました。

学生の引越しですし、はじめは家族と自分だけでやれると思ったのですが、実際に引越し会社のスタッフの作業を見ると、頼んだ方が早いです。それに楽だと思いました。

今回は、千葉に御社の支店が会ったことから、やりとりは全部千葉支店でできたのも、楽に済んだ理由の一つだと思います。今後は就職先にもよりますが、都内への引越しがある予定です。

次の引越しの時もやはりお願いして、トラブルなく、安心して引っ越したいと思います。まずは今回の引越しがうまくいきましたので、短いですが、お礼をいたします。ありがとうございました。

10月に横浜から北海道へ単身引越しされたお客様の声

2018-10-24

今回は、10月に横浜から北海道へ単身引越しされたお客様のお声をご紹介いたします。大量の不用品があるということで、当社の不用品引取りサービスを便利にご利用いただきました。

お客様の声

引越しが初めてなのに、急に北海道へ引っ越すことになり、困っていたところLIVE引越さんが引き受けてくれたので、お礼を申し上げます。

主人が北海道に転勤となり、まず自分だけで荷物をもって引越し。私がその後を追うように引越しでした。主人が身の回りのものをある程度持って引っ越していったにもかかわらず、けっこうたくさんの荷物がまだ残っていて、困りました。

とはいえ、半分以上が引越しとともに処分するものでしたので、家電などの引き取り先も一緒に探していました。そこでLIVE引越さんの横浜支店があることを知り、相談してみたのです。

相談したら、引越しと一緒にかなりの量の家電や家具を引き取ってくれるということで、もう一切合切ぜんぶ任せてしまいました。なにしろ引き取ってもらう家電や家具の量が多いのに、とても安い処分費で頼めるということでしたので…。

引越しの日には、北海道に運ぶもの、引き取ってもらうものを確認しつつ運び出してもらいました。確認しつつの引越し作業だったので、荷物を送り出すときはちょっと時間がかかったと思いますが、引取りも簡単に持って行ってくれて、なんとか単身引越しの荷物量にまで減らせてよかったです。あのまま全部のものをはこんでいたら、料金はものすごい金額になったと思いますし。

新居での荷物の受け取りは、とても早く終わりました。受け取りの場合は、処分品がないだけに荷物の量が少なかったです。あっという間に始まって、もう終わり?と言う感じでした。

当日の作業員の人も感じが良かったです。北海道への長距離引越しにもかかわらず、予算の範囲内で収まりました。よかったです、ありがとうございました。

10月に東京から神戸へ単身引越しされたお客様の声

2018-10-23

今回は、10月に東京から神戸へ単身引越しされたお客様のお声をご紹介いたします。就職のために初めてのお引越しということで、細かなアドバイスがお役に立ったようです。

お客様の声

こんにちは。このあいだ、東京から神戸へ一人分の引越しをお願いしました。とてもいい引越しが出来たので、お礼を言います。

ずっと東京に住んで大学に行っていたのですが、卒業後の就活でようやく就職が決まり、神戸へ引っ越しました。東京にいたので神戸のことは何も知らず、新居だけは会社の社宅がありましたから物件は探す必要はなかったのですが、引越し会社はどうしようかな…と困っていました。

そうしたら、会社の方で、リブさんを紹介してもらえたので、ほっとしてお願いしました。会社は、これまでにも何回か社員がリブさんで引っ越しているということで、東京支店で相談している時も話がとても早くまとまりました。

単身引越しですから荷物はそれほどなく、安い料金で引っ越せると聞いてほっとしました。あと、現金や印鑑などの貴重品は自分で必ず持って行くことや、小さな箱には重い物を少しだけ詰めて大きな箱にはカサがあっても軽い物を詰めるようにすると、箱の底が抜けずに困らない、などということも教えてもらいました。

はじめての引越しだったので、そういう細かいことを教えてもらえて、よかったと思っています。

荷物を引き取ってもらう日は、少し早めに来てくれて、とても手早く積み込んでいきました。スピードが速い引越しだなあと感心したのを覚えています。

段ボールに詰め切れなかったものは手で持って行くこととして、とりあえず荷物を預けてしまい、神戸で受け取った時にはほっとしました。荷物はどこも破損部分がなく、なくなったものもありませんでした。

はじめての引越しで不安だらけでしたが、とても簡単に引っ越せましたありがとうございました。

10月に大阪から仙台へ単身引越しされたお客様の声

2018-10-23

今回は、10月に大阪から仙台へ単身引越しされたお客様のお声をご紹介いたします。お引越し後すぐにお仕事が始まるということで、あらかじめ現地に入ってお荷物をお待ち頂きました。

スムーズなお引越しができましたので、喜んでいただけました。

先日仙台へ引っ越して、荷物をはこんでもらいました。とても良かったので、お礼したいと思います。

お客様の声

今回は仕事の都合で、私ひとりの引越しになりました。ひとりの引越しだと、荷物は最低限のものを運べばいいので、ゆうパックなどを利用して荷物だけを社宅に送る形にすればいいと思っていました。

ところが仕事の都合で引っ越した翌日からフルで仕事に入らねばならず、とても荷物を送っておいてあとから受け取り、自分でのんびりと荷ほどきをするということがむずかしくなりました。

とりあえず自分ひとりだけが先に仙台に入り、荷物はあとから届くという形にしたいと相談したところ、LIVEさんでは荷物を混載便で運ぶ形にして、まず荷物だけを預けることが出来ました。

ついでに言うと、混載便を使うとトラックをチャーターする引越しよりも料金がとても安くなるので、こっちでお願いできてよかったと思っています。混載便を使う引越しは他の引越し会社でもプランがありましたが、見積をお願いしたところ、決してそれほど激安・格安だということもなく…仙台までの長距離引越しだと、どうしても値段が上がるなと思っていたところで、LIVEさんの混載便がとても安かったので、よかったです。

仙台という土地にまったく土地勘もゆかりもなかったので、自分だけでも現地に先乗りしておいて、荷物を待つ事にしたのも引越しが成功した理由だと思います。

新居の社宅マンションの前は道が一方通行だった事も先に住んでいたのでわかりましたし、荷物を降ろすトラックを止めてもらう場所も指定できました。荷物を運び込むルートも支持できたので、必要な時間が短かったです。

慣れたスタッフがごく短い時間でパパっと荷物をはこんでくれたと言う感じで、引越し当日にほぼ全部の荷物が整理でき、精神的にもゆったりできました。仙台という長距離引越しでしたが、安く上手に引っ越してもらえてよかったです。ありがとうございました。

引越した物件でやるべき事(原状回復などの為の写真撮影など)

2018-10-22

お引越し当日は人と荷物の出入りが多くて、なにかと落ち着きません。しかしお引越し当日もしくは、お引越し前にやっておくべきことが、入居時のお部屋の状態確認です。

入居前の状態を確認しておくことで、将来のトラブルを未然に防ぐことが出来るかもしれません。

【原状回復のトラブル防止】

お引越し当日のお荷物が入る前の新居に到着したら、真っ先に新居の現状を写真にとっておきましょう。これは後日、その物件から退去するときの「現状回復」交渉のときに、必要な情報となります。

「原状回復」というのは、物件を借りている間に発生した汚れや損傷を復旧することを言います。実はこの「原状回復」についてはトラブルになることが多く、国土交通省も「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」をだして、大家さんにも賃借人にも共通認識がもてるようにしています。

このガイドラインによれば「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・ 過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損」をカバーする費用は賃借人の負担になります。

【原状回復の範囲以外は、大家さんの領域】

反対に、原状回復の基本的な部分以外は、大家さんの負担するべき領域です。たとえば、畳の日焼けなど経年変化ですから、賃借人が故意に消耗したことにはなりません。

通常の住み方をしている範囲で起きた劣化や変化については大家さんがやるべき範囲のことで、賃借人が負担するべき必要はないわけですね。といってもどこまでが経年劣化なのかは、あいまいな部分があります。

だからこそ、入居前の段階で物件の現状を写真に撮っておくことが重要になるんです。

【写真撮影・大家さんと一緒にチェックしてリスト作成】

賃貸物件退去時の、原状回復のトラブルを未然に防ぐためには、新居での生活を始める段階で現状を確認しておくことが大事です。写真撮影をしたり、入居前に大家さんと一緒に新居に入ったりして、大きなキズや汚れなどを一緒にチェックしましょう。

このときチェックリストを作っておくと、後々のトラブルのタネを減らせます。お引越し前や当日は忙しいのですが、必ず事前にチェックしておくようおすすめします。

12月の引越しは年末までが理想

2018-10-22

お引越しの時期は選べないことがおおいでしょうが、12月にお引越しする場合は、年末までに引っ越すか年明けまで待つべきか、迷うところです。ほんの数日の差ですが、どちらが良いのでしょうか?

【格安引っ越し希望なら、12月中に引越を】

年末のお引越しと年明けすぐのお引越し。どちらがいいとは断言しにくいのですが、年末までに引っ越すとコストカットになりやすいという点があります。

引越し業界の繁忙期は1月から始まります。1月からじわじわとお引越しの相談・ご予約が増え始めて、2月中旬ごろから一気に大繁忙期に入っていくわけです。

そのため、たった数日の差であっても、12月ちゅうのお引越しのほうが、料金がお値打ちになります。一概にいくらの差額が出るとは言えませんが、目安として5000~6000円ほどは年始の方が高いと覚えておかれるといいでしょう。

格安で、お値打ちに引越したいとお考えなら、12月末までの予定で調整するのがおすすめです。

【年始は引越し会社も休み】

つぎに、年始は引っ越し業者が休みになるというデメリットがあります。

年末はお客様のご依頼も多いため、ほとんどの引越し会社が年末ぎりぎりまで営業をしています。しかし翌日の元旦となると、さすがに引越し会社もお休みに入り、年始の2日までは引越し対応をしていないところが多くなります。3日目から、ようやく動き始めるという感じです。

たった2日のお休みですが、企業の多くが年明けの4日・5日から仕事が始まることを考えると、お引越し後のお荷物の整理がとても大変です。1月3日にお引越しをされた場合であっても、お荷物の片付けに1~2日しかないことになります。

年末にお引越しを済ませておけば、仕事始めまで4~5日の猶予があり、余裕をもって年始に出社が出来ますね。

【年末引越しで、新年を新居で】

年末のお引越しはあわただしいと感じるお客さまもおみえですが、いずれにせよ、年末はあわただしいものです。日程を調整できるなら、なるべく年末にお引越しを済ませて、お正月は新居で迎えられるのが良いでしょう。

ただし年末のお引越しはやや混みあう傾向にありますので、お早めにLIVE引越サービスにご相談ください。

Newer Entries »

Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.