学生寮への引越し、気を付けたい事

2019-01-25

さて2月初めの時点で、もう春からの大学が決まっている学生さんもいらっしゃることでしょう。まずはおめでとうございます!!

今後の大学生活に当たって、遠方の大学のために学生寮へ入学しようと思っている学生さんもおみえでしょうが、学生寮へのお引越しは、民間のアパートや学生用マンションに引っ越すのと違ってちょっとした注意が必要です。

少なくとも、次の2点は覚えておくといいですよ。

【引越し期間・作業ができる時間帯が決まっていることがある】

学生寮へのお引越しで注意すべきことは、引越し期間・作業時間が決まっていることがある点です。というのも学生寮には大勢の学生さんが生活していて、3月になったからといって、すべての学生がお引越しをするわけでなく、そこに住んでいる学生さんがいるからです。

退寮・入寮で入れ替えがあるとはいえ、2年生・3年生はそのまま寮で生活をしています。その状態の中へ新しく引っ越していくのですから、新しい入寮生が時間もお構いなしで、バラバラとやって来るのでは困ります。

学生寮のなかには入寮の引越し期間や作業時間帯が決まっているところもあり、なるべく決まった期間内に荷物を運びこんで引越しを済ませることになります。引越し期間や時間帯は学生寮の管理部に教えてもらえますので、事前にきっちりスケジュールを把握しておくことが大事です。

【持ち込める荷物のサイズが決まっていることがある】

学生寮では共用するべきものと、個人で持ち込むものが決まっています。居室の机やベッドなど大型の家具は備え付けになっていることが基本ですし、洗濯機も共用。

食事は寮で食べることができますから、自炊道具もいりません。着替えや勉強用具など身の回りのものだけを持って行けばいいので、荷物は必要最低限で済みます。

どれくらいの荷物を持ち込めるのか、必要なものは何かなども、学生寮の管理部で教えてもらいましょう。

【学生寮は費用が安い!ルールは守ろう】

あたらしく家電や家具を購入しないでもいいので、新入学当初は学生寮に入っておくと初期費用の節約になります。ただし学生寮は共同生活ですから、引越しの期間や持ち込んでもいい荷物のサイズや量を確認して、きちんと守るようにしましょう。それだけのことで、入寮後の生活もスムーズになりますよ。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.