学生寮から退寮の引越し、やっておくべき事

2019-01-25

春は新生活のスタートの季節です。大学生の皆さんにとっても、新しい生活が始まる時ですね。卒業・就職のために住み慣れた大学の学生寮を離れる方がおおいのも、2月のお引越しです。

それでは、学生寮から退寮するときに、やっておくべきことは何があるでしょうか。各大学・学生寮ごとに違いはありますが、この2点は、まず確認してから引越し準備を始めましょう。

【退寮のための、書類手続き】

学生寮を退寮するにあたっては、まず書類手続きが必要です。たいていの学生寮では「退寮届」などの書類の提出が義務付けられており、口頭だけで退去することはできないようになっています。

とくに2月3月の年度終わりには、退寮する卒業生は在校生の人数を把握することで、4月から迎え入れる新入生の人数が決まって来ることもありますから要注意。退寮が決まり次第、はやめに大学寮の管理部と連絡を取り、必要な手続きを済ませておきましょう。

大学によっては、退寮の○○日前までに退去を申し出ること、などと期日が決まっているところもありますので、早め早めに手続きをしておくのが大事です。

【不用品の処分方法】

たかが学生の引越しだと思っても、いざ荷造りを始めてみると意外とたくさんの荷物があったことに驚くかもしれません。とくに大学生活のほとんどを学生寮で暮らした学生さんなどは、想像以上の荷物があります。

そして4月以降の新生活がどんな形であれ、学生時代に持っていたもののほとんどが不用になることも共通しているんです。それでは、この不用品をどうするのか。

小さなものは、片づけをしながら少しずつ可燃ごみ、不燃ごみとして処分していきましょう。このとき、まとめて大量のゴミを出すのはマナー違反です。

あまりにも大型の不用品や大量の不用品については、自分で自治体の管理するごみ処分場へ持って行くか、専門業者に引き取りをお願いしましょう。

【LIVE引越サービスでは、学生さんの引越し+不用品処分もOK】

引越しの支度だけでも大変なのに、不用品の処分にまで頭がまわらない…なんて方は、お引越しと同時に、LIVE引越サービスへ不用品引取りのご相談をどうぞ。大量の不用品も格安でお引取りいたしますので、ご安心ください。もちろん学生さんの単身引越しも格安でお受けしております!


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.