大学が決まったら2月中に引越しするのもオススメ

2019-01-28

大学受験というのは、試験を受ける学生さんはもちろん、それを支えるご家族にとっても大変な試練です。無事に大学合格が決まったとしたら、これはもう喜ばしいもの。

とくに早めに大学が決まっていると、4月からの新居の物件探しを本格的にしている頃でしょうか。大学が決まったら、お引越しそのものは2月ちゅうに済ませてしまうことが大事です。

【2月末までと3月では引越し料金が違う!】

一般的に3月は引越しの繁忙期であって、お引越し料金が高くなるということはよく知られています。実際にどれほど高くなるのかについてはケースによってさまざまですが、目安として最低でも通常料金よりも2~3万円は高くなるとお考え下さい。

正確なお見積り金額は、引っ越し荷物の量やご希望のお引越し日、新居までの距離などが関係してきますのではっきりしませんが、かなり高額になるという覚悟は必要です。

もっと困ることは、3月に入ると一気にお引越しの相談件数が増え、ご希望のお引越し日がご予約いただけないこともあります。それどころか、3月中の引越しはもう絶対にむりだと言われて「引越し難民」となってしまうケースも見られます。

2月末まではまだゆとりがございますので、お引越し日をずらせるお客さまは、2月中に引越してしまいましょう。

【少し早く引っ越すだけで、大学生活をスムーズにスタートできる】

2月末に引越せば、大学生活が始まるまでにたっぷり1か月の余裕があります。そんなに長い期間、いったい何をするんだ?と思うかもしれませんが、初めての一人暮らしならお料理や洗濯と言った家事に慣れるのに時間が必要ですし、新居周辺の状況を把握するのにも1か月くらいはかかります。

大学が始まるまで1か月もあると思うのですが、実際に過ごしてみるとあっという間です。そして1か月早く大学のそばで暮らすことで、4月からの学生生活がスムーズにスタートします。

【1か月早く引っ越すメリットを計算してみよう】

ただし、1か月早く引っ越すとなると、お家賃も1か月分余分に払わなくてはなりません。負担があるように感じますが、3月以降のお引越し料金や1か月分の準備期間について考えると、メリットもかなり大きいものです。

すでに大学が決まっている新入生さんは、ぜひ2月末までのお引越しをご検討ください。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.