2019年3月のお引越し、引越し料金が高いと思われる日はいつ?!

2019-01-29

3月は引越し業界の大繁忙期。月はじめからすでに予約で込み合い、お引越し料金もじわじわと上がっていきます。

いろいろな事情で、どうしても3月ちゅうにお引越しをしなくてはならないというお客さまにとっては、「3月で引越し料金が一番高い時期はいつだろう?」ということが気になると思います。

そこで、2019年3月のお引越し、引越し料金が高いと思われる時期と目安額をご紹介します。ハイシーズンをはずせば、3月でも十分お値打ちなお引越しができます!

【3月最終週+前後の週末は、超高値ウィーク】

まず3月でもっともお引越し料金が高くなるのは、最終週+前後の週末をふくむ10日間です。2019年でいうと、3/23日から31日までが最も高い時期ですね。

さらに3/21の祝日(春分の日)が木曜日にありますので、実質、3/21からハイシーズンになるというわけです。月初から順番に上がっていきますが、最後の週の料金は非常に高くなるので、できれば避けたいところです。

もちろんそれ以前も3月ですから料金は上がっています。二番目に高いのが3/15(金)から3/20までです。

【月初でも、通常料金+2~3万円】

それでは、3月の引越し料金は一体どれほど高くなるのか。料金の目安で言うと、月初は少なくとも通常料金よりも2~3万円アップになると考えておきましょう。

さらに中旬になると「通常料金+2~3万円」の1.3倍になり、最終週をふくむ10日間では、中旬料金よりも1.5倍になります。だいたい3月初旬よりも2倍ていどの金額です。

これを考えてみても、おそくとも3月10日くらいまでには引越しを済ませておくのがおすすめです。もっといえば、2月末日までに引越しを済ませられれば、引越し料金はそれだけでかなり節約できるということになります。

【2月末までに引っ越すことが節約に】

2月28日と3月3日。たかが数日の差でもう引越し料金が2~3万円も上がり、その先はなかなか料金が下がることがありません。4月の半ばになるまで非常に高い時期が続きますので、多少でも早くお引越しを済ませてしまうといいですね。

いざ3月引越し!という時には、ぜひともLIVE引越サービスにご相談ください!


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.