2月, 2019年

便利なネット銀行、住所変更手続きはしなくていい?

2019-02-28

最近はたいていの手続きがネット上でできるようになりました。ライフラインの住所変更手続きなども、ネット+郵送で終えられるため、忙しい引越し準備の途中でも隙間をぬって手続きが完了します。便利ですね!

では、金融機関の手続きはどうでしょうか。とくに実店舗のないネット銀行の場合、住所変更手続きは必要なんでしょうか?

【ネット銀行でも引越し後は、住所変更の手続きを!】

結論としては、ネット銀行でも住所変更の手続きは必要です。ネット銀行は、実際の店舗を持たずに運営しているところが多く、ほとんどの手続きはネット上で完結します。これが非常に大きなメリットで、住所変更の手続きも、たいていはネット+必要書類の郵送で済ませられます。

たとえば住信SBIネット銀行では転居時の住所変更はサイトで必要事項を入力して送信、その後に変更届を郵送して完了します。住所変更のみの場合は、契約状況によってはネット上の必要事項入力だけで完了しますから、時間もかかりません。

深夜でも早朝でも、いつでも手続きができるのはありがたいですね。

【変更手続きをしないと、利用に制限がかかることもある】

ネット銀行は実店舗があるわけでもないし、住所変更なんてしなくてもいいのでは?と思うかもしれません。たしかに、お引越しをしたあと直ちに住所変更をする必要はありませんが、転居後にずっと変更しないままだと不都合が生じてきます。

たとえば、ネット銀行からの郵送物が「転居先不明」となって金融機関に戻ってしまうと、住所変更手続きが完了するまでのあいだ取引に制限がかかることがあります。またネット銀行の取引画面にログインした時に「住所変更手続きのお願い」をされることもあり、放置してあるとやはり口座の利用に制限がかかります。

【転居後の1か月くらいで手続きを完了しましょう】

ネット銀行の住所変更は、転居後ただちにすべし!というほど緊急性のあるお手続きではありません。それでも、やらないと不都合が出てきます。後回しにしておくと忙しさに紛れて忘れてしまう危険性も高いので、転居後1か月くらいを目安にして手続きを終えておきましょう。

3月ちゅうのお引越し相談は、そろそろ大詰めです

2019-02-28

今年もいよいよ3月のハイシーズンがやって来ました。いわゆる「繁忙期」というもので、日本中の引越し会社が一年で一番忙しくなる時です。

LIVE引越サービスにもたくさんのお引越し相談があり、ご予約が難しいお日にちもあります。少しでも早くご相談ください。

【3月16日から4月7日はハイシーズン】

当社サイトを見ていただくと、トップページに「お引越しお得日(関東首都圏版)」とうカレンダーがあります。こちらには直近3カ月のご予約状況を随時反映させておりますが、3月のカレンダーには「ハイシーズン」という時期がございます。

これが、一年で一番こみあう超絶繁忙期に当たります。2019年は3月16日(土曜)から、4月7日(日曜)までが、ハイシーズン。

ご予約が大変むずかしくなりますので、とにかく一度ご相談ください。

【ハイシーズン中は搬入時間限定のお引越しは困難】

また3月のハイシーズン中は、お引越し荷物のお届け時間が決められている新築マンションへのお引越しは、お受けすることが難しい状況です。

新築マンションは大勢の入居者がいるために、同日・同時刻にお引越しが集中すると大変なことになります。そこでお引越し日をばらして、お荷物の搬入がスムーズにいくよう配慮がされているのです。

しかし3月のハイシーズン中はいろいろな事情から、お荷物の到着時間を正確に予測することはかなり難しくなります。そこでLIVE引越し会社では、まことに申し訳ございませんが、初めから入シーズン中の到着時間指定のお引越しはお断りさせていただいております。

勝手ではございますが、なにとぞよろしくお願いいたします。

【一日も早く、ご相談を】

どうしても3月中にお引越しをしなくてはならない!というお客さまは、どうぞ、1日でも早く御連絡ください。LIVE引越サービスでは「引越し難民」が出ないように誠心誠意、努力してまいります。

みなさまのよき新生活のためにLIVE引越サービスもサポートさせていただきます!

女子学生さん、初めての単身引越しで気を付けるべきはここ!

2019-02-27

大学進学と同時に、初めて実家を離れて一人暮らしを始めるという女子大生さんは多いでしょう。初めての一人暮らしはどうしたらいいのかわからず、心配も多いと思います。

そこで、初めての単身引越しで気を付けることを3点ピックアップしました。参考になさってください。

【物件決めは治安を最優先】

女性の一人暮らしで重要なのは、治安です。どんなに駅に近くても周囲の治安があまりよくないところでは、一人暮らしは避けたほうがいいでしょう。

そしていろいろな賃貸物件を見て回る時に、昼間の様子だけで決めてしまわないことも重要です。昼間は人通りもあってにぎやかだと思える場所であっても、お夜になるとひっそりしてしまう住宅街や、大通りから一本入っているだけで街灯が少なくて危ないという場所もあります。

賃貸物件のチェックは、必ず夜もおこないましょう。

【女性の一人暮らしだとわからないようにご挨拶】

女性の場合は、一人暮らしであるということはあまり知られないほうがいいものです。そのため新居のご近所に挨拶に行くときでも、必ず男兄弟や父親と一緒に行くようにすると安心です。

もちろんお母さんでもいいのですが、女性の二人暮らしだと思われるのもあまりおすすめできません。挨拶に行くときも最小限のことだけを話して、一人だと言うことは絶対に分からないようにすることが大事です。

【夜の安心のために、カーテンはかならず持参】

引越しの時につい忘れてしまうのが、カーテンです。家具付きの賃貸物件の中には最初からカーテンがついているお部屋もありますが、基本的にカーテンは自分で買うものです。

そして引越し当日にカーテンがなければ、夜から困ることになります。一晩くらいならシーツなどで代用ができますが、できればカーテンだけは必ず引っ越し荷物の中に入れておきましょう。

また窓のサイズは物件ごとに微妙に違います。カーテン購入のためにも、内覧時などにサイズをはかっておくといいでしょう。

ワクワクの一人暮らし、きっかけは何でしょうか

2019-02-27

若い頃は男性でも女性でも、一度は1人暮らしに憧れるものです。社会人になるタイミングだったり再額に入学するタイミングだったりと、一人暮らしのきっかけはさまざま。

一体、どんな理由で一人暮らしを始めるものなのでしょうか。

【大学進学、就職、転勤などで一人暮らしスタート】

一人暮らしスタートのタイミングでもっとも多いと思われるのは、大学への進学や在学中に通学のためにアパートなどへ引っ越すというもの。大学進学が初めての一人暮らしだったという人は意外と多いのです。

一人暮らしを始めたとはいえ、卒業後に実家に帰った人もいますしそのまま一人暮らしを続ける人もいます。反対に大学の在学中は実家から通い、就職時に引っ越して一人暮らしを始めたというケースもありますね。

仕事関係では転職や単身赴任などで一人暮らしを始めたという理由が多数派。仕事上の引越しは時期も場所も選べないことが多く、やむなく一人暮らしを始めたという方も少なくありません。慣れないうちは大変ですね。

【男性は仕事のために、女性は自立したいために一人暮らし】

一人暮らしの理由には、男女差もあるようです。男性の一人暮らし理由は「仕事のため(転職・転勤)」というものが多いのですが、女性の場合は「自立したい」というもの。女性の一人暮らしは、仕事以外の割合も高そうです。

就職してお給料が入るようになったので、あえて実家から出て一人暮らしを始めた人もいますね。男性の1人暮らし理由が仕事上の避けられない引越しであるのが多いのに比べると、女性の一人暮らしは割合から言って「自立したい」「自活してみたい」というアグレッシブな理由が多いのは面白い傾向です。

【一度は一人暮らししてみたいかも?】

意外と多い一人暮らし経験者。いずれ結婚したり実家に帰ったりと、以前の生活に戻ることもあるでしょう。とはいえ、一人暮らしは経験しておくといいことかもしれません。

一人暮らしのお引越しは、格安プランのあるLIVE引越し会社へどうぞ。とくに大阪―東京間の単身引越しプランは、引越し業界でも最安値クラスでご提案しています。

お引越しの荷造り、全部自分でやっていますか?

2019-02-26

お引越しにはたくさんの作業が必要ですが、何よりも大変なのが、荷作りと新居での荷ほどきです。では、この大変な作業を、どれくらいの人がすべて自分でやっているのでしょうか。

最近では荷造りや荷ほどきをやってくれる引越し会社も増えてきました。利用している人の割合などが、気になりますね。

【引っ越し経験者の約3割が、荷造りを引越し会社に任せたことがある】

ある調査によれば、荷作りや本格的な梱包を引越し会社にまかせたことがある人は、約30%にのぼるそうです。その内訳を言うと、荷作り全部をそっくり引越し会社にまかせている人は4%、荷作りの一部を自分・もしくは家族がやって残りを引越し会社にまかせた人は26.6%です。

もちろんすべての荷造りを自分・もしくは家族がやったという人は69.1%いますから、こちらが一般的だということになります。とはいえ3割ものひとが引越し会社の荷造りサービスを利用した経験があるというのは、ちょっとおどろく数字ですね。

【サービス利用者は、男性が約37%】

一部であっても引越し会社の荷作りサービスを利用したというひとには、男女差があるようです。男性のうち約36.7%がサービスを利用、女性は約24.4%が利用しています。男性と女性のあいだには差があり、男性は約3人に1人、女性は約4人に1人という割合になります。

LIVE引越しサービスでも、荷造りサービスをおこなっています。オプションとして「荷造り・荷解き(ラクラク)」サービスがあり、料金は10,000円からお受けしております。

荷作りのすべてを依頼するのはちょっと…と思われる方は、ごく一部の荷作りだけでも頼まれてはいかがでしょうか。たとえ一部でも任せられると思うと、気が楽になりますよ。

【荷作りサービスの利用で、時間も気持ちも余裕に】

お引越し前は手続きや新居・旧居の片付け、掃除などなどやることがたくさんあります。荷造りの一部だけでも頼むと、時間にも気持ちにも余裕ができます。ゆとりがあればお引越し後の生活もゆったりと始められますね。

2019年3月の学生引越しはLIVE引越サービスへご相談ください

2019-02-26

学生さんのお引越しもいよいよ大詰めですね。とくに遠方から大学入学のためにお引越しをなさる新大学生のみなさん、物件探しや荷作りが大変なことでしょう。ところで、引越し会社は決まりましたか?LIVE引越し会社は、学生さんのお引越しをつねに格安で応援しております!

【学生さんの新生活にはお金がかかる…】

学生さんのお引越しには引越し代がかかります。そして引越し代以外にも、新居の契約費用に家具や家電購入代金、日用品までを、親御さんが一式すべてそろえなくてはなりません。そう考えると、引っ越し代金を節約するのはとても重要なことになってくるのです。

とはいえ、3月は引越し業界の繁忙期です。お引越し件数が多いので、普段ほどは格安にするのは難しい時で、繁忙期の長距離引越しの料金は通常期の2倍以上の料金になるとも言われています。

しかしなかには繁忙期でもちゃんとお値打ちにお引越しができる会社もあります。そして格安引っ越しと言えば、LIVE引越サービスなんです。

【荷物を減らして、引越し料金を下げましょう】

繁忙期のお引越し料金を少しでも安くするには、格安の引越し会社を探すこと。そしてお引越しの荷物を減らすことです。

さいわい、これから新生活を始めようという学生さんはいろいろなものをこれから買いそろえるときですから、新居の近くで購入すればお引越し荷物を減らせます。お荷物が少なければ、料金も安くなりますね。

学生さんのお引越しの場合は、家電などをレンタルする親御さんもみえます。テレビや電子レンジ、洗濯機など生活に必要な家電をそっくりレンタルすることで購入資金を節約し、卒業時はレンタル家電を返却することで身軽にまたお引越しができるというわけです。

【同じ荷物量・同じ距離でも安い引越し会社を捜しましょう】

学生さんのお引越しは、なるべく安くしたいというのが親御さんの気持ちでしょう。同じお日にち同じ距離のお引越しでも、引越し会社によって金額が大きく変わります。

お見積りの際には、ぜひLIVE引越サービスにご相談ください。

3月に千葉から横浜へ単身引越しされた新社会人のアンケート

2019-02-25

今回は、4月に大千葉から横浜へ単身引越しをされた新社会人のお客さまからのアンケート結果から一部を抜粋してご紹介いたします。社会人ともなると引越し業者を選ぶ目も厳しくなります。

評価される側としてLIVE引越サービスも鋭意努力いたします。。

【ご利用のきっかけを教えてください】

お客様へのアンケートには、なぜLIVE引越サービスをお選びになったか?という質問がございます。こちらのお客さまからは「指定業者だったため」という回答をいただきました。

「指定業者って何?」と不思議に思われるかもしれませんが、実はLIVE引越サービスは法人様と契約を結んで、社員さんの転勤や単身赴任にともなうお引越し作業をすべてお引き受けしているケースがあるのです。

当社が指定業者になっていれば社員さんは引越し会社を探す手間もなく、会社側はまとめて契約できるので窓口が一本化して作業が楽になります。LIVE引越しとしてもたくさんのお引越しを担当させていただくのでディスカウント料金をご提示できるという、いろいろな面で便利でお得なお引越し方法です。

【価格とクチコミでも高評価】

ほかにもアンケート結果では、LIVE引越サービスを選んだ理由として「価格が手頃」と「周囲の評判が良い」という回答をよくいただきます。非常にうれしい評価ですね。

そもそもLIVE引越サービスは大阪の格安引っ越し会社として実績が多数ありますから「価格が手頃」という理由を上げていただくことは、嬉しいことなんです。もちろん「周囲の評判が良い」も貴重なご意見。

クチコミから当社を知っていただくこともあり、それがリピーター様につながるという流れなのです。

【安くて評判がいい引越し会社を目指して】

安くて評判がいいというのは、引越し会社としては重視すべきアンケ―ト結果です。お客様にご満足いただけるよう、LIVE引越しサービスはより一層の努力を続けてまいります。

新社会人の引越しは特にお早めに

2019-02-25

この春から新社会人となられるみなさま。まずはご就職、おめでとうございます!いよいよこれから社会人としての第一歩を踏み出す皆様に、LIVE引越しサービスからお役に立つアドバイスをひとつ差し上げましょう。

それは「新社会人のお引越しこそ、お早めにしましょう!」ということです。

【社会人のお引越しは、期日厳守で】

新社会人となると、就職先によってはお引越しが必要になります。仕事が始まるのは4月からだから3月半ばに引っ越せばいいか、とのんびりしていると、引越し会社が見つからないという困った事態になりかねません。

会社の都合で配属先がぎりぎりまでわからずまだ引越しはできない、という方もお見えでしょうが、とにかく早めの引越し準備がだいじです。引っ越し先が分かった時点ですぐに引越し会社に相談、予約して日にちをおさえるという素早い動きが、引越し後の新生活にも大きく影響してきます。

社会人である以上は、決まった日から出勤して仕事を始めねばなりません。学生のように「しばらくは実家から通えばいいや」というようにのんびりしていられないのが、新社会人のお引越しなのです。

【早めの予約、早めの準備】

2018年の春には、引っ越したいのに引越し会社が見つからない!という「引越し難民」が登場しました。ほんとうはこんなことがあってはいけないのですが、3月は学生さんも社会人もみんなが一斉に引越しはじめる時期です。

3月・4月は、引越し業界の「繁忙期」です。引越し会社のキャパシティ以上にお引越しをされたいお客様が多い時期ですから、早く動いて確実に引越し会社を予約しておきましょう。

社員寮へ入ることが決まっているお客さまは、会社に問い合わせてお引越しの詳細を確認することも大事です。お荷物の搬入日時が決まっていることもありますから、要注意ですよ!

【LIVE引越サービスは、新入社員さまのサポーター】

いよいよこれから独り立ち。若い新入社員さまの新生活のサポートは、より良いサービスの格安引越し会社、LIVE引越におまかせください。

引越し手続きについて2019!【決定版】

2019-02-22

初めてお引越しをするという人にとっては、各種手続きは複雑で、よくわからないことも多いでしょう。そこで今回は、これだけややっておこう、という「お引越し手続き決定版」とご紹介します。

何はともあれ、この3つはお忘れなく!

【役所の手続き】

役所の手続きは各種ありますが、次の3つだけは必ずやりましょう。

1.転居届(同一市区町村へ引っ越す場合)
2.転出・転入届け(他市区町村へ引っ越す場合)
3.マイナンバーの住所変更

手続きをするタイミングですが、引越し前にする「転出届」は引越し前1~2週間がめやすです。引越し後にある手続き(転居・転入届け、マイナンバー)は、引越し後2週間以内に役所でおこないます。

役所の引越し手続きのなかには、2週間以内にやると決まっているものもあります。忘れないようにしましょう。

【金融機関の手続き】

引越しの手続きで意外と忘れやすいのは、金融機関の手続き。銀行口座とクレジットカードの住所変更です。

銀行の住所変更は、引越し後ただちにやるべき手続きではありませんが、やっておかないと「転送不要郵便物」になっているものが届きませんし、「転送不要郵便物」が「宛先不明」として銀行に戻ってしまうと、ATMの出金サービスなどに制限がかかることもあります。

引越し後も手続きなしのままでしばらくは不自由を感じないでしょうが、なるべく早めに住所変更をしておきましょう。

【ライフラインの手続き】

電気・ガス・水道といったライフラインの手続きは必須です。ガスなどは開栓工事に業者を依頼することになりますので、あまり遅くに連絡をするとお引越し当日に使えない!という困った事態になります。遅くとも、引越し当日の1週間前までに手続きをしておきましょう。2週間前なら理想的ですね。

ちなみに、ライフライン3つのうち、一番困るのはガスです。ガスは新居と旧居で使えるガスの種類が違うこともあり(プロパンガスと都市ガスなど)、手続き完了までに時間のかかるものもあります。

またガスの開栓は必ず業者がやりますので、年末の混みあう時期などは手配が間に合いません。こちらも2週間前に手続きしておきましょう。

4月に大阪から東京へ単身引越しされた新大学生のアンケート

2019-02-22

今回は、4月に大阪から東京へ単身引越しをされた大学生のお客さまからのアンケート結果から一部を抜粋してご紹介いたします。LIVE引越サービスでは、お引越しサービスを利用されたお客さまから直接、ご意見やご要望をお聞きしたいと、公式サイト上に「満足度アンケート『引越しを終えて』」をのせております。

アンケートの結果をいただき、よりよいお引越しをお客さまに提供できるように努力しております。

【引越しの説明】

こちらのお客様のアンケート結果では、「引越しの説明」という項目に「とても満足」という回答をいただきました。これは、当社スタッフがお引越し前にお客様に対してするご説明のことで、実際にご利用いただくお引越しサービスの具体的な詳細についてご不明な点がないようにしております。

はじめてお引越しをされる方、LIVE引越サービスを初めて利用されるお客様にとっては非常に重要な説明だということで、当社ではできる限り詳しく、ていねいに説明をさせていただきます。その結果、梱包や解梱のオプションサービスを有料にてご依頼いただくこともありますし、説明後にお引越し荷物を見て利用プランの変更をご相談いただくこともあります。

これからご利用いただくお引越しサービスの内容をお客様にご理解いただくことは、お客様にとっても当社にとっても、重要な事なのです。

【引越しのプロによるアドバイスは具体的で貴重】

お引越しのご説明時に、お客様からいろいろなご質問をいただくことがあります。単身引越しプランで言えば、実際に運べるお荷物のサイズや量はどれくらいになるのか。何を運べて、何を運べないのか、などです。

こういった細かいご質問は実際に荷作りなどを始めてから出てくることもあり、その場合は、LIVE引越サービスにお電話などでお問い合わせいただければご回答いたします。引越しのプロによる具体的なアドバイスは意外とお役に立っているようで、後からお礼のコメントをいただくこともあります。

【ご意見ご要望欄のコメントは、超重要】

こちらの学生さんからは、最後の「ご意見ご要望欄」にて、事前の説明およびアドバイスがとても役に立ったと言っていただきました。引越し会社のサービスはお引越し当日だけでない、ご相談をお受けしたときから始まっています。

どうぞ、ご不明な点はいつでもお尋ねください。

3月に東京へ単身赴任された50代会社員のお客様の声

2019-02-15

今回は、3月に東京へ単身赴任された会社員のお客さまのお声をご紹介いたします。突然の単身赴任ということで、お引越し準備のお時間が短くてご苦労されたようです。そんななか、LIVE引越サービスをご利用いただき、ご満足されたようです。

お客様の声

このたびは、東京への単身赴任引越しを完了していただき、ありがとうございました。簡単ながら手紙にて謝意を表したいと思います。

とにかく突然の単身赴任で、東京本社へ移るまでに1か月もないという忙しさのなかで、身の回りの荷物だけを運んでもらえればいいからということで、家内が引越し会社を探し始めました。これまでに長距離の引越しを経験したことがなく、したがってどのように準備をしたらいいのか、引越し会社はどこがいいのか、なにもかもわからないまま出発いたしました。

3月はどこも引越しが混んでいるということは聞いておりましたが、他人事のように感じていました。ところが引越し会社を探し始めてみて、どこもかしこももう一杯。予約さえできないという事態で、あぜんといたしました。

それでも3月中に引越しをすまさねば仕事に支障が出る。最悪の場合は東京でしばらくウィークリーマンション暮らしかと覚悟しておりましたら、御社に運よく空いている日があり、お願いできました。混載便という安いタイプの単身引越しがありましたので、それで予約。

ただ引越し日までの余裕がまったくなく、怒涛の勢いで荷作りだけいたしました。なるべく早く荷造りを終えたいということで、荷物の数がとても少なかったのが、よかったのかどうか。

引越しの日はものすごい速さで荷物が積み込まれて、東京での受け取り時も驚くべき速さで完了しました。御社の引越しスタッフはレベルが高いですね。

おかげで東京での仕事も順調に進み、半年の単身赴任も予定通りに終わりそうです。東京から引き払う時も御社にお願いしますので、よろしくお願いいたします。

3月に神戸から東京へ単身引越しされた新大学生のアンケート

2019-02-15

今回は、3月という繁忙期に神戸から東京へ単身引越しをされた新大学生のお客さまからのアンケート結果から一部抜粋してご紹介いたします。

関西エリアから東京への単身引越しには、LIVE引越しサービスが自信をもって打ち出している、格安引っ越しプランがございます。引越し業界でも最安値クラスですので、お値打ち引越しをお考えの方は検討なさってはいかがでしょう。

【当社での引越しは総合的にいかがでしたか】

当社が、お引越しサービスをご利用されたお客さまにお願いしている「お客様満足度アンケート『引越しを終えて』」では、総合的な評価もお願いしております。受付の対応や見積り金額、社員のマナーや引越し当日のスタッフの対応までこまかくお尋ねした後に、最後に「総合的に見ていかがでしたか?」とお聞きしています。

こちらの新大学生のお客さまからは「とても満足」という回答をいただきました。他の項目においては、ご意見をさまざまにいただき、当社としても今後の参考にさせていただけることが多かったのですが、総合的に見ると「とても満足」だったというご意見でした。

当社スタッフや当日のスタッフそれぞれが努力し、総合的に「良い」という評価をいただけると、とても励みになります。

【今後も利用したいと思いますか】

こちらの質問には「利用したい」と、ご回答いただきました。新大学生さんのお引越しというのは今後ながくお付き合いが続くことが多く、当社としてもお客さまのご満足度が非常に気になるところです。

大学卒業時のお引越しはもちろん、在学中のお引越しなどもご相談いただくことが多く、長いお付き合いの方となると就職後のお引越しや転勤時のお引越しをご用命いただくこともあり、嬉しい限りです。なかにはファミリーになってからのお引越しをうけたまわることもあります。

長いお付き合いができるのは、LIVE引越サービスが本社・支店とも、地元密着型の営業を続けてきた結果だと考えております。

【ご満足度が高ければ、口コミにつながります】

LIVE引越し会社は、お客様のご満足度をとても大事にしております。いい引越サービスを提供できれば、お客さまはまたLIVE引越サービスを利用してみようとお考えになる。ご本人様はもちろん、場合によっては周囲の方にもすすめていただけるからです。

お客様とのつながりを大事にして、これからも努力してまいります。

« Older Entries

Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.