3月, 2019年

お引越し時、これだけは自分でもって移動しましょう

2019-03-29

お引越しの時、家具や衣類などはトラックに積んでしまいますが、他のものもすべて引越し会社に預けてしまってもいいものでしょうか?

じつは「これだけはご本人・ご家族様でお持ちください!」というものもあります。今回はそのうち最重要と言えるもの3点をピックアップ。とにかく、この3つはご自分で運びましょう!

【現金】

最近はキャッシュレスで、クレジットカードやスマホ決済をしている方も多いでしょう。とはいえ、まだまだ現金でなければ困る場面もあります。

お引越し当日は、多少の現金を用意しておくと安心ですね。新居への交通費や当日の食事代など、意外と現金が活躍する場面が多いのです。

もちろん、現金は引越し会社がお預かりすることはできません。ご本人さまがお持ちください。防犯の意味でも、お引越し最中はかならず身に着けておきましょう。

当日受け取った領収書なども、一か所でまとめてしまっておくと安心です。

【印鑑・通帳・有価証券・貴重品は自分で】

貴重品類もご自分で管理されるのが鉄則です。印鑑や通帳、カード類などお金関係のもの、宝石や骨董品など破損や紛失しては困るものは、やはりご自分で運ばれるのがいいでしょう。

引越し会社も梱包はいたしますが、何が起きるかわからない部分があるのがお引越しです。万が一破損した場合の保険があっても、ご自分で運ばれるのが一番です。

貴重品類はまとめて一つの箱やカバンに入れて、自分もしくは家族が管理するようにしましょう。

【新居の鍵】

これも、引越し会社ではお預かりはできません。ご本人もしくはご家族で運びましょう。そして新居へはお荷物よりも先に、鍵を持った方が到着されるように手配をすることです。

新居をあける鍵がなければ、トラックと搬入スタッフが新居に到着してもお荷物を搬入できません。なにはともあれ、新居の鍵を持ったかたが、真っ先に旧居を出るようにすると安心ですね。

ご本人さまが運ばれるお荷物は、前日までに一つの荷物にまとめておくのがスムーズなお引越しのコツですよ。

これで絶対に成功する!引っ越し前日の過ごし方

2019-03-29

お引越し前はやることが多すぎて、もうパニックになりそうですね。荷作りはもちろん、役所の手続き、ライフラインの手続き、電話やネットの移転手続き…と考え始めたらきりがありません。

そして引っ越し前日になって、もうすべて準備が終わったと思っても、これだけはやっておいたほうがいい、ということがあるんです。

【荷作りの最終確認】

まずは、荷造りの最終確認をしましょう。お引越し当日は朝からおちつかず、荷造り作業はもうできない、と思ったほうがいいでしょう。

たとえ午後からのお引越しであっても、引越し当日は作業予定をいれないことがおすすめです。前夜に荷造りしたものを確認し、入れ忘れや処分するものと運ぶものの区分けが出来ているかを最終チェック。

そしてお引越し当日は朝起きてから、パジャマや洗面道具、タオル類を箱に入れて、布団を布団袋に入れるだけにしておきましょう。朝食を取り、最後の荷造りを終えて掃除をしているうちに引越し業者がやって来ます。お荷物の搬出が始まったら、あとはもう一気にお引越しが進みます。

【冷蔵庫の水抜き】

意外と忘れてしまうのが、冷蔵庫の水抜きです。お引越し前日には冷蔵庫の電源を抜いて、水抜きを始めましょう。電源を切ったら同時に、自動製氷用のタンクの水を捨てます。もちろん氷も処分。

電源を落としたらもう冷蔵庫は冷えなくなりますので、中身は水抜き作業の前に空っぽにしておきます。せっかく冷蔵庫の中がカラになったなら、内部を消毒用アルコールできれいに拭いておくのがおすすめですよ。

ふだんは食べ物が入っているドアポケットや冷凍庫内の汚れを、このタイミングですっきり掃除しておきましょう。お引越し前夜に冷蔵庫の掃除までできると、新居についてからすぐに電源を入れて冷やし始めることができます。

冷蔵庫はキッチンの最重要家電ですから、すぐに使えるととても便利なんです。

【お引越しは準備が重要!】

お引越し前夜にここまで終わっていると、当日もスムーズに進みます。引越しは準備がだいじと言われますので、事前にスケジュールとリストを作って、無駄なく効率よく作業を進めていきましょう。

新大学生さん、生活が落ち着くのは5月半ばごろ!?

2019-03-28

いよいよこれから大学生?新生活にワクワクドキドキしていると思いますが、初めての大学生活や1人暮らしに対する不安もあるでしょう。

なにごとも慣れることが一番ですが、大学生活が落ち着いてくるのは引っ越してから1カ月半くらいたった5月半ばごろなんです。

【大学1年生の前期は、夢中な時期】

4月のころはとにかく無我夢中で、大学生活も1人暮らしもこなしていくことでしょう。なにもかもわからないまま一気に突っ走って、ようやく一息つけるのが5月半ばごろですね。

初めてのゴールデンウィークを乗り越えて、ほっとしたのもつかの間、次にやってくるのはレポートと試験ラッシュ。大学1年生の最初の学期は、訳が分からないで終わってしまうというのが一般的です。

4年間の大学生活の中では、混乱している時期があってもおかしくありません。あまり気にしないで、心配なことや困ったことは先輩や友人にたずねて乗り切りましょう。

【生活が落ち着く=体調不良が起こりやすい時期】

5月半ばといういのは、大学1年生にとってはややデリケートな時でもあります。夢中で新生活を過ごしているうちに、いつの間にか疲れがたまっていることも多いのですが、夢中すぎて気がつかないことも。

積み重なった疲れが、どん!とやってくるのが、5月半ばでもあるのです。新しい環境に慣れたころは、身体に不調が出てくる時だというのを頭に入れて、あえて生活のスピードを落として調整することも覚えましょう。

そのためには、規則正しい生活が一番。早寝早起きを基本にして、3食をきちんと食べるようにすると、次第に体調も戻ってきますよ。

【学生引越しの実績の多いLIVE引越サービスへご相談を】

新生活をスタートすると思わぬことがたくさん起きて、対応に追われることもあります。スムーズな新生活のためにも、お引越しはトラブルなく済ませたいもの。

大学生さんのお引越しも、実績豊富なLIVE引越サービスにご相談ください!

学生・新社会人さんの失敗しない物件探しのコツ4つ!

2019-03-28

大学進学や就職を機にはじめての1人暮らしを始める方はとても多いでしょう。初めてのことだからわからないこと尽くしで、新居の物件探しもどうしたらいいのかお手上げ状態…。

そんな方に「このポイントを押さえておけば、上手に物件を探せる!」というコツ4つをご紹介しましょう。簡単なことですが、意外と見落としがちなんです。

【大学・職場までの距離】

毎日の通学・通勤時間は大事なもの。なるべく時間を短縮できるよう大学や職場に近い物件を探すのが第一ですが、ちょっと覚えておくといいのは「引越し後に、キャンパスも職場も移動することがある」という点です。

移動と言っても同一市内や近隣への移動の場合は、引越さなくて、そのまま通うことになります。通学や通勤がしやすいターミナル駅の近くで物件を探すのがおすすめ。

ただし、ターミナル駅付近はお家賃が高い物件が多いので、場所と家賃の折り合いのつく物件を探しましょう。

【駅から物件までの道のり】

通学・通勤となるとほぼ毎日駅まで通うことになります。ですから、自宅から駅までの道は物件選びの大事なポイントです。

距離はもちろん、自宅と駅のルート上に買い物ができるスーパーなどがあるととても住みやすいですね。新生活では自炊を使用と思っているのなら、帰路にスーパーがある・自転車で通える範囲内にスーパーがあるという観点から物件を探すのもコツです。

【コンビニの位置】

スーパーと並んで大事なのがコンビニの位置。最近のコンビニは買い物だけでなく宅急便を出したり、ネットショッピングの商品を受け取ったり、電気やガス代などを支払ったりと多様に使える便利スポットです。

徒歩5分以内にコンビニがあるかどうかもチェック項目ですよ。

【病院の位置】

病院が徒歩圏内にあるかどうかもチェックしましょう。体調が悪くなった時、1人暮らしでは自力で病院までいかねばなりません。

出来れば、徒歩10分以内のところに外科や内科のそろっている綜合病院があるといいですね。大型のドラッグストアでもいいので、体調不良の時に対応できる物件を探しておきましょう!

大学生のお引越し、4月まで伸ばすとお得に

2019-03-27

大学生のみなさん!新入学、進級おめでとうございます。さて春はお引越しシーズンで、LIVE引越サービスでは大学生さんのお引越しも数多くお受けしております。

ご相談で多いのは「新学期が始まるまでに引っ越したい」というものですが、実はこの時期、とってもお引越し料金が高いんです。格安で引っ越すには4月中旬まで待つのがベストチョイス。

ここでは、新大学生さんと在学中の学生さんに分けて、4月引越しのメリットをご紹介しましょう。

【新入学制は、4月引越しで時間にゆとりを】

新入生さんとしては、大学生活のスタートにあたりぜひとも早めに引越しを済ませておきたい。これはわかるのですが、大学の合格発表が終わってからのお引越しは時間が短すぎます。

合格発表後に物件を探して賃貸契約をし、それからあわてて引越し会社を探す。これではあまりにもバタバタしていて生活が落ち着くどころではありません。

できれば4月の新学期スタートまでは多少遠くても自宅から通い、4月の中旬にお引越しをなさるのがいいでしょう。4月は他の時期よりもお引越し料金が高いとはいえ、中旬になれば繁忙期よりは料金が安くなり、お引越し日も選べるようになるんです。

【在学中なら、絶対に4月中旬まで待って】

在学中の学生さんは、絶対に4月の中旬まで待ってからお引っ越しましょう!まず、いい物件が見つかりやすくなります。

大学周辺の学生さん向け物件は、3月末のお引越しで空いてくることが多い。もちろん退去予定をねらって、早くから契約されている物件もありますが、予想外のことで引っ越したあとの穴場物件も多いんです。4月以後の入居でいいとなると、妥協せずに物件探しができますね。

もちろん、お家賃もお引越し料金も4月以後が安くなります。大学2年生・3年生で、特に急いで引っ越す必要がない場合は3月~4月初旬の繁忙期を避けて、お得にお引越しをしましょう。

【時期をはずして、格安引越しを】

大勢の学生さんがお引越しをする、転居するというタイミングは、お家賃もお引越し料金も高い時期です。ほんの少しだけ時期をはずして、お得にお引越しをしましょう。LIVE引越サービスは、格安な学生引越しのお手伝いをいたします。

2019年GWの単身引越しはLIVE引越サービスへご相談ください

2019-03-27

引越しの繁忙期は3月から4月の初めまで。だからゴールデンウィークはもう落ち着いているだろう、と思うと、そうでもありません。

ゴールデンウィークも引越し件数は多いままですから、要注意の時期です。もし連休中に単身引越しをしたいというのなら、LIVE引越しサービスにご相談ください!

【「混載便」利用で、格安単身引越しを】

ゴールデンウィークのお引越しをお安くしたいというのなら、「混載便」のご利用をおすすめします。単身引越しプランでは「混載便」利用が一番お値打ちになるプランです。

「混載便」ではほかのお客さまのお荷物と一緒に運びますから、お荷物のお届けに多少のお日にちはかかりますが、トラックや人件費を他のお客さまと分け合うためにチャーター便よりは格安。単身のお引越し荷物が少ないお客さまなら、ゴールデンウィーク中でもお安くなりますよ。

早期予約の特典を利用する、というのも一つの方法です。ゴールデンウィーク中のお引越しは、早い段階でお引越し日が決まることが多いですね。

お引越しが決まったと同時にLIVE引越し会社に連絡・相談→見積り→予約という流れに乗っていただくとお得なことが多数ございます。いずれにせよ、ゴールデンウィーク中のお引越し予約は混みあいますから、少しでも早くご予約いただくのが安心です。

早期にご予約いただければいろいろな早期特典をご利用いただけますよ!お引越し料金がまだまだ高値のゴールデンウィークのお引越しは、格安引越しの実績の多いLIVE引越サービスをご利用ください。

【「お引越しお得日カレンダー(関東首都圏版)」もご利用ください】

連休の混み具合が知りたい…という方は、LIVE引越サービスのトップページ「お引越しお得日カレンダー(関東首都圏版)」をチェックなさってください!直近2カ月のご予約状況が分かります。

ゴールデンウィーク中であってもお値打ちな日がありますので、どうぞお気軽にご相談を。

4月に大阪から東京へ単身引越しされた新社会人のアンケート

2019-03-26

今回は4月に大阪から東京へ単身引越しをされた新社会人のお客さまの、アンケート結果から一部を抜粋してご紹介いたします。いよいよ社会人デビューということで、お金の面でも厳しい目配りをされていることがアンケート結果からもよくわかりました!

【ご利用のきっかけを教えてください】

こちらの質問には複数回答で「周囲の評判が良い」「価格が手頃」とお答えいただきました。評判がよい、というのは、ネットで当社の評価を調べてからお見積り依頼をいただいたことからの理由です。

ネットで口コミチェック後、数社の見積りをお取りになったうえで比較検討してLIVE引越しサービスをお選びいただきました。さすが新社会人、きちんと相見積もりを取ったうえで、最安値+評価の良いところという2点のポイントから引越し会社をお決めになったわけです。

引越しの費用は決して安いものではありませんから、このように相見積もりを取り、納得ができる引越し会社に依頼されるのが大事ですね。

【見積り料金はいかがでしたか】

こちらの質問には「とても満足」というご回答をいただきました。お引越し料金の面で評価をいただくのは、格安引っ越しに力を入れているLIVE引越サービスにとっては、とても嬉しいところです。

当社では引越し料金をいかに安く、いかに便利に利用していただくか、と言う点にこだわって、大阪や神戸など関西エリアの格安引っ越しを数多くお受けしてきました。ネットの口コミなどでも評価の高いLIVE引越サービスの安さを、ぜひ相見積りで実感していただきたいと思います。

【単身の格安引越しのご相談なら、ぜひLIVE引越サービスへ】

格安引っ越しで有名なLIVE引越サービス。大阪―東京間の単身引越しについては、引越し業界でもほぼ最安値クラスを実現しております。

お引越し料金にこだわりたい方は、ぜひとも一度ご相談ください。

学生引越しの手続き|完全保存版(引越し後)

2019-03-26

お引越し前後は荷作りだけでなく、いろいろなお手続きをする必要があります。忘れてはいけないのが、役所関係とライフラインの手続きです。

ここでは、お引越しのあとにやるべき手続き3つをご紹介いたしますね。とくに役所関係は新居に移ってから、手続きをするまでの日にちが決まっているものもありますので、注意が必要です。

【住民票の手続き】

新居についたら、まず市区町村役所へ行って「転入届」を出しましょう。これはお引越し後14日以内にする、と日にちが決まっています。

手続きに必要なものは、引越し前の役所で「転出届」を出した時にもらった「転出証明書」と、身分証、印鑑です。転入届は代理人でもでき、その場合は委任状と代理人の印鑑・本人確認書類が必要になります。

転入届はあまりにも提出が遅れると、手続きが有料になることもありますので、本人が出来なければ家族に代理でおこなってもらいましょう。

なお同一市区町村内のお引越しなら、転出届は不要で役所へ「転居届」を出すだけです。こちらは同一マンション内で部屋を移動しただけでも提出するものですから、わすれずに手続きしましょう。

【マイナンバーの手続き】

お引越し後には、マイナンバーカードの住所変更も必要です。こちらも窓口は新居のある市区町村の役所ですから、転入届を出すときに一緒に手続きをするのがおすすめ。

マイナンバーの住所変更では、旧住所での手続きは何も要りません。カードに新住所が書きこまれて完了になります。こちらもお引越し後14日以内に手続きをすることになっています。

【電気・ガス・水道の開始手続き】

一般的な賃貸物件なら、電気と水道はお引越しをした当日でも、窓口への連絡が出来れば利用可能です。問題になるのは、ガスですね。

ガスの使用開始に当たってはお引越し後に「開栓工事」が必要になり、ガス会社の立会いのもとで作業がおこなわれます。ですからお引越し後真っ先に行うのが、ガス会社のひとと入居者との「開栓立ち合い」です。

これはお引越し前にガス会社に連絡をして、立ち合いの日時を決める必要があります。お引越し繁忙期の3月は開栓工事も込み合いますから、早めに連絡をして新居に引越した日からガスが使えるようにしておきましょう。

ガスが使えないと、お風呂にも入れないという賃貸物件もあります。

新居近隣へ挨拶しない人も増えている (メリット・デメリット)

2019-03-25

お引越しをした後には、新居のご近所さんにご挨拶にまわる。これが一般的だと言われますが、最近では、お引越し後もあえてご挨拶をしないという方も増えているようです。

新生活のスタートにあたってご近所づきあいは欠かせないような気がするのですが、なぜでしょうか。そしてご挨拶をしないことによるメリットとデメリットとは?

【ご挨拶をするメリット】

そもそも、お引越し後のご近所へのあいさつ回りとは「このコミュニティに入ってきた新顔です。よろしくお願いします」という顔見せのようなものです。家族で引っ越してきて、新しい土地に長期間にわたって住むことが決まっている場合は、ごあいさつに回ることで新しい人間関係が始まります。

コミュニティへ積極的に入っていく姿勢を見せることで、周辺住民との関係を円滑に始められるという利点があります。いい人間関係は、最初のご挨拶が基本ですね。

とくに小さな子供さんがいるファミリー引越しなら、いろいろな情報を入手することもできるので、ご挨拶のメリットは大きいです。

【ご挨拶をするデメリット】

お引越し後にご挨拶に行くデメリットはというと、安全性の問題があることでしょう。とくに女性の1人暮らしなら、ご挨拶に行くことで1人暮らしだということが知られて、かえってリスクを高めることになりかねません。

女性専用のマンションやアパートなら問題はありませんが、そうでなければごあいさつ回りを控えたほうがいいでしょう。マンションの管理人や大家さんにだけ引越しの報告だけをすれば十分です。

ご近所さんの顔が分からないといざという時に心配だ、という場合は、引越し時に男性の家族と一緒に挨拶に行き、どんな人かを知っておくという方法もあります。

【ごく簡単な挨拶だけでもしておくのがおすすめ】

今は、災害や非常時に役立つ地域コミュニティが重要視されています。お引越し後のごあいさつ回りにはメリットもデメリットもありますが、あとあと気まずい関係にならないためにもごく簡単なご挨拶をするのがおすすめです。

GWに大阪から東京へ単身引越しされた新大学生のアンケート

2019-03-25

今回はゴールデンウィークに大阪から東京へ単身引越しをされた新大学生のお客さまの、アンケート結果から一部を抜粋してご紹介いたします。初めてのお引越し、初めての一人暮らしということで、LIVE引越サービスに、温かい評価をいただきました。

【気くばりはいかがでしたか?】

こちらの質問に対しては「とても満足」という評価をいただきました。引越し作業はお客さまのお荷物を運ぶことが仕事ですが、細かい部分に気を使って運ぶかどうか、がサービス評価の分かれ目になります。

引越しスタッフの対応や実際の作業での気配りなどができていれば、お客さまにも好感を持っていただけますし、また次の引越しでもLIVE引越しを使おう、と考えていただけます。ですから当日の引越しスタッフは、早朝のお引越し作業なら大きな音を立てずに配慮し、お客さまからのご質問などにもテキパキと回答ができるよう求められます。

そういう面で高く評価していただけると、非常にうれしいですね。

【最後のご意見欄でもコメントあり】

こちらのお客さまは最後のご意見欄でも「最初の相談、見積から始まって、引越しまでの心配事の相談や、引越し当日の手早い積み込み、積み下ろしなど、どれもこれも満足できるサービスでした。ありがとうございました!」という、とても丁寧なコメントまでくださいました。

LIVE引越サービスのスタッフは、引越し作業や道路事情等に精通しているプロの引越しスタッフです。作業が手早いのはもちろん、丁寧に、お荷物やお住まいにキズをつけずにすすめるよう努めております。

安心して、お引越しをおまかせください。

【お引越し後に落ち着いたら、アンケートにご協力を】

初めてのお引越し後は荷物の片付けなどがあり、あわただしいものです。新大学生の皆様も、お引越し後の生活が落ち着いてきたら、LIVE引越サービスのアンケートにご協力ください。

よろしくお願いいたします。

4月に東京へ単身赴任された40代転勤族の会社員様の声

2019-03-18

今回は、4月に東京へ単身赴任されたお客さまのお声をご紹介いたします。転勤族ということでこれまでに何回もお引越しをされてきたお客さまですが、やはりそのたびにたいへんなことがあるようです。

LIVE引越し会社の梱包サービスをご利用いただき、ご満足いただけました。

お客様の声

今回は東京への引越しをお願いでき、誠にありがとうございました。簡単ではありますが、お礼を申し上げます。

わたくしは転勤族でして、これまでに複数の引越しをしてまいりました。二十二歳で入職しましてから、もう二十年。ほぼ三年おきの引越しです。

慣れているとはいえ、荷造りや発送の手間は変わりません。今回はとりわけ仕事の引継ぎで引っ越し準備の時間が取れず、御社の梱包サービスに助けられました。身の回りのものは家族に荷作りしてもらい、大きなものはLIVEさんにおまかせできたので、自分はぎりぎり最後まで仕事の引継ぎに没頭。

引っ越し直前の三日間はうちに帰れない状態でしたが、LIVEさんの慣れたスタッフさんのおかげで、無事に引越し準備が終わりました。単身とは言え、今回はちょっと長期間の赴任になりますから、荷物が多かったので、梱包サービスがあってよかったです。

荷物の引き取りもトントンと進み、あっという間に荷物だけが先に東京へ行きました。あとはこちらが荷物の到着に合わせて東京へ行くだけでしたので、かなり楽な引越しとなりました。

新居での家具の配置などもしていただけましたので、体力的にも負担の少ない引越しでした。ありがとうございました。

さて今回は単身赴任で、4年後にまた自宅へ帰る予定です。今回の引越しは金額もとても安く済みましたし、スタッフも方々も感じが良かったので、またお願いしたいと思っております。

お礼かたがた、次回の引越しのお願いもしておきます。よろしくお願いいたします。

4月に神戸から東京へ単身引越しされた新大学生のアンケート

2019-03-18

今回は4月に神戸から東京へ単身引越しをされた大学生のお客さまの、アンケート結果から一部を抜粋してご紹介いたします。大学進学のためのお引越しで、新居での電気工事などのオプションについても評価いただきました。ありがとうございました。

【電気工事・オプションはいかがでしたか?】

こちらの質問には「とても満足」とお答えいただきました。電気工事・オプションというのは、引越サービスに付随する各種電気工事の有料オプションのことです。

エアコンの取り付け・取り外しやCS・BSアンテナ工事といった定番の有料サービスから、盗聴器チェックなどのちょっと変わったサービスまでを取り揃えております。新居での生活をお引越し直後からすぐに始めていただけるよう、かゆいところに手の届くサービスがございます!

とくに盗聴器チェックサービスは非常に好評を頂いており、女性のお客さまからは「安心して新居で住めるようになった」などのご意見もちょうだいしております。ちなみに盗聴器チェックで万が一、盗聴器が見つかった場合は、別途料金ですが盗聴器の撤去・処理もいたしますのでご安心ください。

【今後も利用したいと思いますか】

こちらの質問には「利用したい」という回答をいただきました。ありがとうございます!!人生においてお引越しは一度で終わらないことも多く、次回のお引越し時にLIVE引越サービスを候補に入れていただけるかどうかは、非常に重要なところです。

ご満足度の高かったお客さまはまたご利用いただけますし、ご自分のお引越しでなくとも、ご家族や知人・友人のかたのお引越しがある場合「LIVE引越サービスはよかったよ!」と言っていただくことで、ご相談をお受けすることができます。

もちろん、すべてのお客さまに「また利用したい」と感じていただけるよう、努力してまいります。

【ご満足度を知らせていただけるアンケートです】

お客さまのご満足度を知らせていただけるアンケート。お引越し後のあわただしい時は大変でしょうが、ある程度、新生活が落ち着いた段階でちょっとご入力いただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

« Older Entries

Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.