周辺情報を得るためにも、近隣にごあいさつ?

2019-04-20

無事に引越しは済んだが新居周辺のことはよくわからない…と不安を感じるのなら、お引越し後に近隣の方にご挨拶をするといいかもしれません。

お引越しのご挨拶をしてこれからのことをお願いすれば、いろいろと最新情報を教えてもらえるでしょう。その土地のことは、その土地に住んでいる人に聞くのが一番なのです。

【近隣にご挨拶→情報を得る】

最近は、防犯の面などからあえて新居周辺にお引越しのご挨拶をしないという方が増えてきました。たしかに女性の一人暮らしなどでは、あまりご挨拶しないほうが良いこともありますが、子供さんがいるファミリーのお引越しなら、近隣情報を得るためにもご挨拶に行ったほうがいいでしょう。

一軒家なら両隣と向かい側、裏側のお宅へ、マンションなど集合住宅なら上下階のお宅にも顔を出しておくと、入居後のトラブルも少なくなりますし、なによりも周辺の最新情報を入手することができます。

【治安や防犯情報は、近隣の人が良く知っている】

引っ越してきた土地の治安や防犯については、あらかじめ下調べをしてあるのでしょうが、現地で聞いてみると新しいことが次々にわかることが多いものです。

とくに小学校などに通う子供さんがいるのなら、通学路について確認をして、交通事故が多発し散る危険なところや不審者が出没する場所などを聞いておくと安心でしょう。

最近は自治体による防犯活動なども盛んになってきました。こういった細かいことはつねに流動的ですので、近隣の方や自治会の人に尋ねるのがおすすめです。

【ちょっとした手土産を持って行く】

ご挨拶に行くときには、何を持って行くのか考えてしまうかもしれません。高額なものである必要はなく、タオルや洗剤といったちょっとしたものを持参するのがベターです。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.