サラリーマン世帯の新居選びは、駅からの所要時間で考えよう

2019-04-23

お引越しは人生の一大イベントです。賃貸物件に引越すにせよ新居を購入するにせよ、いったんお引越しをしたら、その後の数年間は、その場所に住むことになります。

同じエリアであっても、場所によって交通の利便性がまったく違います。今回はとくに、サラリーマン世帯が選ぶべき新居の基準を考えてみました。

【毎日の通勤を考えて、駅から徒歩15分圏内】

毎日の通勤が必要なサラリーマン世帯は、駅から徒歩15分圏内の物件がベストです。

不動産のベスト物件というのは、それぞれのご家庭によってまったくちがってきます。学齢期のお子さんがいらっしゃるファミリーなら、学校になるべく近い場所というのが最優先になりますし、子供がいらっしゃらない高齢のご夫婦なら、病院へ歩いて行ける場所、買い物に便利な場所が優先されます。

そしてサラリーマンなら、毎日1往復する駅までの距離が、新居選びにおいてもっとも重視するべきポイントなのです。

【毎日の通勤なら、駅から徒歩15分圏内がベスト】

徒歩約15分というのは、だいたい距離にして1.2キロです。この距離は毎日の通勤で歩く距離としては上限ギリギリでしょう。これ以上遠いと、自宅から駅まで行くのに自転車やバスを使わなくてはなりません。

バスや自転車では時間もかかりますし、雨など天気の悪い日は自転車に乗れない・バスが渋滞で遅れるなどの不便さが出てきます。夜遅くなってからの帰宅時は、バスが終わってしまうことも考えられますね。

通勤は毎日の事ですから、受けるストレスも大変なものです。駅から徒歩15分圏内の物件は多少お家賃が高くなるかもしれませんが、お引越しをした後の新生活のことを考えて、物件選びは慎重にしましょう。

【駅から自宅の途中にスーパーがあると良し】

もうひとつチェックしたい点は、駅から自宅までのルート上に買い物ができる場所があるかどうかです。大型スーパーへの買い出しは週末にまとめてやるとしても、日々、少しずつ足りないものを買うのに店がなくては不便です。

駅から徒歩15分圏内で、なおかつルート上にスーパーがあるところ。共稼ぎのサラリーマン世帯なら、この2点をおさえた物件から新居を選ぶと失敗しないでしょう。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.