4月, 2019年

5月に千葉から東京へ単身引越しされた新大学生のアンケート

2019-04-18

今回は、5月に千葉から東京へ単身引越しをされた大学生のお客さまからのアンケート結果を、一部抜粋してご紹介いたします。こちらのお客さまは、引越し方法をよくよく調べてからのお引越しをされた大学生さんでした。

【ご利用のきっかけを教えてください】

こちらの質問に対しては、三つの回答をいただきました。「周囲の評判が良い」「 ネットの評判・クチコミが良い」「価格が手頃」です。

最後の価格については、LIVE引越サービスが得意とする、格安・お値打ち引越しの良さを、感じていただけたからですが、あとの二つは当社の口コミに関係するものです。

最近では、どんなものを購入するにもまずネットの口コミを調べてから、というお客さまが増えてきました。引っ越しなどのサービスについても同じことで、とにかく最初にネットで調べるのが基本ですね。

とくに学生さんや新社会人さんなどは若い世代の方はネットで引越し会社の評判や料金の目安などをチェックするのが第一歩です。当社は格安引っ越しで有名ですから、ネットを使いこなす若い世代のお客さまの目につきやすいのではないでしょうか。

【熱心なリサーチ→家族でやらずに、引越し会社に依頼】

さいわい、LIVE引越しサービスはネット上でも、お客さまから好評をいただいております。こちらのお客さまは、ネットだけでなく実際に当社をご利用になったお客さまからも評価をお聞きになったようで、かなり熱心にリサーチして引越し会社を決められたようです。

実はこちらのお客さま、最初はレンタカーを借りて家族だけで引っ越す、もしくは宅急便を使って引っ越すなど、引越し会社を利用しない方針で準備をされていたそうです。しかし調べるうちに、やはり引越し会社を利用したほうがいい、ということになり、当社にご相談されました。

【引越し会社の料金と、家族引越しのコストの差は意外と小さい】

千葉から東京という距離ですので、引っ越し会社に頼むか、自分でやるか迷うところでしょう。しかし、よほどの近距離でなければ、引越し会社に依頼刷る金額と、ご家族・ご友人でお引越しをされる費用のあいだには、それほど大きな違いはありません。

お荷物の安全や手間をお考えなら、ぜひ引越し会社にご依頼ください。

5月に大阪から東京へ単身引越しされた新大学生のアンケート

2019-04-18

今回は、5月に大阪から東京へ単身引越しをされた大学生のお客さまからのアンケート結果を、一部抜粋してご紹介いたします。大阪から東京へという遠距離のお引越しでしたが、とくに料金の点でご満足いただけたようです。

【当社での引越しは総合的にいかがでしたか】

こちらのお客さまからは、まず総合的な満足度の質問に対して「とても満足 」という評価をいただきました。ついでアンケート最後の「その他ご意見・ご要望」欄において、「とにかく安かった、安かったです!学生の引越しには最適!!」というコメントをいただきました。

LIVE引越サービスでは、遠距離のお引越しを格安・お値打ちにお見積りいたします。もともと大阪ー東京間の単身引越しでは、引越し業界でも最安値レベルの料金。なるべく引越し料金を節約したい学生さんには、まさにぴったりの単身引越しができます。

料金については、ほかの引越し会社と比較していただいても、決して引けを取らないお値打ち価格です。

【4月にご本人さまが先に上京→5月にお引越し】

こちらお客さまは新入学のお引越しということで、できれば3月中に引越したかったそうですが手配が遅れて、繁忙期には引越しが出来なくなりました。その後、LIVE引越サービスのスタッフと相談を重ねて、本格的なお引越しは5月に決定。

4月の初めにごくごく身の回りのものだけをお持ちになって東京へ向かわれました。あとは実家に当社スタッフがうかがって、ご家族様からお荷物を受け取り、東京の新居へお運びいたしました。

お荷物の受け渡しがスムーズにいったことも、高い評価につながったと思います。

【大学生さんのお引越し、アドバイスも丁寧に!】

大学生さんの単身引越しというと、どれくらいの荷物を運べるのか?いくらの料金になるのか?などなど疑問や質問が多いでしょう。LIVE引越しサービスではお引越しに関する説明も丁寧にいたしますので、お気軽にご連絡ください。

5月に神戸から横浜へ単身引越しされた新大学生のアンケート

2019-04-17

今回は、5月に神戸から横浜へ単身引越しをされた大学生のお客さまからのアンケート結果を、一部抜粋してご紹介いたします。

【当社のご利用は何回目ですか】

こちらの質問には「2回目」というご回答をいただきました。大学入学のために神戸から横浜へのお引越しでしたので、「2回目」というご回答に、おや?と思いましたが、こちらのお客さまは、昨年にも一度、LIVE引越サービスでお引越しをさせていただきました。

そのときも大学入学のためでしたが、神戸の大学に入学後、一念発起してふたたび横浜の大学を受験することを決意。猛勉強の末に、みごと難関を突破されたのです。

そこで今回は4月に横浜で入学に関する手続きなどを終えた後、あらためて5月に横浜の新居へお引越しとなりました。

【2回目の引越しはネットなどでしっかり情報収集】

1回目のお引越しは、初めての引越しということで、準備なども大変混乱されたようだったのですが、2回目はいたってスムーズ。アンケート結果の中では、お客さまから「リブさんに頼むのは2回目で、1回目でどんな感じの引越しになるのかわかっていたので、準備にもあまり時間がかかりませんでした」といううれしいコメントもいただいております。

このように5月に入ってからお引越しをされる大学生さんは意外と多く、しかもお引越し慣れしていらっしゃる学生さんが多い。そこであれこれとネットなどで情報を集めて、LIVE引越サービスの口コミを見られた後ご相談されるケースがほとんどです。

2回目以降も、ぜひ当社にご相談いただければ幸いです。

当社のご利用回数の質問については、回答として「はじめて・2回目・3~5回目・6~9回目・10回以上」をご用意しております。さすがに10回以上というお客さまは多くありませんが、2回目以上というご回答をいただくことが増えてまいりました。

リピートしていただけたことに感謝して、よりよい引越サービスを目指してまいります。

家具家電はリサイクルショップを活用するのも手

2019-04-17

引越しのタイミングで、要らないものを一気に処分したい!という方はとても多いですね。最近では「断捨離」という言葉にあるように、身の回りに置くものを少しでも減らしたいというお客さまがとても増えています。

しかし、ただ捨てるのではもったいない…まだまだ使えるものがある、と思うなら、リサイクルショップに持ち込むのもおすすめです。

【使える家具・家電はリサイクルショップに売却】

捨てるには惜しい家具や家電などは、そのまま捨ててしまわずに、一度はリサイクルショップで査定をしてもらいましょう。もともと日本人はあまり持ち物を売るということになじみがありませんが、使えるものを捨ててしまうのはもったいないこと。

これからの新生活やお引越しにお金がかかるのですから、リサイクルショップで買い取ってもらえれば、それが一番でしょう。とくに椅子や机などの家具は新居で使わないものも多く、新居に運ばない=処分するということになります。決して高額な買取金額にならないかもしれませんが、捨ててしまうよりはうんとお得です。

【本当に大事なもの以外は、売るのがお得】

では、家具や家電のうち、どれをリサイクルショップに持ち込んで、どれを新居に運ぶべきか?迷う時は「これを売る(処分)したあとに、新しく購入しなおすことができるか?」という点を基準にするといいでしょう。

新規に購入するための資金はもちろん、家具については、思い入れがあって他の家具には代えられないものもあります。「断捨離」のコツは、大事なものは残して不要なものを捨てるということですから、リサイクルショップに持ち込むのも、本当に大事なものを除いた家具・家電にするべきなんです。

【持込み前に家具・家電の掃除を】

リサイクルショップにもちこむ家具・家電は、事前にきれいに掃除をしておくこともお忘れなく。ちゃんと動くものであっても、外見がきれいか、不潔かで買取金額が違ってきます。

どうせ売るならきれいにしておき、少しでも高く買い取ってもらいましょう。

引越しの際はLIVEで不用品処分も一緒がお得

2019-04-16

お引越しの見積りをご覧になって、もっと安く引っ越したいなあ…と思われることもあるでしょう。そんなときは、ちょっとお荷物の再チェックをされてみてはいかが?

新居に運ぶつもりだったお荷物の中には、この際おもいきって処分したほうがいいものもあるんです

【大型家具・家電は処分→新居ちかくで再購入】

荷物の再チェックは、大型の家具・家電から始めましょう。大きなものは新居に運んでいかないほうが、引越し料金が安くなります。

通常、お引越し代金はお運びするお荷物の量と新居までの距離で引越し料金が決まります。新居はすでに決まっている以上、距離についてはどうしようもありませんが、お荷物量については、打つ手がありそうです。新居へ運ぶ荷物が減れば、それだけ引越し料金が下がることになります。

お引越しでは、持っていかないものを早めに処分することが重要です。大型の家具・家電については、なるべく新居近くであらためて購入しなおすという視点から、処分すべきものを見ていきましょう。

想像以上に、お引越しのタイミングで処分したい!と思うものが出てきます。

【自治体のゴミ回収は連絡も分別もめんどう…】

とはいえ、最近は大型ごみの処分がめんどうです。自治体へ連絡をして、回収日にあわせて決まった場所に運搬する。これだけでも時間も体力も必要になります。

そこでご提案したいのが、LIVE引越サービスの不用品処分サービス。LIVE引越サービスでは、お客さまのご不要になったものを格安でお引取りしております。

自治体の大型ごみ回収と違って、可燃ごみも不燃ごみもまとめて処分できるのが大きなメリット。自治体のごみ処理では分別も細かいですし、回収日が決まっていますので手間がかかって大変ですが、LIVE引越サービスにご依頼いただければ、まとめてすべて回収させていただきます。

【不要品が減れば、荷造り作業量もダウン】

ごみ・不用品の処分も、お引越し準備の大事なステップです。いらないものから整理することで、運ぶ荷物の量が減り、荷造りする量も減ることになります。

簡単・楽ちんなお引越しのためにも、不用品処分はLIVE引越サービスにご用命ください。

GWの引越しまだ間に合います!

2019-04-16

毎年、ゴールデンウィークを楽しみにしていらっしゃる方は多いでしょう。多くの企業も学校も休みになるこの時期は、じつは引越しに最適なシーズンです。

春に引越そうと思っていたが間に合わなかった、夏休みに引越すつもりだったが前倒ししようか?とお考えなら、ゴールデンウィークがおすすめ。今ならまだ、間に合います!

【ゴールデンウィークは天候も良く、引越しに最適】

ゴールデンウィークは、春休みと夏休みにはさまれた貴重なお引越しタイミング。しかも梅雨や台風シーズンに入る前ですから、天候にも恵まれて気持ちよくお引越しができます。

もちろん、同じように考えるお客さまはとても多くて、ゴールデンウィークは引越しのプチ繁忙期。2月下旬から続くお引越しのハイシーズンは、ゴールデンウィークとともに終了すると言ってもいいほどに、お引越し相談が多い時期なんです。

だからこそ、他の引越し会社で引っ越せなかったというお客さまは、ぜひLIVE引越サービスにご相談ください。

【2019年は10連休、連休後半がねらいめ】

現在、LIVE引越サービスではゴールデンウィークのお引越しを受け付けております。2019年は10連休になりますので、お引越しにはまさに最適。

連休の前半および真ん中あたりはご予約・ご相談が増えてきておりますが、連休の最終日などはまだ多少はお日にちに余裕がございます。ぜひサイトのトップページにある「お引越しお得日カレンダー(関東版)」をご覧いただき、現在のご予約状況をご確認ください。

【カレンダー上で「混雑日」でも、お電話ください!】

もちろん、お得日カレンダーに「混雑日」などの記載があっても、お客様からのご相談には柔軟に対応いたします。ご希望日がカレンダー上で「混雑日」になっていても、電話もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お引越しお時間の変更やお引越し方法の変更などで、まだまだゴールデンウィークのお引越しはできますよ。

引越し比較サイトは電話や営業に注意

2019-04-15

お引越しは大仕事です。時間もかかりますし、お金もかかる…ということで、少しでもお値打ちに、しかも評判のいい引越し会社を探すために「引越し比較サイト」を利用される方が増えてきました。

最近は比較サイトの数が増えてきており、どこをどう使えばいいのか迷うこともあるでしょう。そこで「引越し比較サイト」を上手に使うコツをお教えしましょう。

【引越し会社とのやりとりは、基本的にメールで】

「引越し比較サイト」を上手に使うには、基本的な連絡はメールで取りあう、ということです。電話番号登録が必須のサイトもありますが、複数の引越し会社に見積り依頼をすると、依頼した数だけ、電話で同じことを繰り返し、お客さま自身で説明しなくてはいけないことになります。

その点、メールなら時間のある時にチェックして、そのつど引越し会社を選んでいくことができますから、最終的には自分の気に入った引越し会社2~3か所だけとやり取りをして、見積り金額を比較検討することが可能です
ね。

「引越し比較サイト」のメリットは、ネットからポチっと1回送信するだけで、複数のお引越し会社に見積りを依頼できることですが、便利ついでにたくさんの会社に見積りを依頼してしまうと、とても面倒なことになります。

もちろん、急ぎの引越しの場合は電話で連絡を取り合い、ただちに引越し会社を決めてしまいましょう。

【連絡がスピーディな引越し会社がおすすめ】

もうひとつのコツは、連絡がスピーディな引越し会社を選ぶということです。連絡が早いからいい引越し会社だと断言することはできませんが、連絡が遅い・連絡をなかなかしてこない、という引越し会社は、その後のお引越し作業そのものもちょっと信用がしにくいですね。

たかが、見積依頼に対する返事と思うのですが、実はこれが、引越し作業全体にかかわる会社の姿勢のようなものを表しているともいえるのです。

【営業電話が多い引越し会社も要注意】

最後にもうひとつだけ。引越し比較サイトを利用した後、何度もくりかえし営業の電話などをかけ続けてくる引越し会社も要注意です。良心的な引越し会社なら、お客さまに適切なお見積りをすぐに出せるものですし、その後にお断りされたら、しつこくはご連絡を差し上げないものです。

こういった細かいポイントをチェックしつつ、上手に引越し比較サイトを利用しましょう!

実は多い4月末のお引越し(出来るだけ避ける?)

2019-04-15

3月の引越し繁忙期がやっと終わりましたが、4月に入って、これからお引越しをしようというお客さまもお見えでしょう。実は、最近では3月の繁忙期をさけて4月にお引越しなさる方が増えてきました。

しかし繁忙期は終わったとはいえ、4月の月末は、けっこう混み合う時期なんです。

【4月下旬のゴールデンウィーク、10連休は要注意!】

結論から言えば、4月のお引越しは初旬と下旬のご相談がおおいです。4月の初旬は、3月末までに引っ越そうと思っていたが、いろいろな事情でお引越しが遅くなった、あるいは遅らせたというお客さまです。

最近では、3月のお引越件数は引越し会社が受けきらないほどの量に増えており、4月初旬までズレこむお引越しは意外と多いんです。そして4月下旬はもうゴールデンウィーク。

通常の年でも、ゴールデンウィークのお引越しは多いのですが、2019年は天皇陛下のご退位に伴う10連休があります。

日本中どこもかしこもお休みになるため、当然、お引越しも増えるのです。

【早期の予約で引越し日確保&入念な準備を】

4月下旬から月末にかけてのお引越しは、引越し料金も上がります。ご相談件数がおおければそれだけ人員確保と車両確保がむずかしくなり、お引越し料金も高値のままです。

できるなら、早い時期にお引越し日を決めて予約をしてしまい、引越し会社の設定している早期割引を使うか、4月下旬以降でもお値打ちにお引越しができる日を押さえてしまいましょう。あるいは、思い切って5月の連休明けをねらうかです。

5月の連休明けだとずいぶん先のように感じますが、お引越し前には荷造りのほかに、金融機関や電気・ガス・水道といったライフラインの手続き、新居のそうじなどやることはいっぱいあります。準備期間が長くとれるというメリットを生かして、スピーディなお引越しを目指すのもひとつの方法ですね。

【4月は避けたい…どうしてもという方は、LIVE引越サービスに御連絡を!】

お値打ちかつスムーズなお引越しをされたいのなら、4月末は避けたほうがいい時期です。ただし、どうしても4月末に引越さなくては困る!というお客さまは、ぜひ、LIVE引越サービスへご相談ください。お値打ちにお見積りをいたします。

Newer Entries »

Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.