引越しで見積りよりも金額が大きくなる場合

2019-05-25

お引越しはお金がかかるから、あらかじめきっちり見積りをしてほしい。このようなご依頼は数多く寄せられます。

LIVE引越サービスではお荷物量をお尋ねしたり、ご自宅に拝見しに行ったりして、適切なお見積り金額をご提示しております。

どの引越し会社も同じようにしているはずですが、それでも時には「まえに引越しで、見積りより金額がふえちゃって困った」というお話を聞くことがあるんです。いったい、なぜ?

【段ボール一個でも増えれば、引越し料金が上がる】

見積りの金額よりもお引越し料金が上がったというケースでは、お引越しの荷物が増えたからという理由が多いようです。

引越しの料金は基本的に「運ぶお荷物量」と「新居までの距離」で決まります。お荷物量が変わればお引越し料金も変わってしまうことになります。

たとえ段ボール1個であっても、引越し会社が用意していたトラックに乗りきらなければ、もう一台べつのトラックを用意しなおすか、積載荷物量が大きなトラックを手配する必要がでてきます。引越し会社はお見積りの段階で荷物を拝見しているので、基本的には予定のお荷物がきっちり入るサイズのトラックと、その車を運転できるドライバーをご用意して当日にそなえているからです。

トラックが1台→2台に増えれば車両費+追加ドライバーの料金が増えることになり、お見積り金額より大きな金額になってしまうのです。

【「時間指定」に変更すると、料金が上がる】

もうひとつ考えられるのは、「時間指定」を追加した場合です。お引越しを格安でするには、「平日・混載便・時間指定なし」が三大条件。

引越し件数の少ない平日に、荷物を他のお客さんと同じトラックに乗せて、引越し作業の時間を指定しない。これだけ条件をそろえれば、驚くほどお安く引越しができます。

しかし、この三つの条件のうち「時間指定」を「なし→あり」にしてしまうと、お見積り料金より泣かくなってしまいます。

引越し会社は空いている時間帯を利用して格安のお引越し荷物をはこぶようスケジュールを組んでいますので、非常に格安でご案内できます。しかし時間を指定されれば、その時間に合わせてすべての作業をしなくてはならず、空き時間の有効活用にはなりません。

格安引っ越しの料金を適用することが出来なくなりますので、お見積り料金より上がってしまうのです。

【値上がり理由を確認しましょう!】

もし再見積もりの金額が前より大幅にアップした、ということになったら、必ず引越し会社にアップ理由を確認しましょう。なんらかの理由があるから見積りが上がっているのです。

理由を突き止めたら、引越し会社と相談しながら、もとの見積り金額に近づけるよう荷物を減らしたり、引越し日を変えたりするといいですね。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.