古いエアコン、取りはずして新居へ持って行く?

2019-05-28

暑い日本の夏。年々気温が上がって、もはやエアコンなしで夏を乗り切るのは命にかかわるほどになってきました。

賃貸物件でもエアコン付きのところが増えてきましたが、なかには、自分で取り付けなければならない物件もあります。引越しするときは、自分が設置したエアコンを新居に持って行くべきでしょうか?

エアコンの取り外し・設置費用を考えたら、新しく購入しなおしたほうが節約になる気がしますが、黙って退去してはいけないのです。

【エアコン移設は、取り付けた入居者の責任】

エアコンの移設には取り外し、設置費用が掛かります。これがだいたい2~3万円ほどです。

最近はエアコンが安くなっていますから、新しく購入してもそれほど費用が掛かるとは思えません。だとしたら、古いエアコンは処分したいですね。

賃貸物件の退去時にエアコンを置いていきたいのなら、まず大家さんに確認をしましょう。次の入居者が使えることを考えて、そのまま置いて行っていいという大家さんもいますし、撤去してほしいという大家さんもいます。

もし撤去してくれと言われれば、自分で処分するよりありません。ちなみに、エアコンは「家電リサイクル法」のリサイクル対象に指定されていますので、自分で取り外してから不燃ごみに出すことはできません。撤去作業費用とリサイクル料約1000円を払って、業者に処分してもらいます。

【自分で取りはずすのはリスクが高い】

エアコンの移設には、引越し料金とは別にお金がかかる。だったら自分で取りはずして、新居での取り付けだけ業者に頼もうか?と思うかもしれません。これは、絶対におすすめできないことです。

エアコンは取り外し方もメーカーや機種によって違いますから、専門家でなければ上手にはずせません。室内機も室外機も想像以上に重いものですから、取り外し作業中にうっかりエアコンごと転落などという事故が起きるリスクもあります。

またエアコンの室内機と室外機をつないでいる部分には特殊なガスが入っており、これが漏れると故障します。新居へ持って行っても動かない可能性が高いのです。

こういったことを考え合わせると、エアコンの取り外し・取り付けは業者に頼む方が安心です。

【LIVE引越サービスの有料オプションが便利です】

いろいろとたいへんなエアコン移設作業。手配が面倒だという時は、LIVE引越サービスの有料オプションをご利用ください。取り外しも取り付けも、お値打ちに対応しておりますし、引越しとエアコン移設をまとめて依頼していただけるので、とっても楽なんです。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.