夏引越しのメリット3点!これなら夏に引越してもいい…?

2019-06-26

日本の夏はとにかく暑い。とても引っ越しに向いている時期とは思えないかもしれませんが、夏引越しには夏のメリットがあります。

今回は意外な夏引越しのメリットを3つ挙げてみました。これなら、夏に引越してもいいかもと思うかもしれません。

【メリット1:気候が安定していて、雨の日が少ない】

お引越しの大敵は、暑さ・寒さなど気候によるものと思われていますが、ほんとうにお引越しで困るのは暑さ・寒さよりも「雨」です。雨が降るとお荷物の搬出時にも搬入時にも濡れてしまいますし、破損のリスクも上がります。

もちろんLIVE引越サービスでは、たとえ雨でもお客さまのお荷物が濡れないようにさまざまな工夫をしておりますが、それでもゲリラ豪雨のようなときは全く濡れないとは断言できません。ですから、雨の多い梅雨よりは、どれだけ暑くても気候の安定している夏のほうが引越しに向いている時期なのです。

【メリット2:いい物件が見つかりやすい】

賃貸物件のオフシーズンは6月ごろから始まります。春の引越しがひと段落して、次は企業の秋の人事異動まで引越しがぐっと減ります。そのため6月ごろから物件を探し始めると、意外なくらい物件を見つけることができるのです。

物件の中には、夏の引越しだけは敷金や礼金が不要になるところや入居時の1月分の家賃はいらない、などとという大家さんがいます。お引越し時は賃貸物件の初期費用が大きなコストになりますから、敷金と礼金が不要になるのは大きなメリットです。

【メリット3:家電も安くなる】

家電業界にとっては、夏ボーナス商戦が終わった8月半ば以降は底値に近い時期です。春夏に登場した新製品でさえも、秋のモデルチェンジを控えてグッとお安くなります。型落ち家電ならもっと安くなりますので、引越しを機会に家電を買い替えようと思っている場合は夏のお引越しタイミングで家電を買うのがおすすめです。

こんな風にあれこれとメリットがあると思えば、夏の引越しをやってみようかという気になりますね。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.