北海道出の物件探し、失敗しないコツはこれ!

2019-06-26

夏は涼しい北海道。本州から北海道へ移転してみようかと考えているのなら、夏は引越し先を探すベストシーズンです。

とはいえ、実際に北海道へ引っ越した後は寒い冬も住まねばなりません。そこで、夏に北海道で転居先を探すときの注意点2つをご紹介します。これで寒い冬の北海道でも快適に過ごせそうです。

【「2階以上の物件・木造でない物件」がベスト】

冬の北海道はとても寒い。本州の人から見ると想像できないくらいに寒い日々が長く続きます。そこで大事なのが「2階以上の物件・木造でない物件」を探すことです。

北海道のマンションは、よく1階が駐車場になっています。これは冬の間も車を雪の積もらない場所に置いておけるというメリット以外にも、寒さ対策の意味があるんです。

北海道の寒さは地面から這い上がってきます。雪は解けずにこおり、根雪となって寒さを倍増させますから、1階のお部屋は寒さが一層厳しい。同じ理由で、密閉性の低い木造家屋もおすすめできません。できれば2階以上でエレベーターがあるマンションがおすすめです。

【「都市ガス」がベスト】

もうひとつは、ガスの種類の確認です。北海道の賃貸物件にはヒーターが備え付けになっているところが多いのですが、LPガスを使っているところも多いですが、やはり都市ガスが安心。

LPガスは屋外にガスのタンクがあり、定期的に交換に来てくれますが冬の間はやはり心配です。大雪のたびにLPガスの残存量を心配するのは嫌ですし、コスト的にも都市ガスの方がお安いんです。

とはいえ、広大な北海道では都市ガス対応になっていない賃貸物件も多いため、物件探しの段階で「使用しているのは都市ガスか、LPガスか」という点をチェックしておくことが大事です。

【下見→物件探し→LIVE引越サービスでお引越し!】

北海道は、夢とロマンがあふれる大地です。いつか移住してみたいとお考えの人は、いちど下見に行ってみましょう。具体的に住みたい場所が見つかると移住計画も現実味を帯びてきますよ。

もちろん北海道へのお引越し時には、超長距離ののお引越しが得意なLIVE引越サービスにご相談ください!お値打ち、安心にお荷物をお運びいたします。


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.