シングルマザーは田舎への移住で手厚い優遇もあります

2019-07-26

身の回りでバツイチ子持ちの人が増えていませんか?最近は、年々離婚率が上がっているようです。そして、離婚でシングルマザーになったことをチャンスととらえて、生活スタイルも一新してみようという女性も少なくありません。

田舎への移住も選択肢のひとつで、シングルマザーを優遇する地方も意外と多いんです。

【移住誘致に熱心な地域はシングルマザーにも優しい】

シングルマザーにやさしい土地とは、若い世代の移住者を積極的に誘致している地方のことです。シングルであっても若い女性とこどもが生活しやすい支援をすることで若い世帯を誘致したいと、シングルマザーを優遇してくれるんです。

たとえば新潟県では「母子・父子・寡婦福祉資金貸付金」があって福祉資金の貸付をしてくれますし、シングルマザーの就職を支援するための就業相談なども整備され、シングルマザーへのサポートが非常に手厚い地域です。

こういった優遇を利用するために、東京などの都心部から新潟へ移住してくる女性も少なくありません。

【シングルマザーを貴重な戦力とみる起業もある】

都心部からの移住者誘致に積極的な地域ときくと、田舎で人がいないから支援するんだろう、と思うでしょう。たしかに自治体には若い世代に来てほしいという目的がありますが、シングルマザーを貴重な戦力とみてサポートしてくれる企業もあります。

たとえば石川県の超有名旅館では、旅館の主要スタッフである「お部屋係」を確保するために母子寮を作っています。母子寮の1階には保育園があり、住居と保育園が一体化しているためにシングルマザーでも安心して働けるのが大きな魅力。

仕事と住居と保育園を一気に確保できるとは、都心部ではとても考えられないような優遇ですが、企業側としてもスタッフの確保ができ、シングルマザーも安心して子供を預けられる・収入も確保できるというウィンウィンのシステム。

ちなみに、こちらの旅館スタッフの平均勤続年数は10年以上になるといい、双方に利点の大きい制度なんです。

【シングルマザーとして優遇される土地で住みませんか】

シングルマザーとして働くのは楽なことではありません。少しでも支援が受けられる地域、優遇措置がある地方に移住するのは、長い目で見るとママにも子供にもいい選択肢になるでしょう。

もちろんお引越しの際には、格安引越しのLIVE引越サービスをご利用くださいね!


Copyright(c) 2015 LIVE引越サービス All Rights Reserved.